FC2ブログ

何か色々増えてて笑った

いつものJUNO DOWNLOADの黄緑色のバナーが見当たらず、妙に細々した文字が並び、何だろうと思ってクリックしてみたのですが…

何か増えてる

どうやら販売経路を増やすようです(笑)

trackitdown.net…アメリカからのみ購入可?/ 320kbps/ 2.17US
現在のラインナップは
・BALALAIKA VODKA&EUROBEAT
・VINTAGE PARAPARAvol.1~4

視聴はJUNOよりも長い2分半、PayPal使用可。


djtunes.com…購入可能国はよく分かりません(笑)
現在のラインナップは
・CRIMINAL JOKE/ MARCELLA STORM
・OH BANDOLERO/ LADY ENERGY
・SEX AND FEVER/ BLACK EVA

価格が¥表示なので日本からも行けるのかな…128kbps:149円/ 320kbps:199円


uk trance alliance…こちらは上のtrackitdownのUK版。
ラインナップは同様、価格は320kbps:1.49£


LIBRO Music Download…購入可能国は分かりませんが、単位を見る限りJUNOと一緒?
現在はVINTAGE PARAPARAvol.1のみリリース済み。価格は320kbps:1.29ユーロ


EL GIGANTEN…何となく表記を見るとドイツっぽい感じがするのですが。
いくつかリリースされているようですが、あまりにもページが重いため調べる気にならず(苦笑)


vinyl distribution…こちらもLanguageにドイツ語があることからドイツ絡み?
ラインナップはtrackitdownと同様。音質・価格は単曲で192kbps:0.88ポンド/ 320kbps:0.88ポンド/ WAV:1.15ポンド/ MP4:0.88ポンド/ FLAC:1.15ポンド。
192と320の値段が一緒なのが気になりますが、と言うかFLACって何です?


Play.com(UK)…320kbps:0.70ポンド(アルバムごと購入時は各曲0.53ポンドに)
現在はBALALAIKAコンピとヴィンパラvol.2のみ確認。


TDC online…何だか不思議な文字が踊ってますけどどちらのお国なのかしら。
Kr.って単位も初めて見たわ(笑)


dj shop…基本的に上のvinyl distributionと同じ。違いは単位、こちらはユーロ表記。


いやー…書いてる途中で飽きてきた
今までのiTune、JUNOに加え計10もの配信サイトにてリリースを開始。この辺りホント見境無しといった感じですが、それでも以前の「世界中の人に聞いてもらいたい」という言葉通りの積極性。
CDやアナログと違い音楽ファイルは生産等のコストもほとんどかからないですし、このように販路を増やすのも割合容易なのでしょうね。

理想としては一番安いところで購入するなんでしょうけど、何分それぞれの購入方法も、また為替換算も面倒でどこがどれぐらい安いのか高いのかも把握しづらいので、そういった合理的な手法を取るのはちょっと無理かも(^^;)

VINTAGE PARAPARAvol.4@iTune

やっぱりこまめにチェックしておかないといかんなーなんて思いつつ、恒例ヴィンパラシリーズの第4弾がiTuneの方にも登場しましたのでお知らせ。

CS1412204-02A_20090421210009.jpg CS1412204-02B_20090421210009.jpg

VINTAGE PARAPARAvol.4@iTune

1.LIKE A BOOM BOOM BOOMERANG/ NIKITA JR.
2.BLUE JEAN/ CY-RO
3.RED FERRARI/ MARA NELL
4.SUNDAY NIGHT/ MICHELLE ROSE
5.MAYDAY/ DEE DEE WONDER
6.NATURAL GIRL/ BABY GOLD
7.WILD TEMPTATION/ MARTINA DRY
8.CAN'T I LOVE YOU/ CIAO CIAO
9.GREATEST LOVER/ HRG UNITED
10.NOT FOR MONEY/ CHRIS
11.TOUCH AND KID ME UP/ JEE BEE
12.DEEP RISK/ LOUISE

