FC2ブログ

米粉

以前このblogでも取り上げたNEWてりたま、食べよう食べようと思いつつも「そのうちに」とか「折を見て」などと気持ちとは裏腹に店にすら行こうとしなかったのですが、販売終了まであと数日というのを知り慌てて食べに行ってきました。

HI3F0402_20100424015328.jpg

でその感想なんですが、まずはこのNEWの由来にもなった米粉入りバンズ。
食べる前の段階では何となくフィレオフィッシュの蒸しバンズなどと同じ、水気をタップリ含んだ感じだと思っていたのですが、実際食べてみると予想に反してかなり固い…

よくよく考えたら米粉パンって普通のパンに比べてやや固く、このNEWてりたまも通常バンズに比べると意外なまでの抵抗感。
事前に“ふっくら”とか“もっちり”といった宣伝文句を見てきただけに、そうしたモノを期待して食べるとちょっと「うん?」なんてなったりも (笑)

バンズの大きさも通常とは異なっており、厚みの増したクラウン(上側)が印象的。
このバンズの割合が増えたおかげ、また米粉入りという点含め腹持ちはかなり良く、昼に食べたのに7時8時になっても空腹を殆ど感じないほど。

ネックは普通のてりたま以上に食べにくいという点でしょうか。
バーガー自体の厚みが増したせいで食べるときはまず口をガっと開かなければならず、また一方で照り焼きのタレからツルツルと逃げていく卵をしっかりと抑えておかなければならず、ただハンバーガーを食べると言っても結構色々なことに気を使わなければならない為に食べ終えた後も「味わった」と言うより何となく「片付けた」と言う気分に(^^;)

とどうも否定的な感想ばかりになってしまいましたが、味的にはこれまでのてりたまと同じ、モノは試しでこの米粉入りNEWてりたまを食べてみてその腹持ち、厄介さを込みで味わってみるのも良いでしょう。

ちなみにこのNEWてりたま、明日25日までの販売となっております。

個人的にこの米粉バンズはトースターで焼くよりフィレオと同じく蒸した方が美味しそうな気がするんですが…分厚いから中まで蒸すことが出来ないなんてオチが待ってそうですけど。

25日に終了するNEWてりたまに代わって26日から登場するのが“NEWゴマえびフィレオ ごまごまバンズ”。

01_px450.jpg

マクドナルドの新シリーズ「日本の味」、何が進化した?(日経トレンディネット)

目を惹くのがマダラ模様のバンズ。内容的には従来のえびフィレオと同様、このバンズに用いられたゴマがどう差別化を図っているのか気になるところ。
価格は単品330~340円、セットで630~660円とのこと。

値段のこと書いて思い出しましたが、これまで販売されてきたBIG AMERICAシリーズの価格帯が700円以上だったので今回のてりたまやえびフィレオの価格を見ていると安く思えてくる…これもマックの戦略なのかしら(まさか)


<今回もロゼッタ出るのね>
新しく公開されたスーパーマリオギャラクシーのトレイラー。



足場がないところに飛び込んでいく恐怖(笑)
今回もアクション苦手な人にはリトライ必須な内容、でも面白そう。

スーパーマリオギャラクシー 2(「はじめてのスーパーマリオギャラクシー 2」同梱)スーパーマリオギャラクシー 2(「はじめてのスーパーマリオギャラクシー 2」同梱)
(2010/05/27)
Nintendo Wii

商品詳細を見る



<ネタだと思ったらマジだった>
<子ども手当>韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組

子ども手当にしても高校無償化にしても非対象者にしてみれば甚だ面白くないっ!とウチの親が憤慨してたわ(笑)

