マックフルーリー・ストロベリーショートケーキ

先日もちょっこと言ったので書かなくてもいいかなーなんて思っていたのですが、サーチワードにあったのと、それから昨日、作り方を覚えるために実際に作って食したので一応掲載。

PB300056.jpg

さすがに営業中だったので撮れませんでしたが(持って返ったら溶けちゃうし(^^;)
マックフルーリー・キットカット味はカップにソフトクリーム、そして粉状にしたキットカットを入れてガーッと混ぜたモノなんですが、こちらのストロベリーショートケーキ味はソフトクリームにストロベリートッピング、そしてそこにケーキと言うことで5×3×3㎝程度のスポンジを投入!&シェイク!

…正直、見てくれは悪いのですが(写真のように上手くいくとは思えんのじゃよ…)、これがなかなかストロベリーショートケーキっぽくて驚き(笑)なんとなく冷凍庫に間違えて入れてしまったケーキを食べているような感覚。

ただし今までのフルーリー同様、この商品もかなり甘~い+結構な量(ジュースのMサイズと一緒)なので甘いモノが好きな人じゃないとちょっと厳しいかも(^^;)
自分は極・甘党なので最後まで食べましたが、さすがにお腹一杯(笑

お値段は各店舗まちまちですが、首都圏はだいたい330円ぐらいが相場ではないでしょうか。もちろん現在はクーポンも出ていますので、330円の場合210円で購入することが出来ます。

販売は今日からスタート。
…もっともこの寒い中、食べようと思う方はなかなかいらっしゃらないと思いますけど(笑)でも夏の暑い日に熱いモノ、辛いモノを食べるように、寒い日に敢えて冷たいモノを食べるって言うのもなかなか粋じゃないでしょうか?(笑)

それからマックのクーポンに関してはhttp://mdj.jp(ケータイからのみ可)、こちらからどうぞ。
カウンターパーソンをやるようになってから知ったのですが、今は紙クーポンだけじゃなくてケータイのクーポンもあるんですね。確かに紙クーポンと違ってわざわざ切り離す必要もないし、こっちの方が便利ですよねw

あくまで一つの情報として(他意はないです(笑)

昨日のトリビア、中でも一目惚れ<女→男>の方は期待を裏切らない予想通りの結果で、やっぱり男の方が馬鹿なんだなーと今更ながら痛感(笑)

一昨日、現在のJUNO DOWNLOADについての質問のメールを、自分のblogをリンクに追加してくれたお礼も兼ねてエナアタに送ってみました(一応、日本語訳も付けておきましたが(笑)
質問の内容は単純明快、JUNOはイギリス以外の国からでは利用できないのか?というもので、返答は以下の通り(JUNOに関する部分のみ抜粋)

1_20071129193129.jpg

訳すと今回のJUNO downloadはあくまで世界に向けてのモノで、日本人は国内のダウンロードサービスを使ってくれ、といったもので平たく言ってしまえば日本からの購入は無理でゴワスということ。

最後のStay in touchの意味は分かりかねますが…これがレーヴェルからの答え。あくまでもレーヴェルから、ですが。

とりあえずJUNOの方にEURO X-MASのリストが出ているのでiTunes用に備えて掲載。

無題

1.SANTA CLAUS COME TO OUR HOUSE/ GRETA&SOFIA
2.AND NOW IT'S CHRISTMAS TIME/ SAMANTA CLAUS
3.LOVE&PEACE FOR CHRISTMAS/ HI-NRG ALL STARS
4.CHRISTMAS PARTY TOKYO NIGHT/ LIVE MUSIC GANG
5.JINGLE BELLS/ NATHALIE WHITE
6.OH HAPPY DAY/ JUNGLE BILL

JUNOにはそれぞれ各曲にアカペラ・インスト・LASTver.がありましたが、iTunesの方では果たしてどうなるのか…仮にアカペラ・インストが無いと仮定すると全部で6曲になってしまいますし、これだと今までの配信(1回に付き11~12曲)の半分になってしまうので、JUNO同様アカペラ・インストを入れてくるのか、それとも他の曲を入れてくるのか、勝手にそんな予想をしています(笑)もしかしたら本当に6曲だけっていうこともあるかもしれませんが…

iTunesでの配信は今のところまだ始まっておりません。また上記リストとは異なる可能性も往々にしてありますのでご了承下さい。

余談ですがエナアタにメールを送ったのが午前3時。でメールが返ってきたのはそのわずか20分後であまりの早さに真夜中なのに思わず声を出して驚いちゃいました(笑)

