FC2ブログ

DON’T FLY WAY/ VALENTINA

色々とポケモンの新情報が出ていますが(敢えて載せないけど)、個人的に特に気になったのが特性「がんじょう」。今までの「一撃必殺が効かない」から「一撃でひんしになるダメージ、もしくは一撃必殺を受けてもHPを1残して持ちこたえる」に変化…ゴローニャはじまったな!
同じく「がんじょう」持ちではツボツボ、ウソッキー、ジバコイルなどがいますが、この変更によってこれまでの戦法も大きく変わってくるかも?

プラズマ団の暑苦しい格好に苦笑いしつつ、今日はこの一曲。


R-965671-1247369087.jpg

DON’T FLY WAY/ VALENTINA
(L.RAIMONDI-S.OLIVA-G.PASQUINI-F.CONTINI)
SEBvol.102に収録されたVALENTINAのナンバー…なんですが、果たしてこれは本当に99~2000年に作られた作品なの?なんて思ってしまうようなサウンドメイキング。

前作にあたるI LOVE YOU LIKE YOU AREと同時期、もしくはそれ以前の作品のような気もするし、あるいはもっと遡ってSAIL AWAYやFLY AWAYなどと同じ作品ですよと言われれば、そうですかと案外何の疑いも持たずに納得してしまう程。

古いと言ってもさすがにそこまで古くは…なんて思われそうですが、でも同CD収録のBLACK FIRE/ DAVE RODGERSが1996年制作というのを見ると、あながちそれも間違っていなのでは、なんてつい思ってしまいます(笑)

とここまで書いた時点でふとmoraのEXTENDED時間を見るとCD EDITと同じ3:56、このことから
DON’T FLY WAY1996年制作説は有り得ないという結論に達しました!博士、大発見です!すぐに学会に報告しましょう!おっぱいおっぱい!
(ここまでの数行、まったくの無意味!(爆))

気を取り直して曲のほうですが、オープニングはいきなりスパニッシュギターにはじまり、なかなかに雰囲気のあるイントロ。掻き鳴らすような伴奏に流れるようなフレーズ、細かく刻みながら切々と訴えかけてくるようなフレーズ、そしてそれらの合間を縫うようにして配置されたパーカッションと、とにかく丁寧なアプローチの仕方に好印象。

ベースを伴い、重厚さを打ち出し始めたと同時に登場するヴォーカルは軽めのエコーが掛かっており、途中まで言いかけてやめるタイトルコールと合わせ、悲哀さや はかなさといったモノを存分に堪能させてくれる仕上がり。

そんなイントロを聞けば、続くリフもまた同様の哀愁路線なんだろうなぁなんて予想するのですが、実際はそういった要素少なめ、この人にしては珍しいイケイケアグレッシヴ寄りのリフを展開。
同CDに収録された他のA-BEAT楽曲とはまた毛色の異なるシンセで構成(と言うか収録7曲ともシンセはバラバラだけど(笑))されており、程良い厚みと柔らかさを以て32拍力強く進行。リフの前半では伸ばし気味のフレーズで奔放さを醸し出しつつ、中盤、後半にかけてはうねるようなフレーズでまくし立て、力強さだけでなく疾走感もプラス。

哀愁を抑えたリフに対し、ヴォーカルパートもAメロ・Bメロともにそういった要素は抑えめ。ややドスを効かしたAメロ歌い出しから続くBメロではそれどころか爽やかさも加わり、同CD収録のLIKE A CHILDREN/ ROSEにも通じそうな曲調へと変化。
ただこれも終盤辺りに差し掛かると急速に哀愁路線へと回帰し始め、“ready to love me?”→“Oh baby…”と流れるようにして変調。

このサビは基本的にとにかく王道路線。取り立て何か特徴があるわけではないのですが、堂々と一途に歌い上げるELENAヴォーカルのおかげで単調、退屈とは無縁。バックの芯のしっかりとしたシンセ、キラキラしたSEと加わって賑やかさ、ドラマチックさにも優れた内容。
哀愁を漂わせつつも随所に攻めの路線を入れてくる辺り、前作や同時期のSOUL OF THE NIGHT/ ELISHAにも通じるものがあり、そういった作品が好きだった方なら同様に楽しめるはず。

EXTENDED尺はこの時期お馴染みのEDIT尺ですが、後半サビには駆け上がるようなピアノ伴奏なども収録されており、A-BEATにしてはかなり頑張っています(笑)
(欲をいえばイントロ同様のギターパートも入れておいて欲しかったけど(^^;))


キャプチャ

下のコメントにもありましたが、You TubeのOdysseyのチャンネル:Odyssey Music's Video Channel
未配信の作品やSEBvol.201にも登場したKEN BLASTのインタビュー動画、ライブ映像などもあるので、興味のある方は上記リンクからどーぞ♪
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
地味にTOUGH BOYのEP配信待ってる…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索