カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WILD IS MY BOY/ DJ NRG

今日は帰りが遅くなりそうなので、今のうちに予約投稿。


1382691cc8.jpg

WILD IS MY BOY/ DJ NRG
(G.PASQUINI-F.GUIO)
どうも自分の中ではDJ NRGというとKAMIKAZE-EXTASY-GO GO-PUSH IT GO GOで完結してしまっていて、それ以外の作品となるとK.L.JONESの作品と同じようにマイナーなイメージがつきまとい、それほどじっくり聞くこともなかったのですが…

CDではMNHRvol.17収録のDARK SIDE OF THE MOONに続く作品で、本作の収録は直後のMNHRvol.18。
この時期のA-BEATの男性楽曲というと、怪しい路線をひた走るTIME楽曲に呼応するかのように硬派というか渋い作風の作品が多く、ちょっと一見さんには敷居の高い感じもしなくはないのですが、ただそうした中でこのWILD IS MY BOYは硬派さを保ちつつ、適度にミーハーさを織り交ぜた作風となっており、非常に耳に馴染みやすい仕上がり。

BOOM BOOM DJ<T.Y.M.REMIX>とはまた違うDJサンプリングで幕を開け、続くパートでは自身のかつての作品を彷彿とさせるようなテクノフレーズ、更には“WILD”繋がりなのかMNMのあの曲と同じ掛け声もインストールされ、序盤からかなり派手な雰囲気。
再び冒頭のサンプリング、そして階段状のフレーズを介してからリフへと進むのですが、こちらもイントロ同様のテクノ風味。とは言えメロディ面がしっかりしているおかげで味気ないなんてことはなく、ちょっとフラつきながらも(ギリギリで4拍踏んでいるような(^^;))直前までのパートに負けず劣らず景気よく進行。

BPMはそこそこ、早くもなく遅くもなくと言ったところで、前回のGUBINELLI嬢じゃないですけど、今回もまた例の渋い声が楽曲を盛り上げます。
Aメロからあくまでもマイペースに、ただ決して落ち着きすぎず、当パートでのDIMA節気味に突っ込んでくるバックフレーズやBメロ頭の女性コーラス、手拍子など色々とギミックに富んでおり聞き手を退屈させない内容。

サビはA・Bメロと同じテンションでありつつもイントロにも登場した叫びコールが配置され、とにかく賑やか。TAKE ME LIKE A WILD BOYやINTO THE MUSIC辺りが好きだった人なら嵌る可能性大(笑)
バックトラックに厚みがある分、vo.だけが一人歩きするなんてこともなく、双方バランス良く楽曲を盛り上げ、それは上に挙げたメジャー作品達にも一歩も引けを取らないほど。

DJ NRGでテクノ風味というとEXTACY辺りが有名だと思うのですが、あそこまで軟派な感じになっていないところがミソ。軟派と硬派、この両極端な要素が程よくブレンドされているところが本作の魅力なのかも知れません。

唯一残念なのはEXTENDEDなのに尺が4:25しかないこと…後に配信された時に「実は5:40でしたー」なんてオチが待っていそうで怖いです(苦笑)

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。