カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRD1343

久しぶりに夢を見たのですが、確かその内容がBAD BOY IN ROPPONGI NIGHTなんて曲をEUROGROOVEがリリースするとかいうモノだったという(最近この2曲をローテで聞きまくっていたからかも)
ネタを逆手に取った楽曲とかあっても良いと思うんですよね、MAKKA MAKKA/ GARCONみたく。
さすがにBOOMERANGとLET ME BE YOUR BABYみたいにレーヴェル跨いでは無理かも知れませんが…でもGOT TO BE YOUR LOVER/ KEVIN JOHNSONとかは普通に?歌ってましたし、案外そう言うのもイケるのかも?

とりあえずSUGAR BABYがKAMIKAZE 2004/ DJ NRGの様になってしまわないよう祈りつつ、今日はこの一枚。


P2110095.jpg P2110096.jpg P2110097.jpg

WITH YOU/ HELENA
(ACCATINO-RIMONTI-GELMETTI)
A-1 EXTENDED MIX 6:03
A-2 ACAPPELLA 0:57
B-1 RADIO EDIT 2:28
B-2 INSTRUMENTAL 2:28
B-3 DUB MIX 2:32

JUST AN ILLUSIONから通算4作品目に当たる本作はSEBvol.41収録。
直後のvol.43やvol.46、47にも収録されていなかったせいか何故かノンストにあまり収録されない曲みたいなイメージがあったのですが、よくよく見てみるとSEBvol.50にvol.70、THE BEST OF SEB 1994にTHE BEST OF SEB 90’s、更には70分70曲にEURO LOVERSvol.2とかなりの収録率で、改めて自分の記憶力の曖昧さを認識(最近そんなのばっかり)

DOCTOR DOCTORやMY HEART AND MY SOUL等でお馴染みMUTEKI無敵トリオによって制作された本作、初っ端のいまいち上手くいっていないピッチ可変に一瞬苦笑いするも直後のイントロを聞けばそんな苦笑いもどこへやら。いかにもイントロ然りとした静かなフレーズからカウントヴォイスを介してからは様子も一変、迫力あるフレーズが次から次へと登場し楽曲は一気に加速。「これから何かどえりゃーことでも始まるんじゃないか」と思わず名古屋弁になりつつ続くリフに耳を傾けてみれば、その通り“どえりゃー”リフのご登場。
イントロ同様のダイナミックなフレーズを多数盛り込んだこのリフ、勢いはもちろんDANCING/ MACHO GANG以上の音の厚みで、とにかくゴージャス、豪華絢爛といった表現がピッタリな出来映え。メロディラインも秀逸で、8割方この勢いに合わせ明るい雰囲気でありつつも要所要所に哀愁フレーズを散りばめた作りと一口で二度美味しい内容。

リフが哀愁抑えめだったのに対しヴォーカルパートは哀愁度全開。淡々とリズムを刻むベースギター?を軸にELENA嬢の泣きの声が絡むという構成で、基本的な部分はオーソドックスな哀愁楽曲スタイル。ただし本作の場合、そうしたスタイルにイントロ・リフ同様のダイナミックなフレーズが、またベースギターとはまた異なるギターフレーズがバックに仕込まれているため、Bメロ以降はリフさながら勢いのある展開。
サビに入れば余計に勢いを増し、密度の濃いバックフレーズにクセのない歌声という組み合わせでとにかく派手。自分が哀愁楽曲を聞いていることを忘れそうになるほどの盛り上がり。
どこかFOR YOU/ VICTORIAを思わせるサビコールはワンフレーズが短いせいか意外にも口ずさみやすくキャッチーさも兼備。

明るさベースに哀愁を加味したリフと哀愁ベースに派手さ・明るさを加味したサビ。
それぞれアプローチの仕方は異なりますが勢いに関しては共通、全編通して洪水のように迫ってくるフレーズ、歌声に圧倒されっぱなし。
この様な曲が1993年に作られたことに驚きつつ、「これならノンストにも数多く収録されるよね」と改めて納得(今更かよ)
FOOLING WITH YOUR HEART好きにオススメ。 

それにしても2:45~のリバースはやっぱりACCATINO、RIMONTIどちらかの趣味なんでしょうか?(笑)


タワー

やっぱり制御タワー面倒ですよねーホントあの仕掛け考えた人のセンス疑うわ(苦笑)
一応私が採った方法を書いておくと、あのバリアは抜けられるモノと抜けられないモノがあるのですが、抜けられるモノも一度ぶつかったぐらいでは弾き返されてしまうので、何度も何度も体当たりして文字通り強行突破(これが凄まじくストレス^^;)

そんなことをしていると当然近くにいる敵さんがやってきてしまうので、バックアタックが嫌な人は先に倒してしまった方が良いかも(LV上げの為だと我慢して)
やたらデカい機械に乗った敵は追尾ミサイルに火炎放射と真正面から戦うともの凄く面倒なので。エッジを囮にしつつ遠距離から援護して貰う、もしくはサイトアウトを多用して攪乱しつつ戦うと割と楽に倒せるはず。

バリアの存在するフロアはたしか全部で地下、1F、2F、3Fだったと思いますが、床がグルグル回っているフロアで最後なので、そこまで到達した人はあともう一息。
昨日も書いたように途中には自販機、回復ポイントがあるのでアイテムが尽きてどうにもならない…ということにはならないのですが、代わりにセーブポイントがボス戦直前まで無いので、このタワーに挑戦する際はある程度、時間があるときにした方が良いかも知れません。

それにしてもX箱ってコントローラーから電池抜くのが面倒(本当に2100円の有線買おうかしら)

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。