よくよく見れば大多数が今回iTune初登場と言うことになるんでしょうか。
RED FERRARIとかNATURAL GIRL、DEEP RISKなど曲名を見ただけで心躍るようナンバーから意外にも?哀愁志向のCAN'T I LOVE YOU、ここ最近個人的お気に入りのGREATEST LOVERなど名曲揃い。
改めて聞き直してみましたが、やっぱりいずれも素晴らしい出来映えです(当たり前か)

それにしてもストアの売れ行きを見てみると見事にEBF(EDIT収録)の作品しか売れていなくて、妙に納得というか何というか(笑)
たしかに1,2,4,5はEXTENDED収録ですし需要はあまり無いのかも知れません(良い曲だとは思いますけど)

tr.10のアーティスト名が違うのはわざと?


何だかfc2ブログ管理画面の表示がおかしいような…

TRD1645

通勤時はもちろん革靴を履いているのですが、そのせいか足から腰にかけてかなり張ってしまっており、立ったり座ったりするのも一苦労(まるで尻付近に爆弾を抱えているような座り方に(^^;))
いやマックでも常時革靴での勤務だったのでそれなりに体の方も慣れてるだろ、なんて思っていたんですが…甘かったです(苦笑)

妙に良い姿勢で座りつつ今日はこの一枚。


P4120142.jpg P4120143.jpg

KING OF THE NIGHT/ THOMAS T.
(DI MARCANTONIO-PASOTTI-DALL’ORA)
A-1 EXTENDED MIX 5:11
A-2 ACAPPELLA 1:09
B-1 RADIO EDIT 2:38
B-2 INSTRUMENTAL 2:38
B-3 DUB 2:50

THOMAS T.と言うと手を変え品を変え、ではなくヴォーカルを変えヴォーカルを変え…という前フリは先日も書いたのでこの辺で割愛(笑)
制作には親父、更にはDIMA&PASOTTIの黄金コンビが担当。TIME期のDIMA絡みの作品というとDON’T STOP THE MUSICだとかBIG IN JAPAN、THAT’S ALL RIGHT等々、跳ね回るような景気の良い作品を思い浮かべがちですが、では本作はと言うと…

コーラスのブツ切り気味のタイトルコールを適当に散りばめたオープニングはかなり重苦しく、いつものような元気の良い雰囲気とは正反対。20秒過ぎのバシッと決まったコール部分からようやくいつものDIMA作品らしくなるのかなと思うも、続いて始まるリフはこれまたらしくなく。

この作品が収録されたSEBvol.79にはもう一つDIMA絡みの作品でMONEY 4 LOVE/ LOU GRANTという作品があるのですが、そちらがいわゆる彼らしい、ノビのあるシンセを軸に弾けるようなリフであるのに対し、このKING OF THE NIGHTはあくまでもうねり重視のリフ。やや哀愁がかったメロディラインに合わせてか全体的にダイナミックと言うよりは抑え気味、いつものDIMAらしさを求めて臨むと物足りなさを覚えてしまうかも知れませんが、これはこれで味があるんじゃないかと。
どちらかと言うとLOVE IS FREEやGIMME LOVE寄りの仕上がり。

一方のヴォーカルパートは例によって弾むようなvo.が縦横無尽に駆け回っているわけですが、いつもの勢いは持ちつつもバックトラックが哀愁よりであるせいか、これまた普段とは違った印象。
アカペラだけ聞けばアップテンポな雰囲気に、たいしてインストだけ聞くと哀愁然りとした雰囲気に聞こえるのですが、EXTENDEDver.ではその異なる二つの要素が見事に融合。
心なしかいつもより流れるようなDIMAの歌い回しをメインにテンポ良くかつきちんと哀愁を感じさせつつサビまで進行。
深刻さの増したBメロからそのサビに入れば再び弾むような感じも戻り、分かりやすいこのサビコールを始め程良い勢い、盛り上がり、そして哀愁。

上にも書いたように所謂DIMAらしい、メジャー曲に比べると物足りなさを覚えてしまうかも知れませんが、そうした作品にはない良さもまたこの曲は持っていますし、それこそTIME期DIMA作品随一の哀愁路線と言っても過言ではない仕上がりでオススメ。


