FC2ブログ

本日の戦利品

今日帰り際に寄ったゲオで見つけたのがこの一枚。

HI3F0136.jpg

価格が300円だったから買ってみたのですが、一通り聞いてから思ったのはやっぱりこの時期の作品はあまり自分の好みとは合わないということ。
130番台後半から急速に勢いを失ったTIMEに迷走を続けるDELTA、A-BEATも音的には安定はしているものの低速路線、平和路線が多くお腹一杯(^^;)
もちろんそれぞれにROCK OVER EMOTIONやSTOP YOUR SELF CONTROL、IT’S HOLIDAYなど活きの良い作品はあるのですが、総体的に見るとアクのない、クセのなさ過ぎる作品が多いというのが個人的な印象。

そうした旧3レーヴェルとは対照的にMACH組はやたら元気で、特にエナアタは異常なほどの浮きっぷり(一応褒め言葉(笑))
今回のノンストでも冒頭SCP、ラストにVIBとエナアタを固めている辺り、そうした旧来レーヴェルとの勢いの差なんてものが窺い知れます。

ちなみにこのノンストに収録されているHORROR FANTASY、BIG ON EMOTIONはともにY&CO.MIX。以前のSEBコレに収録されております。



どうでも良いですけど、このLISA LIONさん、結構最近まで男性だと思ってました(爆


<LISA LIONを画像検索した結果>
lisa_lion_m_big.jpg

なんかタカトシのTシャツのキャラクター思い出した。


<今日のなにこれこわい>
HI3F0137.jpg

発売元はマーベラスエンターテイメント、公式HPはこちら(音量注意)
ハードはWiiウェア、800wiiポイント、8月25日配信予定。

「施設の真の目的を知ることになる…」あたりの件が、以前の映画「アイランド」っぽいなぁなんて思ったりも。

ABeat1207

“とんねるずを泊めよう!”を見たらナレーションが本家本元“田舎に泊まろう!”と同じバカボン鬼塚で吹いた(笑)相変わらず手広く商売してます。

ということで今日はこの一枚。


HI3F0135.jpg HI3F0134.jpg

FLY/ DAVE RODGERSs.g.JENNIFER BATTEN
(G.PASQUINI-A.CONTINI-J.BATTEN)
A-1 EXTENDED MIX 7:45
B-1 RADIO VERSION 3:50
B-2 INSTRUMENTAL 3:00
B-3  REAL“PERFORMED”MIX 3:10

SUN CITYの感動再び!というわけで再びバッテン荒川JENIFFER BATTENと組んでの本作。
彼と組んだ作品ではDAVE名義ではそのSUN~やMUSIC FOR THE PEOPLEがありましたが、それらと比べるとマイナー感の否めないこのFLY。ただ作品の質に関しては折り紙つき、今回もヴォーカルとギターが冴え渡る仕上がりに。

オープニングはドスの利いたDAVEのタイトルコールに始まり、かなりダークな雰囲気。そこに微かなギターフレーズが入り混じり、更にはFRIDAY NIGHT辺りでも見られたサックス系のフレーズも加わり、なかなか奥行きのある内容。

地の底から這い上がってくるようなイントロから変形サビを挟んでリフと流れていくのですが、正直このリフは個人的には微妙。後発の100や最近ではFIRE DRAGONなどがそうでしたが、同じフレーズの繰り返しで聞いていて単調、聞いていて面白いとはお世辞にも言えず。

ただそうしたリフの不満を見事に忘れさせてくれるのが以降のヴォーカルとギター。それまでのハードボイルドなノリからするとちょっと意外な、多少の爽やかささえ覚えるような“Don't go”の歌いだしに始まり、一瞬うん?などと思うもすぐに以前の路線へと回帰。
続くBメロでは一段と押し殺したDAVEの歌声にコーラスの雄叫びが追従するという組み合わせで、得も知れぬ迫力を感じさせる内容。

