FC2ブログ

TRD1461

あーあと1日行けば5連休。
社会人になってちょうど一ヶ月経ちますが、やはりつくづく感じるのは休日の貴重さ。少し前まではやたら長い春休みや夏休みがあったり、自分で勝手に休みを作っていたりもしたので、休日に対して何の感慨も持たなかったのですが、今は違いますねー土日が待ち遠しくて待ち遠しくて(笑)

まぁそんなこんなで一ヶ月まずは持ったねと思いつつ今日はこの一枚。


P4120138.jpg P4120139.jpg

MISTERY TO LOVE/ MAGGIE MAY
(DALL’ORA-CARIA-MORONI)
A-1 EXTENDED MIX 5:07
A-2 RADIO 2:30
B-1 INSTRUMENTAL 2:30
B-2 ACAPPELLA 1:08
B-3 DUB VERSION 2:48

そもそもこのMAGGIE MAY名義があまりメジャーでないので、果たしてこのMISTERY TO LOVEというタイトルを見て「ああ、あの曲ね!」とすぐに思い出して下さるのか少々心配ではあるのですが…

MYSTERY IN LOVEならぬMISTERY TO LOVEの本作はこの名義通算5曲目でSEBvol.62収録、SEBvol.52収録ANOTHER LOVEに続く作品(アナログ型番からすると若干蔵出し収録気味)
曲の出だしは、この表現がどこまで伝わるのか分かりませんが、スーパーマリオワールドの砦(対ブイブイ戦:サイのような敵)のBGMを思わせるような作り>分かる人だけ笑って下さい(笑)

そこから少しアラビアンな雰囲気を絡めつつリフが始まるのですが、本作のリフは少し前のTIME作品とは違いとても明るいメロディで、この足並み揃ったシンセと合わせ非常に耳に馴染みやすい仕上がり。NIGHT GIRLやGOT TO MOVE辺りとは正反対、同時期ではHI-DEE-HO辺りが一番近しい感じでしょうか、とにかくポップ。

ヴォーカルパートに入ってからもそのポップさは健在で、おそらくは今回もヴォーカルはMORONIだと思いますが、彼女の歌い回しがとにかく素晴らしく。
バックの曲調に合わせつつも多少ルーズな歌い回しのAメロに始まり、Bメロに入ればややシリアス調にシフトしつつも、サビまで跳ねるようにして進行。
タメも何もなく始まるサビは初めて聞く分には唐突に感じるところもあるかも知れませんが、さながら川の流れのようなBメロからの自然な展開は他の楽曲ではあまりお目(耳)にかかれない要素でお気に入り。

サビはサビでそれまで以上にvo.面に深みが増しており、冒頭の“you”ではメインvo.&高音セルフコーラス、二度目の“you”ではメインvo.&低音セルフコーラスと組み合わせ、全く一緒のフレーズにもかかわらず、それぞれ全く異なる雰囲気に。
この部分以外にも常にセルフコーラスがついて回り、アカペラだけを聞いてもかなりの賑やかさ。“Boom boom baby”なんてフレーズも合わせ、このサビパートはそうした賑やかさに加えきちんとキャッチーさも兼ね備えていてサビの景気の良さにも一歩もひけを取らない仕上がり。

この辺りのvo.に関しての感想は以前のTONIGHT(I’M READY)/ LISA JOHNSONと全く一緒ですが、こちらも彼女の歌声が存分に堪能できる内容。
中盤にはこの時期にしては珍しく、PERNICI的ミソパートもあってオススメ♪


<これがブイブイだ!>

buibui.jpg

ブイブイでちょっと思ったんですけど、この時期ってSUPERMAIOなんて曲を出しているんですよね、このレーヴェル。
マリオを知らないなんてことはないと思いますが…まさかね(笑)
(動画が無いか探してみましたがマリオワールドで検索すると引っかかるのはみんなあの辺のモノばかり。あれはあれで見ていて楽しいんですけど)

