カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HRG162

巨人王手でもう更新なんかしている暇はないので手短に書き貯めから適当チョイス(前振りも適当)
で今日はこの一曲。


CS1427838-02B_20091107180031.jpg

CITIZEN BAND LADY/ NIKITA JR.
(C.ACCATINO-F.RIMONTI-R.FESTARI)
・EXTENDED MIX 6:39
・ACAPPELLA 1:56
・INSTRUMENTAL 3:23
・LAST MIX 1:31

今でも使われるNIKITA JR.名義によるナンバー、デビュー作DANCING IN THE JUNGLE、LIKE A BOOM BOOM BOOMERANGに続く作品で、収録は名曲揃いのEUROBEAT FLASHvol.9。
直前のLIKE~同様、NON-STOP収録がなかったために多少影が薄いような気もしなくはないのですが、クオリティの高さに関しては同時期のヒット曲にも全く引けを取らないほど。

冒頭いきなり“♪オイェー!オイオー!”なんてフレーズから始まり、しかも歌うはこの時期お馴染みキュートな歌声が印象的なあの御方と、早くもこの時点でこの曲がOH BANDORELOやKOBRA IS MY KILLERなどと同じようなミーハー路線であることを予見させるような作り。
その後もイントロは聞き覚えのあるサンプリングを数多く配置、また歓声音もインストールされかなり賑やかな仕上がりに。

そんなイントロを踏んでからリフと相成るのですが、このリフが先ほど感じたミーハー予想を見事に打ち砕く作りとなっており、初めて聞いたときには思わず「そっちに行くか!」なんて唸ったほど(笑)
後発のBACK TO THE MELODYやBABY KISS ME ALL RIGHTとまでは行かないものの割に細めのシンセ音メインで感じとしてはDON'T TELL ME WHY/ FRANCIS COOPERに近い仕上がり。

またメロディもDON’T~同様、アグレッシヴ寄りのものとなっており、正直これだけ聞くと「良くあるリフだね」で終わってしまうのですが、直前のイントロがかなりミーハー色が強かったためか音色の割にかなりインパクトのあるリフに感じます。
中盤辺りに配置された音色の違う、ちょっとENERGY PEOPLE UNITEDっぽいフレーズも良いアクセントに。

以降ヴォーカルパートは、このvo.なので所々にミーハーらしさを漂わせてはいるものの基本は真面目・アグレッシヴ路線。全体的に抑え気味な歌い回しが印象的で、その辺り上で挙げた楽曲と聞き比べてみるのも面白いかも。
もちろん方向性は異なるとは言えテンポの良さは相変わらずで、Bメロからは多少明るい要素を盛り込みつつ、お馴染みサンプリングを介して一気にサビを展開。

サビはBメロ以上に明るい要素多めの作りで、リフ~Bメロと溜めてきた分、こちらもまたより明るさ際立つ仕上がりに。ただ明るいとは言えミーハー楽曲の良く見受けられる可愛らしさと言ったものがほとんど見あたらず、いつものパターンとは異なる内容。
可愛らしさがない分、若干損をしているような気もしますが、何とも開放的な歌詞を見るとこの明るさオンリーのサビも良く聞こえてきますね(笑)

ちなみにEDITではカットされちゃいましたが、2コーラス目サビ後にはノイジーなギターメインのパート有り。
またLASTver.ではベース控えめのため各パートのギターをじっくり聞くことが出来、あまり目立たないけどギターがこの曲を陰ながら支えてるなんてことを再確認できるかと。

1コーラス目のサビ後など尺あわせが不便なのはご愛敬(^^;)


<これがホントの…>
HI3F0299.jpg

不思議なダンジョン系はたいてい途中で心折れて積んじゃいます。


今日勝たないとお尻が痛いとか言ってた人が出てきちゃうからなー…早いところ決めて欲しいところです。

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。