カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖!浦安鉄筋家族25巻

はい、そんな訳で元祖!浦安鉄筋家族の25巻。
この寒い季節に怪談オーラ全開の稲川ジューンが笑えます(笑)

HI3F0366.jpg

いつも通り各話、適当に感想を書いていきます。

360固め:ラトーヤの夏
表紙もそうでしたが、この現実が寒さ厳しい冬なのに対し漫画の舞台は夏休みというギャップ(笑)話の方はそんな夏の一日を描いたもので、日陰の中に鎮座する雪ダルマと言う掴みだけで◎。
小鉄の家でのやり取りは普通すぎてインパクトに欠けますが、フグオの家~オチはお気に入り。動きではなくセリフで落とすパターンはこの漫画では珍しいかも。


361固め:ジャーメインの夏
超久しぶりのサイレントネタ。たしか一番初めは仁&フグオのバナナだったような気がしますが、もう一本あったような…(思い出せず)
暫くやらなかったおかげもあって、セリフが一切合切ない作りは逆に新鮮に感じますが、話の内容的には普通。それでも表情・行動のみで仁が「何を考えているのか」を読者に分からせる描き方は素晴らしいと思います。
そう言った意味で掛け軸裏からの「僕の家が…」は不要だったかなと。


362固め:トイサ・サマー
小鉄夏休み最終日ネタ。話の方向性としてはいつかの一人トライスロン(浦安~千葉沖~???)と同じですが、今回は順子ママの妄想プロファイリングで差別化。
人に親切、言葉遣いも全く違う、親バカ補正200%の脳内小鉄とそれを聞いた後に冷静に突っ込みを入れる金鉄じーさんのやり取りが面白いですね(笑)
新鮮さはそこまで無いですけど読みやすい作品。


363固め:豆と金
ありそうで無かった順子ママ&稲川ジューンネタ。ベム同様、最近は低迷気味のジューンですが、今回は変化球なパターンでマンネリ感は皆無。
怪談話×→普通の世間話…のはずが段々と怪談じみてくる流れ(タバコの話なのに)、漫才のような二人の掛け合いがお気に入り。文字の大小などセリフ回しにも力が入っているような感じも。
肝心のオチが激弱なのがちょっと気になりますけど、好きです、この話(笑)


364固め:走るアーモンドチョコレート
久しぶり?のあかねvsゴキブーことG。今回は自宅ではなく学校が舞台、個人的にあの最初の“視線を感じる”描写が上手いなぁと(笑)私もヤツが苦手なので、あのあかねのGを囲ったり上から物を落としたり、ホウキでちょっと突いたりしてみる行動に凄い共感。
暴走していくあかねはもちろん、まるで稲川ジューンよろしくな怪談オチもお気に入り(退院して家に幽霊連れ帰ってきちゃった的な(笑))

どうでも良いですけど、夏休み明けに学校行くとバルサン焚いた後なのかよく廊下で成仏された奴さん達を見かけましたよね。


365固め:「浦安」のハズレ話
サブタイ通りと言ったら物凄く失礼かもしれませんが…話としてはドッグランを見た小鉄がその中に入って色々と騒ぎを起こすというものなんですが、中盤の俺ランといい新キャラの犬河内蔵と言いどうも全体的に中途半端。オチも分かりにくいのが難点。
巻末の超苦労作というのも納得と言うか。。。
どうせならいつかの売れない魔術師の催眠術ネタの時のように野犬化して云々という方が良かったかも、と思ったり。


366固め:金鉄バッファロー
タイトル通り金鉄じーさんネタ。ノリとしては運動会ネタと雪の中灯油を買いに行くネタを足して割ったような感じでしょうか。個人的にラストの排水管オチよりも気を遣うのり子の描写、手すりの発案の方がお気に入り。
中盤の電動ドライバーや入口で突っかかる春巻(家に何かいる…の話以来)など小ネタも効いている所も○。あと久しぶりに星くんが喋ってる(笑)


367固め:ここは千葉…千葉です
うーん…と言うのが正直なところと言うか(^^;)久しぶりの中田さんネタですが、人体模型と会話する掴みは良いと思うのですが、それ以降がパッとせず。土俵に入れない理由も明確とは言えず、また力士の上に落ちてからの展開もいま一つ。他の話とページ数は変わらないはずなのですが、この話だけ短く感じちゃうかも。
ここでの500円玉は373固めで再利用されます。