INTERNET KILLS THE EUROBEAT STARS@JUNO DOWNLOAD

遅ればせながらJUNO DOWNLOADにも登場、エナアタ配信コンピ。



INTERNET KILLS THE EUROBEAT STARS@JUNO DOWNLOAD

1.INTERNET KILLS THE EUROBEAT STARS/ PRINCESS F.
2.I AM A LIAR/ LILLY
3.FEVER IS LIKE A ROLLING STONE/ LOUISE
4.ON THE GINZA/ LOUISE
5.ELECTRONIC LOVE/ BABY GOLD
6.MAXIMUM SPEED/ GARCON
7.ARE YOU READY/ BUGABOO
8.HOT CORE DANCE FLOOR/ JEFF DRILLER
9.TOKYOBEAT/ MARA NELL
10.LIKE A FEVER/ JOE BANANA
11.MY SPY GUY/ JOE BANANA


一つ前のSEBvol.202がEUROBEATのCDを聞いているような、そうでないような、聞き終えた後も?が浮かんでは消え浮かんでは消えるようなアルバムでしたが、今回のエナアタ配信コンピはしっかりEUROBEAT。

クセの強さは一段と増しており聞き手を選ぶこと必至ですが、ただ個人的には当たり障りの無いシットリ落ち着いた曲調で聞きやすいですねうふふ的作品よりか、色々な所に当たるわ障るわ的作品の方が好みな訳で(その分アタリ・ハズレも大きいですけど(笑))

一通り聞いてみましたが、TRI-STARよろしくのサンプリング&サイレン鳴りまくり、聞けば思わず笑ってしまうような陽気な作風のARE YOU READYがお気に入り♪
またそれ以外ではBメロラストでおふざけ度MAX、こちらも爆笑お約束のMAXIMUM SPEED、
目まぐるしく攻め立てるリフが印象的なELECTRIC LOVEやFEVER IS LIKE A ROLLING STONE辺りがいい感じ。

このアルバム唯一の良心一服の清涼感にもなっているI AM A LIARは上に挙げた作品のような狂った感じや激しさといったモノは全く無いので、そういった曲調はちょっと…という方には丁度いいのかも知れません。

上記プレーヤーでは2コーラス近く試聴可能、JUNO購入予定の方はもちろん、iTuneの斬新試聴で躊躇っていた方も購入の際はこちらのプレーヤーを参考にするといいでしょう。


<やったね、また一塁手だよ!>
img_120553_54662874_0.jpg

巨人一塁手また増えた!「グラブも発注している」(スポニチ Sponichi Annex ニュース)

現時点でファーストを守れる選手は小笠原、李承ヨプ、亀井、高橋、阿部、(ラミレス)と盛りだくさん、この中でレギュラーを勝ち取っていくと言うのは想像以上に難しいような。
でも谷はスタメンで使ってこそと言うような気もしますし…うーむ。

DIN DON DAN/ SUZY LAZY@JUNO DOWNLOAD

わずか二日で新たなバラ売り楽曲が登場、Akyr@JUNO DOWNLOAD。
今回配信されたのはDELTA初期のヒットナンバーDIN DON DAN/ SUZY LAZY。



DIN DON DAN/ SUZY LAZY@JUNO DOWNLOAD

以前のPOISON LOVE辺りのレビューでも書いたような気がしますが、DELTA特有の跳ねるようなリフが苦手だった自分からするとこの曲もまた結構長いこと馴染めずにいました(もちろん今じゃそんなこと微塵もないですけど)
このリフへの印象からかなかなかじっくり耳を傾ける機会がこれまで無かったのですが、改めて聞いてみると同時期のA-BEATやTIMEにはないノリ、またTIME期以上に艶っぽさの増した(ような気がする)MORONIの歌声などそういったモノに気付かされます。

今回の配信ではアカペラ以外にもコーラスのアカペラも一緒に配信されているのですが、これがまた凄いと言うか。普段楽曲を聞いていると「後ろの方に何となく流れているなぐらいの感覚だったのですが、よくよく聞いてみると低音から「これどっから声出してるの?」なんて思わず思ってしまうような高音域の歌声まで多彩な音域が組み合わさって体を成しており、改めてこの人の凄さを感じた次第。

ちなみに今回の“Riff”はエナアタのLASTver.(&ACAPPELLA)などと同じようにベース部分を取り払ったメロディ部分のみ、リフのヌキなどをやる時に重宝しそう。

