FC2ブログ

TOKYO TIME/ DERREK SIMONS

動物の声ネタが欲しくてコレを買おうか激しく葛藤中。
ただ動物関連なら動画あさればそれなりに使えそうなモノありそうですし、実際に動物園に行って直録りした方が経済的かも知れませんし。
何かオススメ動物CDありましたら是非とも教えて下さいましm(_ _)m

ということで今日はこの一曲。


eurofire27.jpg

TOKYO TIME/ DERREK SIMONS 4:46
(G.PASQUINI-S.OLIVA-M.GULINELLI)
MARINで東京ネタとなるとTAKE ME BACK TO TOKYOが直近であるわけですが、個人的には先日のREBEL REBELやTOKYO MANIA/ BLACK POWER辺りとセットなイメージが強かったり。
A-BEATのTOKYOが付く楽曲と言えば上記以外にもTOKYO TOKYOやNIGHT FLIGHT TO TOKYOなど十中八九当たり、私なんかもうこのタイトルを見ただけでヨダレ垂れ流し(大げさ)
まぁ冗談はさておき良作が多いのは事実、このTOKYO TIMEもかなりの仕上がり具合。

オープニングは跳ねるようなタイトルコールに始まりなかなか元気の良い滑り出し、ただMARINの叫びからは一転、多少左右に振ったギターを幾重にも折り重ねた低音メインのパートに。勢いはそこでいきなり途切れてしまいますが、そこからジワジワと盛り返し、煽るようなギターフレーズに程よいブレーキング、そして嵌りに嵌った女性コーラスの登場と気が付けば冒頭のタイトルコール時に迫る程の勢いに。

イントロでじっくりタメてから始まるリフはまさに「満を持して」といった様相で、REBEL×2とはまた違うシンセを軸に聞き手に鋭く迫ってくる仕上がり。メロディも高音域で動き回りとにかく景気の良い作りで、MNMのTAKE ME LIKE A WILD BOYにも勝るとも劣らないのアグレッシヴ加減。
このはち切れんばかりのリフ、アグレッシヴ好きを自負する方なら必ずや気に入るはず。

リフ直後のAメロは案の定、多少マイナー気味ですが(^^;)、ただ今回も以降のパートできっちり盛り返してサビへと持っていく展開。
イントロ同様、バックには常にノイジーなギターが配置され厚みに関しては及第点以上、また1コーラス目と2コーラス目とでは微妙に異なりますがBメロからは更に女性コーラスが加わり、序盤のマイナー調から一気にハイテンションな路線に。

Bメロで早くもそんな盛り上がり具合なのだからサビで盛り上がらないはずもなく。
優等生を絵に描いたような、思わず聞いてるこっちが軽くうつむいてしまうぐらいの内容ですが、やはりここもMARINが歌っているからこそ納得できるわけで(笑)
裏表無しの真っ向勝負は本作の路線とも相性抜群、ひたすら繰り返されるタイトルコールはどこまでもキャッチー。合間合間に入る女性コーラスも初期FASTWAY楽曲のようでもあり、漢くさくなり過ぎないよう適度にミーハーらしさを持たせてくれているかと。

EXTENDED尺が短いのが玉に瑕ですが、2コーラス目サビ後半にギターソロがあり、以降も単なるインストだけではない変型パートもあるので尺の割には聞き応えはあるはず。


今更ながら“つぼをつく”の効果に唖然愕然歴然。
ランダムとは言え、リスク無しで各能力二段階上昇とかホントふざけすぎ(笑)防御二段階上昇で手が付けられなくなります。
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
旧HDDの発掘作業完了(たぶん)ついでに音源整理も。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索