FC2ブログ

もら@SEBvol.141&142レビュー

起き抜けにしばらく録りだめしていた銀魂見たけど、土方のドラゴンボールの回で吹いた(笑)
BGMの再現度はもちろん、フリーザ、セル、加えて次回予告にハタ皇子魔人ブーまで登場しかなり笑えました(CM開けチープな電子ドラムも好きさ)

その流れで今日の銀魂も見ましたが、アレ大丈夫だったんでしょうか?
PSピーって一応伏せてはいるけど言っちゃってるし、CMかと思ったらもう本編だったし(笑)

久しぶりに腹がよじれるほど笑ったわ。
PSP以上にボックスドライバーの話が放映できたことに驚き(まぁバベルの塔も放送できたしね(笑))

そんなこんなで今日は昨日購入した楽曲のレビュー。


HOT FOR YOUR BODY/ GO GO GIRLS 5:06
(S.OLIVA-A.GATTI)
前作GIMME THE COUNT、前々作BABY I’M YOUR LADYは割合マジメ路線でしたが、今回は再びYOUR PUSSYCATと同タイプのおふざけ路線へとシフト。
本作はそんなYOUR~の延長線上…と言えば聞こえは良いかもしれませんが、実際はほとんど焼き増しに近いほどそっくりな仕上がりで、YOUR~にCOME INTO MY SCHOOL/ KING&QUEENを混ぜたらこんな作品になりましたといったような作り。
まぁそう言いつつこの手の路線は大好きなので焼き増しウェルカムなんですけどね(笑)

軽く聞き手を裏切るようなフレーズを盛り込んだリフは勢いもあり、またこの時期特有の厚みもあり聞き応えに関してはもちろん。ブックレット解説の“これで盛り上がらないわけがない”という説明も納得の仕上がり。
もちろんリフだけでなく、以降のパートにおいても同様の勢いを保持しているところが本作最大の聞き所で、常にアクセル全開フルスロットルでサビまで突っ走る展開がYOUR~同様お気に入り。

GGG.jpg

カットされてしまったのは3コーラスで、その内容はバック打ちの異なる変型Aメロ→後半部分に変型部分有りのBメロ→通常サビというもの。
未収録部分は他にも有り、EDITではアウトロ通常リフ一回で終了でしたが、EXTENDは通常リフ→サビフレーズを乗せたリフ→終了という流れ。

それにしても凄い歌詞だね…(笑)



WWW iLoveU/ NIKITA JR. 5:16
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI-GIBRAUDO)
同CD収録のI WANT YOUR BALALAIKA(HRG483)に対し、本作はカタログNO.HRG394と約100作前の作品。前後の作品にはDISCOW MOSCOW(HRG395)やNIGHT AND DAY(HRG400)が存在し、おおよそMACHvol.12~14辺りに作られた作品。
MACH終了の煽りを受けて蔵出し収録となったこのWWW iLoveUですが、DLし久々に聞いてみればなんとビックリ!リフが違います(笑)
このレーヴェルにしては珍しいピアノ寄りの音でリフが構成されている点は同様ですが、メロディラインは異なる仕様。しかもそのメロディがDIN DON DAn…FLYING AROUND THE WORLD/ BAZOOKA GIRLに似ているとなればもう笑うしかありません(笑)
CDver.に比べるとメロディ自体は上昇志向の強い仕上がりで、この辺りあまりにも過去作品に似ているので好みが分かれそうですが、それでもリフは代われどキャッチーさは十分、上記のデジャヴ感も手伝ってこの配信ver.もなかなかのお気に入り。
ヴォーカルパートに関してはCD・配信どちらも同じで、MONEY FUNNY DOLLARS辺りと同じ媚びを売りつつも非常に芯のあるvo.の弾けるような歌い回しが魅力。この手の曲調との相性は言わずもがな。
過去のDELTADANCE.COM同様サビフレーズはどこまでもキャッチーで思わず一緒に口ずさみたくなるぐらい。

nikitajr.jpg

リフの違いこそありますが展開に関しては上記の通りどちらも同じ。EXTENDも3:37、3コーラス目サビまでEDIT同様。
未収録はそれ以降でAメロインスト→間奏パート→変型リフ→変型Bメロ→通常サビ。
エナアタにしてはちょっとイレギュラーな構成でまたまたビックリ(笑)

