FC2ブログ

今日はデータの更新が更新

リタかわいいよリタということでようやっと重い腰を上げてエナアタカタログ&リフ別ver.のデータを更新(せっかく情報提供して下さったのに初動が遅くてスイマセン(汗))

リフ別ver.まとめ(修正版)

エナアタカタログCD・アナログ・配信早見表(excel版はこちら)

リフ別ver.の方はジャビートさん提供によるI'M GONNA CARRY ON/ NUAGEと白金太郎さん提供によるGIVE ME HEART&SOUL/ HAPPY HOURを追加。
白金太郎さんも仰っていらっしゃいましたがGIVE ME~はまるで何の曲か分からないぐらいCD収録ver.と違いますね(笑)同じなのはサビだけ。
CDver.に聞き慣れている分、結構な違和感を感じ得ずにはいられませんでしたが(^^;)
感じとしてはEBF中期のエナアタ単音系ナンバーに近いかも。

エナアタカタログの方はカタログNO.HRG747~754を追加。配信系も一通り追加しましたが、ちょっと自信ないかも(あとアナログも…)

間違いがありましたらツッコミよろしくお願いします。

ちなみに何故かSEBvol.190の配信は休止中。
上記、I'M GONNA CARRY ON、並びにMICKEY等、SEBvol.190に収録された作品の配信は(他の配信済みコンピに収録されていない限り)現在は購入不可。
190の配信が再開されるまで気長に待ちましょう^^;

そう言えば今日、SEBvol.138・139のうち5曲ほど購入したんですが、何故か139の方は200円だったり210円だったり150円だったりとマチマチなんですよね(相変らずよく分からない会社だこと)
そのくせ全曲購入だと1800円ですし…???
9曲以上購入する予定なら全曲購入した方がお得かも。

明日はその購入した楽曲の感想でも。

URLに141と打ち込んだら意外にも表示されて驚いてしまったのは私だけ?

やっぱり配信の可否はSEBvol.190を考慮してのことだったんでしょうか(DLランキングの期間は一体いつからいつまでだったのやら)
まさか来年もDLランキングNON-STOPやるんでしょうかね?(苦笑)

今回の配信はSEBvol.138と139。どちらのCDも未所持なのでアナログ未収録にどんな楽曲があるのか楽しみではあります。

哀愁好きを豪語するのならCAN'T GET YOU OUT OF MY HEART/ PAUL HARRISとHISTOIRE D'AMOUR/ ROSEがオススメ。どちらも泣けます!

TRD1364

以前もそうでしたが、やっぱり体操の競技は見ているこちら側が必要以上にドキドキしてしまいますね、いつ落ちてしまいやしないか心配で心配で。
良くもまぁあんな重力に逆らって平行になったり垂直になったり、今更ながら驚かされます(笑)

というわけで今日はこの一枚。


P8120254.jpg

SEX AND DANCE/ FRANK TORPEDO
(CARIA-SPIRITELLI-GELMETTI)
A-1 EXTENDED MIX 5:57
A-2 ACAPPELLA 0:58
B-1 RADIO EDIT 2:40
B-2 INSTRUMENTAL 2:27
B-3 DUB VERSION 2:03

デビュー作BANG BANGからLOVE FOR MONEY、NEVER STOPとヒット街道まっしぐらだったFRANK TORPEDO。
EVERYBODY’S DANCINGに続く本作はお馴染みCARIA&GELMETTI、加えてLOVING HONEY/ LINDA ROSS等でも見受けられるSPIRITELLIという作家陣。

前作同様、タイトルにDANCEを冠しており全体的なノリ重視な部分、ちょっと王道から外れたようなメロディラインも同様ですが、本作はより非王道路線・ややダークでアグレッシヴな要素が強くリフ自体も非常にダイナミックで力強い仕上がり。
雰囲気としては直前のAFRICA/ DAVE HAMMOND辺りに近いかも。

