カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白いNON-STOPとは何ぞや

特に書くこともないので、自分が好きなNON-STOPを適当に順位を付けてつらつらと書いてみようと思います。
(各画像はトラックリスト)


5位:SUPER EUROBEATvol.90

seb90male.jpg seb90female.jpg

ここ半年間で急に好きになったのがこのNON-STOP。後にも先にも一回きりの男女別ランキングと言う企画の妙もさることながらそれぞれのランクイン楽曲が良い味出しているというか(笑)
男女ともに従来曲も抑えつつSEB80番台(MN・頭D含む)の新曲も程よく収録され、前回のキリ盤とはまた違う、この時期特有の独特な雰囲気に(相変わらずうまく説明出来ませんが(^^;))

個人的に女性サイドの中盤の止まっちゃう箇所、ところどころ何気なく盛り込まれた小ネタの数々がお気に入り。両サイドともにTIME楽曲がかなり少ないのが残念ですが…リクカンでTIMEが少ないのはいつものことですけど。

ところで男女に分けてのランキングとかもうやらないんでしょうかね。やると男女差別だ云々なんて言われるから?(まさか)


4位:MAHARAJA NIGHTvol.10

mn10.jpg

ハッー!サンプリング(シバじゃないよ)とこれまでの各作品を振り返っていくオープニングが印象的な一枚。ユーロに関してですが、さすがヒット曲を集めただけあってかなり豪華なラインナップ。とは言え毎度お馴染みリクカン楽曲…と言うわけでもなく最近はあまり耳にしない楽曲やDANCINGやGO INTO THE GROOVEなどちょっとマニヤックな作品も収録されているのがミソ。

T.Y.M.REMIXが面白いのはもちろんですが、そういったREMIX名が付いていないものでもかなり面白い作りとなっており、中でもTAKE A LOOK IN MY HEARTやMONEY FOR NOTHINGがお気に入り。この辺りの弄りは特にNON-STOP製作者のセンスに依るところが大きいような気がします。

出来ればジャンル別々で2枚組にして欲しかったところもありますが、前半もメドレー2本だてで楽しかったので無問題。


3位:BEST OF EUROBET FLASH

ebf97.jpg

1997年のほう。MAD COW(B4 ZA BEAT“SHU”REMIX)含めた後半6曲の怒涛の攻勢は勿論、それ以外のエナアタ女性楽曲、3B・VIBRATION・TIMEといずれのレーヴェルもびっくりするぐらいクオリティの作品揃い。
DOM×2~コブラの件や親父(tr.11,12)・PERNICI(tr.19,20)辺りのセットなどこうやって文字で見ているだけでもニヤけてきてしまうほど(へんたいだー)

医者×2やCRAZY FOR YOU、HEY SUPERMAN等々タイトルを絡めたネタの挟み方も大好物。これ以外にもあと三曲ほどあります。
KOBRA IS MY KILLERのリフでのさり気無いインスト交ぜなどもお気に入り。
また勢い一辺倒で行くのではなく、要所要所に落ち着いた楽曲を配置し、作品全体に起伏を持たしている所も◎。


2位:THE BEST OF SUPER 90’S EUROBEAT 

90disc1.jpg 90disc2.jpg

自分のREMIX人生に多大な影響を及ぼした…と言ったらかなり大袈裟かも知れませんが、ただでもネタの挟み方や神業、イントロMEGA-MIXなどこのアルバムで学んだことはかなりあります。

今改めて聞きなおしているのですが、それにしてもDISC-1はかなりのサンプリング(と言って良いものなのか)量ですよね。自分がユーロを聞き始めたころはそれほど面白いとは思わなかったのですが、色々な曲を知っていくにつれこのNON-STOPが面白くなっていくというか。
確かTMFさんのページにサンプリングまとめページがあって、それを見て「まだこんなにあったのか!」と驚いた覚えがあります(笑)

DISC-1、2ともども聞き応えのある作品で、まさにSEBvol.100という記念すべきCDが出た年にふさわしい内容だったと思います(他意はないですたぶん)

…余談ですが、少し前にこのCDを落っことしてしまいケースが大破してしまいました。

HI3F0355.jpg
(通常のCDケースを二枚くっつけただけだったんですね)
たぶんもう1枚買えというお告げなんじゃないかと。


1位:THE BEST OF MAHARAJA NIGHT 1996

mn96.jpg

これまで何度も紹介してきたMNシリーズ最後の年末BEST。同年SEBのBESTの方が若干マイナーよりな選曲で多少しっくり来ない所があったのですが、こちらはそうした不満を一切感じさせない完璧なラインナップ。と言うかSEBとEBF楽曲を一緒に楽しめるということだけで鼻血モノでした(笑)

1曲目の東急ハンズから恒例のサイレン&大量サンプリングをまといつつ、とにかくテンポよく突き進んでいく展開、また通常のNON-STOPと比べても高めのBPMであっという間にMONEY GO!に。

リフやバックを叩いたりと言うことはほぼ無いのですが、フレーズをワンテンポ早めたりだとかパンニング、ターンテーブルを止める的なフレーズを差し込んだりと聞き手を飽きさせない要素てんこ盛り。
そんな中でも一押しはやっぱりREALITYの入り方。何度聞いても飽きません、と言うより何度もそこばかり繰り返し聞いてましたが(笑)

以前の繰り返しになりますがやっぱりサイレン・サンプリング込みのNON-STOPも定期的にやって欲しいんですよねー聞き慣れた・聞き飽きた曲でもこういうアレンジがあればまた違って聞こえてくるはず。

ちなみにSEBシリーズでキリ盤以外のNON-STOPでお気に入りはvol.63、76、96です。



あまりにも自分の作るNON-STOPがつまらないので、じゃあ面白いNON-STOPって一体なんなのさ?なんて思いつつ、最近は色々なCDを引っ張り出して聞きなおしているのですが、やっぱり上記含め自分が良いなと思う作品は選曲はもちろんのこと、作品全体のテンポ、メリハリがしっかりしている、そんな気がするんですよね。

裏を返せば合間合間にBPMが大きく異なる作品をティラミス状に収録したあのNON-STOPなどは面白くない…いやそれ以前に最後まで聞き続けるのが辛いというのがあって。
そういった全体の流れ含め、まだまだ学ぶべき点はたくさんありそうです。

またもう一つ思ったのがこういう話をしていると決まって昔のNON-STOPしか挙がってこないということ。確かに最近では2009BEST、MACH100と結構面白い作品はあったのですが、ただ上に挙げたCDと比べてしまうと例の思いで補正抜きで見てもうーん…と思ってしまうわけで。

最近の楽曲のクオリティが落ちたとは決して思わないのですが(むしろ一時期に比べて上昇したとさえ思う)、こうも昔と今で印象が変わるのは何故なんだろうと。

まぁそんな下らないこと考えてないで普通にCDを楽しめよって話なんですけど(笑)


…基本NON-STOPは好きですが、201以降も197~199と同じ方式だったらと早くも不安に思う自分がここに(それ以前に201が出るのか出ないのかはっきりしないのが悲しいところですが(苦笑))

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。