FC2ブログ

ABeat2004

さぁ気を取り直して今日はコレ。何だかんだでちょっと批判じみた紹介になっちゃってますが基本的にどの曲も好きですよ(笑)

というかこのジャケット…乳にしか見えないんだけど(爆

P8020050.jpg

A-1 HURRY MAN/ LOLITA
A-2 BABY ONE BABY TWO/ LOLITA
B-1 BABY BABY BLUE/ LOLITA
B-2 DREAMIN’ OF YOU/ LOLITA

HURRY MAN/ LOLITA 4:18
(G.PASQUINI-S.OLIVA-F.CONTINI)
個人的にSEBvol.90番台の楽曲はVIRGINELLE名義も含めそのいずれも好きだったわけだけど、どこかしら抑えて歌っている-そんな印象を持っていたわけなんですが。
90番台に比べると楽曲のイケイケ度(死語だね)も増しvo.も心なしか元気になり、微妙に哀愁を混ぜ込みながら攻めていく作りはさすがで、サビ~ラストでの“…BELONG TO YOU~”で締める作りもメリハリをしっかり作っていて◎。
とは言え全体的にややキレイにまとめすぎたせいか少々こぢんまりしてしまっているのも事実で彼女の中では中の上といったところでしょうか。

BABY ONE BABY TWO/ LOLITA 4:07
(G.PASQUINI-S.OLIVA)
SEBリニューアル後一番最初に収録されたのはこの曲(SEBvol.102)もっともB-4に見られるようにいつの曲なんだか知れたもんじゃないですけど(苦笑)
上の曲よりも更に攻めており、Bメロでの自身の低音コーラスとの絡み→ウォウウォウウォーでさびに突入する作りもリフ同様攻めており気に入ってます。他にも口ずさみやすいサビでのタイトルコールやA-BEATにしては珍しい3コーラス目の変型パートなどもポイント高いですw
ただ上の曲以上に攻めているとはいえ、もう一つ攻め切れていないと言うのが正直なところ。

BABY BABY BLUE/ LOLITA 5:10
(G.PASQUINI-S.OLIVA-F.CONTINI)
タイトル的には上のアンサーソングになるんでしょうか?正直MACHで聞いたときは他の曲のアクが強すぎてほとんど印象に残らなかったのですが、改めて聞いてみると非常に良い曲ですね。
ピアノを交えたOPからタイトルコールを踏んで“WHENEVER~”に乗っけながらリフという非常に勢いのある作り。A,B,サビとどのパートを取ってみても非常に丁寧に作られた感じで、それこそ教科書通りの楽曲という言葉が似合いそうなぐらい。
各パートに散りばめられたバックのピアノやバイオリンといった細かい部分においてもその“丁寧”といったものを感じさせます。
あまりにもお手本過ぎて正直もうちょっと冒険しても良かったのでは?とも思いますが、気に入ってます、この曲(笑)

DREAMIN’ OF YOU/ LOLITA 5:27
(G.PAQUINI-F.RIZZOLO-S.OLIVA)
まずこの曲の前にGTC2001もしくはSEBvol.130のブックレットないのこの曲のクレジットを見て下さい。
そしてこう叫ぶでしょう。

“なっ!なんだってー!!!”

まぁ冗談はさておきこの曲、ブックレットに書かれているとおり1997年の曲。それこそ最初、記載ミスかと思いましたが2枚とも97年と書いてあるからには本当なんでしょう(苦笑)
およそ3年越しの蔵出しにもかかわらずそう感じさせないのはやはりこのvo.のおかげなんでしょうか(笑)(年代が違うせいか)この4曲の中では一番vo.にもハリがあり攻めたリフにこのvo.がベストマッチしており非常に聴き応えがあります。
他にもA-BEAT特有のサビ+αパートがあるのも大きな特徴。

余談ですが昔ワンピースで流れていたFOLDER5(だったっけ?)のカヴァーver.を毎週歌っていた気がします(笑)
V6のアルバムでのTOKYO TOKYOやKINGDOM OF ROCK、そしてこのカヴァーにしろ今になって考えてみるとEUROにはまる布石だったのかも知れません。


・1997年制作のLOLITA/VIRGINELLE楽曲

HIGHER&HIGHER/ LOLITA
COOLING MY DESIRE/ LOLITA
ALL I WANT/ LOLITA
YOU SET MY HEART ON FIRE/ LOLITA
BABY TONIGHT/ LOLITA
YOU’LL GET MY LOVE/ VIRGINELLE
BABY DON’T LET ME DOWN/ VIRGINELLE
TICO TICO/  VIRGINELLE

よく調べた訳じゃないのでいい加減なリストですがおそらく97年制作楽曲といえばこれぐらいでしょうか…たしかにこの時期の楽曲と言われても違和感がないような。。。

この曲が蔵出しになったのも97年前後でのリリース量が多くLOLITA楽曲の供給過多になっていたって言うのも理由の一つなのかもしれません(YOU SET~では食傷気味なんて書かれちゃってますし(笑)

とは言えこうした良い曲を1年どころか2年も3年もお蔵入りさせるという@社の行為が気に入らない。それこそいつかのブックレットにも書いてあった“ワインじゃないんだから”ですよ(苦笑)

まぁ今は昔と違い配信という素晴らしい技術があるのでCDに収録しない曲はそっちに回すなりしてきちんと捌いてもらいたいものです。

…無理だろうけど。

ところで97年の曲を調べていたときにBECAUSE I NEED YOUもかなりの蔵出しでこれぐらいの時期の制作じゃなかったっけ?と思いクレジットを見てみたら96年制作でしたorz
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
ビールうまい…ビールうまい!!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索