うーん、キャッチーで耳障りの良さ???
耳障りという言葉は良い意味で使わないと思うのだけれど。。。



FREE LOVE/ KAREN 5:17
(G.PASQUINI- L.RAIMONDI- S.OLIVA- K.J.WAINWRIGHT)
これはたしか某C氏の70分70曲で初めて聞いた作品だった気がしますが(なにせCD持っていないので…(^^;))
ややペースが落ちたとは言えこの時期もコンスタントに曲をリリースしており本作はNEVER LET YOU GOに続く作品。
パワフルな彼女の歌声とは対照的に出だしはかなりしっとり静かな作りで、そんなバックに重ねた消え入りそうなフレーズがいつもとは違う雰囲気を醸し出しており新鮮。
ちょっと予想に反するリフの出だしにやや驚きつつも、いつもながらの厚み、勢い、加えて聞きやすさも手伝ってすぐに耳に馴染むように。
かなり聞き覚えのあるAメロ歌い出しの“open your eyes…”に一瞬吹き出しそうになりますが(笑)、以降は全く違う展開なので一安心。ゆっくり、しかし着実にサビに向かうにつれ勢いを増していくヴォーカルパートは他のKAREN作品同様。いつも通りの展開といったらそれまでですが彼女の声にはこの手の展開がやっぱり一番合います。
軽くREMEMBER ME/ LESLIE PARRISHをかすめるサビはBPMがいつもより低いせいかやや攻め切れていない感もありますが、そこは彼女の歌声が上手くカバー。物足りなさを感じさせないどころか、サビそのものをリフと同じように非常に厚みのあるものへと仕立て上げておりかなり聞き応えのある仕上がりに。
このBPMでも彼女の歌声の良さが十分堪能できることに驚き。新発見。

CDは持っていないので適当に3コーラス以降の展開を記載。
(3コーラス)バック弱めの変型Aメロ→通常Bメロ&サビ
(4コーラス)Aメロインスト→通常Bメロ&サビ

変型パートがAメロしかないのが少々頂けませんが…A-BEATだし仕方ないか(苦笑)
きちんとフルで聞けることが出来ただけで万々歳。

そういえば昔、FRESH LOVEなんて曲があったような(笑)



ROCK OVER EMOTION/ SYM1 5:30
(S.VALEO- S.DALL'ORA- A.CLERICI)
SEB140番台に入ってからいよいよTIMEの勢いは衰えてしまうわけですが、それでも女性陣に比べれば男性陣の方はまだ勢い、元気がありました。
そんな男性陣の作品の中で一際輝いていたのが本作。SYM1なんてアーティスト名こそ投げやり感たっぷりですが(笑)、そのクオリティはピカイチ(死語)

ちょっとコミカルな出だしからいつものしゃがれvo.が参加してくる辺りから急速に荒々しい雰囲気に。ポップさとアグレッシヴさが同居するサビフレーズを挟んでから始まるリフはまるでこの時期の作品とは思えないほどの仕上がりで、低音から突き上げるように攻め立ててるドスの利いたメロディはアグレッシヴ、インパクト性も十二分。
続くヴォーカルパートAメロ・Bメロは暗く、重くなりすぎず、一方でリフ同様の荒々しさを兼備しており非常に賑やか。
サビに入れば直前のパートまでの荒々しさ・アグレッシヴさを保ちながら、更にそこに明るい要素をブレンドし、他の作品にはあまり見られないような雰囲気に(例えとなるような曲がまるで思いつかん)
他の作品時よりも高いキーで歌うvo.の歌い回しもポイントで、聞き覚えのあるような無いようなサビフレーズ、厚みのあるバックと合わせてサビでの盛り上がりは最高潮に。
あまり目立ちませんが下パートも個人的にお気に入り(特に締めのSatisfaction!の部分)

以下は3コーラス目以降の展開
(3コーラス目)バックの異なる変型Aメロ→バック弱め&ギター・ピアノフレーズの目立つ変型Bメロ→変型サビ
間奏パート(イントロ同様ギターソロパート含む)→変型リフ
(4コーラス目)バック弱め変型Aメロ→Bメロインスト→サビ前半潰してギターパート/ 後半:通常サビパート

どの辺が未収録なのか分かりませんが、とにもかくにも4コーラス目の展開は美味しいですね、さすがROCKと曲名に冠しただけあります(笑)
3コーラス目の変型Bメロを聞くとバックにギターだけでなくピアノフレーズも敷いてあると言うことに気が付きますが、こういった一聴しても分かりにくいところにもきちんと手が加えられているのを聞くと制作者がしっかり曲を作り込んでいるような感じが窺えて嬉しいですね。

そう言えば以前の裏170でもランクインしていましたが、初めてこの曲を知ったのはその裏170。誰かがリクエストしなければ今日の今日までこの曲を知らなかったわけですし、そう言った意味でこの曲をリクエストした誰かさんに勝手ながら感謝の意を表したいと思います(笑)



韓国は変な国だけど、今度導入する性犯罪者に足輪を付けるシステムは良いと思う。
日本にもいるしねー…変な人。正確には性犯罪者ではないけど事故で死んだ子供の写真をWEB上にUPして逮捕された後も運動会に紛れて写真撮影をしようとしたヤツとかさ。

でこの手の話になると必ず登場するのが人権保護団体()笑とかいう人々。
犯罪者に人権もクソもないとは思うのですが…ああいった人達の頭の中は犯人の人権>被害者な感じで倒錯しちゃっているんでしょうね。

日本でもやればいいのに。それも服で隠せる足輪なんて生やさしいモノではなく江戸時代に使われた焼きごてを使って。
顔に“私は殺人犯です”とか“私は性犯罪者です”といったような焼き印を入れられるようなシステムにすれば犯罪率も再犯率も低くなると思うよ。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
お盆前なんでなかなかテレワークという訳にもいかず…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索