FC2ブログ

24 HOURS LOVE AFFAIR/ DERREK SIMONS

何だか久しぶりの雷な気がするのですが、いつになっても慣れませんねーこれ(苦笑)
友人の中には雷だとテンションが上がるだとかわざわざ様子を見に外まで行くよなんて言っている奴もいるのですが全然理解できまへん^^;

たぶん納豆と雷は死ぬまで苦手なんだろうと思いつつ今日はこの一曲。


eurofire26_20091009215522.jpg

24 HOURS LOVE AFFAIR/ DERREK SIMONS 4:38
(G.PASQUINI-S.OLIVA-M.GULINELLI)
MAHARAJA NIGHT(EURO FIRE)vol.23~27のMARIN率はかなりのもので、気を抜くとどれがどの名義の作品なのか分からなくなってしまうのですが(^^;)、本作はEFvol.26収録、DERREK SIMONS名義の作品。
タイトルは後発の24 HOURS A DAY WITH YOU/ ACE WARRIORと似ていますが、さすがにあそこまでギターは盛り込んで重厚に攻め立ててはいないものの、軽く哀愁を織り交ぜつつアグレッシヴに展開する基本的な部分は共通。

そうは言いつつ本作のオープニングはかなりコミカル路線寄りで、冒頭のフレーズだけだとLOLITAやDOMINO辺りの作品?なんて思ってしまうような内容。
そんな聞き手の勝手な予想をよそに曲の方はドンドン進行、次第に音数も増え同時に賑やかさも増していき、25秒付近のヴォーカルの登場で一気に加速。
私だけかも知れませんが、とにかくこのヴォーカルの入り方が絶妙でこの部分だけで本作の魅力の8割ぐらい占めているんじゃないかと(まさか)引き延ばし気味の“Baby”から更に流れるような“call me!”のくだり→リフと序盤から相当な爆発力。

直後のリフは上記イントロの締め部分で割とゆったりと展開してからとなる為、いつも以上に鋭さが増す仕上がりに。TOKYO TIMEほど派手な音色ではないもののそれなりに存在感あるシンセで固めており、全体的に刻みつつ、しかし所々にうねりを加えたフレーズを織り交ぜ起伏に富んだリフに。
メロディも基本アグレッシヴでありながら、ほんのり哀愁を漂わせた作りで同時期の作品とはまた一線を画す代物(だから同盤に同じMARINvo.の楽曲が入っていても「またこの声…」とはなりにくい(気がする))

全力投球のリフの後は大概Aメロで小休止、どっこらしょと一休みすることが多いのですが、この曲の場合は多少勢いを落としつつも割にリフに近いテンションを維持。バックにピアノフレーズが見え隠れするBメロに入れば当然余計に勢いを増し、イントロ→リフと同じパターンで雪崩れ込むようにサビへと突入。

イントロ、リフ、そしてAメロ・Bメロとほぼ完璧に近い形で展開してきて、肝心のサビでこけたら承知せんもんね!と多少ひねくれた態度でそのサビを聞けば、いつも通り大安定な仕上がりでやっぱりそれも杞憂に(笑)
やっていることは別段それほど他の楽曲と変わらないのですが、ただ本作はバックとの一体感に秀でており、哀愁を絡めているのにかなりの力強さ。長いタイトルコールも何のその、次々と捲し立てるようなフレーズ展開で締めの“Take a chance!”の叫びもバッチリ決まって格好良さも十二分。
終始立ち止まらないで突っ走っていくところも本作の魅力の一つ。

ただEXTENDEDに関しては尺通り面白さに欠けるんですよね(苦笑)
せめてBメロインストだけでなく、もっとピアノをフィーチャーしたパートがあれば。


子供店長のヒットで右も左もCMに子役の登用。
何というかこの辺りの後追い感が面白いCMが減った原因のような気もするのですが。
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
外国人がいないだけで人の多さは以前と同じくらいになってきた気がする@秋葉原

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索