次の次あたりにROUND N' ROUND/ CHERRY辺りが来ると予想するも、Akyr関連で予想が当たった試しはなく(^^;)

iTune・JUNO

INTERNET KILLS EUROBEAT STARSのJUNOでの販売について問い合わせてみたところ、これからJUNOにアップロードする予定とのことだそうです。
こっち経由の方はもう暫く待ちましょう。

毎度毎度「またお前か!」と思われているような気もしなくもないけど、快く返事をしてくれるあの人達に感謝(笑)

INTERNET KILLS THE EUROBEAT STARS@iTune

意表をつかれた。

internetkillseurobeatstars.jpg

INTERNET KILLS THE EUROBEAT STARS@iTune

ごちそーさま
HRG812 INTERNET KILLS THE EUROBEAT STARS/ PRINCESS F.
HRG805 I AM A LIAR/ LILLY
HRG771 FEVER IS LIKE A ROLLING STONE/ LOUISE
HRG766 ON THE GINZA/ LOUISE
HRG761 ELECTRONIC LOVE/ BABY GOLD
HRG817 MAXIMUM SPEED/ GARCON
HRG811 ARE YOU READY/ BUGABOO
HRG808 HOT CORE DANCE FLOOR/ JEFF DRILLER
HRG796 TOKYOBEAT/ MARA NELL
HRG730 LIKE A FEVER/ JOE BANANA
HRG801 MY SPY GUY/ JOE BANANA


赤字が今回初お目見え



リストや下の画像を見ても分かるようにコンピ名にもなった1曲目INTERNET KILLS THE EUROBEAT STARS/ PRINCESS F.を除く10曲が今回初音源化。

いつもならここであの曲がどーのこーの云々かんぬんと ひとくさり感想を書いたりするのですが、ただこのリフのケツ部分~Bメロまでという斬新な試聴では何とも言えず(^^;)
おそらくJUNOでも同コンピは配信されるでしょうし、適当な感想はまたその時にでも。


<東芝EMIちゃん>
wayu-ro.jpg

和ユーロベスト3 ダウンロード・セレクション@iTune

下のコメントで情報を頂きましたが、先日配信された和ユーロベスト3にてVIBアレンジ(たぶん)の夏物語~SUMMER STORY~(EUROBEAT VERSION)/ MISAが配信開始されました。
CD収録は夏物語2007など、同CD収録のLUCKY BOY/ QUEEN REGINAやBAMBINO/ MARIA SHORTと同様の爽やか一直線なリフが好印象。VIB好きにオススメ。

CRAZY TOKYO/ MAXIMUM POWER@JUNO DOWNLOAD

朝起きて筋肉痛が2日経ってから来たことを知り唖然愕然歴然とするワタクシ…
軽くショックを受けつつ恒例DELTAバラ売り配信のお知らせ。



CRAZY TOKYO/ MAXIMUM POWER@JUNO DOWNLOAD

今回配信されたのはLESLIE PARRISHではなくCRAZY TOKYO/ MAXIMUM POWER。
あーGO!ROCKY JOE辺りと同時期、ATRIUMの某ナンバー的な感じ漂うあの曲ね、なんて最初JUNOで目にした時思ったのですが、よく考えたらあれは“TOKYO”じゃなくて“NIGHT”。

じゃあお前は一体誰ぞなもし?となるのですが、限られたパーツを聞いてみるに~NIGHTとは別物のような…単なる曲名のタイプミスという訳では無いようです。

前回のBURNING FIRE/ MAXIMUM POWERがMAXIMUM FIRE/ MAD MAXに似ているなんて記事を以前書きましたが、この曲も何か他の名義でリリースされた(または予定)作品があるのでしょうか。
バラ売りパーツ配信をやるのも結構ですが、ただ個人的にはこの曲が何かのデモなのか、ボツなのか、別名義で再リリースするのかしないのか、その辺りハッキリさせてから配信して欲しいな、と。

まぁそのつまりはEXTENDEDで聞きたいということなんですけど(こういう時に限ってvoxが無い(苦笑))