192→181

少なくとも昨日の夜の段階では192だったんですが…

減少

EURO X-MASを除きコンピレーションアイテムは軒並み削除。
代わりに単曲セットがいくつか追加&日付変更されており詳細は以下の通り。

<5月1日>
HRG315 I BELONG TO YOU/ LESLIE HAMMOND
HRG316 BAD COW/ JUNGLE BILL
HRG322 DON'T GET AWAY/ DOLLY POP
HRG319 EVERYBODY GO/ JOE D.TOASTER
HRG314 LOVE IS FOREVER/ DOLLY POP
HRG110 HI-ENERGY/ JEE BEE

HRG688 HI-SPEED MANIA/ CY-RO
HRG120 I WANT YOUR FIRE/ CY-RO
HRG659 BITTER ROCKETS/ JEFF DRILLER
HRG112 BATMAN IS BRUCE WAYNE/ GARCON
HRG121 LOOSE YOUR FANTASY/ NIKKA HOLLYWOOD
HRG113 CALL ME MANUELLE/ LADY ENERGY

HRG695 ON THE ROAD AGAIN TO THE SHOW/ REMY PANTHER
HRG122 BLACK VAMPIRE/ DOLLY POP
HRG665 LANCELOTO PLAY MY KOTO/ FRANZ TORNADO
HRG657 CHA LA LA FIRE/ NICK TURBO

<5月8日>
HRG773 MAD DOG/ JOE BANANA
HRG772 IKE IKE 2009/ PISTOL GIRL
HRG774 WROOM WROOM SUPERCAR/ BLACK EVA
HRG277 BURN BURN GET MY FIRE/ BUGABOO
HRG731 CITY IS BURNING/ GARCON
HRG302 GOOD TIME/ LILLY
HRG718 I FEEL LIKE A MOLOTOV/ MAD COW
HRG308 MY LOVE IS YOUR LOVE/ MICHELLE ROSE
HRG318 WHITE IS FOR YOU BLACK IS FOR ME/ CLAUDIA VIP

HRG145 SUNDAY NIGHT/ MICHELLE ROSE

<5月15日>
HRG776 ANTHEM/ NICK TURBO MUSIC MACHINE
HRG778 SI LA DO/ PISTOL GIRL
HRG777 STUKA/ FRANZ TORNADO

1日と8日は一昨日の段階に比べると大幅に増加しているのですが、その増加分については何か共通点があるようには思えず、かなり適当に選んでいそうな予感(笑)
それらのうち
HRG145 SUNDAY NIGHT/ MICHELLE ROSE
HRG277 BURN BURN GET MY FIRE/ BUGABOO
は既に単曲配信中。
これ以外にも既に配信されていたモノがあったような気がしたのですが、今回の再追加に合わせて一旦下げられてしまったんでしょうか。

にしてもこのエナアタのコンピ(JUNO)、DELTAのEMシリーズ、3BのIT'S EUROBEATシリーズ(日本)、そして@社のiTune(SEBvol.151前後)等々、予告無く消されてしまうことが稀にとは言えあるので、配信されたら即購入してしまった方が良いのかも知れませんね(買わずに後悔より買って後悔という会長譲りの精神でやれば良いかと(笑))

SUPER GT 2009@もら

SUPER GT 2009の配信開始。新曲&配信嬉しいナンバーは以下のような感じでしょうか。

AVCD-23838.jpg

SUPER EUROBEAT presents SUPER GT 2009 -FIRST ROUND-

1.KING OF THE RACE/ POWERFUL T.feat.ALEX DE ROSSO
11.GET A LOOK IN THROUGH MY EYES/ JEE BEE
21.DANGER/ FRANZ TORNADO
26.GUITAR HERO/ THE SNAKE
29.INTUITION/ POWERFUL T.feat.ALEX DE ROSSO
30.THE STEPS BEHIND/ FASTWAYfeat.ANDREA MARTONGELLI
31.BABY DON’T CRY/ angelic
(出れば買ってしまう…)
DANGERの6分もかなりのモノですけど、31曲目が予想以上に長くて笑った(8:36て)購入してみましたが、実際は5:16でした。
しかし何でダイワハウス今更BABY DON'T CRY/ LOLITA?(曲の方は複数のヴォーカルのバランスも良くなかなか良い出来映え)

