FC2ブログ

ARD1381・1382レビュー

最近の悩みは字が汚いということ。こういうblog記事の下書きはもちろん、仕事でも基本的に全てパソコンで済ませてしまうため、自筆で何かを書く機会が激減。
いざ丁寧に書こうとしても指先の感覚が違うというか、鈍ってしまっているというか。決して綺麗に書けないことはないけれど、書くための労力、集中力が以前の比ではなく。
紙と神経を磨り減らしては溜め息をつく、そんな今日この頃なのです。

CS1536073-02A_20100930224145.jpg

通信講座のペン習字でも始めようかしらと思いつつ、今日はASIA配信楽曲2曲のレビュー。
以下、本当に興味のある方のみお進みください。

続きを読む

TMN SONG MEETS DISCO STYLE他

国内限定で「TETSUYA KOMURO PRESENTS TMN SONG MEETS DISCO STYLE」が配信されていたので掲載。

mzi_dlwprcwu_170x170-75.jpg

TETSUYA KOMURO PRESENTS TMN SONG MEETS DISCO STYLE@iTunes

1.WILD HEAVEN
2.COME ON LET’S DANCE
3.SELF CONTROL
4.DON’T LET ME CRY
5.GET WILD
6.RESISTANCE
7.COME ON EVERYBODY
8.DIVE INTO YOUR BODY
9.TIME TO COUNT DOWN
10.LOVE TRAIN

現時点では海外ストアでは未確認。元が国内でリリースされたCDだから、というのが関係していそうですけど詳しくは分かりません(@社公式HPの括弧書きもこの辺りに関係?)
この中ではお馴染みGET WILD、他にも哀愁と激しさが入り交じるCOME ON LET’S DANCEがオススメ。


DAVE RODGERSで検索を掛けていたらこんなものを発見。

mzi_chllobjb_170x170-75.jpg

RICH AND FAMOUS/ DAVE RODGERS@iTunes

mzi_sauunvrg_170x170-75.jpg

TENSION/ DAVE RODGERS@iTunes

アナログではカップリングのこの2曲、しかしジャケットとは反対にどちらもRICH AND FAMOUSという罠。なんてこったい。


国内ストア見ていて気が付きましたが、今月初めにリリースされたSUPER GT 2009 2ndROUNDなども国内限定で配信されているんですね。

mzi_swwpvntm_170x170-75.jpg

SUPER GT 2010(2nd)@iTunes

サブシリーズもSEB本シリーズ同様、mora・iTuneでの配信となるみたいですね。
国内非プラスファイルなら音質、変換の手間などはmoraとほぼ同様。どちらで買うかはお好みで。



モデム変えて直るかと思いきや無線LANの方がまるでダメ。仕方が無いのでCD-ROM読み込んで、そっちの設定を一からやり直してみるもやっぱりダメ。

結局、有線で繋いでB社のHPから最新のドライブをダウンロード→無線子機があるPCに移す&設定し直してやっと繋がりましたが…ここまで来るのに一時間以上。さすがに疲れました(苦笑)

SEBvol.208試聴

リンクを張るのも一苦労(^^;
※リンク先ケータイページからPCページに修正しました。

SEBVOL.208の試聴@KMCのチラシ裏

お馴染みKMCさんがまとめて下さっています。
どんな曲が収録されているのか…はPC故障中で確認出来ず。早く修復して聞いてみたいです(笑)



携帯からでもPCと同じように記事が書ければいいんですけどね。
fc2blogやっている人なら分かってくれると思うのですが、PCだと記事入力欄の上部に文字の大きさ指定や色指定、リンク挿入ボタンがあるのですが、携帯だとそういうもの一切なし。
上の部分もHTML直入力(笑)

iPhoneとかならもっと楽に操作出来るんですかねー…うーむ。

稲川ジューン

消える女

ワンダーブリッジの怪奇現象。これまで二回ほど遭遇しましたが、この男の右隣には…
ダイパ・プラチナの森の洋館もそうですが、ゲーフリもたまにこんなネタを入れてくるので、ホント油断も隙もありません(^^;

軽くネタバレになりますが、





一通りクリアしてからOPムービー見ていて気が付いたのですが、Nとゲーチスをはじめとする七賢人以外に、もう2人ほど本編には登場していない人物が映っているんですよね…
今後の配信関連で明かされるのか、映画の予告なのか、それともいずれ出るであろうマイナーチェンジ版までお預けなのか、気になるところです。

