FC2ブログ

DAYS OF THUNDER/ VICKY VALE

とりあえず何度もマグマに落ちながらマリオギャラクシー2をクリア。今回、3回ほどクッパとの対決がありましたけど、そのどれもが前作と大差ない内容だったのがちょっと残念。それでもそれ以外の色々なステージ、色々なギミックで十分楽しめたので全体的には満足出来ましたが(笑)
とりあえずクリア後出現したスペシャルワールドをプレイするにはスターが沢山必要みたいなので、ちまちま集めていきたいと思います(あのファイアボールでお掃除系が苦手(^^;))

今日はこの一曲。


seb094.jpg

DAYS OF THUNDER/ VICKY VALE 5:52
(C.MORONI-G.FOGLIA)
デビュー作LET ME BE YOUR BABYに始まり、続くDANCINGやSTOP THE FIREとヒット曲を連発。その後もSEBだけに限らずEBFやMACHでも活躍し、最近ではSTAR HEARTやSUNDAY MORNINGと精力的に曲をリリースし続けるVICKY VALE名義。

SEBvol.94に収録された本作。知名度的には…前作SUPERDANCEや前々作ONE TWO THREE(TO THE MOON AND BACK)が揃ってBEST OF 1998に収録されたのに対し、こちらはまさかのAEROBEATvol.2のみ。
ノンスト収録の無いEBF収録2作品よりは有るような、無いような…いや正直どっちでもいいんですけど(元も子もない)

気を取り直して本作。前々作は全編明るいミーハー路線、続く前作はDANCINGを踏襲した高速アグレッシヴ路線で展開しましたが、今回はそれらとはまた趣向を変えて低速寄りの本格派哀愁路線で進行。

オープニングは物悲しさを前面に打ち出したピアノ伴奏に、バイクのエキゾースト音、くぐもったアナウンス声と加わり、同時期のSCANDAL/ CANDY TAYLOR以上に重苦しいイントロを展開。
しかしそれも10秒を過ぎた辺りから、それまでの重苦しさを維持しつつも幾らかの高揚感も加わり、何故か暖かみを感じうるような作りへとシフト。

そうした少しの変化を付けたイントロからタイトルコールを挟んでリフへ。
今回のリフは、その直前での変化を反映した内容となっており、基本的な方向性はやはり哀愁路線なのですが、構成するシンセのおかげかそうした中においても爽然、光華、清涼感といったモノを聞き手に味合わせてくれます。

メインのシンセ部分は割とシンプルですが、こちらもSCANDALなどと同様、バック部分には連綿と流れ続けるメロディフレーズが施され、この部分でリフの哀愁要素を補充。もちろんこうして表裏の二段構成にしたおかげで奥行きもアップ、聞けば聞くほどに嵌っていくリフ。

リフから後の展開。ベースとなる部分では抑え気味のBPMに合わせた哀愁路線なのですが、ただこちらもリフと同じように少しの爽やかさを以てサラリとかわしていくというのが特徴。
SEB180番代の他名義の時のように主張してくるわけでもなく、かと言ってしっとり落ち着き過ぎるわけでもなく、Aメロからあくまでも自然体で歌いこなすスタイル。
一字一句丁寧に歌い上げ、流れるようにしてBメロへと移行。

そのBメロではメイン以外に末広がりなコーラスのハミング、軽快なピアノ伴奏も加わり、この手の作品にしては不釣合なほどの賑やかさ。
直後に控えるサビはそうした賑やかさを更に昇華、一方でそうした中において凛としたヴォーカルが切々と歌い上げ、サビをよりドラマチックなものへと仕立て上げてくれています。
長めのタイトルコールもなんのその、サビパートを隙間なく彼女の声が埋め尽くし、直前パートから続く賑やかさ、またこのパートで強調される哀愁要素そのどちらにも貢献。

このパートに限らず、常に流麗然りとした歌い回しをしているおかげでスッと耳に馴染んでくる、また聞き終えた後も鬱々とした気分にならないのも本作の魅力の一つ。
EXTENDED部分ではイントロと同じようなピアノソロパートが欲しかったところですが、それが無くとも美味しいミソパート満載なので差し引きゼロ。個人的に5分過ぎからのサビインスト→変型パート→アウトロの流れがお気に入り。

ちなみに遅そうに見えてBPMは一応150あったりします。


琴奨菊関、普天王関も関与=琴光喜関、親方3人に相談―大相撲野球賭博問題
大相撲 雅山関も野球賭博 千代白鵬関も認める

相撲界の膿を出し切るとか言ってたけど、この相撲界自体が膿そのものなんじゃ…ここまで来ると逆にやっていない人の方が少ないんじゃないか、なんて思ってしまいます。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
久しぶりに石割り合戦に参加したと言うか、巻き込まれたと言うか…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索