1.KING OF THE RACE…ユーロビート
26.GUITAR HERO…うーん、これはどっちだ(笑)リフ部分だけ聞くと多少ユーロの流れを組んでますけどヴォーカルパートは完全ロック調か。
29.INTUITION…非ユーロ・ミドルテンポのロック路線
30.THE STEPS BEHIND…非ユーロ・アコースティックメイン・PLEASE DON'T LEAVE ME寄り

デデデデデンジャー!はやっぱり良い曲…なんですが、寝る前に聞く曲じゃないですね(全然眠くなくなっちゃった(^^;))

ANTHEMを見ていて思うこと

いや、ずっと前から思っていたんですけど。

MUSIC.jpgMACHINE.jpg

NICK TURBOの後ろにくっついている不自然な“MUSIC MACHINE”が気になってしょうがないです。
「だから何?」と言われたらそれまでなんですけど(笑)、個人的にはこの辺りも制作陣からのメッセージだったり、もしくは遊び心で入れたモノ何じゃないかと思ったり思わなかったり。


>SPEED DEMON / STEPHY
アーティストイメージからかけ離れすぎなタイトルがそそります(笑)
“MARTINI”がないですけど、DELTA?DIMA?

>WROOM WROOM SUPERCAR
>RUMIRINGO SUPERSTAR
ルミリンゴ収録で何だか救われたような気分に。
WROOM~は文句なしの良曲。1コーラス目サビ頭部分がポイントです(笑)

HOT GIRL

おっかしーなー、さっき見たときはアイテム数は191だったような気がするんですが(^^;)

CS1395257-02B_20090427204547.jpg

HRG694 HOT GIRL/ MARA NELL

下で紹介した作品に先駆けて、何故かこの曲のみ解禁(笑)
当然、他同様、EXTENDED・アカペラ・インスト・LASTver.での販売。MAD COW辺りとセットでどうぞ。

日付を見る限り、
<5月1日>
HRG688 HI-SPEED MANIA/ CY-RO
HRG659 BITTER ROCKETS/ JEFF DRILLER
HRG695 ON THE ROAD AGAIN TO THE SHOW/ REMY PANTHER
HRG665 LANCELOTO PLAY MY KOTO/ FRANZ TORNADO
HRG657 CHA LA LA FIRE/ NICK TURBO

<5月8日>
HRG773 MAD DOG/ JOE BANANA
HRG772 IKE IKE 2009/ PISTOL GIRL
HRG774 WROOM WROOM SUPERCAR/ BLACK EVA
HRG731 CITY IS BURNING/ GARCON
HRG718 I FEEL LIKE A MOLOTOV/ MAD COW

<5月15日>
HRG776 ANTHEM/ NICK TURBO MUSIC MACHINE
HRG778 SI LA DO/ PISTOL GIRL
HRG777 STUKA/ FRANZ TORNADO

といった感じで1週ずつ配信されそうですね。

出せば売れる!エナアタ万歳!

Items数が前日の179から一気に191にまで増えていて当然吹きました。

CS1395257-02B_20090427204547.jpg

エナアタ@JUNO DOWNLOAD

HRG776 ANTHEM/ NICK TURBO MUSIC MACHINE
HRG778 SI LA DO/ PISTOL GIRL
HRG777 STUKA/ FRANZ TORNADO
HRG773 MAD DOG/ JOE BANANA
HRG772 IKE IKE 2009/ PISTOL GIRL
HRG774 WROOM WROOM SUPERCAR/ BLACK EVA
HRG731 CITY IS BURNING/ GARCON
HRG718 I FEEL LIKE A MOLOTOV/ MAD COW
HRG688 HI-SPEED MANIA/ CY-RO
HRG659 BITTER ROCKETS/ JEFF DRILLER
HRG695 ON THE ROAD AGAIN TO THE SHOW/ REMY PANTHER
HRG665 LANCELOTO PLAY MY KOTO/ FRANZ TORNADO
HRG657 CHA LA LA FIRE/ NICK TURBO

