カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VIB098

SEBなどを取り込んでは放置状態のHDのカオスっぷりが半端無かったので、ようやっとフォルダを整理&削除。ACIDでファイルを呼び出すときもどこに何があるのか分からなくて、それだけでだいぶ時間を無駄にしていましたが(苦笑)
これからはもう少しスマートに作業をこなせるかも?

いつかサンプリングも整理しようと思いつつ今日はこの1曲。



SAMURAI/ JIMMY BRAVO
(D.DI MARCANTONIO―L.STANGA―P.PASOTTI)
・EXTENDED MIX 5:19
・RADIO MIX 2:54
・INSTRUMENTAL 5:06
・VOX 1:05

カタログNO.VIB098、EUROMACH7でメイクミラクルで復活した新生VIBRATIONの記念すべき最初(に収録された)の作品。カタログだけ見てるとC’MON BABY TONIGHT(VIB082)以降も滞りなく曲は作られ、新生感ゼロ、単にavexが新曲収録しなかっただけじゃんなんて思ってしまいますが、ただ制作年数を見ると新しく生まれ変わったレーヴェルの作品なんだなと感じます。

ちなみにこの辺りの作品の制作年数を参考までに書いておくと、

VIB082 C’MON BABY TONIGHT/ JIMMY BRAVO(1998年推定)
VIB088 GOOD NIGHT TOKYO/ JACKIE’O(1998年)
--------------------------------------------
VIB089 MAGIC LOVE TONIGHT/ SHARON K.(???)
VIB090 CYBERNETIC FIRE/ CYBORG(2000年)

VIB096 TOKYO NIGHT/ J.RUSH→EUROMACH8
VIB097 TELL ME REASON WHY/ ELISA→EUROMACH8
VIB098 SAMURAI/ JIMMY BRAVO→EUROMACH7

EURO PANICシリーズと違いMACHは年号が書いてないので具体的な年は分かりませんが、ただ前後の流れから2000後半~2001年辺りの制作。
新生という意味ではCYBERNETIC FIRE付近からのほうが正しいのかもしれませんが、ただ向こうはLED RECORDS(NRG MANIA)からのリリース。そういったことからCD収録の一番早かったこのSAMURAIこそ“新生VIB”の出発点と言えるでしょう(この辺の名義関係、利権関係はさっぱり分かんないけど(^^;))

どうも前置きばっかり長くなってしまいましたが、このSAMURAI。昔々にはF.C.F.が同名作品をリリースし大成功を収めましたが、VIBの方も負けず劣らずのクオリティ。

オープニングは流れるようなギターフレーズに始まり、最初は多少頼りないもののコーラス、シンセ、ハイハットなどが加わり次第に賑やかに。またベースとなるギターも段々とキーを上げていき、冒頭から聞き手の闘争心をあおるような展開。

続いて始まるリフは、パターンとしてはKING OF FIRE/ CHEMICAL BOYなどに近い込み上げ系?で、二言目にはメロディ野郎の私からすると物足りないというのが正直なところ。とは言えリフを構成するのはシンセだけでなく、イントロ同様のギターフレーズも加わるので、あまり変わり映えしないメロディにもある程度幅を持たせてくれているかと。

ジワリと盛り上げてから始まるヴォーカルパートはとにかくフレーズの優秀さが光る内容。Aメロこそ他のVIB楽曲同様マイナーで目立った箇所はありませんが、Bメロ掴みの“you”から一気に加速。
後追いの女性コーラスやバックで鳴り響くクセの無いシンセ、“Tokyo Samurai!”など直前パートまでとは対照的な勢い、盛り上がり。

その流れそのままに始まるサビはいきなりのSAMURAI連呼から“Big in Japan”“Tokyo fighter”とその辺にある日本関連のフレーズをただ並べただけのベタベタな作りなんですが、DALL’ORA親父単独作品辺りと同じようにこの捻りのまったく無い展開が堪らなく(笑)

そのど真ん中勝負の歌詞とこちらも真っ向勝負、アグレッシヴな曲調との相性はもちろん抜群。思わず一緒に口ずさみたくなるような魅力は同時期のALL RIGHT NIPPON/ JIMMY BRAVO以上。
終始突っ走るだけでなく中盤で抜きを入れているところもお気に入り。

MACHで初めて聞いた時はこのリフのせいかそれほど印象に残らなかったのですが、配信でフルを聞いてからその印象も変わりましたね。
歌詞ばかりに目が行きがちですが、インストも結構凝っていて聞きごたえあり。オススメ。


ポケ書さんのエリカさん特集完結。今回もぶっ飛んでます(笑)
個人的にタマムシシティでの腹黒発言が印象的でした。

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。