FC2ブログ

SOS/ DAVID DIMA@iTunes

7digitalの方がすべて消滅してしまったので、今回から再びiTunesのみのリンクを掲載。

sos_202003232255452ad.jpg

SOS/ DAVID DIMA@iTunes


曲自体はINITIAL EUROBEATvol.1他にて配信済み。
インストは今回初登場なので、ご入用の方は上記リンクからどうぞ。

OUT ON THE TOWN@JUNO DOWNLOAD他

ゴチャ混ぜコンピが追加されていたのでお知らせ。



OUT ON THE TOWN@JUNO DOWNLOAD/ Amazon/ iTunes


EUROBEATはtr28. COME BACK/ NIKITA Jr.のみとなっています。

DON'T STOP THE MUSICは誰のもの?

先日発表されたINITIAL DAVE EUROBEAT SERIES vol.1ですが、その中で気になったDON'T STOP THE MUSICのパブリッシャー表記。そこにはThe Saifam Group SRL.と記されており、それこそ記載ミスなんじゃないかと思いましたが…

saifam_20200320225105ebd.jpg


念の為あのサイトで検索してみたところ、やはりこちらでも同じSAIFAM表記。

qobuz.jpg


同じくQobuzでもSAIFAM表記。

ところが以前に発売された頭Dドリコレvol.2を見てみると、

dima_202003202314526a9.jpg


こちらはSAIFAMでもDRMでもなく、DIMA MUSIC表記。うーん。

ただ、この曲以外のTIME作品を見てみると、やはり軒並みSAIFAM表記となっているため、今回のINITIAL DAVE EUROBEAT SERIES vol.1での注書きも決して記載ミスではないみたいですね。
自分が知らなかっただけで随分前からSAIFAM持ちになっていたのかも知れませんが、それなら日本以外でTIME作品を収録したCDや配信コンピが登場する日が来る…かも?

この手の話でその通りになった試しがほとんどないような気がしますが、妄想するだけならタダなので(笑)TIME RECORDSの配信とあわせ、気長に待ちたいと思います。



bandcamp.jpg


Bandcampでは今回のコロナ禍において、3/20の収益金をアーティストに還元するとのこと。買い忘れ等がある人はこの機会に購入してみてはいかがでしょうか。資金的に余裕があるなら、少し色を付けて払うのもありかも。

YOU&I/ DAVID DIMA&TOY@iTunes他

新たにこちらの作品も登場。

youi.jpg

YOU&I/ DAVID DIMA&TOY@iTunes/ 7digital


友愛もといYOU&I。SEBvol.212収録時と微妙に名義表記が違いますが、たぶん内容は同じ。
DIMAと言えばやっぱり爽やか路線という方も多いと思いますが、本作はそんなイメージを地で行く、ホントどこまでも爽やか一直線な仕上がり。いつまでも聞いていたいと思わせる心地よいリフから役割分担のはっきりしたBメロまでの流れ、そこから男女vo.揃って気持ちよく歌い上げるサビ。この手の曲調では珍しくギターソロも設けられており、最初から最後まで聞き応えのある作品に仕上がっています。オススメ。

INITIAL DAVE EUROBEAT SERIES vol.1@Bandcamp

しばらくぶりにDRMから配信コンピがリリース。

id1_20200315134111b2a.jpg

INITIAL DAVE EUROBEAT SERIES vol.1@Bandcamp


1. DON'T STOP THE MUSIC 2020/ DAVE RODGERS
2. ONE NIGHT IN ARABIA/ GROOVE TWINS
3. DOMINATION/ DOMINO
4. HELP ME/ NUAGE
5. TOUGH BOY/ KAIOH
6. SAVE ME/ ANNERLEY
7. KING&QUEEN/ DAVE&DOMINO
8. SEVENTIES/ CHRIS&THE SPACE GIRLS
9. TOKYO STADIUM/ EUROBEAT STADIUM
10. BACK ON THE ROCKS/ POWERFUL T.
11. STAIRWAY TO HEAVEN/ VALENTINA
12. HEART ON FIRE/ NORMA SHEFFIELD
13. DON'T STOP THE MUSIC(Remastered)/ DAVID DIMA


以前DAVEが春頃に新シリーズ展開予定と言っていましたが、このコンピのことみたいですね。
既存曲もある一方、今回初収録の曲も多数あり、特に気になるのは名義変更されたtr.2と10。個人的にPOWERFUL T.は声のみの出演というか、過去に録ったものを流用しているイメージだったんですが、今回新たに歌っている感じなんでしょうか?
他にもANNERLEYはあのエネリーなのかとか、VALENTINAは最近のGRシリーズの人と同じなのかなど、色々と気になる内容となっています。
※背面ジャケを見る限り、SAVE MEはDELTAのLESLIE PARRISHのカバーのようです。あとDON'T STOP THE MUSICはSAIFAM持ち…?