ややノイジーなイントロ、そしてこのリフと曲はど頭からアグレッシヴ調ですが、ヴォーカルパートもさすがにvo.がCARIAということだけあってアグレッシヴ。
それでもAメロ出だし辺りからBメロにかけてはやや抑えめといった感じの歌い回しでいつもとは違う印象。ただそうは言ってもサビに入ればやっぱりいつものCARIAで、いつも以上に跳ね回るような歌い回しが分かりやすいサビフレーズ・曲調とピッタリ。
この時期お馴染みの女性バックコーラスの存在も大きくサビはとにかく賑やか、リフのダイナミックさ加減に負けず劣らずの出来でお気に入り。
それと合わせてリフからサビまで途切れることのない流れが本作の魅力。

たしかこの次の作品はPARA PARA PARA NIGHT。この辺りから徐々に方向性が変わってきたような…まぁその後の作品もどれも好きですけどね(笑)

個人的なイメージですが昨今のエナアタナンバーもこの辺りの楽曲を意識しているような気もしなくはないです(特にBOMBAとか)



vol.200までに更新されなくなるに30万点。
以前のmu-moがどれぐらいまで更新されていたか確かめようと思ったけどパスワードすら忘れてしまったので諦めました(笑)

何度も言うけどオレはアイツが生理的に無理。この考えはもう変わることはないでしょうね。

TRD1391

うーん、やっぱり実際に動いている映像を見ると更にやりたくなってきますね!ポケモン(笑)
相当手の加えられたバトルフロンティア(というか初登場か)のランダムルーレット対戦、一新されたポケモン登場時のモーション等どこまで変更されているのか楽しみ♪

ただ一つ気になったのは、四天王オーバ&ジムリーダーデンジvs主人公&ライバルのダブルバトル。
たしかにダイパでは両者の話はほぼノータッチでしたが…どの様に話が展開されるのか期待。

というわけで今日はこの一枚。


P8110252.jpg

DIRTTY ACTIONS/ DE NIRO
(ACCATINO-RIMONTI-DALL’ORA)
A-1 EXTENDED MIX 5:44
A-2 VOCAL MIX 1:10
B-1 RADIO EDIT 2:40
B-2 INSTRUMENTAL 2:40
B-3 DUB VERSION 2:00

STARTやFLASHBACK等、リリース量は少なくとも記憶に残る良作をリリースしてきたDE NIRO名義。
SEBvol.49に収録された本作はこの名義通算6作品目で、本家SEBシリーズのNON-STOPにも収録されていないせいかやや影の薄い感もありますが、実際はかなりのクオリティ。
この作品の前後、特にTRD1400以前のTIME作品はやや迷走気味、A-BEATに比べると見劣りしてしまうところがあるのですが、そんな中においても群を抜く仕上がり。

DIRTY ACTIOSの掛け声から徐々に勢いを増す冒頭からカウントヴォイスを挟んで始まるリフ。このリフも、このタイトルからはちょっと想像できないような明るいメロディで構成されており終始景気よく、また音自体もしっかりしているためかなりの聞き応えがあります。
Aメロからの展開はさすがにこのタイトルに即したシリアス寄りな雰囲気で、ちょっと押し殺したようなヴォーカルの歌い回しは荒々しく、合いの手のようにはいるバックコーラスも適度にバックを盛り上げており○。
Aメロ以降もバックコーラス大活躍でBメロでのハミング、サビでのメインコーラスの追従と、得もすると男臭くなってしまいがちな雰囲気を良い意味で和ませているかと。
サビでの盛り上がりは一昔前の作品を彷彿とさせるような仕上がりで、先日のIN MY DREAMSもそうでしたが直前までのパートとギャップがある分、その明るさ・盛り上がりが際立ちます。
ACTIONに合わせたFASHIONやREFLECTIONSといったフレーズの韻の踏み方や後半部分お約束のコーラスオンリーパートなんかもあったりしてとにかく終始耳の離せない作品。格好いいDUBver.も見逃せません。

