FC2ブログ

ABeat1160

そんなこんなで負けてしまいましたね、デーブに(苦笑)
試合の方は意外にも投手戦で2-1と僅差の勝負でしたが…一番の敗因はあの5回だか6回の1アウト2塁1塁、バッターラミレスで絶好のチャンスながら初球引っかけてダブルプレーだったような気がします。
今日の先発は西武/ 帆立、巨人/ 高橋尚で昨日の涌井同様なかなか打ち崩すのは難しいのかも知れません、なんて思っていたら2回裏に鶴岡の犠牲フライで先制。
それでも高橋尚は突如崩れたり、一発を浴びたりするので1点ぐらいのリードでは全然安心できません(特に西武打線の前では)

今日負けるとだいぶ厳しいなぁー…なんて思いつつ今日はこの一枚。


PB020018.jpg

SUN CITY/ DAVE RODGERSs.g.JENNIFER BATTEN
(G.PASQUINI-A.CONTINI-J.BATTEN)
A-1 EXTENDED MIX 7:15
B-1 SPEED DISCO VERSION 4:15
B-2 F.M.VERSION 3:05
B-3 PLAYBACK 3:00

JENNIFER BATTENを初めてフィーチャリングした作品ってこの曲でしたっけ?
元々THE BIG BROTHER名義やRCS名義の時からロック志向は高めでしたが、ギタリストの彼女が参加したことによりそのロック度は従来以上に高く、そして仕上がりは更に激しいものに。
初っ端からギターのカッティングで幕開けする本作、その後のイントロパートではやや落ち着き適当にギターフレーズを交えつつ静かに、しかし徐々に加速していく構成。

そんなイントロが終わっていざ始まるリフを聞いてみればSEBvol.120よろしく、過去のBIG BROTHER/ ALEPHそっくりのメロディ(笑)しかも似ているのはこのリフだけでなくやや長めのAメロからBメロ、果てはサビまでもがそっくりそのままと言っても差し支えないような作りとなっており、それはさながらBIG BROTHERのリメイク作品といった様相。
ただしこのリメイク本作は冒頭からケツまでJ.BATTENのギターが縦横無尽に炸裂しているので、同様の展開ながらも破壊力、アグレッシヴさ加減は段違い。
リフはBIG~同様の連打系でありながらもバックにギターを敷きどこまでも力強く展開、また長めのAメロの中盤部分のフレーズは以前のシンセ&ピアノフレーズからギターフレーズへと変更されており、そこだけ聞くとまるでギターソロ。

直前までのパート同様、Bメロはバックにギターを従えつつ畳みかけるように“Don’t you want me?”×3。このパートはAメロに比べれば半分ぐらいしかないのですが、不思議と短いだとかアンバランスと言ったような感じはなく、この長めのAメロと直後のサビとを上手く繋ぎ止めてくれているかと。
BIG~に比べて大幅に激しくなりましたがヴォーカルから滲み出る哀愁(とでも言えばいいのかしら)は今作でも健在で、ギターという激しさとこの微哀愁が混在するこのサビパートが、“ただギターを取り入れた激しい曲ではない”なんてことを主張しているようでお気に入り。

普通はここまでギターを取り入れるとvo.がそれに負けてしまうのでは…なんて心配になるのですが、そこは総帥、そんなことは微塵も感じさせないような熱い歌い回しでギターと合わせ重厚に攻めてくれております(笑)

常にギターソロを聞いているような本作ですが、きちんとギターソロパートはあり中盤、そして終盤と2回きっちり聞かせてくれます。ソロパートもそれぞれ全く違うフレーズとなっており、個人的には終盤のソロパートの方が好き(長いし)

ちなみにB-1収録のSPEED DISCO VERSION(ある意味ではこれ目当てで買ったところもあるのですが)全くもって普通の通常ver.をピッチUPしただけの代物でした(苦笑)

ちなみにMNHRvol.12に収録されたSUN CITYはEXTENDED MIXと書きながらも実は削られています(^^;)

suncity.jpg

カットされたのは3:07~3:21(通常リフ)、3:35~3:55(間奏?or変型Aメロ?)、4:35~4:48(通常リフ)、5:42~6:08(Aメロインスト&Bメロ半インスト)、6:48~7:01(通常リフ)。
MNHRvol.12の方もなかなか上手い具合にEDIT、ギターソロを両方とも収録と聞き所は抑えていますが、やはりこの曲が好きならきちんとフルで聞いて欲しいですね(勝手な要望ですけど)
フルはこのアナログ以外でもDAVE RODGERSのアルバム“TAKE ME HIGHER”でも聞くことが可能。そう言った意味で私からもこのアルバムを勧めさせて頂きます(笑)

リメイクで思い出しましたけど何でも最近このSUN CITYのリメイクが出たみたいですね、全然記憶にないですけど。


とりあえず最近はサイレンの研究を兼ねてMAHARAJA NIGHT(ノンスト)シリーズをヘビーリピート。
いずれのCDもサイレンだけでなく繋ぎ、弄りの良い勉強になります。

そう言えば同シリーズのvol.16を聞いていて思ったのですが、YOU DON'T GIVE ME LOVEのバックにあんなキラキラしたフレーズなんて入ってましたっけ?
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

>JENNIFER BATTENを初めてフィーチャリングした作品
そうですね、これが最初かと。
この後FLY、MUSIC FOR THE PEOPLE……と続くはず。

名義に大々的に名前がなくてもこの人が参加しているDAVE楽曲は個人的に外れなしなので頭が下がりますね(笑)。TAKE ME HIGHER、MADE IN JAPAN、BEAT OF THE RISING SUN...etc
あの頃はよかった(待て)。

当然この楽曲はギター好き、DAVE好きにもたまらん1曲なわけでして。
ギターソロは格好良すぎ。1番はAとA'の間に短いですがギターパートがある時点で普通のEUROBEATじゃないですからね(笑)。ああいう細かい点がたまらんのです。
どうでもいい所だと変化B(になるのかな?)、追いかけのDon't you want me?が大好き(笑)。
EXTENDED7分越えで飽きさせない作りをしてくれるというのは素晴らしいですよね。

>リメイク
さて何のことやら(爆)。

こんばんは、寝相の良い管理人です。

>JENNIFE BATTEN
おぉやはりそうでしたか。どうもFLYが先か後かで迷っていたのですが(なら調べろよ)
どうでも良いですけどこの“バッテン”っていう名前が九州地方的で好きです(爆

>TAKE ME HIGHER~
そもそもの完成度が高いのに、そこに更にギターが加わるわけですからね!もうトンカツをおかずにカツ丼を食うようなもんですよ(またその例えかよ)

>追いかけのDon't you want me?
最近のTWINSTARもそうですけど、フレーズの三回連呼は結構インパクトありますよね。
もちろん全編にわたって鳴り響くギターも好きですが、それ以外の例えばこうしたヴォーカル、フレーズで魅せてくれる点もこの曲の素晴らしいところなんでしょうね。

>リメイク
逆にINTO THE GAMEの様な音使いならかなり面白いリメイクになったんでしょうけど…冗談抜きで何であんな音を使ったのかDAVEに問いただしたいぐらいです、ホント(苦笑)
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
Qobuzに来るみたい

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索