THOMAS T.名義はこの前のLADY NIGHTからBIG ONE→ALL FOR YOU→KING OF THE NIGHT→HIGH SATISFACTIONという流れ。
MAGNANI→DIMA→MAGNANIというヴォーカル変遷は結構珍しいような気がします。

ペルソナとカタログと

ちょっと前までは全く買う気もなかったのですが、最近PSPを買ったのと、また下の動画を見て購買意欲が高まってきてしまったので早速予約注文しちゃいました(笑)



BGMは全て(かどうかは分かりませんが)一新されており、ペルソナ3・ペルソナ4・ライドウシリーズと同じように目黒将司さんが担当。
上の動画内でも相変わらずのスタイリッシュなサウンドで、冒頭の軽い掴みから中盤のダークな雰囲気、そしてそれを経てからの爽やかな展開という三段構えの流れがイイ感じ。
ヴォーカルは川村ゆきさん辺りでしょうか。

予約特典は劇中BGM、計67曲を収録した二枚組サウンドトラック。
Amazonでは価格も4143円とお手頃で、ちょっとお高いサントラを買ったらゲームも付いてきた、そう考えるとお買い得感も増すんじゃないでしょうか(何たる言い種(笑))

ペルソナ 特典 オリジナルサウンドトラックCD(2枚組)付きペルソナ 特典 オリジナルサウンドトラックCD(2枚組)付き
(2009/04/29)
Sony PSP

商品詳細を見る



それとエナアタカタログの方も更新。

エナアタカタログCD・アナログ・配信早見表(WEBページ版)
エナアタカタログCD・アナログ・配信早見表(EXCEL版)

一応、CDではSEBvol.197、SUPER GT2009まで、配信面は昨年11月から現在のヴィンパラシリーズまでを掲載。
とは言えやっつけ気味なので間違いも多々あると思います…その時はお知らせして下さるか各自でEXCELの方を修正しちゃって下さい(笑)

しかしWEBページ版の方のファイルサイズは現在493KB。
Fc2のファイルアップロードの上限は500KBまでなのでそろそろヤバイかも(いざとなったら分割して掲載すれば良いんですけど)

シェイミ@オーキドの手紙

本日よりWi-fiならびに全国のDSステーションでシェイミの配信が開始されたので、お知らせがてら掲載。

ポケットモンスタープラチナ@公式サイト

詳しくは上記リンク先にも書いてありますが、一応手順を書いておくと、

<Wi-fiで入手の場合>
コトブキシティのテレビ局3Fでプロデューサーに“みんな ハッピー”→“Wi-fi 通信”と答える(フレーズの選択は“あいうえおグループ”を選択した方が便利かも。ちなみにWi-fiは“!”の欄にあります。)

すると最初の画面に“ふしぎな おくりもの”という項目が追加されるのでそれを選択。
Wi-fi経由で“オーキドのてがみ”が送られてきます。

全国どこでもいいのでフレンドリィショップのカウンター前にいる男からその手紙を受け取る。

手紙に書いてるように224番道路へと向かう。224番道路は例のチャンピオンロードの塞がれていた箇所から進めるところで、ポケモンリーグ側から逆走していった方が楽。
また“たきのぼり”“ロッククライム”“なみのり”は必須なのでビーダル辺りを(笑)、また他にもルート次第では“かいりき”や快適に進みたい場合は“きりばらい”があった方が良いかと。
またLV30程度のポケモンか、峰打ちを覚えているポケモンもあった方が良いかも。
もちろんシルバースプレーは必須。
※この道をクリアしていない場合はマイと組んでの進行となるので自転車の使用不可、タッグバトル時はマイ強制参加なのでご注意。一人一人と戦いたい場合はトレーナーに直接話しかける方法で。

洞窟を抜けるとやっとこさ224番道路に着くのでそのまま道なりに進行。
(ここにもトレーナーがいるので注意。LVは50~60前後)

拓けた場所にオーキドがいるので話しかける。
“ありがとうを伝えたい相手”入力後、シェイミ&新たな道が出現。

それにしてもこの花畑の道長ぇ。

HI3F0005_20090418192433.jpg

地図でみたらメチャクチャ長すぎて吹いた(笑)