オーケストラアレンジ

「TV ANIME POCKET MONSTERS ORIGINAL SOUNDTRACK BEST 1997-2010」を購入。

HI3F0487.jpg

そのアルバム名通りテレビシリーズで使用された音源を集めたコンピで、ほぼ全てオーケストラアレンジ。

私自身、テレビシリーズは無印時代で終わってしまっているので(あのキングラー大活躍の大会(笑))、買ったはいいけど果たして楽しめるのかしらなんて思っていたのですが、いずれも元になったゲーム版を知っているせいかかなり楽しめました。

無駄に豪華…と言ったらさすがに失礼かもしれませんが、聞き覚えのあるあの曲やあの曲が各種、迫力のある音色に支えられ、よりダイナミックなサウンドへと変身。
この辺り、やはりGBやDSといったゲーム機では味わえるモノでなく、聞き覚えがあるとは言え、その印象も大きく変わってきますね。

またブックレット内の対談でも触れられていますが、アレンジを担当された宮崎慎二さんの手によって原曲には無い新たなパート、メロディも加えられており、こうした部分に注耳して聞き比べてみるっていうのも面白いかも。

ちなみにDISC-1には無印~金銀編を、DISC-2にはアドバンスジェネレーション~ダイパ・プラチナ編が収録されているのですが、無印で止まっている自分からするとDISC-1の方が馴染みやすいですね。
Tr.1やTr.12を聞けば脳内で勝手にオーキド博士のナレーションが流れ出すし、Tr.4やTr.21を聞けば番組提供のシーンがはっきりと。
またギターメインの味付けのTr.15を聞けば「シャーーーーーボック!」「マーーーータドガァーーース!」といった鳴き声が勝手に再生され、まぁとにかく懐かしいの一言に尽きます(笑)

繰り返しになりますが、テレビシリーズのファンはもちろん、ゲーム版のファンも同様に楽しめる内容。
2600円と少々値は張りますが、DISC2枚組で楽曲制作陣の対談を収録したカラーブックレット付きで読み応え、聞き応え申し分なし。シリーズのファンなら買って損の無いアルバムかと。

TVアニメ ポケットモンスター オリジナルサウンドトラックベスト1997-2010TVアニメ ポケットモンスター オリジナルサウンドトラックベスト1997-2010
(2010/09/08)
TVサントラ

商品詳細を見る




昨日の夜からインターネットに繋がらず、またどうせ無線LANの調子が悪いんだろう、と思い放っておいたのですが、今日になっても繋がらず。
ルーターを外してモデムと繋ぎ合わせてみても繋がらず、どうもそのモデムの段階から逝ってしまわれた模様(苦笑)

Yahoo!BBに電話したところ2~3日のうちに新しいモデムに交換してくれるとのことですが…暫くは携帯からの簡易更新になる予定です。

モブログで初めて投稿してみたけど、きちんと投稿出来たか果てしなく不安(と言うか携帯で文字打つのがツラい(^^;))

紙技28

以前のレビューで書いたものを再現してみました。

紙技28

繋いでみて分かったのですが、確かに掴みの音色など似ているところは多々あるものの、メロディはかなり異なっているため、普通に4拍フライングで切り替えると結構な違和感が残ります。
どちらもうねるようにして迫ってくるフレーズが存在するも、配置されている小節が違ったりして、この辺りも似ているようだけど決してソックリという訳ではない、なんて思わせる一因なのかも知れません。


ちなみにイントロはリフ以上に近似しており、両曲のそれを重ねてみたのが以下の通り。

イントロ1


両曲の主な差は歓声が有るか無いかぐらい、ならALE’ JAPANでそれを補ってやろうということで重ねあわせてみたのが以下。

イントロ2

だいぶDEJOのそれっぽくなったような気がします(笑)


孵化作業繰り返していますが、今作は割と優秀な個体が出やすいような気が(親の能力を遺伝しやすいのかも?)
また卵が出来る確率も同一IDと異なるIDとでは前作以上に違うような気もするので、例えばタマゴ技なしの性格狙いの時の厳選や性別不明のモンスターなどは、過去作品から連れてきたメタモンと組み合わせたほうが効率は良いかと。

孵化作業は、手持ちに空を飛ぶを覚えたウルガモスを入れる→3番道路で左右に移動→爺さん呼び止めでタマゴ×5→ワンダーブリッジで歩数稼ぎ+羽根集め→全部孵化後、ライモンシティでジャッジという流れがオススメ。

スターミー厳選中、攻撃・特防Vのヒトデマンが生まれたのですが、これは耐久型のスターミーを育てろということなんでしょうか(強化された小さくなるを使えばあるいは(笑))