※いずれのトラックもEXTENDED・アカペラ・インスト・LASTver.有り

給料の使い道が決まったわ!…と思ったけどまだ購入できない?(£TBA???)
たぶん“BUY”の項目の代わりに“E-MAIL ME WHEN RELEASED”とありますし、今は項目の追加のみなんでしょうね。

…何だか上の方で興奮してしまって申し訳ないです(^^;)
正式に追加されましたらまた記事にてお知らせします♪

TRD1430

引っ越しするにあたってあのCD群を持っていくわけにも行かないので、HDDに片っ端から取り込んでいるんですが、これがまた遅々として進まない(苦笑)
いや進まない理由は分かっているんですけどねー…取り込んだらすぐ次のCDに差し替えればいいものをそうせずに、「えーっとこの曲って一体どんなのだったっけ」なんて言いながら聞き込んじゃったりしているからなんですけど。
この辺は部屋の片づけをしているときについつい漫画を読みふけっちゃうのと同じなんでしょうか、おかげで全く進みません(笑)

まぁそれはそれとして今日はこの一枚。


P4120150.jpg P4120151.jpg

MONEY CONNECTION/ DAVE HAMMOND
(S.DALL’ORA)
A-1 EXTENDED MIX 5:10
A-2 VOCAL MIX 1:01
B-1 RADIO EDIT 2:26
B-2 INSTRUMENTAL 2:26
B-3 DUB VERSION 1:50

相変わらず確信犯的なアーティスト名の付け方をするTIMEレーヴェルですが、今回はDAVEでもDAVE SIMONでもなくDAVE“HAMMOND”の作品。

“BOOM”や“BANG”などユーロビートでのヒットワードはいくつか有りますが、“MONEY”もまたMONEY GO!やLOVE FOR MONEY、MONEY FOR NOTHING等々アタリ作品が多く、そうしたワードの一つと言ってもいいでしょうか。

じゃあこのMONEY CONNECTIONはどうかと言うと、個人的にはアタリと言っても差し支えないのですが、同時期のMONEY MONEY MONEY/ ROXANNEのインパクトが強すぎてオラの金返せGIVE ME BACK MY MONEY合わせ若干影が薄くなってしまったような印象。

まぁ影が薄い云々書いておいて何ですけど、本作は冒頭からかなり迫力有るフレーズに始まり相当な破壊力。そうしたフレーズに続くイントロパートも例のSEB50番台TIME作品特有の怪しさを内包しつつ展開し、“ah-ha?”サンプリングで一度間を空けるも更に続くパートではハイパーテクノ顔負けのダイナミックな内容で、思わず今自分がユーロを聞いているのか分からなくなるほど。

そんなイントロを聞けば直後のリフに対してもかなりのモノを期待してしまうのですが、実際聞いてみると、これがその思ったよりも…といった感じで(^^;)
最近聞いたせいかKING OF THE NIGHT/ THOMAS T.辺りにも通じそうなやや抑えめの音使いが印象的で、直前までの雰囲気と比べるとかなり淡々とした仕上がり。この辺りでこの曲の評価が大きく分かれてしまいそうな気がしますが、私も当初はあまりこのリフに対して良いイメージはなかったのですが、それでもイントロの一部分同様、怪しい要素が加味されているせいか淡々としている割にはそこまで物足りなさを覚えず、何度も聞いているうちにこのリフの虜に(笑)

そんなリフに対してヴォーカルパートの方は至って普通というか、存分に納得のいく仕上がりとなっており、いつもの男らしい歌声の御方がAメロから曲を引っ張るような格好で進行。とは言え今回は全編早口でまくし立てているのではなく、要所要所で伸ばしながら歌っているのが特徴で、中でもAメロ冒頭の“tell me”やサビ“money connection”などが顕著。前後の早口とこののばしフレーズとの組み合わせが新鮮、楽曲のメリハリにも一役買っているかと。
このサビではそうしたタイトルコール以外にも韻を踏んだ“Dollars affection”“Business reaction”、二回繰り返す“in my heart”などもあり非常にテンポ良く、リフ切り返し時にはダイナミックなフレーズにコーラス“money connection”もあったりしてかなり賑やか。