そうした抑えたBメロを経てからのサビは一転、伸びのある歌声が炸裂する開放的なスタイル。“FLY”というすぐに言い切れてしまう単語を極限まで引き伸ばし、直後にBメロと同じく雄叫びコーラスを配置する構成で、VIBの爽やか路線とはまた異なる突き抜けた感じが味わえるのが本作の醍醐味。
それまでのパート同様にバックにはサックス系のフレーズが散りばめられ、楽曲の盛り上がりに貢献。

よくよく考えてみるとBメロ以降ほとんど“ウォーオーオー”と叫んでいるだけのような気もしなくは無いですけど(笑)、かつてのOH OH OH GIRLS DANCINGやRELIGHT MY FIREが好きだった方なら問題なくいけるでしょう。
もちろんギタリストが参加してるだけあってギターソロも曲中後半にばっちりあります♪

A-BEAT盤お楽しみのBONUSver.は今回もかなりの出来。実際はBONUSではなくREAL“PERFORMED”MIXと銘打たれたB-3ですが、そのver.名の通りライヴでのパフォーマンスを意識したアレンジ。
シンセリフが外された代わりにギターで構成されたリフが加えられ、また後半には本編とは異なるギターソロを追加(しかも長い)。バック打ちのせいでスピード感は無くなりましたが、どっしりと腰を据えて重厚に攻め上げる路線。聞き応えにおいては言うまでもなく。

それにしても“s.g.”ってSPECIAL GUITARLISTだと思っていたのですが、SPECIAL GUESTだったんですね(^^;)


何だろう…FIT'SのCMの尻切れトンボ感。
CMそのものはキャッチーな歌満載で良いとは思うんですけど。

うむ一日ずれた

はい、そんな訳でお待ちかねの高音質版。

cherry.jpg

SUPER EUROBEAT presents CHERRY Special Collection

vickyvale.jpg

SUPER EUROBEAT presents VICKY VALE Special Collection

sstyle1.jpg

SUPER EUROBEAT presents SINCLAIRE STYLE Special Collection

sstyle2.jpg

SUPER EUROBEAT presents SINCLAIRE STYLE Special Collectionvol.2


スイマセン、来週、試験を控えているモノでして、メールの返信は(かなり)遅れると思います…毎度毎度のことで「もう慣れたよ」なんて声が聞こえるような(^^;)

今月の@社配信

実は日付変わる前からiTuneには追加されていたんですけど(笑)
初EXTENDEDは青字、完全蔵出しは赤字で表示。

cherry.jpg

SUPER EUROBEAT presents CHERRY Special Collection

1.DJ BAAM!BAAM!PLAY THE BOOM BOOM!/ CHERRY
2.BYE BYE GOODBYE/ CHERRY
3.ONE DAY QUEEN(TO DIANA)/ CHERRY
4.WHEN I CLOSE MY EYES/ CHERRY
5.MAKE ME BELIEVE/ CHERRY
6.I CAN’T STAY WITHOUT YOUR LOVE/ CHERRY
7.EVERY BEAT OF YOUR HEART/ CHERRY

8.KEEP ON LOVING YOU/ CHERRY
9.GO SAY GOAL/ MORRIS&CHERRY
10.GO SAVE GOAL/ MORRIS&CHERRY
11.BANG BANG(MY BABY SHOT ME DOWN)/ CHERRY
12.SHE’S ALL RIGHT/ CHERRY

13.YESTERDAY/ CHERRY


vickyvale.jpg

SUPER EUROBEAT presents VICKY VALE Special Collection

1.DANCING/ VICKY VALE
2.WHAT IS LOVE/ VICKY VALE
3.LET ME BE YOUR BABY/ VICKY VALE
4.LOVE CHILD/ VICKY VALE
5.MAXIMUM LOVE/ VICKY VALE
6.WE LIKE IT DOOM DOOM/ VICKY VALE
7.SHIBUYA GIRL/ VICKY VALE
8.SUPERDANCE/ VICKY VALE
9.STOP THE FIRE/ VICKY VALE
10.GAMBARE/ VICKY VALE
11.MY BODY SWEAT/ VICKY VALE
12.ROCKET TO EUROBEAT/ VICKY VALE
13.NOTHING TO LOOSE/ VICKY VALE

