FC2ブログ

TRD1540

ごめん、言うの忘れてたけど只今ビックマック200円キャンペーン中。
平均価格300円から約100円引き、セットも同様に値引きされてますのでお越しの際はどうぞ(笑)
この時期の値引きは夏休みお盆明けからの客の減少を引き留めるためでもあるらしいのですが…

今日はこの一枚。


P8250225.jpg

MUSIC FEVER/ DJ LUKE PENNfeat.MR.“M”
(L.PERNICI-G.GAMBOGI)
A-1 EXTENDED MIX 5:53
A-2 RADIO EDIT 3:35
B-1 SLOW BONUS TRACK 2:42
B-2 KARAOKE TRK 3:22
B-3 ACAPPELLA 1:21

SEBvol.179でERIKAによりリメイクされ、最近ではDELTAによってカヴァーされた本作(笑)
A-BEATからTIMEに移籍して間もない頃の作品ですが、この時点で既に初期PERNICI路線は完成されていたと思わせるハイクオリティな仕上がり。リリースから幾年経った今なお色褪せない名曲。
サンプリングにも使われたALL 4 ONEやLIVIN’ JAPAN、THINK POSITIVEももちろん相当な出来映えでしたが、本作はその更に斜め上を行く作りで、上記の作品のまさに良いとこ取り。痒いところに手の届く仕上がり。

変型サビからスタートし、静かながらも実に力強いイントロを展開。ドスを利かせた“Rhythm of body is movin’”の語りから一転、けたたましいリフが始まり曲は一気に加速。明らかにこれまでのTIMEにはなかった格好良さと疾走感を兼ね備えたリフはPERNICIの特徴、良さが十二分に合われた仕上がりで、親父とは違う鬼才ぶりを感じさせる内容。
Vo.の声質上、ちょっとでも気を抜くと哀愁路線へと傾倒しがちなリフ以降のヴォーカルパートですが、今回は微妙に哀愁らしさをかすめながらもアグレッシヴに展開。
押し殺したような歌い回しとバックの女性コーラスとの掛け合いもこのヴォーカルパートの奥行きを広めており、哀愁・アグレッシヴ・派手さ全てを兼ね備えたサビも当然聞き応え十二分。MUSIC FEVERと一度も言わないところもポイント高いです(笑)

中盤以降のミソや以降のPERNICI作品でもお馴染みの静かなアウトロパート等、各パート毛色の異なる展開で構成面においても文句なし。まさに名曲。

ちなみにB面収録のSLOW BONUS TRACKはあの“SPECIAL MR.M MIX”の冒頭にも使われたもので、あのREMIXを聞き過ぎたせいか逆に何時まで経っても本編の始まらないこのBONUSver.に違和感を覚えたりも(笑)
個人的にはこのREMIX以外にもアルル入りのSEBvol.73のテイクも好きでした。

去年はFEVER&MUSICでアレをやりましたが、今年はどうしましょうかね(笑)


ひ弱でセレブな日本野球…星野J“ホント”の敗因とは

なかなか手厳しい記事ですが言っていることはまさにその通り。
負けた以上何を言い訳しようともなんら説得力もないわけですが、少なくともストライクゾーン云々の問題は相手チームにとっても同条件なのだから理由にならないかと。

朝のとくダネでボコボコに星野JAPANを叩いたエモヤンの発言が笑えたとともに、核心を突いており妙に納得してしまいました。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
そこから元ネタの方に進むか、ANNIVERSARYに進むかはお好きな方で。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索