奥に行くとシェイミがいるので話しかけて戦闘開始。
LVは30なのであまり高いLVのヤツをぶつけると倒してしまいかねないので、上にも書いたようにLV30前後のポケモンか峰打ちを覚えたヤツで対処するのが吉。
光合成ややどりぎの種持ちなので眠らせてしまった方が楽に捕まえられるんじゃないかと(ちなみに自分はLV19のムクバードのHPギリギリ&がむしゃら→タイマーボールでゲットしました)

公式には30分程度と書いてありますが、事前のWi-fi設定やテレビ局関連、またチャンピオンロード(右側)未クリアの場合はトレーナーとの戦闘があるので思った以上に時間がかかるかも。

また以前の映画シェイミと同じように手持ちにシェイミがいる状態でソノオタウン、ポケモンセンター横にいる女性に話しかけると“グラシデアのはな”が貰えるので、それをシェイミに使うとスカイフォルムに変化します。

ちなみに自分のシェイミのステータスは
タイプ:くさ→くさ・ひこう
HP:105→105
こうげき:81→83(+2)
ぼうぎょ:62→48(-14)
とくこう:70→82(+12)
とくぼう:67→52(-15)
すばやさ:73→89(+16)
とくせい:“しぜんかいふく”→“てんのめぐみ”

タイプひこう追加に各種ステータス攻撃アップ、防御ダウンといった感じでしょうか。
特性を考えるならスカイフォルムの方が使い勝手は良さそうな気がしますけど。
飛行タイプが追加されても“ほのお・こおり・どく・ひこう・いわ”と弱点は相変わらず多いので、実際のバトルでは使いどころはだいぶ限られちゃうような。

ちなみにスカイフォルムからランドフォルムに戻すには戦闘時こおり状態になる、ボックスに預ける、夜になるの三種類があります。

余談ですが自分のシェイミを見てみると“あばれることが すき”だそうです。
全然かんしゃポケモンっぽく無いんですけど(笑)

ちなみに今夏放映予定の映画「アルセウス 超克の時空へ」ではそのアルセウスが貰えるので、気になる方はこちらのリンクからどーぞ。


今日の中日の敗因を考えればやはり捕手の小田幸平。解説の二人も散々愚痴ってましたけど、意味のない変化球を狙い打ちされ、せっかくのストレートが活かし切れていない配球。
あのストレートだけ見る限り、それこそノーヒットノーランでもやられんじゃないかと思っていましたが…そのチェンから決勝HRを打った寺脇はあっぱれ。

しかし抑えのクルーンは相変らず安定度に欠ける(苦笑)

TRD1325

おかしいなー、あの張本なら絶対「あくまでも参考記録ですからね」ぐらい言うと思っていたんですけど(あまりにアッサリした受け答えにイチローが驚いてましたけど(笑))
そのイチローもコメントも絶好調で、記者の質問「プロ一年目の自分に会えるとしたら何て言いたい」→「胃潰瘍にならないよう検査はしっかり受けろ」の流れが笑えました。

それでも張本は今週のサンデーモーニングでやっぱり負け惜しみ文句を言うんじゃないかと予想しつつ、今日はこの一枚。


P4120140.jpg P4120141.jpg

LADY NIGHT/ THOMAS T.
(GELMETTI-DALL’ORA)
A-1 EXTENDED MIX 5:57
A-2 ACAPPELLA 1:20
B-1 RADIO EDIT 2:45
B-2 INSTRUMENTAL 2:31
B-3 DUB MIX 2:41

THOMAS T.と言うと手を変え品を変え…ではなくヴォーカルを変えヴォーカルを変えといった印象が強いのですが、初期の頃は荒々しい歌声が魅力のあの御方が担当。
前作ONE FOR YOU ONE FOR MEではやるせないメロディラインに少々の力強さ、そしてCOME ON(BABY)/ TENSIONにも通じそうなサビフレーズにキャッチーなAメロ歌詞等々、様々な要素が混在しかなり良い勝負をしてくれましたが、本作はそのONE~に続く作品でこの名義通算3作品目。