昨日も独りで騒いでいたmora、エナアタ、さらにはDELTAと年内のCDリリースが残りvol.183だけだから良かったものの、果たしてこれが@社、他社のCDリリースと重なっていたらどうなっていたことやら(苦笑)
…ただ自分の場合、CDはなくともゲームが代わりに重なり気味でやっと5章に入ったドラクエ、レイトン、FFⅣ…挙げればキリがないですけど。それらに加えてようつべでPVを見てしまったために俄然欲しくなってしまったのがコレ。



ノーモア☆ヒーローズ――お値段は7140円とWiiのソフトでは少々高め。これは何食か抜いて…最近はカレーを薄めてっていうのが流行なんでしたっけ?(笑)一応、某量販店のポイントカードとクーポン券を駆使すれば何とかなりそうな気もしますが。

何にしても年末に向けて更に出費が嵩むのは間違いなさそうですね(^^;)




もら@SEBvol.71&72

NRGさん家でまたしても独りでワーワーわめいてきた訳なんですが
前回、vol.64~69が配信されてから約1ヶ月、今回はvol.71と72の配信が開始。向こうでも述べたとおりTIME楽曲はSEXY TOY (COME AND TRY ME)以外、全てアナログでリリース済みだったのでそれほどありがたみは無かったのですが、それでもこの時期のアナログは値の張るモノが多く購入を見送っていてモノもいくつかあるので、そういった意味で新鮮さはないとか言いながら結構喜んで購入していたり(笑)

とりあえず購入したモノについて適当に感想をば。

・GENERATION/ DAVE SIMON 6:08
たしかアナログの値段はMEGAで5800円だったような。moraだとアカペラ・インスト・BONUSは無いものの約40分の1の値段で買えちゃうわけですか…今更ながらアナログの割高さを実感(苦笑)
曲の方は今更説明不要の名曲。MUSIC FEVERとはまた違ったアグレッシブ路線でリフ~サビとずっとハイテンションを維持する作りは、この路線好きには堪らない作り。
この調子でHALLELUYA TOKYOも配信してもらいたいモノですw

・THE WAY YOU LOVE ME/ NATHALIE 6:07
前もチラッと言った気がしますが、この時期のDELTA楽曲は好き嫌いがはっきり分かれるというか。んでそんな中でもこの曲はこの時期のDELTA楽曲でも特に好きな一曲でリフからサビまで一度もブレーキをかけることなく展開する勢いのある作りは同時期のSTOP THE FIREに通じる感じも…って例のNON-STOPではバッチリ繋がってましたね(笑)
サビのフェードアウトで終わるっていうのは珍しいような。

・BABY, BABY RUN/ TRIUMPH
この名義でのリリースはたった6曲とかなり少ないのですが、それでも良曲揃いの感がするのは私だけでしょうか?(笑)
自身のLIVIN' JAPANの延長線上にあるものの、歓声のインストールやBメロから明るい曲調にシフトしながらサビへと突入するなど前作とはまた違ったアプローチなどもあって気に入ってますw
PERNICI専用名義だと思っていたらDALL'ORA作品にも使われてましたね、この名義(笑)

・JUMPIN' UP/ ANGIE DAVIS 5:29
個人的に大を声にしてもとい声を大にして言いたいのがこの曲。というのもこの曲、アナログに収録されたにもかかわらず、その収録時間はなんとたったの3:30(2:30じゃ無かったです、スイマセン(汗
DISCO MANIA/ EUROSISTERS以上にキャッチーな作りでアグレッシブや哀愁以外にもこんな曲調の曲も作れるんだぜ!とでも言っているような本作。疾走感溢れるバック、リフ、随所に盛り込まれたサンプリングやパンニングと、あんまり注目されていない(ような気がする)本作ですが、その完成度はかなり高いかと。
とりあえず今回無事EXTENDが聞けて一安心。もし死ぬまで聞けなかったらそれこそ末代まで恨むところだったよ(笑)

あとはFOREVER NOWとNEVER ENDING LOVEか…

・LET ME NOW/ GO GO GIRLS 5:31
この曲を初めて聞いたのはたしかMAHARAJA NIGHTvol.19 EURO FIRE SPECIALだったような…。あのサンプリングまみれに慣れていると、いざ原曲を聞いてみると少々物足りなかったりするのですが、それでもこの名義通り景気よく盛り上げる曲調はクセになりますねw
ただし展開的な面白さはそれほどありません(^^;)