こちらはtr.6、12が完全蔵出し。EBF収録の2曲やMACHのキンキンシンセが特徴的なNOTHING TO LOOSEの配信も嬉しいところです。
MAXIMUM LOVEはSEBコレvol.5に収録されていましたが、どんな形態で収録されていたか忘れてしまいました(思い出したくないのだよ…)


sstyle1.jpg

SUPER EUROBEAT presents SINCLAIRE STYLE Special Collection

1.WONDERBOY/ SUZY LAZY
2.WHY WHY/ BIG JIM
3.I WANT TO BELIEVE/ MARKO POLO

4.THANK YOU-ARIGATO/ D.ESSEX
5.LOVE KILLER/ NANDO
6.LOVE AS A WEAPON/ LARABELLE
7.IN MY DREAMS/ DENISE
8.ENDLESS LOVE/ MELODY
9.BIG DESIRE/ ZA-ZA
10.DANCER/ MAKO
11.SAY YOU WILL/ LARABELLE
12.ROCKY DANCE/ EUROBEAT GIRLS
13.MUSIC GO/ NANDO

こちらはtr.2、3が初EXTENDED。ちょっとマニヤックな感じ(笑)


sstyle2.jpg

SUPER EUROBEAT presents SINCLAIRE STYLE Special Collection

1.BOOM BOOM FIRE/ D.ESSEX
2.WOMAN ON TIME/ THE GIRLS
3.WHILE MY LOVE AWAITS/ DRAMA

4.WELCOME TO MY WORLD/ KEVIN JOHNSON
5.LOVE ME TENDER/ LEILA
6.LOVE GENERATION/ SUZY LAZY
7.BABY QUEEN SEVENTEEN/ MARKO POLO
8.EXCITABLE/ MAKO
9.ROCKBEAT POWER/ EUROLIVEfeat.DR.LOVE
10.SPEEDY SPEED BOY/ MARKO POLO
11.LISTEN TO EUROBEAT/ TOKYO FUTURE
12.DANCING CRAZY/ D.ESSEX
13.DA BURNING TOKYO/ TOKYO FUTURE

ROCKBEAT POWERはアナログ収録済みなので完全蔵出しという訳ではないのですけど。vol.161でFIREを拾うぐらいならこちらを収録して欲しかったなぁなんて思ったりも。


ただ海外のアレを考えれば、買うのはもう少し待ってみたほうが良いかも(海外で配信される保証はないですけど)

便乗してポケモン

あー学校の会談2懐かしいなぁなんて見てたら更新する気が無くなってしまいました。
便乗記事ですが、Amazonでポケモンの予約が始まったので参考までにどうぞ♪

ポケットモンスター ハートゴールド
ポケットモンスター ソウルシルバー

ただしこちらはどちらも特典無し。天下のポケモンですから、発売日に品切れということにはまずならないとは思いますので、特典付きを狙っている人はここで無理に予約せずに他サイトでの予約や近所のショップでの特典予約を狙ってみるのも良いでしょう。

まぁ特典と言ってもルギアorホウオウのフィギュアなのでそこまで神経質にならなくて良いとは思いますけど(笑)
ちなみに予約特典取扱店の確認はこちらかどうぞ。

さぁ最初のポケモンはどれを選ぼうか。


<岸田今日子さん>
smile.jpg

「私の時計、返して…」からの件でびっくりしたのは私だけじゃないはず(笑)
自分は確か小学5年生の時の社会科見学(しながわ水族館だったかな)の帰りのバスの中でこの「学校の怪談2」を見たのですが、上記、岸田今日子さんのろくろっ首と、不気味な紫の部屋に驚き、しばらく風呂の中で目をつぶって頭を洗えなくなった覚えがあります(^^;)


マックの朝コーヒーがなんと0円! 無料で配るその真意とは?