368固め:浦安MONO
ちょっと久々な感じがするノムさんネタ。ただし今回は変化球、まさかの涙との組み合わせ。素顔がバレるのが嫌だからと変装する掴みはもちろん、ノムさん・涙と双方で勘違いの“ロッテ”が秀逸(笑)妙に話が合うバレンタイン(監督)からクランキー・ガーナへの話の展開がとにかく笑えます。
ロッテ話以降、オチにかけてはいくらか普通ですが、全体的には大安定。お気に入り。
ちなみにゴッドハンドBJと同時進行だったためか、1P目には三つ目がとおるの写楽保介などの手塚キャラがちらほら。

それにしても今回は珍しくコアラのマーチや、チョコパイ、モナ王等々商品名がそのまま載ってるんですよね。メーカー公認になったのかしら(笑)


369固め:マンビーのBスポット
こちらは以前blogでゴッドハンドBJを取り上げた時にチャンピオンに同時掲載されていいた作品。話としては万引きGメンとして働く仁ママVS何故かセガール似の他店Gメンの桜愛といった感じなのですが、何となく桜愛の出オチで終わってしまっているような感も。仁ママ対決シリーズでは屋根上坊さんと比べると爆発力は低め、落語のようなオチは好きだけど。

こちらも手塚キャラがさり気無く登場。個人的にベムとセットのドクターキリコとドン・ドラキュラの登場が嬉しかったです(笑)


370固め:浦安カーペンター
浦安では初のハロウィンネタ。話の展開としてはベタと言うか古典的と言うか、同じパターンで重ねてくる作り。これを面白いと思えるかどうかでこの話の印象が変わってくるわけですが、個人的にはうーん…といった感じ。最終コマの「つぴょー」は面白いのですが(笑)


371固め:ノブウェーイ
ありそうで無かったノブ&花子ネタ。掴みの愛犬ネタはあかねの弟おさむちゃんが生まれた時のものと同じ、今回は携帯電話にはいかないですけど(笑)
優等生と暴れん坊の組み合わせは新鮮で、特にノブの勘違いから始まる後半の流れはこの巻の中ではかなり動きがあってお気に入り。更なる勘違いを生み出しそうなオチも◎。
前半のノブの人となりがわかる描写、やり取りもお気に入り。


372固め:赤ちゃん&ガーファンクル
前半後半で周囲の人物が変わりますが、基本は順子ママメイン。いつかの大鉄ダイエットネタをひっくり返したような展開ですが、こちらは自分に痩せる意思があるので既視感はほぼゼロ。
変身ベルト→クソババア化は良いと思いますけど、オチがイマイチ。裕太達が基本見ているだけっていうのがそう感じる理由かも。

それにしても25巻は大鉄・桜の影がかなり薄いですね(^^;)


373固め:ザワザワ…
ここで活きてくる中田さんの500円玉の設定。誰の家で遊ぶかという話はこれまで何度かやってきましたが、今回はそれを選ぶ段階の話なので在り来たり感は抑えめ。
この話も登場人物の心情描写メインで、セリフは多いものの一連のやり取りは読み応えあり。361固め同様、表情一つで心情を表わすところもお気に入り。
三人に挟まれる仁から何事もなかったように遊ぶオチも◎。
ギャグマンガという括りで良いものなのかとちょっと考えてしまいますが、こういう日常ネタは読みやすいのでこれからも続けて欲しいところです。


374固め:爆笑!おもしろポスター
ラストは金鉄じーさんネタ。話としては以前のWiiの延長線上ですが、今回はWiiではなくiPodjPod、しかも金鉄単独ではなく老人会の面々も一緒なので流れとしては前回とはちょっと異なります。
全編通して平和なノリですが、ホラ吹きじーさんのおかげで話に起伏が出ているかと。でもどちらかと言うと「シアトー」「カシュシュー」の方が好きですけど(笑)