<次世代店舗>
image_01_20100420194102.jpg

なぜ渋谷からマックは消えたのか?その真実とは…(J-CASTモノウォッチ)
好調マクドナルドが433店閉鎖、4月開業の“次世代店舗”はこれだ - ライフ - 日経トレンディネット

渋谷を中心に計12(+1)店舗を改装、写真で見る限り今までのちょっと野暮ったいデザイン(ひどい)からスタイリッシュな店構えになったような印象。

ちなみに新世代デザイン店舗のオープンは週末25日(日)、同日にはオリジナルECOバックのプレゼント(先着順)やスタンプラリー企画、また1ヶ月間テキサスバーガーなどBig Americaシリーズの販売なども行うようです。
店舗一覧、企画について詳しく知りたい方はマクドナルドHP(新世代デザイン店舗)でご確認下さい。


<アバター…?>
キャプチャ

菊川怜:「ブルーなレイです」 全身青ずくめでブルーレイPR - MANTANWEB(まんたんウェブ)

次は檀れいさんでお願いします。


<今から言い訳考えておこうぜ>
鳩山首相の徳之島入りに反発も=普天間移設反対-地元町長

①いっしょうけんめい努力しているところだ
②5月末までに決めなければならないという法律はない
③民意を尊重して現状を維持することを決めました
④メディアが悪い
⑤5月末は7月末までにきめるということ

何を書いても有り得そうな気がするから怖いわ(苦笑)

ふと昔、漢文の授業か何かでバカに権力を与えたら国が滅ぶなんて故事を習ったことを思い出しました。


たまに現政権を見てると「政治についてしっかり考えておかないとドえりゃーことになるだぎゃ」なんてことを反面教師で伝えようとしているのではないか、そんな風に思うことさえあります、本当に(笑)

HRG232

鬼玉も昔は8時半スタートだったんですけどねー哲西男西哲男から犬飼Dに代わったぐらいから放送時間が伸びて暫く固定でしたけど、今年4月からは8:05スタート10:59終了と短縮。10時過ぎのネタ(もしくはフツオタ)部分がそっくり削られてしまったような感じで、個人的にはちょっと改悪。
そんな放送時間が変われど変わらないのがオッサン二人の着地点のないオープニングトーク(笑)毎週毎週よく喋ります。

という訳で今日はこの一曲。




SATURDAY NIGHT/ NIKITA JR.
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
・EXTENDED MIX 5:33
・ACAPPELLA 2:03
・INSTRUMENTAL 3:27
・LAST MIX 1:16

これまでにもGO GO GIRLSやMARKO POLO、また直近にはDANCE ON SATURDAY NIGHT/ GROOVE TWINSなども存在し、もうタイトルだけで若干お腹いっぱい気味になるNIKITA JR.の“土曜の夜”。

ブックレットでもその辺りに触れられており、読むと「またしても「土曜の夜のテーマ」が収録されてDJも大変だと判断。」などと書いてあり、ライナー担当の坂本さんも「またか…」みたいな雰囲気を醸し出しているのですが(笑)
ただ直後に「レーベルの顔とも言えるNIKITA JR.だけにヒットしちゃうんだろうナ」と続き、タイトルが気に入らないながらも曲のクオリティに関しては認めているようで、実際聞いてみるとなるほど納得、そう言わざるを得ない出来映え。

ピュンピュンしたフレーズをまぶしつつのイントロでは高揚感を煽り、続くリフはその流れを上手く引き継いだ雰囲気。実はこのレビューを書く前はFOXY LADY/ JEFF DRILLERタイプの、割と芯のある滑らかな音色で構成されているとばかり思っていたのですが、いざ改めて聞いてみると細かく刻んだフレーズ+高音域で動き回るフレーズの組み合わせであったことに気が付きちょっと驚き。

それぞれともに単独で聞くとちょっとした頼りなさを感じてしまうのですが、これが両者一緒になるとそういったモノを感じなくなると言うのが不思議と言うかなんと言うか。
足りないところを上手く補い合っているからなんでしょうか、上に書いたようにFOXY~タイプのシンセだと勘違いしてしまう程しっかりしたリフ。