以前も触れたかも知れませんが、“PARA PARA HI-BPM EUROBEATvol.2”にはこの曲にそっくりな曲が収録されてましたね(笑)
改めて繋いでみましたがなかなかどうしてそっくり。BPMもほぼ同じ(約146)、リフ直前のフレーズもほぼ一緒(カウントヴォイスがあるかないかの差)。上記のファイルではそのリフ直前23秒辺りのフレーズを重ねているんですが、まるで違和感がありません。

この曲以外にも相変わらず何かに似ているFIRE OF LOVE、確実にNORMA嬢を意識しているBACK TO ME(これが似てる!)、どうやったらこんな出来になってしまうのかと思わず突っ込みたくなりたくなるようなSUPER SEX SYMBOLのカヴァー等もありオススメです(笑)
カヴァーはともかくとしてオリジナル(にしてはパクリ臭が酷いけど)はクオリティも高いので中古屋で見かけたらとりあえず購入してみてはどうでしょうか。


隙を見てはTOVをやっていますが、相変らずX箱のコントローラーのボタン配置に慣れません(苦笑)
AとBが逆って言うのはねぇー…と言いつつそろそろ慣れそうですけど(笑)

Xbox 360 テイルズ オブ ヴェスペリア プレミアムパック&感想

Amazon、日通、ローソンに振り回されて大変な目に遭いましたが、ようやっとX箱と360を入手。

P8100237.jpg P8100240.jpg P8100238.jpg

まずXbox本体の方ですが、そのあまりの巨大さに絶句(苦笑)
事前の評判ではやれコントローラーが重いだとか起動音がうるさいとか書かれてましたが、個人的にはまったく気にならない程度で、それよりもむしろこの巨大な本体と、巨大すぎるACアダプタの方が気になります。

P8100247.jpg P8100248.jpg P8100249.jpg

この写真では分かりづらいかも知れませんが、Wiiの約2倍ほどあります。

この巨大な本体や妙に太いコード含め全体的にアメリカ人が作ったハード、なんてことを窺わせる作り。それでもコントローラーは日本人に合わせて海外版よりも一回りほど小さいみたいなんですけど。

P8100242.jpg P8100244.jpg

で本体以外にもソフト同梱で、他にはメインシナリオ収録台本(レプリカ)とTOVオリジナルフェイスプレート付き。電源の位置になってしまったガイフレンがカワイソ過ぎます(笑)



で以下、本編の箇条書き感想。感想と言ってもまだほとんどプレイできていませんが…(^^;)

・次世代機と言うことでやっぱり映像は綺麗(綺麗じゃなかったら困るけど)

・BONNIE PINKが歌うOP曲はゆったりとしたリズムで、どちらかと言えばエンディング曲のよう。サビ冒頭のフレーズは聞き覚えがあるようなないような(笑)

・もちろん今回のOPムービーも気合い十分。従来機より迫力もあります。

・ゲーム冒頭もアニメーパートからスタート。語りはエステル。

・グラフィックはアビスのモノを次世代機に合わせてブラッシュアップしたような作り。遠くに見える風景画の柔らかい感じと近場の輪郭のはっきりしたグラフィックの対比が印象的。
ただし明るい場面での人物描写はやや顔の輪郭(顎辺り)が判別しにくくなっており、どこからが首でどこからが顎なの?なんて思ってしまったりも(笑)

・移動時のグラフィックは常にアニメーションを見ているような感覚。動きも滑らかで従来のCG画とはさすがに違います。

・偶然かどうか分かりませんが、主人公は先日のラタトスクの騎士の主人公エミルのアンチテーゼ。ちょっとクールで皮肉屋、でも放っておけないという性格はある意味王道パターンですが、個人的には好き。
でも何となくこの性格、銀魂の銀さんを彷彿とさせるような…(笑)

・エステルは基本的にはコレットと同じ路線ですが、実際はその斜め上を行く性格。
特に戦闘終了後での“おととい来やがれ~”“100年はえぇ~”の掛け合いがツボ(笑)

・戦闘もアビスのモノをしっかりと継承した作りになっていますが、今回はフリーランがやや弱体化してしまったような印象を受けますね…。
アビスでは敵の攻撃避けまくり→攻撃しまくり→オレtueeeだったんですが、今回はフリーランから攻撃を繰り出すとモーションが大きくなってしまい空振ったりするとかなりの隙が出てしまいます。

・戦闘時のBGMは過去作品のアレンジ?