・SEXY TOY (COME AND TRY ME)/ VICTORIA 6:00
上のGENERATION、BABY, BABY RUN、JUMPIN' UP全てPERNICI作品なんですが、それらとは更にまた違った仕上がりの本作。もちろん使われている音もそうなんですが、BAD BAD BOY(I NEED)の様にA-BEATっぽくは無く、JUMPIN' UPの様にバックが走って…というわけもなく。どちらかというとDISCOMANIA辺りに近い印象で、リフの多少チープっぽい感じとvo.の歌い回しのギャップがイイ感じにマッチしてます(笑)
ただ一番のツボはやはり冒頭のピアノ。アナログで発売されていたらBONUSver.で確実にこのピアノを用いた作りになっただろうに(苦笑)

・WAITING FOR YOUR LOVE/ MARGARET 5:58
この時期はWAITING FOR YOUとかWITHOUT YOUR LOVEとかあって、いつもこの曲の正しい曲名が思い出せなかったりするのですが(笑)
個人的にこの名義、MINE IS YOUR LOVEのイメージが強いのでCDで初めて聞いたときにこのあまりのギターぶりに非常に驚いた記憶があります。オープニングからリフ、そしてサビに至るまでバックにギターが仕込んであってかなり賑やかな展開で聴き応えのある仕上がり。また曲中盤には1コーラスまるまるインストがあるのでよりギター色の強い展開を楽しむことが出来るかと。
欲を言えばキチッとしたギターソロが欲しかったですけど、それはやっぱり贅沢なのかも(笑


うーん、来週以降あるかなー…だいたいがオレが予想すると見事に外れるからなぁ(苦笑)

そういえば昨日、動きがあるかもって書いたらリストの表示が変わりましたね(笑)今日、ホントはその辺の話をしようかと思ったけどそれはまた明日。

メール出してまさか20分で返ってくるとは思わなかったよ(笑)



TRD1225

昨日も少し言ったけど、3Bのあの新曲…試聴してみましたがサビでは何故かSPEEDY CARの連呼。ふと思ったのですが、もしかしてFARINAさんはD-1をF-1か何かの仲間だと思っているんじゃ…本気でそんな気が(笑)

今日はこの一枚。

PB270055.jpg

TAKE A LOOK IN MY HEART/ JILLY
(L.GELMETTI)
A-1 EXTENDED MIX 5:30
A-2 ACAPPELLA 0:45
B-1 RADIO EDIT 2:30
B-2 INSTRUMENTAL 2:30
B-3 LAST EDIT 2:05

そういえば昔々にDA KA RA イン マイ ハートなる邦人カヴァーがあった本作(笑)
曲の方は今更説明不要の超名曲で、リフのキャッチーさ具合はもちろんvo.の歌い回し、さらにはサビでの盛り上げ具合に至るまで全く非の打ちどころのない完璧な仕上がり。
個人的に一番ツボなのが全体的にキャッチーさを持ちつつもその根幹部分は哀愁ということでしょうか。リフではそれほど哀愁を感じることはないのですが、Aメロ、Bメロそしてサビといつの間にか哀愁色が強くなる作りで、その辺りに毎回聞く度に惹かれます(笑)

REMIXはI.S.D.REMIX、収録はTHE BEST OF NON-STOP SUPER EUROBEAT 1992。
原曲はSEBvol.23、リメイクはSEBvol.175に収録。

原曲の時点でかなり完成度が高かったせいかリメイクではそれほど新鮮さは感じられませんでしたが…それでもリメイクも好きだったりします(笑


それにしても地味に追加されてるなーあそこ。
個人的な予想だけどあっちはここ2,3日で何かしらの動きがありそうな予感。

181盤その他

ネタ無いのでMEGAのリストから適当に抜粋。

SUPER EUROBEATvol.181(VEJT-89370)
A-1 BLOOD on FIRE/ GO2&CHRISTENE
A-2 GAS GAS GAS/ MANUEL
B-1 NRG/ GO2
B-2 I'M ALIVE/ JAY LEHR

4曲中3曲がSCPとかなり偏った選曲。でもあの18曲の中ではコレが一番妥当かも。


NEW俄然パラパラ!!(VEJT-89371)
A-1 SEXY SEXY LADY/ KEN MARTIN
A-2 EVER FOREVER TOGETHER/ TIPSY&TIPSY
B-1 DJ ZORRO GOES TO LONDON/ DJ ZORRO
B-2 GET YOUR POWER GO!/ WILTP