メロディもあまり主張してこない刻み部分に次第に高音域のフレーズが絡んでいき、前半と後半でその印象も微妙に変化。耳に馴染みやすい入り口から流れるような中盤部分、そして程々のアグレッシヴさに多分の爽やかさ、聞いていて優しい気持ちになれる、そんな仕上がり。

ヴォーカルパートは抜け目ない内容となっており、やや押さえ気味のAメロに「おや?」と思わせておきつつ、続くBメロで一気に盛り返してくるというのが今回のスタイル。
そのBメロでは歯切れの良いフレーズと伸ばし気味のフレーズを交互に配置し、緩急自在、メリハリのある作り。サビに向けて一歩一歩確実に盛り上げていくところ含めお気に入り。

メインとなるサビはBメロ同様にまずフレーズ面で秀でた仕上がり。親しみやすいタイトルコールから“Become…”でワンクッション置きつつ、すぐさま“Kiss me, touch me, love me tonight”と韻踏み歌詞で畳み掛け最後に“my babe”でまとめ上げるといった構成で、キャッチーさと目まぐるしさが混在。
この辺り売れ線狙い、あざとさ、制作陣の思惑通りなんてモノが見え隠れしますが(笑)、そうしたものを踏まえた上で良いと確信できる出来映え。

とまぁ長々と褒めちぎってきましたが、ただ本作で一番のポイントなのは最初から最後までしっかり歌い上げるこのヴォーカル。ハキハキとしたこの歌声あってこそ各パートのギミックが活きてくる、そんな風に思います。

ちなみにLASTver.は他の作品同様、ベース部分カットで普段とはまた違ったリフを堪能することが出来るのですが、アカペラにもリフが収録されており、こちらはベース部分カットの上に高音域フレーズもカットされ一段と違った雰囲気に。
刻み部分ファンの人(いるの?)は是非(笑)


観月サザエさん今夏再び!戸田&倉科も出演

前作は妙に再現度の高い髪型含め原作ファンでも結構楽しめたので今回も期待していたり(でもマスオさんは他の人に変えて欲しかった(^^;))

配信@ALABIANCA&FLEA

掲載するのが遅れてしまいましたが、久しぶりにALABIANCAレーヴェルの作品が配信されていたのでお知らせ。



STAY/ LINDA MARTIN@JUNO DOWNLOAD/ iTunes

※長いので畳みました。

続きを読む

EUROBEAT FRESH COLLECTIONvol.2@iTune

本当にうっかり忘れていたような気もしますが、JUNOで先行配信されていたEUROBEAT FRESH COLLECTIONvol.2がようやくiTuneに登場(笑)
収録楽曲は以下の通り。

CS1513394-02A_20100417162701.jpg

EUROBEAT FRESH COLLECTIONvol.2@iTune

1.TAKE ME UP AND HIGHER/ LOU-LOU MARINA
2.TORNARDO SUPERCHILD/ FRANZ TORNADO
3.DANCING IN MAHARAJA/ TRI-STAR
4.YOU ARE THE ONLY ONE/ CIAO CIAO
5.WANNA BE YOUR LOVER/ MICHELLE ROSE
6.SUMMERTIME/ JEE BEE
7.THE MIRROR OF THE LIFE/ LILLY
8.YOU AND ME/ LUCKY BOY
9.MUSIC IS A MELODY/ LOUISE
10.TOGETHER FOREVER/ DOLLY POP
11.DON'T WANNA LET YOU DOWN/ GIORGIA BARROWS



収録状況を見ても分かるように今回収録の作品ほぼ全てiTune初登場。
時期的にはEBF中期の作品が多数を占めており、単音系シンセを用いた爽やか、しめやか、哀愁系統の作品が多い印象。
その音使いの中ではtr.6やtr.10といった鉄板ナンバーはもちろん、おそらくガングロ辺りのイメージでみんなの記憶から消えている(ような気がする) DON'T WANNA LET YOU DOWNなども久しぶりに聞くとその良さを再確認出来るかと。