・戦闘の境界線(円上の水色の線)が表示されるのは○

・スターオーシャン3の様なシークレットミッションがあるのも燃えるので○(笑)

・ナムコネタでのXバスター(笑)たしか以前もアニスの隠し武器であったような…

・某痛通にも書いてありますが、今回の闘技場にはTOFのダオス(にそっくりな?)が登場する模様。


こんな感じでしょうか。とにかくロードがほぼ皆無で気持ちよく遊べるのが魅力。
戦闘以前に、このコントローラーの配置の異なるA・B・X・Yボタンに慣れず冒頭から苦戦してしまいましたが(苦笑)

ラタトスクの騎士では消化不良なシナリオ、エンディングばかりに目がいってしまいましたが今回はどうなんでしょうか。少なくとも新ハードで相当気合いを入れて作ったでしょうし、やりごたえはあるとは思うのですが。頑張って暇を作りつつプレイしたいと思います(笑)

TRD1395

わはははは←※もう笑うしかない人
案の定来ませんでした(苦笑)まぁ来るには来たんですが18時以降の受け取りとのことだったので、明日取りに行くことに。
コンビニ受け取りならバイト先のすぐ近くで仕事が終わった後にすぐ受け取れて便利、とか思ったんですけど、実際はamazon→日通→コンビニ配送のトリプルパンチで実際よりも時間が掛かるというオチに。
日中は家を空けることが多いのでコンビニ受け取りにしたんですけどねー…何だかいつも以上に疲れるという結果にもう笑うしかありません。
明日こそやれそうです、テイルズを(苦笑)

というわけで更に予定を変更してこの一枚を紹介。鼻血ビューってどうなの?(笑)



P8090235.jpg

IN MY DREAMS/ MIKE FREEMAN
(ACCATINO-MORONI-RIMONTI)
A-1 EXTENDED MIX 5:25
A-2 VOCAL MIX 0:58
B-1 RADIO EDIT 2:28
B-2 INSTRUMENTAL 2:28
B-3 DUB VERSION 2:01

たしか初めて聞いたのはEURO FANTASYvol.3でだったような…高揚感溢れるリフとあまりにギャップのあるヴォーカルに相当驚いた記憶があります(笑)

先日のGORKY PARK同様の作家陣によって制作された本作はMIRACLEに続く作品でMNHRvol.11収録。
暗めな雰囲気のオープニングにちょっと気怠そうなサンプリングとこの先一体どーなってしまうんだろ?なんて思わせるような作りですが、“1,2,3,4…”のカウントヴォイスから一気に明るい雰囲気へと転調。
リフはゆったりとしたリズムながらも一つ一つの音が非常にしっかりしており、ノビのあるフレーズがこのメロディを更に明るいものへと仕立て上げておりお気に入り♪直前のイントロがいやに暗かった分、余計に明るく感じます。
さてそんな明るいリフからこのままサビまで持っていくのかと予想するも、Aメロ出だしはかなりのマイナー調。おまけにこんな明るい雰囲気にまるでそぐわないと思わせるような例のしゃがれヴォーカルでリフからの流れをばっさりカット(笑)
このあまりにも対照的なAメロ、そしてヴォーカルに一瞬面食らいますが、その後のBメロ終わりからサビにかけての高揚感はリフのそれを凌ぐぐらいあり、これもイントロ~リフの関係と同様ですがA・Bメロとマイナー調でためてきた分、サビの明るさが余計に際立つという作り。
女性コーラスを伴ったサビは明るさの中にも哀愁を漂わせるような仕上がりで、一つの曲の中で色々な面を見せてくれる本作品は、決して後続の同名作品にもひけを取らない作品かと。
後半にはしっかりコーラスオンリーのサビパートもあったりして満足のいく作りです♪