なお、上記アルバムは昨年12月にリリースされたDEJA VU(アルバム)同様、配信とCDの両方でリリース予定。価格はどちらも15ドルですが、CDは更に送料もかかるかと。発売日は4/14とのことです。

THE END OF THE WORLD/ DREAM FIGHTERS@iTunes他

コンスタントにこちらもリリース。

df_20200313233113a9c.jpg

THE END OF THE WORLD/ DREAM FIGHTERS@iTunes/ 7digital


SEBvol.218収録。
退廃的なタイトルとあって暗めの曲調を連想しがちですが、作品序盤こそそんな雰囲気に飲まれるも、リフが始まるとアグレッシブ路線にシフト。一定のリズムを刻むシンセに間断なく畳み掛けるギター部分、端々に遊びを持たせつつ締めるところはきっちり締めるヴォーカル。カモンGO!から入るサビはキャッチーさも兼ね備えており、直前から続く勢いそのまま突っ切っていく展開が魅力。
曲のタイプは異なりますが、直前のSUNRISE/ DAVID DIMAと目指すところは一緒のような気も。

SEB presents J-POP COVER BEST COLLECTION@mora他

今週は以下の2つの配信がスタート。

pop_20200311000132001.jpg

SEB presents J-POP COVER BEST COLLECTION@mora/ Amazon/ iTunes


euro.jpg

SEB presents J-EURO ORIGINAL BEST COLLECTION 2@mora/ Amazon/ iTunes


赤がカバーした方、青がカバーされた方の作品を集めた内容となっています。
パッと見たところLOVE DESIRE、A SONG FOR YOU辺りの配信停止組が狙い目?なおCHANGE THE WORLDは既存のSEBvol.151同様、EDITサイズでの配信となっています。ご注意。

CRAZY/ DAVID DIMA@iTunes他

DIMAのワンフレーズシリーズ?からこちらが登場。

crazy_20200309215611275.jpg

CRAZY/ DAVID DIMA@iTunes/ 7digital


SEBvol.208収録なんですが、全然記憶にない…正直この曲と言うよりこの時期と言ったほうが良いのかも知れませんが。

曲の方は従来よりもBPM抑えめ、それでもゆっくりという訳ではなく程々の心地よいリズムの刻み方。そんなリズムの中、明るいギターリフ、それとは一転シリアスなAメロ、お馴染みマルヲ節の効いた展開から再び明るいサビ。パートが進むごとに目まぐるしく移り変わり、最後まで飽きを感じさせない作品に仕上がっています。

M.U.S.I.C./ CLAIRE M.@iTunes他

今回から7digitalのリンクも併記。

music_20200308221155bd8.jpg

M.U.S.I.C./ CLAIRE M.@iTunes/ 7digital


SEBvol.212収録。
本作にクレジットされているNuanchan ChanthawongsaはSEBvol.190~210番代によく見かける名前ですが、自分の過去の記事を見るとDIMAの奥さんとのこと。SEBvol.219のインタビュー記事にそう書いてあるらしいのですが、CDを奥の奥にしまい込んでしまい確認できず。もし違っていたらゴメンナサイ。先に謝っておきます(^^;

THE DAY OF THE RAIN/ DREAM FIGHTERS@iTunes

相変わらず後追い状態でスイマセン。DIMA MUSICから新たにこちらの配信がスタート。

df_202003052312196fc.jpg

THE DAY OF THE RAIN/ DREAM FIGHTERS@iTunes


SEBvol.229収録。
今回初めて聞きましたが、良い意味で変態的な作品ですね(笑)一瞬明るい曲?と思わせるようなリフの入り方や後半にかけてのマルヲ節、以降も普通の哀愁作品に戻ったかと思わせつつ再びマルヲ節で畳み掛け、最後の最後まで油断のならない展開。トリッキーな仕上がりに聞き手を選びそうですが、個人的には気に入っています。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
久しぶりに石割り合戦に参加したと言うか、巻き込まれたと言うか…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索