ノビノビとしたリフが魅力のWANNA BE YOUR LOVERやよくよく聞いてみると実は哀愁路線のDANCING IN MAHARAJA、ドッシリ気合の入ったド哀愁路線のTHE MIRROR OF THE LIFE等々、個の立った作品揃いですが、個人的に特にお気に入りなのがTORNARDO SUPERCHILD。

FRANZ TORNADO名義なのにvo.がCORAINIという所もポイントですが、それ以上に注目なのがやはりピアノを用いていると言う点。このところがますます以てエナアタらしくなくて、初めて聞いた時から何年も経っているのに未だに新鮮な気持ちで楽しむことができます。

取り敢えず自分は案の定すっかり忘れていたDON'T WANNA LET YOU DOWN/ GIORGIA BARROWSを購入しようと思います(笑)

MY LIFE AS A PIXELvol.1

下のコメントで情報を頂きましたが、SEBvol.201収録WHEN THE SUN GOES DOWN/ KEN BLASTで初お目見えしたTRAVIS STEBBINS&ODYSSEY、そんな彼らの曲を収録したアルバムが配信されていました。

388816446-1.jpg

MY LIFE AS A PIXELvol.1@BANDCAMP
MY LIFE AS A PIXELvol.1@iTune
(※試聴はフルで聞けるBANDCAMPの方が便利)

1.CHERRY BLOSSOMS/ ODYSSEY
2.FIGHT!/ ODYSSEY
3.ROOTS IN JAZZ/ TRAVIS STEBBINS
4.BARBEQUEUE 2010/ ODYSSEY
5.MAGNETIC LOVE/ TRAVIS STEBBINS
6.BRAVADO 2010/ MORTIMER
7.REFLECTION/ T.STEBBINSfeat.CPT.YANKEE
8.STARLIGHT/ MORTIMER
9.NIGHT BY THE CITY/ TRAVIS STEBBINS
10.WINGS OF BURNING LOVE/ ODYSSEY
11.SWEET SLEEP/ TRAVIS STEBBINS

決して見くびっていたわけでは無いのですが、ただこちらが思って以上にクオリティの高い作品が多く正直驚いてしまったと言うか。

ユーロ作品に関しては初期の頃のAkyrや170番代のDELTA、他にもエナアタhrg600番代前後の音色やSPLASH WAVE・DJ TWINSTARなど曲によって色々な作品が脳裏を過ぎりますが、単なるパクリ楽曲ではなくきちんとオリジナリティを感じさせてくれるのがミソ。
また全体的にノリの良さもアピールしつつ、メロディライン重視である点も個人的には嬉しい限り。

EXTENDEDの構成に凝っているのも特徴で、SEBvol.201のWHEN~を聞いたときはもう少しこの辺り頑張ってくれたら…なんて気持ちも無きにしも非ずだったのですが、今回の作品については毎曲手を変え品を変え様々な変形パートが登場。特にVIB楽曲などでたまにある踊るようなフレーズ、ミソパートが設けてあるのが◎。

ヴォーカルに関してはWHEN~や落ち着いた作品、哀愁楽曲などでは概ね無難に歌いこなしていますが、アグレッシヴ路線となってくると若干押しの弱さが気になってくるかも(軽めのエコーが足を引っ張っているような)もう少し前面に押し出して歌っても良かったんじゃなんて思ったりも。

このように不満が全く無いという訳ではありませんが、それでも以前のレビューにも書いたように「ありそうでなかった」タイプの作風なので新鮮な気持ちで楽しめることが出来ました。
個人的にリフにTIME末期のDIMA作品っぽさを持ち合わせたSTARLIGHTがお気に入り。

もしかしたらこの中からDELTA・Akyr経由でCD収録される作品が出てくるかも?何にせよ色々と今後が楽しみです♪


ふと思いましたがtr.5のMAGNETIC LOVE/ MORTIMERは車のCMの曲っぽいかも(最高に丁度良いホンダ♪的な(笑))
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
旧HDDの発掘作業完了(たぶん)ついでに音源整理も。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索