そう言えば久しぶりに上記EURO FANTASYvol.3を引っ張り出して聞いてみましたが良いですね、特に本作からラストPLAYTIME/ VICTORIAへの流れが。
マニヤな選曲からこれってFANTASY系なの?といった選曲あわせ非常に懐かしい&聴き応えのある一枚。



ごめんなさい、重量上げは日本の選手ではなくカナダの選手ばかり見てました(爆)
まるで重量上げに似つかわしくないプロモーションで意外。

あ、あとフルーリーの新味“ブルーベリー&オレオ”が昨日から始まったのでよろしくです。

オレオ

味の方はよくあるヨーグルトのブルーベリー味を思い浮かべてくれれば分かりやすいかも。取り立てて美味しいというわけでもなく予想通りの味といった感じです。

相も変わらずサイズはMのみで途中で飽きるのも従来商品と一緒(笑)
価格は約330円で他の商品より30円ほど高め。
今日みたいな天気ではダメですけど、もっと暑くて堪らない時に頼んでみてはどうでしょうか?

元祖!浦安鉄筋家族20巻

まぁ予想はしていましたし、何度も経験しているのでそれほどショックは大きくないですけど、それでも千葉から東京まで荷物を運ぶのに一日以上かかるってのはどうかとは思いますね(苦笑)この辺り色々検索してみるとamazonが…というよりは日通が…ということらいしいのですが。
明日も来なかったらあとはもう笑うしかありません。

というわけで予定を変更して今日は浦安の新刊の感想でも(笑)
例によって例の如く以下箇条書きで各話の軽い感想。

P8080231.jpg

286固め:スプリングロール
ホームレス中学生のパロディ、ホームレス教師(笑)冒頭からオチまで終始落ち着いた雰囲気で、オチのインパクトはそれほどありませんがあっさりと読みやすい作品。好き。
麒麟ではなく札幌なのはビール繋がりなのか(笑)

287固め:金子A翼
個人的にはあまり魅力・面白みを感じない金子先生ですが今回はイイですね♪浜岡先生大好きなゾンビネタと寒さに苦しむ老人の描写が絶妙にマッチ。マドから侵入しようとする所なんてまさにゾンビそのもの(笑)オチも良いです。

288固め:ビュッフェル塔
たぶん三巻連続で登場となるノムさん。個人的にも大好きなキャラクターですが今回も良い勝負してくれてます。掴みのガラス越しネタから途中で予想できたオチ(笑)まで非常に安定感があります。
もしかしたらネタ云々よりもやけに描写の細かいノムさんのモーション(ガックンと項垂れたり、足をパタパタしながら大食いしたり等)が好きなのかも(笑)

289固め:戻りゲン
旧浦安から何度かやってきたコタツネタ。たしか以前は大鉄がコタツから出ない→オムツ→最終的にブルドーザーで熱湯・撃沈なんていう話だったとは思いますが。
今回はコタツを巡る攻防の描写がそれこそ昔の浦安を彷彿とさせるようで懐かしいですね。
ちょっとぶっ飛んだ感じのオチもそんな気が(笑)

290固め:チャボゲロ
前巻、前々巻では今までにない組み合わせでの話(小鉄&中田さん等)をやってきましたが、今回は女子のみという括り。今までにない組み合わせだとやっぱり新鮮に感じますね。
小鉄&中田さんネタの時とは逆のオチは予想通りでしたが、“べん”“ピィ”の叫び声と花子の去り際の一言が格好いいので無問題(笑)

291固め:電ノコプロ
こちらの兄弟3人ソロってのネタもたぶん初めて。何故、晴男がガッチャッマンの格好をしているのかは分かりませんが、今回は晴男にとって救いのある話だったかと(笑)
オチは大好きですけど、裕たんの心の中の声はどうでしょうね…個人的にはちょっと鬱陶しく感じてしまいました。

292固め:浦安ヘイト
フランスパン→チャンバラごっこは分かりやすいですけど、逆に全部展開も予測できてしまったりも。ちょっとピンと来ない話でした。

293固め:浦安大票田
今まで回想シーン等でしか出てこなかった懇親会(保護者会)の話。オチまでの過程は普通すぎるけど、ラストのオチはくだらなくて好きさ(笑)あかねママの“ダメ男に弱い”っていう発言に納得。