DARK IS THE NIGHT/ MAX@JUNO DOWNLOAD

何曲か削除されたAkyr・DELTA配信@JUNOですが、代わりに新たに1曲追加。




DARK IS THE NIGHT/ MAX@JUNO DOWNLOAD

DARK IN THE NIGHTではなくDARK IS THE NIGHT。歌っているのはもちろんMAIO&CO.ではなく、MAXなる人物なのですが、相変わらずAcapella・voxが無いので、どんな歌声なのかはもちろん、更には性別すら分からずじまい。

このMAXも、もしかしてあの日本のダンスグループのMAXで、以前のPLEASE FORGIVE ME/ HINOI(バックトラックのみの配信・アカペラは無し)と同じパターンかも?なんて思ったのですが、
そんな曲はリリースされてませんし…

曲の方は前回、前々回のようなイタロビート調ではなく、それなりのテンポを保った作品の模様。この辺り決め文句のようになっていますが、是非きちんとした形で聞いてみたいところです(笑)


とこの文章を書いている最中、ふとページを読み込み直してみるとページ上部のItem数が65から
69に変化。はてどの曲が追加されたのやら、なんて思いつつ一覧見返してみると、なんと驚いたことに曲名やアーティスト名が…

キャプチャ

2_20100925002810.jpg

現在配信されている作品のうち、主に元々DELTAレーヴェルの作品だったモノの曲名・アーティスト名が変更。変更があったものは以下の通り。

AKYR107 DANCE DANCE/ CHERRY→STRAWBERRY(名義のみ)
AKYR108 KILLING MY LOVE/ LESLIE PARRISH→削除
AKYR109 DOCTOR LOVE/ DR.LOVE→削除
AKYR110 MAD DESIRE/ STEFY MARTINI→CAN'T STOP/ NO MARTINI
AKYR114 KISS TO KISS/ MAKO→削除
AKYR115 REMEMBER ME/ LESLIE PARRISH→REMEMBER YOU/ LES BACH
AKYR117 DIN DON DAN/ SUZY LAZY→削除
AKYR118 RUNNING IN THE 90'S/ MAX COVERI→RUNNING/ MAX FERRE
AKYR119 HELLO HELLO/ DELTA QUEENS→EUROBEAT QUEENS(名義のみ)

こうもDELTAピンポイントとなると、何か契約的なアレがナニして云々なんて想像してしまいますが、実際はどうなんでしょうか(この配信自体、REJECTEDコンピ同様、@社に反発してなんてイメージがあるのですが(笑))

しかし曲名にしてもアーティスト名にしてもかなり適当。AKYR118なんか最初の単語残しただけだし、AKYR115に至ってはMEからYOUに変更、対象も変わって実際の歌詞とは正反対のタイトルになっちゃってますし。

唯一捻りを加えた、サビのフレーズを曲名に持ってきたCAN'T STOPの名義はNO MARTINI、
もう彼女はDELTAにはいませんよ的な意味を込めて…というのはさすがに深読みしすぎか(笑)

DANCE DANCEに使われているSTRAWBERRY名義は、確か他の作品に使う名義だった、なんて話を聞いたような記憶があるのですがうろ覚え。たぶん気のせいです。


こうなってくると一番上のDARK IS THE NIGHT/ MAXも、もしかして元は別の曲名・名義だったのかも?ということになるのですが、MAX=MAX COVERIだとするとLIKE A THUNDER辺りがそれっぽいような気もするのですが(ベース部分とか特に)、でもあの曲はピアノパートなんて無いですし。
実はMAX=MAD MAX→NO MORE LONELY NIGHT→ピアノパートもある、とも考えたのですが、どうもその伴奏のメロも違うようですし…

この曲が本当にこのタイトル&名義なのか、はたまた上記作品のように変更後の作品なのか、結局分からずじまいで、心の中のモヤモヤは晴れずじまい。
繰り返しになりますが、せめてDemoぐらいは配信して下さい!とレーヴェル側に頼みつつ、この何の結論も得られない記事を終わりにしたいと思います(笑)

David Dima's message to the fans

YoutubeのDIMA MUSICチャンネルにDIMAからのメッセージ動画が追加されていたので掲載。



超意訳すると「みんなこんちわ!DIMA MUSICのチャンネルに来てくれてありがとう。みんなのために新曲作ってるけん。みんなが楽しんでくれたら嬉しいです。」というようなことを言っているんだと思います。


そのDIMA MUSICですが、カタログに新たに1曲追加。



>DM053 MAD MAN/ MANUEL

このレーヴェルでは、前作ALL IS MAGIC(SEBvol.204)に続いて2作目となる作品。ALL~が、それまでのアグレッシヴなイメージとは全く異なる、爽やかな作風で大いに驚かされましたが、一方の
こちらはどんな作品に仕上がっているのでしょうか。
MADと付くからには、やはりMAD COW並みのイッちゃった作品を期待してしまうんですけどねー(笑)