たしかに記事にもあるようにコーヒーだけ貰って、はいさようなら~とは言えないですよね。
コーヒー目当ての人が他と一緒に何を買ってくれるのか、そこが今回のキャンペーンの生命線。

HRG163

いやいや、なにこの雨…昨日の夜が一番酷かった気がしますけど、窓に打ち付ける雨音で目が覚める始末。起きたときに時計を見たら午前2時。道理で眠いはずだわ(苦笑)

相変わらず梅雨が明けたんだかそうじゃないんだか不満に思いつつ、今日はこの一曲。


CS1430180-02B_20090727224239.jpg

SPIDER BOY/ JOE D.TOASTER
(C.ACCATINO-F.RIMONTI-R.FESTARI)
・EXTENDED MIX 5:44
・ACAPPELLA 1:28
・INSTRUMENTAL 3:40
・LAST MIX 1:16

MACHブックレットのEVERYBODY GOの解説“フロア的すっぱい方に向けたスッパイダー・ボーイ”というフレーズのせいで、この曲を聞くたびに汗臭いなんて言葉が脳裏に浮かぶようになってしまったのですが(苦笑)

JOE D.TOASTERというと同じく“J”から始まるJOE BANANAやJUNGLE BILL、JEFF DRILLER辺りと比べるとマイナーなイメージが強いのですが、実際のリリース数を見てみるとこれまででたった5曲、上記のようなことを思ってしまうのも仕方のない数字。
ただその数少ない楽曲を見てみるとMAXIやEVERYBODY GO、BEAUTIFULなどクオリティの高い作品ばかり。
本作はこの名義通算2作品目ですが、やはり例に漏れずかなりの出来栄え。

BEAUTIFULがこのレーヴェル初期の粗さを含んだお堅い路線だったのに対し、直後の本作では早速路線変更、ついでにヴォーカルも変更。
煽るようなフレーズにエフェクトをかけた女性コーラス?を複数サンプリングしたイントロに始まり、早くもこの時点でちゃかつき度120パーセント(笑)

そんな落ち着きのないイントロに続いて繰り出されるリフは更におふざけ感の増したモノとなっており、同時期のBAD ILLUSIONやTAKE MY HAMMERなどとは対照的にかなりミーハー方向に傾倒。初期に比べ粗さの消えたシンセで耳辺りのよさを維持しつつ、一方で聞き手を嘲笑うかのような忙しいメロディラインととにかくメリハリに富んだ仕上がり。

騒がしいリフと比べるとAメロからの展開は若干抑えめ、マイナー調ですが、それでもお馴染みアクの強い男vo.が荒々しく楽曲内を暴れ回るスタンスで、そうした抑えた感じなどはすぐに忘れてしまうような作り。
これまたクセのある女性コーラスをバックに従えつつBメロまでテンポ良く展開、その後のサビは確かに頭打ち、もう一段階突き抜けて欲しかったという思いもなくはないのですが、それでも概ね及第点以上の出来。
荒々しさと賑やかさを兼ね備えたこのパートはあのMAD COWにも一歩も引けを取らず、またタイトル連呼の分かりやすいスタイルでキャッチーさにおいても十二分。

ただ一方で残念なのはDEEP RISKなどと同じくEXTENDEDがあまり面白くないと言うこと。CANNIBAL ATTRACTIONみたく途中でリフにギミックの一つでも織り交ぜてればその印象も変わったとは思うのですけど。

ノンストではサイレンまみれのMNvol.19も良かったですけど、MANサンプリング満載のEBFvol.13も捨てがたいです(笑)


今週は毎晩カレーの予定。
今回は具にナスを加えてみたのですが当然美味でした(これなら一週間でも全然飽きない!(笑))

ABeat1254

今日の千秋楽、白鵬と朝青龍の取り組みはかなり見応えがありましたね。
個人的にはここで白鵬が負けて優勝決勝戦にもつれてくれた方が面白いかもなんて思っていたのですが、あれだけの大相撲を取ってくれれば文句ないです(笑)