294固め:ヘルタクシー
うーん、相変わらず裕たんの心の声は鬱陶しいですね(苦笑)オチも他の花粉ネタ同様弱くイマイチ。

295固め:小鉄レノン
以前の地面に落ちたらサメに食われるネタ同様、小鉄の妄想遊びは面白いですね(笑)現実主義者ののり子の言い分と各キャラの反応も○。
でもオチはたしかに浜岡先生自身も仰っていらっしゃるように…ですね(^^;)

296固め:サワー沢様
まさかの赤門進の再登場。どうもオチまで普通すぎる気もしなくはないですけど、結局頭が良い→単なるのぞき魔という落としは秀逸(笑)このキャラクターは編集長をモデルにしていると言っていましたが、相当嫌いなんでしょうか?編集長のこと(笑)

297固め:小鳥がピーチク鳴いてんの?
一時期やりすぎたというルパンネタが久々に登場。が、オチ含め全体的に面白くないですね…面白いと思ったのは山田という名前ぐらい(おそらく声優から引っ張ってきたんでしょうけど(笑))

298固め:尻毛な奴ら
久々?の友人全員集合ネタ。あれだけ巨大な、とか茶色いとか言っておきながら結局、国会議員が出てこなかったのは少々拍子抜け。オチは普通。

299固め:うしろのフグ太郎
以前ののり子ネタ(自転車→一輪車)を今回はフグオで再現。遅れてくるのは道ばたで寝ているからだとか、鼻ちょうちんはフーセンガムだったとか新しい発見があって○。

464発目:耳毛な奴ら
タイトルの通り旧浦安の新しい話。1巻以前の話と言うことで各キャラクター、今とは違う見た目・設定で小鉄は髪フサフサ、ノブは坊ちゃん刈り、フグオは前の話と違って凶暴キャラ、おまけに本田君と小枝君までいます(笑)
後の設定であるあかねの石頭や変態的な小鉄の性癖等も盛り込んであり、旧来からのファンも納得。
最後にはあの懐かしのボギー愛子まで登場し、非常に満足のいく内容(オチは以前の走馬燈オチを逆さまにしただけだけどね(笑))米異くんとか懐かしいわ。
唯一あかねちゃんの外見が今とそんなに変わっていないのが若干気になりましたが…この企画は今後もやっていくとのことなので楽しみ。


今回は飛び抜けて面白い話、と言うよりは全体的に良作小粒揃いと言った感じでした♪
個人的なお気に入りはもちろんノムさん、他には287,289、290固め、それからラストの464発目がお気に入りです。

そう言えば今回は仁&仁ママの影が薄いような…(笑)

DELTA1025

下のコメントでジャビートさんが仰っていらっしゃいましたが、COOKING BOYはバック日本語コーラスが、I’M GONNA CARRY ONはリフが通常とは異なるヴァージョンでの配信。
COOKING~の別ver.はCD(vol.190)にも収録済みで違和感を感じたオレの耳&記憶もまだまだ捨てたもんじゃないってことで一安心(笑)
I’M~はリフのメロディが別物でこちらはCD(vol.190)には未収録の配信オンリー。
150番台特有の堅い音使いは同様で、個人的にはこの手の堅めの音は好かんのですが、それでも今のA-BEATに比べればそれこそ天と地の差。今からでも良いのでこの手の音に戻してくれないかしら(笑)

というわけで今日はこの一枚(この盤も何故か家に二枚も…記憶が(苦笑))


P8070229.jpg  P8070225.jpg

LOVE AS WEAPON/ LARABELLE
(LEONARDI-FOGLIA)
A-1 EXTENDED MIX 5:27
B-1 BONUS TRACK 1:07
B-2 F.M.VERSION 3:10
B-3 PLAYBACK VERSION 2:41
B-4 BREATH VERSION 1:57