さて前置き長くなりましたがこのLADY NIGHT。オープニングは収束するようなSEで始まるものの直後からはAメロインストに女性コーラスを載っけたパートへと移り、この20秒にも満たない尺含めまるでEDITかと思ってしまうようなイントロ。
この時期にしては珍しいそんな投げやり気味なイントロ、女性コーラスのHey×3を経てからリフが始まるのですが、本作のリフはややマイナー調というかやる気というものがあまり感じられない脱力系のモノとなっており、パッと聞く限りかなりダラダラした印象。ただリフ後半には再び女性コーラスが敷かれダラダラしているのだけどダラダラし過ぎない、マイナー調だけどマイナーになり過ぎない、かなり紙一重な仕上がり。

そんなマイペースなリフが終わって始まるヴォーカルパートも相も変わらずな感じで、ヴォーカルは上にも書いたようにあの御方なるも今回は荒々しさ、アグレッシヴさは抑えめ。
今年度に入って復活された某サイトの管理人さんも仰っていらしたようにDOCTOR OF LOVE/ SPENCERを思わせるAメロの歌い出しから、女性コーラスを伴いつつ、Bメロまで程良いアグレッシヴさに微かな哀愁を織り交ぜ、こちらもあくまでマイペースに展開。
ただそれもBメロラスト付近にさしかかると様子も一変、例のタメを踏んでから始まるサビはそれまでのパートと大きく異なりかなり景気の良い、同時期ではSTARFIGHTER/ MIKE HAMMER辺りにも通じそうな明るい雰囲気に。

この手のヴォーカルだとたいていアグレッシヴな作品を思い浮かべがち、と言うかそれ以外似合わないとさえ思っていたりもしていたのですが、本作のような作品を聞くとそのような考えは単なる思い込みだった、そんな風に考えを改めさせられます。
明るい雰囲気のサビではメインvo.、女性コーラスともにどこまでも伸びやかな歌声を披露しており、リフからBメロまでだいぶダラダラと抑えてきたせいかこのサビの明るさも一入。手法としてはベタ中のベタですがこのベタベタな感じがかえって気持ち良く。

ほぼ同時期のセット曲LADY BUGが哀愁一辺倒だったのに対し、こちらはマイナーから明るい爽やかな曲調という路線。
とにかくこの前半のダラダラと後半のしっかりとした作りとの流れ、対比が魅力。純粋な女性コーラスオンリーパートがないのは少々残念ですが、中盤にはコーラス強めパートがあるので無問題(笑)

ちなみに通常リフにはそのコーラスが被せてありますが、インストにはコーラスは存在せず。リフ叩きの時に便利!なんて一瞬思いましたが、いつもあるモノがないと何だか凄く物足りない感じが…(^^;)
アカペラがコーラスオンリーフレーズからのスタートなのは◎。


そろそろ何か新しいカテゴリーを一つ増やしたいと思ったり思わなかったり。
別に書くことがないって訳じゃないですけど今はユーロビート(レビュー)、アナログの二本柱で他に何か買ったとか等のその他記事、ゲーム&ガンダム記事が少々と言った感じですし。
経済関連の話とかも書いてはみたいですけど私の知識じゃたいしたモノもかけないでしょうし、それに読む側も面白くないでしょうし。
その辺りやんわりと考えつつやっていこうかと。

VINTAGE PARAPARAvol.5@JUNO DOWNLOAD

何だか明らかに先取りしすぎなジャケットが印象的ですが(笑)
恒例のヴィンパラの第5弾。

CS1415298-02A.jpg CS1415298-02B.jpg

VINTAGE PARAPARA@JUNO DOWNLOAD

1.IN THE DARK OF MY HEART/ GIORGIA BARROWS
2.I'M YOUR GANGSTER/ JOE BANANA
3.KOBRA IS MY KILLER/ DOLLY POP
4.ENERGY PEOPLE UNITED/ LIVE MUSIC GANG
5.CITIZEN BAND LADY/ NIKITA JR.
6.SPIDER BOY/ JOE D.TOASTER
7.TAKE MY HAMMER/ JEFF DRILLER
8.HONKY TONKY RADIO/ DEE DEE WONDER
9.SEX KAMIKAZE GIRL/ LADY ENERGY
10.GIMME A CHANCE/ REMY PANTHER
11.LIES ON THE FAX/ MARTINA DRY

