カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEELING FREE/ QUEEN OF TIMES

一人暮らしを初めてもう一ヶ月以上、料理だけは律儀にきちんと作っているのですが、最近困っているのが野菜の処理。
たとえばカレーなどを作るとニンジンやジャガイモ、タマネギ等々がいくらか余ってしまうのですが、取り分け扱いに困ってしまうのがニンジン。ジャガイモは適当に茹でるなりして食べれますし、タマネギも他のハンバーグやみそ汁などの料理でも活躍できるのですが、ことニンジンだけは彼?が主役の、必要不可欠の料理がなかなか思い浮かばず。
何かニンジンを使った手軽で美味しい調理方法があったら是非ご教授下さいm(_ _)m

と前置きはこのぐらいにして今日は珍しくA-BEATのこの一曲。


HI3F0045.jpg

FEELING FREE/ QUEEN OF TIMES 5:01
(G.PASQUINI-S.OLIVA-M.GULINELLI)
デビュー作はたしかSEBvol.16収録のFAMILY(ABeat1029)だったでしょうか、今でこそ全く使われなくなってしまったこの名義ですが、SEBvol.100以前・MNシリーズにおいて結構な作品をリリース。

改めてそのリリース作品を見直してみるとDO ME RIGHTやIF I ONLY KNEWのような疾走感のある微哀愁楽曲がある一方、NOTHING’S GONNA STOP MEやI NEED A CHANCE、SO LONGといったようなポップ色の強い作品もあったりとなかなかの守備範囲の広さ。
では本作はどうかと言うと確かに前者の微哀愁路線に近いものの、単純にそれだけでは括れないプラスαの曲調。

かなりキーの低いピアノフレーズが印象的な曲の出だしから、手拍子のようなSEをあしらいつつ、今度は軽快なピアノ伴奏をバックに従え段階的に勢いを強めていくイントロ。
そうしたイントロを踏んで始まるリフは、例えて言うならSEBvol.83(笑)さすがにこれだけで同意を得られるか甚だ不安ですが、本作のリフを言い表すのに一番便利な言葉がこの“SEBvol.83”。
リフの音使いは単音系で当CDに収録されたSURRENDERやTONIGHT AGAIN辺りに近く、また他レーヴェルでもDELTAのYOU BELONG TO ME/ DENISEやTIMEのPERNICI量産型FOREVER LOVE/ HARMONY辺りとも非常に似た作りとなっており、この曲を聞いてまず思うのがこのvol.83(笑)

ただじゃあ似ている曲が多くて新鮮みに欠けるのかというと意外にもそうではなく、軽いデジャヴ感はもちろんあるものの、哀愁ベースにドリーム要素を上乗せしたメロディラインでしっかりと勝負しており、インパクトの弱いシンセの分をこのメロディがしっかりとカバー。

ヴォーカルパートですが、どうも自信がないので敢えて名前は出しませんが(笑)、この名義のvo.を務めているのはあの御方ですよね(もの凄く聞き覚え有ります)
高揚感あふれるリフに比べるとやや落ち着いた歌い出しですが、バック含めテンポは良く、流れるように移り変わるBメロ、そしてBメロ後半の2種類の“Baby”を介してから一気に哀愁路線へとシフト。
繰り返しになりますがとにかくテンポが良く、またパートの切り替えが極めて自然であるため、曲調の割に聞き手に有無を言わせず聞かせる展開。

リフから続く疾走感、そしてそこに歌声から滲み出るアグレッシヴさが加わり、サビはより情熱的な内容へと昇華。この辺りの要素がリフで多少感じたデジャヴ感を見事に吹き飛ばしてくれており、この作品のオリジナリティに一役買っているかと。

2コーラス目ではこのBメロからサビでの一連の流れから更にこのレーヴェルお馴染みのサビプラスαパートへと移り変わり、通常パート以上に聞き応えのある仕上がりに。
もちろん3コーラス以降にはコーラスオンリー変化サビやサビインストなどもあり、EXTENDEDの内容においても満足のいく作り。
多少TIMEらしくもあり、でもやっぱりTIMEとはひと味違う本作。疾走感ある哀愁を求めている方にオススメ♪

ただEXTENDEDに満足と書いておいて何ですけど、本作の尺は5:01。しかも4:40辺りからリフフェードアウト。前回のA-BEAT楽曲@iTuneを見るに本作も実は6:40ぐらいあったりして…なんて邪推してしまうのですが(^^;)


昨日今日とそれぞれ異なる方々の作品を聞く機会があったのですが、やっぱり他人様の作品を聞いていると自らのモチベーションも上がってきますね!
もちろん今はREMIXに割く時間はほとんどありませんが、それでもこの気持ちが途切れないうちに何かしら一つの形にまとめておきたいところ。

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。