カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HRG156

昨日のオールスターも終盤の大逆転劇でかなり見応えのある試合でしたが、今日の試合もなかなか凄い展開で、両チーム、ホームランの応酬。
もちろんおかわり君の場外級のHRも凄かったですけど、個人的に普段ほとんど打たないヤクルト宮本のHRに痺れました(笑)

そんなオールスター第2戦を見つつ、今日紹介するのはこの一曲。


CS1418830-02A_20090725194836.jpg

DEEP RISK/ LOUISE
(C.ACCATINO-F.RIMONTI-R.FESTARI)
・EXTENDED MIX 5:27
・ACAPPELLA 1:54
・INSTRUMENTAL 3:35
・LAST MIX 1:22

EBFvol.8収録の本作はLOUISE名義の1st(他のDEE DEE WONDER名義やLOU-LOU MARINA名義よりも登場が遅いというのがちょっと意外)
後発のBECAUSE I'M LOVING YOUやMY LOVE ROMANCEのイメージが強いと哀愁よりの名義なのかな?なんて思ってしまいますが、デビュー作の本作はそれとはだいぶかけ離れた路線。

イントロはDANGERにも使われたフレーズやLET'S GO!サンプリング、またちょっと軽めの爆発音等を交え、緊迫感あふれる内容。
冒頭から勢いをつけて始まるリフは同時期の男性陣の楽曲とは違い、とにかく耳あたりのすばらしい音色で構成され、ずーっと聞いていてもまったく飽きを感じない仕上がり。

ベースとしては同CD収録のKOBRA IS MY KILLERなどと同じようにミーハーさが主ですが、ただよくよく聞いてみればメロディは哀愁寄り。
哀愁にもかかわらず躍動感が感じられるところもまた、このリフに惹きつけられる理由の一つなのかも。

ヴォーカルパートはお馴染みキュートな歌声をこれでもか!というぐらい堪能出来る内容。リフ同様の微かな哀愁風味の中でいつも以上にvo.が際立っているのが特徴。
テンポに関しても申し分なく、中でもBメロの“Touch me or kiss me”“Seven o’clock just”の畳みかけるような流れが秀逸、“I run a”を介して更にそこから勢いを高めサビを展開するこの構成は聞き手を否応なしに巻き込んでいき、個人的にもお気に入りの箇所。

ちょっと背伸びしたようなサビでの歌い回しも良いアクセントになっており、バックのギターフレーズや低めのコーラスと合わせかなりの盛り上がり。
中盤と締めの“アイアイ…”も適度なミーハーさを感じさせてくれ、普通の哀愁楽曲とは一味も二味も違う印象に。

前後の作品と比べてみると、CAN’T I LOVE YOUほどドスが効いているわけではなく、IN THE DARK OF MY HEARTほど悲壮感が漂っているわけではなく、OH BANDOLEROほどコミカルなわけでもなく。
程よい哀愁加減という意味ではNATURAL GIRLが一番近いような気もしますが、向こうが爽やかさに基点を置いている分、路線がまるっきり被ってしまったということもなく。

ありそうで無かったこの手の路線。意外なほどにロマンティックな歌詞含め大好きな一曲です♪


<やめて!>
hii.jpg

白鵬が1敗堅持!琴欧洲もピタリ/名古屋場所

今日、琴欧洲が朝青龍に勝ったために優勝は明日の千秋楽へと持ち越し。
今の朝青龍の調子を考えれば明日の取り組みで白鵬が勝って優勝を決めそうですけど、果たしてどうなるんでしょう。


<何の脈絡もなく大分麦焼酎二階堂>


いいちこと並んでお気に入りのCM。

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。