うーん、超然じゃなくてD-1 2008 GPの方からの選曲?
個人的にB-2がタイトル的にふざけててかなり気になるなー(笑)


超然パラパラ!!(VEJT-89372)
A-1 SPEED MASTER<SUPER EURO MIX>/ M.O.V.Efeat.8-BALL
A-2 愛のビーチコール<OVERHEAD CHAMPION REMIX>/ TOKYO CALL Kwenji Hayashida
B-1 UP!!/ NAGISA&MIWA&HARUKO
B-2 LOVEドッきゅん<EUROBEAT REMIX>/ club Prince

うーん…うーん??


SUPER EUROBEATvol.182(VEJT-89373)
A-1 OVERDRIVE/ FASTWAY
A-2 LOVE IS THE NAME OF LOVE/ IRENE
B-1 PARABOY/ LESLIE PARRISH
B-2 SET ME FREE/ CHERRY

これも妥当というか、面白みのない選曲というか。
某氏も嘆いていらっしゃいましたが、やはりこの@社の選曲→ヒット曲の捏造というのは気に入らないね。まさかCDでかける熱心なDJもいるとは思えませんし…(実際いたらスマヌ)、収録漏れした他14曲はどーでもいいんだろうね。まぁクラブで何がかかろうとたいして興味はないですけど(笑)

それとリストに載っている“買ってくれないとプレス出来ない”という言葉。ふと考えたんだけど、いったいどれぐらいの人がアナログを買っているだろ…自分に限って言えばvol.169を最後にSEB盤は買ってませんし。moraの方が安いし、音いいし、場所取らないし。

ここはやっぱりアナログだけのアドヴァンテージ、例えばインスト・アカペラを付けるとかCD収録に先駆けて先行収録とか、そういったモノを付けてくれないとやはり買おうとは思わないな…


ところで先日も言ったけど新宿B.Cのサイトが消滅。渡辺さんが抜けた今、新譜の入荷はおそらくないでしょうし、上記のアナログの購入を希望される方は名古屋MEGA-MIXに注文されるのがよろしいのではないでしょうかw
なお発売時期に関しては上二枚は2007年11月?、下二つはSEBvol.200までには出るとのことです(笑)

とりあえず今日は月曜だけどバイトに行って参ります(おかげで鬼玉が聞けないよ!(苦笑)


それと3Bリストのアノ曲…今度はアレのテーマソングですか。
これでまたSUPER EUROBEAT/ ALPHATOWNのように収録されなかったらどうしよう(笑

VEJT-89152

昨日のもしツアを見ていてつくづく思ったのだけど、そろそろいい加減にあの番組は三瓶を切り捨てたらどうだろうか?(笑)たぶん昨日の30分の枠内で一言も喋ってないよ(=カットされた)
波田陽区も体よくうちくる?を追い出された訳だし、もしツアももうそろそろテコ入れとでも称して首を切ってもいいんじゃないだろうか(笑)

今日は哀愁楽曲詰め合わせのこの一枚。

PB250052.jpg

A-1 C’MON&MOVE ON UP/ TIME FORCE
A-2 KING OF YOUR FEELING/ TIME FORCE
B-1 HISTORIE D’AMOUR/ ROSE
B-2 THIS IS MY SONG(FOR YOU)/ ROSE

C’MON&MOVE ON UP/ TIME FORCE 5:05
(S.DALL’ORA-G.GOMBOGI)
何となくLOU TURNER名義でもいいような本作。イントロの段階からオシャレな雰囲気を振りまくそのスタイルはどことなく同時期のWALKING TO MY LIFE/ MR.Mにも通じる作りで、ヴォゴーダーを通してのタイトルコール、そしてギターパートと非常に丁寧な作り。リフも通常のシンセだけではなくギターを織り込んだ作りでイントロの雰囲気そのままに展開し、サビまでその流れを維持。
WALKING~同様、派手さはないものの落ち着いたしっとりとした感じ、でもギターがあるおかげでしっとりし過ぎない――聞けば聞くほど味がでるそんな一曲かと。