相も変わらずバランスの悪い収録の仕方ですが、これもDELTAらしいと言えばDELTAらしいのかしら(笑)レビュー自体は既に配信時に書いていますのでそれを再掲。

“世間的には“愛の叩き売り”の方が人気があるみたいだけど、個人的にはこっちの“愛は最終兵器”推しで。
連打系のリフはタイトル通り勢いのあるそれでいてメロディラインも申し分ない完璧な作り、いつもの人じゃない方のvo.の力強いハキハキとした歌い回しもこの曲の勢いに華を添えます。
EDIT後半部にもサビ半インストがありましたが、EXTENDでは更に完全サビインストも収録。またEDITでは収録時間の関係上3コーラス目サビからBメロに切り返してタイトルコールという形で曲が終わっていましたが、EXTENDはきちんとAメロから始まりタイトルコール→終了という流れになっております。
こっちの間奏パートはvol.80のMONEY GO!との繋ぎ部分でも使われてました。”

良いですよね、この曲。昨今のリクカン等NON-STOPにはほとんど収録されず(最後に収録されたのはSEBvol.126辺り?)個人的に寂しい限りではありますが、改めて聞いてみて10年以上経った今でも色褪せることなく、むしろ新鮮に感じます。
上のレビューにも書きましたがこのまくし立てるようなリフと爽快感溢れるメロディ、更には他の歌い手以上に聞き手に直接訴えかけてくるような澄んだ歌声と非の打ち所のない仕上がり。
MORONIももちろんはっきりとした歌声で聞き手にとって印象的な歌い回しをしますが、やはり本作のvo.はMORONIのそれとは異なるかと。これだけクセのない歌声だとかえってインパクト不足になるハズなんですが、それを全く感じさせないところがこのvo.の魅力であり、同時に謎でもあります(笑)

制作陣は先日のFALME AND FIRE/ TORA同様のLEONARDI-FOGLIAチーム。FLAME~を聞く限りLEONARDIの調子は上向きみたいですし、今後もこのLOVE AS A WEAPONの様な爽快さと力強さを併せ持った作品を生み出して欲しいところですね。

BONUSver.は相も変わらず使いどころの難しいヤツですが(苦笑)、B-4収録のBREATH VERSIONは先日のSTOP THE FIRE同様、アカペラに近い作りで代用可。



さぁ調子に乗ってamazonでテイルズ本体同梱版を注文してしまいましたが、案の定まだ発送すらされていないという罠(毎回同じようなことを言ってるような…)
果たして明日中に届くのか否や。
届いたら明日はテイルズの感想、届かなかったらテイルズは土曜日以降、明日はあの新刊の感想でも書き殴る予定です(笑)

SEBvol.190の愚痴&レビュー

うーん…本来ならSEBvol.190の感想と新曲3曲のレビューを書く予定だったんですが。。。
何だか書いているうちに感想と言うよりは果てしなく愚痴に近い文章になってしまいました(苦笑)

下に後述してありますが、とにかく今回はノンストが面白くない。
昨日DISC-2は面白いなんて書きましたが、それでもDISC-1に比べればという程度。聞けば聞くほど手抜きに聞こえてしまいます。

こういったCDを聞いているとノンストていうのはどうあるべきか、なんて思わず考えてしまいますね…あんまり弄りすぎてもダメなのか、かといって爆発音もSE、弄りも皆無、BPMはほぼ原曲通りでほとんど手を加えないべきなのか。

もちろん人によってノンストに求めるのはそれぞれ異なるでしょうし、一概に何が良い何がダメとは言い切れないとは思うのですが。
個人的には今回のNON-STOPは非常に退屈で物足りない印象を受けました。

以下、こんな感じで愚痴・文句・感想、そして新曲3曲のレビューと続きますので本当に興味のある方のみ以下よりお進み下さい。

続きを読む

まさかのMICKEY、2:58!

おいおいおい…あれがEXTENDだったのか(苦笑)3分行かないEXTENDなんて!

102曲で3000円はお買い得じゃなかろうか。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
旧HDDの発掘作業完了(たぶん)ついでに音源整理も。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索