373固めでも少し書きましたが、初期と比べると作風もだいぶ変わったなぁと感じます。
今回は特に“動き”のある作品が少なかったので余計にそう感じてしまうのかも知れませんが…個人的にはもう少しおもちゃ箱をひっくり返したような作品を盛り込んで欲しいところ。

ただ、だからと言ってこの25巻に収録された話がつまらなかったかと言うとそう言う訳でもなく、読みやすい作品、ちょっと頭を使う作品など読み応えのある作品揃い。
どうも同じことの繰り返しで恐縮ですが、あとはいかにもギャグマンガ然りとした作品が何本かあれば。

25巻では363固め、364固め、368固め、373固めがお気に入り。



そう言えば今回のはまけんでサブタイトルについて触れられてましたが、25巻で分かる範囲で書いてみると、

360固め:ラトーヤの夏
361固め:ジャーメインの夏…この二つはどちらもマイケルジャクソンの姉ラトーヤと兄ジャーメインがたぶん元ネタ。マイケルジャクソンが亡くなったのもこの時期?

362固め:トイサ・サマー…逆さまに読むと元プロレスラーのマサ斎藤

364固め:走るアーモンドチョコレート…以前の対G話、ヤツがアーモンドチョコレートの中に紛れ込んでいたから?

366固め:金鉄バッファロー…メインの金鉄じーさんと今は無き近鉄バファローズから。

369固め:マンビーのBスポット…サザンオールスターズのマンピーのG★SPOTから。

370固め:浦安カーペンター…アメリカ兄妹デュオのカーペンターズから?

372固め:赤ちゃん&ガーファンクル…サイモン&ガーファンクル+掴みのネタ。


と分かる範囲で書いてみました。間違っていたらごめんなさい。
はまけんを見るにどうも浜岡先生は内容と言うよりは身の回りで起きた出来事(ニュース)などを優先してサブタイに持ってきているような気もしますが、実際はどうなんでせう(笑)

ちなみにサブタイ等で疑問がある場合、以下にハガキを送ればもしかしたら答えてくれるかも?

〒102-8107
東京都千代田区飯田橋2-10-8
秋田書店 週刊少年チャンピオン編集部
「はまけんに質問コーナー」

元祖!浦安鉄筋家族 25 (少年チャンピオン・コミックス)元祖!浦安鉄筋家族 25 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/01/08)
浜岡 賢次

商品詳細を見る

ドン・ドラキュラ (1) (少年チャンピオン・コミックス)ドン・ドラキュラ (1) (少年チャンピオン・コミックス)
(1980/03)
手塚 治虫

商品詳細を見る


ドン・ドラキュラはホラーな見た目に反してコミカルさも十分。また時の内閣総理大臣大平正芳を実名で登場させてこき下ろしたり、不正選挙、赤字国鉄、他にも戦争などブラックジャック同様のエッジの利いた皮肉なども。
ただ一番気合入っているのは娘のチョコラの描写のような気もしますけど(笑)

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

No title

個人的には369固めと370固めがツボりましたね。
見開きの桜愛があまりにも沈黙的なあの方でいきなり吹きました(笑)

>浦安カーペンター
たぶん、このカーペンターは、おそらく「ハロウィン」シリーズや「遊星からの物体X」や「ニューヨーク1997」のジョン・カーペンター監督のことだと思いますよ。話的に。

No title

こんばんは、お汁粉管理人です。

>桜愛
この名前に反してあの風貌ですからね(笑)
ミス西高とかマンジードウとか適当すぎる設定がツボでした。

>カーペンター
>>ジョン・カーペンター監督
確実にそっちですね(^^;)
たまにやるゾンビ話とか少林君(懐かしい)などのキャラでも映画元ネタってことも多いですし、サブタイでもそれ絡みは結構ありそうですね。

No title

郵便番号は
102-8101
ではないでしょうか?

No title

一応、単行本に記載されているとおりに書いたのですが、
ttp://blog-imgs-52.fc2.com/f/r/a/franztornard/HI3F0850.jpg

巻末の住所を見ると確かに102-8101。
ただ、郵便番号検索してみると102-0072となっており見事にバラバラ(^^;


住所と宛名さえ合っていれば届きそうな気もしますけどねー。
とりあえず公式サイトに記載されている102-8101なら間違い無く届くでしょう。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。