KING OF YOUR FEELING/ TIME FORCE 5:45
(G.GOMBOGI-S.DALL’ORA)
リフが2種類ある本作。アナログ収録ver.はvol.137と同じ哀愁に特化したリフでそれこそ女性vo.が歌っても違和感がなさそうな仕上がり。
言うまでもなくvo.はいつものしゃがれの人が務めており哀愁楽曲との相性は折り紙付き。また上の曲とは違いバックに女性コーラスがおり、単調になりがちなA、Bメロもしっかりとカヴァーしておりサビでのハモリ具合も文句なし。展開に関しても哀愁をそれほど感じさせないA、Bメロから一気にサビで哀愁色に染め上げる作りで気に入ってます。
リフ切り返し時に入るサンプリングも小技が効いていて◎。

そう言えば上の曲も本作もvol.140にランクインしてましたね。

HISTORIE D’AMOUR/ ROSE 5:54
(L.DEGANI-S.DALL’ORA)
この曲はヤヴァい!もうホントこの名義では一番好き!
もうイントロの段階でヤヴァさ120%の作りで、どこか遠い異国の町並みを連想させるような出だし、語り→ハミングそして崩れ落ちていくようなピアノのフレーズと、泣いて下さいと言っているような展開で、その思惑通り泣きそうなオレ(笑)
vo.はいつもにくらべてちょっとかすれ気味に聞こえるのですが、それがまた一層哀愁度を高めてくれてます。また何となくいつも以上にしっかりした歌い回しをしているせいか他の楽曲以上に胸に訴えかけて来る印象。
もちろん3コーラス目の変型サビから冒頭のハミングに移り変わる部分も好きですが、やはり一番のミソは4コーラス目Bメロ途中から始まるインスト部分でしょう!特にサビに入ってからのピアノ+ハミング+語りのコンボは反則とも言える作りでホント泣けます。

哀愁の王道中の王道を行く作りで、約6分、このHISTORIE D’AMOURという世界を存分に味あわせてくれる本作。是非ともEXTENDEDで聞いて欲しい曲の一曲です。

THIS IS MY SONG(FOR YOU)/ ROSE 5:24
(S.DALL’ORA)
親父単独作の本作。
やはり単独制作であるせいか楽曲も一筋縄でいかない作りになっていて、EUROBEATでは珍しくリフ→Aメロ→Bメロ→Aメロ→Bメロ→Cメロ→サビという変わったアプローチ。リフ含め全体的な雰囲気は哀愁楽曲としては及第点以上の出来なのですが、個人的にはこの様な作りではなく普通にAメロ→Bメロ→サビと展開して欲しかった(^^;)
中盤のドスを利かせてウォウウォウと歌う部分、随所に盛り込まれたオルゴール、ピアノは気に入ってます。

それにしても冒頭のオルゴールはやはりアノ曲を意識してのモノなんでしょうか?(笑)


とりあえず今回は1曲目から作るのではなく50曲を何曲かのパートに分けて最後にそれぞれを一つにまとめる方式を採用。こうすることによって中だるみするのを防ごうというのが目的なんですが、今のところは思惑通り(笑)
何とか間に合いそうな予感。

うぉおおおおい!エナアタ!!!(爆)

相変わらずここに来て頻繁にエナアタ配信のリストの追加が行われているような気がしますが、今回追加されたのはEURO X-MAS PARTYなるもの。

エナアタ2

まぁ文字通りエナアタクリスマス関連の楽曲が収録されると思いますが、一応タイトルからクリスマスっぽいモノを抜粋。

HRG180 CHRISTMAS PARTY TOKYO NIGHT/ LIVE MUSIC GANG
HRG181 JINGLE BELLS/ NATHALIE WHITE
HRG182 OH HAPPY DAY/ JUNGLE BILL
HRG404 AND NOW IT'S CHRISTMAS TIME/ SAMANTA CLAUS
HRG405 LOVE AND PEACE FOR CHRISTMAS/ HI-NRG ALL STARS
HRG669 SANTA CLAUS COME TO OUR HOUSE/ GRETA&SOFIA

とこんな感じでしょうか。ただあのレーヴェル、そんなことは関係無しにクリスマスとは全く関係ない曲とかも入れそうなので(笑)、その辺に期待。

が、今回、一番重要なのはこっちではなくむしろコレ!