大方は予想通りですが、何故かDEEP RISKとBAD ILLUSIONがありません…DEEP RISKはJUNOで単曲配信されてますし別段構わないのですが、BAD ILLUSIONが無いのはキツイわぁ(苦笑)
それでもこれは繰り返しになりますがSEBvol.197が発売されれば@社の方で配信されるんでしょうけど…もういっそのこと久しぶりにアナログ注文しちゃおうかしら(笑)

今回の収録曲はEBF中期を彩った名曲達ばかりですが、個人的にはスッパイダーボーイとCITIZEN BAND LADYがお気に入り。いや結局全部好(略
購入していないので分かりませんがIN THE DARK OF MY HEARTのリフはどんな感じになっているんでしょう(EBFvol.13にもあったように二段構えのリフなのかしら?)


まだ入社して2週間なのに名古屋へ転属命令が出て吹いた(苦笑)
名古屋の人ってみんな食べ物に味噌かけたりきしめんをアイスの上に乗せたり、コーヒーゼリーと納豆を一緒に食べたりだとか、何だか凄いモノを食べているイメージがあるのですが実際はどうなんでしょうか(もの凄く偏ったイメージで本当スイマセン(^^;))
引っ越しは大変ですけど、その辺りの食文化も気になるところで密かに楽しみ。

HRG142

何か忘れていると思ったらmen's濡れユーロの話してねぇーあとエナアタカタログ更新(Excel)も放置中だわ(^^;)最近歳のせいか言った側からすぐに忘れちゃうので、色々ネタはネタでどこかに書いておかないといけませんね(苦笑)
※men's~はともかくカタログの方は近日中に最新版に差し替える予定です。

と言うわけで今日はこの一枚。


P4050128.jpg P4050129.jpg

LIKE A BOOM BOOM BOOMERANG/ NIKITA JR.
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
A-1 EXTENDED VERSION 5:55
A-2 ACAPPELLA VERSION 2:00
B-1 RADIO EDIT 3:18
B-2 INSTRUMENTAL VERSION 3:24
B-3 LAST VERSION 2:00

NIKITA JR.と言うとWWW iLoveUやSATURDAY NIGHT、PARAPARA LEMONADEなどヒット曲も多いわけですが、じゃあこのLIKE A BOOM BOOM BOOMERANGというタイトルを見て「あぁ、あの曲ね!」とか「もうこの曲好き過ぎてどうにかなっちゃいそう!」なんて方は果たしてどれぐらいいらっしゃるでしょうか。
個人的な印象で話を進めて大変恐縮ですが、それでも敢えて書けばそういった人って言うのはかなり少ないような気がします。

さてデビュー作にして特大ヒットDANCING IN THE JUNGLEに続くこの作品、曲の出だしはサンプリング的にも美味しいアカペラ始まりで歌い手も例のアノ方とかなりキャッチーな滑り出し。
リフは直前のBREAK DOWN THE CRIMEを思わせるような派手派手な感じではあるものの、あそこまで堅くキンキンした音色ではなく、適度に明るい景気の良い仕上がり。
とは言えお世辞にもミーハー度高めとは言い切れず、あくまでも明るさ重視でこの辺りOH BANDOLEROやDEEP RISKといった作品のようなノリを期待して聞くと多少違和感を覚えるかも。

一方のヴォーカルパートは上にも書いたようにvo.があの御方なのでAメロからとにかくキャッチー。適度に媚びつつ、そこそこ早いバックトラックに合わせテンポ良く歌いこなしており、A・Bメロと息つく間もなく展開。
“Let’s GO!”の掛け声を介してから始まるサビはそれまで以上に元気一杯、勢い一杯。長めのサビコールも何のその、クセのない歌声で聞き手の心を鷲掴み。
正直、中毒性に関しては同vo.PUSH ME BOOM BOOMの後塵を拝していると言わざるを得ませんが、それでも一度聞いたらなかなか耳から離れないこのサビ。