結局、直接見に行けなかったなぁと思いつつ今日はこの一曲。


eurofire26.jpg

PARADISE IS YOUR LOVE/ GO GO GIRLS
(G.PASQUINI-S.OLIVA-L.RAIMONDI)
MAHARAJA NIGHTシリーズ、特にEURO FIREにマイナーチェンジしたラストの3枚はそのいずれもが名曲揃いの名盤なのですが、今回はその内のEURO FIREvol.26収録のGGGのナンバー。
97~98年のGGG名義の作品を見てみるとDANCE ON A VOLCANOやD.I.S.C.O.、LOVE IN THE LIMOやSPIES IN THE SPACE等々、同時期のLOLITA-VIRGINELLEにも勝るとも劣らない程のリリースペースだったのですが、そのほとんどが当たりなのだから驚き。もちろん本作も当たり。

上に挙げた作品含め曲によって多少コミカルとシリアスを使い分けるこの名義ですが、今回はイントロを聴く限りでは前者コミカル路線を思わせる展開。良い意味での軽薄さがまんべんなく敷き詰められ、冒頭からかなり引き込まれる仕様。
そんなイントロを聞けば自ずと直後のリフへの期待も高まるのですが、実際に聞いてみるとこのリフがまた良いんですよ!(変な口調^^;)

構成するシンセはこの頃お馴染みのペニャ系シンセなのですが、D.I.S.C.O.やLOVE~などと比べるとよりしっかりとした音色なのが特徴。コミカルさ重視ながらも明るさ・爽やかさもしっかり盛り込んだメロディは高揚感に満ちあふれ、どんなに沈んだ気持ちでいるときでも一瞬で明るい気持ちへと変えてくれるような仕上がり。
同時期のCRAZY SEXY LADY/ VIRGINELLEが好きだったなら確実に嵌るはず。

そんなリフに対してヴォーカルパートはどうかと言うと、これが意外なことにシリアス調。
シリアスと言ってもそこまで深刻な感じではないのですが、それでも直前までの雰囲気と比べると幾分抑えたテンションでAメロ・Bメロと進行。

リフ明るく、A・Bシリアス寄りと来て、それじゃあサビはどうなの?となるわけですが、サビに入ると再びそれまで失くしていた明るさが復活。もちろんそれまでのシリアス調は多少残っているので、リフと同じように底抜けに明るいというわけではないのですが、弾けるようなvo.陣の歌声が楽曲をぐいぐい引っ張り、その盛り上がりは相当。
この辺り通しで明るさ重視だったCRAZY~とは異なる点で、乱発期にもかかわらず他楽曲ともしっかり差別化が図られており◎。

収録先が収録先だっただけにリクカンにもその年のBESTにも収録されなかった本作ですが、クオリティに関しては100点中250点程(SEBvol.86に収録されていたらその後のSEBvol.90でもしっかりと上位にランクインしていたとは思うのですが(^^;))

3分過ぎからは昔のA-BEATお馴染みピアノ伴奏パートもあるので、その辺りが好きな方も是非どうぞ(笑)


<昨日の日経>
shuppi.jpg

4月から社会人になって、もう4回ほど給料を貰ってますけど、その出費の内訳を見てみると食費・家賃以外では飲み代が一番多いような気がする…学生時代と違って私服を着る機会はかなり減りましたし、また知り合いの誰もいない名古屋なので娯楽関係もかなり低いような。
趣味で使うお金もだいたいCD・アナログ・配信関係ぐらいですし(書いていて悲しくなってきた)
残りの半分から6割方は貯金と言った具合。

この記事では節約志向、賢くなった消費者なんてことが書かれているのですが、ただ経済全体のことを考えれば出費が減ると言うことはかなりのマイナス要素。
お金を使わない→モノが売れない→企業の経営悪化→給与のダウン→更に出費抑える…絵に描いたような悪循環。じゃあ後先考えず江戸っ子のようにバンバン金を使えばいいのかというとそれもちょっと考え物ですが(笑)