エナアタ1

写真を見てもらえば分かりますが、JUNO downloadでも取り扱い開始。音質は192mp3、320mp3、WAVのいずれかから選ぶことができ、192mp3が一番安く0.99£。

またコレが一番重要なのですが、ラインナップはiTunesとは異なり、今回の配信ではEBF後期~MACH中期辺りの楽曲が追加されており、しかもそのほとんどがアカペラ・インスト・LASTver.あり!!!
そもそもこのライナップだけでも鼻血ビューもので(何、個人的にはMOVE IT ON THE RHYTHM/ CY-ROやDANCING AT TWIN STAR/ TRI-STARが嬉しいね♪
他にもYOU AND ME/ LUCKY BOYやEVERLASTING LOVE/ MICHELLE ROSE、BECAUSE I'M LOVING YOU/ LOUISEといったマニヤどころもあってもう失禁寸前(爆


…ただ残念ながら支払いはカードのみ(たぶん)
しかしどんな手を使っても購入する!もう金に糸目なんかつけないもんね!(爆

それにしても案外、このOLDIES GOLDIESとラインナップが一緒ってことはないよね?(笑)

グラコロ&チーズグラコロ

あの体を張ったギャグって言うコメントがあまりにも当を得ていて吹いた(笑)
うーん、まぁ当然の結果のような。

という話はどーでも良くて秋、冬の風物詩になっている?グラコロが昨日よりスタート。

071123_0933~01.jpg

今更説明しなくてもイイとは思いますが、内容は蒸したバンズ、キャベツ、コロッケ、タマゴソース、そして中濃ソース(笑)で、まぁこれでマズいはずはなかろうといった代物。
値段は店舗ごとによって異なりますが首都圏周辺なら270~290円ぐらい。現在は夜7時からバリューセットを頼むと100マック無料券が付いてくるのでこの時間帯を狙って買いに行くっていうのも良いのではないんでしょうか?(笑)

…ところでこの4thメニューが終わって次に始まる4thメニュー…話を聞く限り何かの冗談だと思っていましたが(苦笑)一体どんなモノなのかは来月中旬以降に明らかに(いや引っ張る必要はあまり無いですけど(^^;)


とりあえずアリーナ姫は強いに一票。

ドラクエⅣ

はい、そんなわけでドラクエⅣ買ってきました!

ドラクエⅣ

以前も言ったような気がしますが、ドラクエシリーズではこの4,そして6は未体験。せいぜい小学生の頃はやったバトエン(バトルえんぴつ)で登場人物をちょこっと知っているぐらい(笑)

とりあえず少ししかプレイしていませんが感想としては

・セーブデータが3つまで作れる
・あのファンファーレがきちんと流れる
・グラフィックはかなり頑張った(笑)
・敵が良く動く

こんな感じでしょうか。
ファンファーレに関しては何を今更と思う方もいらっしゃるかとは思いますが、実は以前のドラゴンクエスト・モンスターズではこのファンファーレがエンディングでしか流れなかった…やっぱりこのファンファーレを聞かないとドラクエやっているような気がしないんですよね(笑)

グラフィックに関してですがDSにしてはかなり頑張っている感じで、感じとしては過去のドラクエⅦのグラフィックに近いですね。回転して宝箱とか発見するとやっぱり嬉しいですし(笑
ただ少し画像が粗いせいか街の中での移動は目に易しくないかも…(苦笑)

2画面マップはやや使いづらい印象。まぁそこまで気にはなりませんが。

現在はやっとこさホイミンを仲間にしたところ。いつまでも街や城の周りでレベル上げをしているので一向に進みません(^^;)

とりあえず気長にやっていこうかと。

感想にも満たない文章

やべードラクエって明日じゃん…素で勘違いしてたoraz

んで例のBESTですがSEBコレvol.5以来、久しぶりに叩き割りたい衝動に駆られました(苦笑)

とりあえず一通り聞いてみましたがやはり選曲に難があるというか、ありすぎるというか。特にDISC1冒頭部分、それからラストを飾る曲…かなりの消化不良感が残ってしまうというのが正直なところ。
DISC全体で見れば182の総括で危惧したA-BEATの不調がそのまま浮き彫りとなった格好で、去年のBEST盤では3Bと一緒に引っ張っていたのに対し今年はかなりのブレーキング。もちろんこれはGO GO’Sにも言えること。両レーヴェル併せて50曲中18曲と約三分の一。以前言ったこのレーヴェル次第でアルバムの質が左右されるという言葉――決して過言ではないと私は思います。

申し訳ないけどコレを聞くと今年ってあんまり良い曲無かったんだ…というような気持ちになります(苦笑)

以下こんな感じでダラダラと文句を垂れ流していくので本当に興味のある方のみどうぞ(ここまで荒んだ文章を書くのも久々)

続きを読む

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
まさかこんなところでHEY HEY/ VANESSAを聞くとは…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索