リフ自体は上にも書いたように淡々としておりインパクトに欠けるのですが、それでも二種類?有るイントロ(間奏)、聞き手を嘲笑うかのような“ah-ha?”、そして威勢の良いヴォーカルパートなどが上手くカバー。リフのみを切り出して聞くとあまり惹かれないかも知れませんが、それ以外のパートを含めた楽曲の中の一部分として聞くとその印象もだいぶ変わるんじゃないかと。


手持ちのアナログについては大体レビューした感じなので、そろそろそれ以外のCD収録楽曲(主にアナログ未発売楽曲)から一曲と言った感じでレビューするかも。

あ、全然関係ないけど昨日、代々木に行ったらウィッキーさんを見かけました(笑)

BALALAIKA VODKA&EUROBEAT@iTune

公式サイトではバラライカ→ヴィンパラvol.4の順で追加されていたんですけどねーiTuneの方はその順番もあべこべに(笑)

CS1409773-02A_20090425112238.jpg CS1409773-02B_20090425112238.jpg

BALALAIKA VODKA&EUROBEAT@iTune

1.I WANT YOUR BALALAIKA/ MAD COW
2.RUSSIAN GANGSTER/ CINDY
3.VODKA/ MAD COW
4.BALALAIKA VODKA&ROCK'N ROLL/ MAD COW
5.BAZOOKISTAN/ MAD COW
6.MATRIOSKA NIET KATIUSKA/ MAD COW
7.DISCOW MOSCOW/ MAD COW
8.I FEEL LIKE A MOLOTOV/ MAD COW
9.PUSH SKA BABUSKA/ MAD COW
10.LIKE A ROCKET IN THE SKY/ MARA NELL
11.RASPUTIN, PASTERNAK AND MOLOTOV/ MAD COW
12.WHAT ROCKET DO YOU WANT/ BUGABOO
13.TARANTELLA SPUTNIK/ MAD COW
14.BITTER ROCKETS/ JEFF DRILLER
15.BAZOOKISTAN PETROL/ JEFF DRILLER

大体が以前のロシアコンピ等で配信済みなので需要はそこまで高くないとは思いますが、この中で唯一、10曲目LIKE A ROCKET IN THE SKYがiTuneでは初配信。

LIKE A ROCKET IN THE SKY/ MARA NELL C
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
硬派でそこそこ激しいリフと比べるとヴォーカルパートの押しの弱さが少々気になります…この辺りの感覚は昨日のBEAT FIREレビューと全く一緒ですけど(気が向いたらきちんとレビューし直します)

ところでこのコンピやROYAL~を見ていて思ったのですが、iTuneで配信するコンピレーションって一つに付き何曲までといったような制限とかって無いんでしょうかね?
いやかねがねその配信コンピのほとんどがCDと同じ11~13曲での編成で、何でわざわざ容量制限もないのにCDと同じ仕様にするんだろ、なんて思っていたものですから。


<本日の終了ネタ>
2006年2月 Music-Master.TVスタート

mm.jpg






























2009年4月30日

終了










358e8de4.jpg

MMさんなら…MMさんなら何とかしてくれると思っていたのに!

どこかのくだらない規格にとらわれ自らのことしか考えていない企業と違い、汎用性の高い&高音質のMP3/ 192kbpsでの配信、またVIB・EMの秘蔵ナンバーやWAV配信などユーザー配慮の姿勢で個人的にも応援していたサイトでしたが、この度残念ながら終了となってしまいました。

あの待遇でも採算は取れなかったんでしょうか…VIPやラヴパラなどまだまだ未配信の作品も多々ありますし、そういった意味で今回の終了は痛いですね(苦笑)
ただ今回の配信終了でレーヴェル直配信がしやすくなったんじゃ、なんて淡い期待も抱いているのですが(たぶん無理だろうなー)


<とどけ、俺の予想!>
11月26日 @社配信第1弾(ACEやDAVE、NIKOなど)
1月28日 @社配信第2弾(MEGA NRG MAN)
3月26日 @社配信第3弾(VALENTINA、LOLITAなど)