一体どうすればお金を使うようになるのか。色々考えてみましたが、やっぱり一つの結論として考えられるのは雇用の安定。
業務の内容だとか勤務時間等々の問題は別として、雇用さえしっかり保証されていれば取り敢えずの出費というのは増えるとは思うのですが…そういった意味で95年の経団連の終身雇用制度の撤廃は失敗だったなと改めて思います。

もちろんこの20代の節約志向の原因はこの雇用の問題だけではなく、もっと様々な問題が複雑に絡み合い一概には言えないんでしょうけど。
やれ誰それは何を言った、誰それはあんなことを言った。選挙の度に相手の粗を探し、くだらない言い合いをしている気がしますが、個人的にはもっと大局的な、例えば今日の経済状況にしっかりと真っ正面から取り組んでくれる政党に政権を担って貰いたいところです(そんな政党があるのか甚だ疑問ですけどね(苦笑))


<唐突にNACK5!>


NACK5リスナーならお馴染みですよね(笑)
りそなは以前の「あれ取って」「あぁこれか」「よく分かったねぇ」の方も好きでしたが(分かる人だけ笑って下さい)、こちらのver.も好きでした。
ガスワンはヒッツとセットです!



NACK5/ DOMINO&KAIOHがイマイチ定着しなかったのは、もう既にNACK5のテーマソングあったから、そんな理由だからだと思うのですが、実際はどうなんでしょう。
全然関係ないイタリア人が歌うよりはNACK5のパーソナリティが歌った方が説得力はあるような。
もっともこっちは“様ソニ”のテーマソングでしたが(笑)


金曜の記事があんまりだったのでちょっと気合い入れて書いたのですが、ここまで長くなるなら分割して書けば良かったとちょっと後悔(でも直すの面倒だからこのまま掲載)

HRG156

昨日のオールスターも終盤の大逆転劇でかなり見応えのある試合でしたが、今日の試合もなかなか凄い展開で、両チーム、ホームランの応酬。
もちろんおかわり君の場外級のHRも凄かったですけど、個人的に普段ほとんど打たないヤクルト宮本のHRに痺れました(笑)

そんなオールスター第2戦を見つつ、今日紹介するのはこの一曲。


CS1418830-02A_20090725194836.jpg

DEEP RISK/ LOUISE
(C.ACCATINO-F.RIMONTI-R.FESTARI)
・EXTENDED MIX 5:27
・ACAPPELLA 1:54
・INSTRUMENTAL 3:35
・LAST MIX 1:22

EBFvol.8収録の本作はLOUISE名義の1st(他のDEE DEE WONDER名義やLOU-LOU MARINA名義よりも登場が遅いというのがちょっと意外)
後発のBECAUSE I'M LOVING YOUやMY LOVE ROMANCEのイメージが強いと哀愁よりの名義なのかな?なんて思ってしまいますが、デビュー作の本作はそれとはだいぶかけ離れた路線。

イントロはDANGERにも使われたフレーズやLET'S GO!サンプリング、またちょっと軽めの爆発音等を交え、緊迫感あふれる内容。
冒頭から勢いをつけて始まるリフは同時期の男性陣の楽曲とは違い、とにかく耳あたりのすばらしい音色で構成され、ずーっと聞いていてもまったく飽きを感じない仕上がり。

ベースとしては同CD収録のKOBRA IS MY KILLERなどと同じようにミーハーさが主ですが、ただよくよく聞いてみればメロディは哀愁寄り。
哀愁にもかかわらず躍動感が感じられるところもまた、このリフに惹きつけられる理由の一つなのかも。

