カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRD1243

ありえねぇ、ありえねーよ!!

と先ほどの9回表のクルーンの投球を見て誰しもが思ったことなんじゃないでしょうか?(苦笑)
抑えで出てきてストライクが取れないって言うのは抑えとして致命的、と言うより投手として致命的。
せっかく東野が良いピッチングしてきたのに、クルーンのせいでそれもフイに。
抑えが不安定なのはここ5年の巨人の特徴でもあるのですが、せめて抑えにはコントロールの良い投手を起用すべきだと思うのですが…

と適当に愚痴ったところで今日はこの一枚。


P3300113.jpg

NEVER STOP/ FRANK TORPEDO
(DALL’ORA-GELMETTI)
A-1 EXTENDED MIX 5:40
A-2 ACAPPELLA 0:45
B-1 RADIO EDIT 2:35
B-2 INSTRUMENTAL 2:35
B-3 LAST EDIT 2:10

今でこそすっかり使われなくなってしまったこのFRANK TORPEDO名義。
本作は、デビュー作でありながら大ヒットを記録したBANG BANG、そしてこちらも負けじと猛威をふるったLOVE FOR MONEYに続くナンバーで、こうもクオリティの高い作品が続くと当然次に来る作品への期待も高まりますし、かなりハードルが高かったと思うのですが、果たして実際なかなかの出来映え。

ハイハットのみのやや淡泊なフレーズから聞き覚えのあるような無いようなサンプリング、女性コーラスを適当に散りばめ、イントロはかなり落ち着いた作り。続くリフもそうしたイントロの雰囲気そのまま、かなり抑えたと言うかあっさりした仕上がりで、同時期のWHAT’S YOUR INTENSION辺りと並んでこの骨組みだけの内容に最初は面食らうかも。
とは言え抑えめであるせいか聞きやすさにおいては優長で、気が付くと指でリズムを取っているような、不思議な魅力を持ったリフ。

ヴォーカルパートの方ですが、今回はアグレッシヴ路線だった前作LOVE FOR MONEYをそっくりひっくり返したような内容で、自身のセルフコーラスを従えたAメロは多少コミカル路線、続くBメロでは今度は女性コーラスを従えドラマチックに展開しつつ、流れるようにサビへと突入。
このサビですが、どうにも表現するのが難しい雰囲気でアグレッシヴ路線でないのは確かなのですが、じゃあどんな感じなの?と聞かれると明るいような、暗いような、それでもちょっとアグレッシヴ路線であるような…と上手く説明できないサビ。
一つはっきりしているのはこのサビの軸となる“Stop!Stop!I never stop!”と言うフレーズが非常にキャッチーであると言うことで、このサビもリフ同様どこか抑えた感じが窺えるのですが、その抑えた感じをこのキャッチーさが上手くカバー。
多少悲壮感を以てまくし立てていたLOVE~とはまた違う、幾らかの明るさを以てのまくし立てが本作の魅力。リフ同様、気が付くと引き込まれる中毒性の高い作りで、聞き終えた後もしばらく頭の中を“Stop!Stop!…”と回ります(笑)

70分70曲やEXCITING HYPER NIGHT、SEBvol.28等々、意外にも?NON-STOP収録率の高い本作ですが、個人的に一番のお気に入りはGTC2001(SECOND ROUND)のテイク。
本作のミソでもあるBメロインスト+女性コーラス→止まるサビ頭の流れが最高♪
(THE BEST OF SEB 1992のテイクも結構衝撃的でしたけど(笑))


ノリ4安打5打点の大暴れ!楽天、日本ハムに開幕3タテ

楽天が羨ましいです羨ましいです羨ましいです。

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。