EXTENDEDも6分近くとかなりの尺で、サビ後の曲名コールパートや2コーラス目サビ後のアカペラ“BOOM”、中盤以降も変型パート満載で聞き応え十分。

ノンストにも収録されずタイトルの割に曲が思い出せず、それこそ以前は冗談抜きで一番上のような印象を抱いていたのですが、アナログを買ってからその印象も一変。
たしかにミーハー度は同時期の作品に比べて劣るかも知れませんが、それを補ってあまりあるこの底抜けの明るさ。
起き抜けや暗い気分の時に聞くのがオススメ(本当に最近の朝の通勤時BGMはこの曲(笑))


会社に勤めるようになって何よりも辛いのは朝早く起きることよりも、朝の連続テレビ小説が見れないと言うこと。今回の“つばさ”は東京側の制作なので正直その出来映えも不安に思っていたのですが、チラッと見た限りではかなり面白そうでした。
平日はほとんど時間がなく見れないので土日を使ってチビチビ消化したいと思います(笑)

ケータイ変えました

もうかれこれ5年ほど同じケータイを使っている、と言うかこれまで機種変更何てしたことがなく、初めて買ったケータイをずーっと使っていたのですが、さすがに不便に感じてきたのでようやっと新しいのを買うことに。

で1週間ほど迷ってから購入したのがこちら。

P4140049_20090414212705.jpg P4140050_20090414212705.jpg P4140052_20090414212705.jpg

・WOOOケータイ H001

これまで使っていたケータイは画面も小さく、blogの更新も不便だったので単純にショップ内で一番画面の大きいヤツを選択。
上記写真右がその画面の大きさを比較したモノですが、見ての通り機種編後の方が1.25倍ほど大きく、また文字の大きさもアップ。またディスプレイ部分にはアクリル板?を被せているおかげで更に見やすさアップ。
最近小さい文字を読むのに苦労している疲れ目にはありがたい仕様!

他にもmicroSDカード対応、ワンセグ&録画機能、遠隔ロックに海外でも使用可能なグローバル機能等々、使えるモノからこれ本当に使う機会あるの?と思ってしまうようなモノまで盛りだくさん。
一応、嵐のCMでもお馴染みの3D機能も搭載されているのですが、あれは見ていると気持ち悪くなるので今後使う機会は無さそう(苦笑)

ただそんな中で一番嬉しかったのは赤外線機能。
何で今更?なんて突っ込まれそうですが、自分が以前使っていたヤツは赤外線が無く、アドレス交換の時も「ゴメン、自分の赤外線無いんだ…」と訳もなく謝ったり(あの気まずさは経験した人にしか分からないでしょう(笑))
でもこれからはもう恐れるモノは何もなく。バンバンどしどしアドレス交換しちゃるけんね!

他にも“じぶん銀行”にも対応しており、ショップで待っている間、近くにいたおねーさんに勧められて加入しちゃったのですが、その時は「社会人になって忙しいからこういったモノがあると便利ですよね」なんてしたり顔して頷いてましたが、実際はキャンペーンでタダで貰える1500円に目がくらんでの加入でした。
何か意地汚くて本当スイマセン(^^;)

しかし以前のケータイもそうでしたけど説明書分厚い…いや薄かろうが厚かろうがどっちにしろ読まないんですけどね。

HI3F0002_20090414212704.jpg

ためしにケータイでラブパラを撮ってみましたが…もうこりゃデジカメ必要無くなっちゃったかも?

ラヴパラパラ!!EUROBEAT HITS 30レビュー

さぁそんな訳でラヴパラパラ!!EUROBEAT HITS 30のレビュー(本当なら土曜日の段階には記事にする予定だったのですが…(^^;))
以下はBLAST!&DIMA MUSICの新曲計8曲のレビュー(+ノンストの感想)ですが、それぞれの感想はCD・携帯配信両方を聞いてのモノとなっております。

毎度のことですが以下の文章は私個人の勝手な感想。本当に興味のある方のみ“続きを読む”からお進み下さい。

続きを読む

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
旧HDDの発掘作業完了(たぶん)ついでに音源整理も。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索