ヴォーカルパートはお馴染みキュートな歌声をこれでもか!というぐらい堪能出来る内容。リフ同様の微かな哀愁風味の中でいつも以上にvo.が際立っているのが特徴。
テンポに関しても申し分なく、中でもBメロの“Touch me or kiss me”“Seven o’clock just”の畳みかけるような流れが秀逸、“I run a”を介して更にそこから勢いを高めサビを展開するこの構成は聞き手を否応なしに巻き込んでいき、個人的にもお気に入りの箇所。

ちょっと背伸びしたようなサビでの歌い回しも良いアクセントになっており、バックのギターフレーズや低めのコーラスと合わせかなりの盛り上がり。
中盤と締めの“アイアイ…”も適度なミーハーさを感じさせてくれ、普通の哀愁楽曲とは一味も二味も違う印象に。

前後の作品と比べてみると、CAN’T I LOVE YOUほどドスが効いているわけではなく、IN THE DARK OF MY HEARTほど悲壮感が漂っているわけではなく、OH BANDOLEROほどコミカルなわけでもなく。
程よい哀愁加減という意味ではNATURAL GIRLが一番近いような気もしますが、向こうが爽やかさに基点を置いている分、路線がまるっきり被ってしまったということもなく。

ありそうで無かったこの手の路線。意外なほどにロマンティックな歌詞含め大好きな一曲です♪


<やめて!>
hii.jpg

白鵬が1敗堅持!琴欧洲もピタリ/名古屋場所

今日、琴欧洲が朝青龍に勝ったために優勝は明日の千秋楽へと持ち越し。
今の朝青龍の調子を考えれば明日の取り組みで白鵬が勝って優勝を決めそうですけど、果たしてどうなるんでしょう。


<何の脈絡もなく大分麦焼酎二階堂>


いいちこと並んでお気に入りのCM。

飲んだくれてます。

明日こそちゃんと更新します(爆)
まだまだ続きそうだ…

見本通りには上手くいかない

炊飯器を使った料理の本を買ったなんてことを少し前の記事で書きましたが、あれから2品ほど実際に作ってみました。

HI3F0118.jpg HI3F0117.jpg 

まずはジャーマンポテト(見てくれの悪さに失神寸前(^^;))
作り方はジャガイモの皮をむく→約5ミリの幅にスライス→炊飯器にジャガイモとコンビーフをティラミス状に交互に乗せ、味付けに塩・こしょう(お好みでマヨネーズ)、更にチーズを乗っける→あとは炊飯ボタンを押して完成するのを待つだけ。

お味の方は、これはもう言うまでもなく超美味(笑)程よく溶けたチーズとホクホクとしたジャガイモの食感の組み合わせ、また所々の焦げ目が良いアクセントに。
これはビールのつまみに最適です(笑)

ただ難点はカロリーが高いこと。チーズにマヨネーズ、加えてコンビーフと相当な油。
食べ過ぎ注意(でも止まらない)

HI3F0121.jpg

あともう一つやってみたのが煮込みハンバーグ。こちらは料理といって良いものなの?なんて程のお手軽料理なんですが、作り方は至って単純。
一応書いておくと、ハンバーグのタネを作る→炊飯器にタネとソースを入れる→炊飯ボタンを押して完成するのを待つだけ。

このタネを作るのが面倒ですけど、そこさえやってしまえば後はほとんど手を汚すこともなく、焼くのと違い、やれ火加減だとか焦げ目を気にしたりしなくて済むところがメリット。
ちなみに料理本ではわざわざソースも一から作っていましたが、市販のデミグラスソースやハヤシライス用のソースで代用しても全く問題なし。
休みなどにタネを作っておいて冷凍、平日の時間のない時に解凍して炊飯器にソースと一緒に入れて、その間に風呂に入ったり洗濯など済ましたりすれば、より効率的に時間を使えるんじゃないかと。


※お使いの炊飯器によっては故障の原因にもなるので、上記のような炊飯器料理に挑戦する場合は事前に説明書やメーカー、料理本などで確認してからでお願いします。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
HEY,YOU目当てにvol.12を購入。TO BE YOUR ANGELとかすっかり忘れてたなー。とりあえずFORMULA1最高。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索