<勝負所や格闘道場が懐かしい>

HI3F0486.jpg

今回トレーナーやジムリーダーとの再戦がないため(現時点では)、クリア後の金稼ぎがかなり辛い。
一日一回の制限付きのトレーナーなら何人かいるのですが、それだけだとドーピング代は賄えきれず。
結局はポケモンリーグ頼み。ただし強化四天王はかなりの高LV、80ぐらいあっても相性がわるいと逆に返り討ちにされることもまま有り、戦闘は長引くし、回復アイテムなどの使用で余計な出費も増加。

一応、旧作から連れてきた美輪セウス(LV100)に取っかえ引っかえプレート持たせて、強行突破しているのですが、でもそれだと経験値が勿体無い…何かもっと効率のいい稼ぎ方があればいいのですが。

ちなみに上の写真は、夢の跡地に金曜日のみ出現するムシャーナを撮影したもの。月の石を使うのが勿体無ければここでゲットしちゃったほうがいいかも。

改編期

先週のサラリーマンNEOに引き続きアルクメデスも終了。

キャプチャ

1_20100924005204.jpg
(リンク先音量注意)


NHKなのにくそふざけた内容の番組で、どちらも毎週欠かさず見てきただけに今回の終了は残念。
どちらもサイトを見ると「次回放送は未定・決まったらお知らせします」とあるので、半年後辺りに再開しそうな気もしますが。

04.jpg

だそうです。


また同じNHKではあのブラタモリが復活。

tamori.jpg

あのタモリ倶楽部に通じるような、自由気ままな散策が見られるのは嬉しいですね♪
放送は10月7日(木)22時からとのことです。

ニュース雑記

放火と殺人容疑で父逮捕、岐阜 ネコ助けに戻り小6死亡(よんななニュース)
     ↓
放火殺人容疑者が逃走 自殺か(NHKニュース)
     ↓
<中津川放火殺人>次女殺害容疑の父を公園で発見 岐阜県警(毎日jp)


ご丁寧に遺書まで残したくせにおめおめと生き延びて…言葉悪いですけど、これじゃ本当に次女は死に損。
なんだかなぁと溜め息混じりに、憤りを感じてしまいます。


憤りと言えばこのニュースも。

untitled.png

改ざん情報「問題ない」と報告=特捜部長ら上層部に-主任検事同僚が指摘・証拠隠滅(時事通信)

先に「フロッピーを改ざんした」という情報があったせいか、その風貌を見ても「いかにも何か悪いことやってそう」なんて思ってしまいましたが(苦笑)
ふとゴッドハンドと呼ばれた考古学者の藤村新一が脳裏に浮かんだり。


尖閣諸

中国漁船衝突 台湾抗議船 尖閣諸島の接続水域に侵入(毎日新聞)
尖閣諸島の領有権についての基本見解 - 外務省

もう色々と面倒ですし、この際万里の長城よろしく、日本海に長い塀でも作ってみてはどうでしょうか。


と後ろ向きなニュースばかり取り上げ、何だか書いてるこっちの気分まで沈んできてしまったので、最後に明るいニュースを一つ。

bsa1009222323005-p1.jpg

da5fa335.jpg

巨人が2位浮上!坂本が2戦連発、内海は10勝目(サンスポ)

竜虎首位攻防戦から完全に蚊帳の外だった巨人ですが、2位の阪神が負け、巨人が横浜に勝利したために再び2位へと浮上。この勢いのまま首位中日を…と思ったけど、さすがに2.5ゲーム差をひっくり返すのは厳しいか。
ただ残り試合数(中日4・巨人9)を考えればまだまだ決して諦めるような状況ではないわけで。残り全勝するぐらいの気持ちで、このまま更に上を目指していって欲しいところです。


ポケモン黒白のWi-fiランダムマッチが楽しい…のですが、ただWiiのバトルレボリューションの時同様、自分が負けるって分かった瞬間に切断する輩の多いこと多いこと。
せっかく上手く試合を進めても、最後の最後に切断されると気持ちもかなり萎えちゃいます(苦笑)切断した側に何らかのペナルティがあればいいのですが…一応、切断した人は切断した人同士で当たるようになるなんて話も出ていますが、どこまで本当かは微妙。

ちなみに10試合をやってうち5試合切断、残りの5試合の内訳は2勝3敗。負け戦の中では、サザンドラ+命の珠+りゅうせいぐんで手も足も出ず。今回もドラゴンタイプ対策はしっかりやっておかないとダメみたいですね。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
リーガルVのOP挿入歌が知りたいのです

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索