ということは次の配信は5月27日辺りになると勝手に予想!
大丈夫!!玉鬼の予想だよ!いやたぶん外れると思います(笑)

BEAT FIREレビュー

25日が土曜日なので初任給の振り込みは1日前倒しのだったのですが、予想していたよりも金額が多く、たいして働いてもいないのにこんなに貰っていのだろうか…なんて気持ちに(^^;)
とりあえずベタに両親と何か美味しい物でも食べに行こうと思いつつ、今日は唐突にBEAT FIREレビュー。

Eurobeatfire 1 Artwork

以下、評価ありのレビュー。
本当に興味のある方のみ“続きを読む”よりお進み下さい。

続きを読む

TRD1397

相変らずfc2管理画面の表示がおかしいのですが、どうもいくつかのサーバーで不具合が発生しているようですね。
障害情報を見ると(時間を見る限り)不具合は修正されているようですが、自分の所はやっぱり上手く表示されたりされなかったり。いやF5キー連打してればそのうちにきちんと表示されるのでそこまで困ってはいないのですが…

まぁあと1、2日すればそれも修正されるでしょうと思いつつ今日はこの一枚。


P4050122_20090423204931.jpg P4050123_20090423204931.jpg

TONIGHT(I’M READY)/ LISA JOHNSON
(CARIA-DALL’ORA)
A-1 EXTENDED MIX 5:57
A-2 VOCAL MIX 1:09
B-1 RADIO EDIT 2:39
B-2 INSTRUMENTAL 2:39
B-3 DUB VERSION 2:37

LISA JOHNSON。
この名義というと古くはLOVEにはじまりPARADISEやMAY-DAY MAY-DAY、HEY SUPERMANなど曲調問わずクオリティの高い作品を多くリリースしてきましたが、その中でも特に有名どころと言えばDOCTOR DOCTORとFOOLING WITH YOUR HEARTでしょうか。
本作はそんな特大ヒット曲に続く作品でSEBvol.51にひっそりと?収録されたナンバー。

このタイトルで行くならその全2作品同様の哀愁路線と誰しも予想するのですが、実際オープニングの時点では割合その路線。SEB50番台のTIME作品特有のアヤシイ雰囲気に淡々としたフレーズ、そして囁くような“tonight”の語りとなかなかムーディーなイントロ。
ただしかしそれも30秒を過ぎた辺りから一変し、そこから始まる変型リフから曲調は一気に明るい方向へとシフト。当然ながら勢いの増した続く本リフは明るいメロディを基軸に軽くうねり気味のフレーズを加えかなりの景気の良さで、どことなくかつてのASIAのバブルガムユーロを彷彿とさせる仕上がり。

そんな元気の良いリフに対してヴォーカルパートは気持ち抑え気味で、直後のAメロは明るさの中にも哀愁が見え隠れすると言った内容、流れるようなBメロもそうした哀愁と明るさを程良いバランスで維持。
更に進んで始まるサビではそれまで見え隠れしていた哀愁要素が消え、代わりに爽やか要素が追加。流れるような、と言う点ではBメロの延長線上ではあるのですが、そこから一歩二歩踏み込んだ勢い、盛り上がりで、例のアヤシイ雰囲気揃いのSEB50番台のTIME作品からは考えられないような明るさ、そして爽やかさ(笑)

本作の一番のポイントはそうした曲調以上にこのヴォーカル。おそらくはこの作品でもMORONIがvo.を務めているんでしょうけど、それまでのDOCTOR DOCTORやFOOLING WITH YOUR HEARTとはまた違う、曲調に即した躍動感溢れる歌い回しが最大の魅力。
改めて言うことではないかも知れませんが、やっぱり歌上手いです、この人。

知名度に関しては残念ながら上記作品の足元にも及びませんが、完成度に関しては決して劣ることはなく。
サビ“crazy life”の対訳含めてオススメ♪(笑)


どうでも良いですけど、本作のこの出始めのCGを使用したジャケットが好き(何故かずーっと前のラッキーマンのエンディングが脳裏に浮かびます(笑))
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
リーガルVのOP挿入歌が知りたいのです

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索