カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEVER ENDING LOVE

改めて銭形のとっつぁんは声が出なくなってしまったなぁと。張りの無い「待て、ルパーン!」の声を聞いたら悲しくて悲しくて…ルパン役の山田→クリカンのような交代があっても良いような気もしますが、この作品に関しては声優交代は鬼門であるような気も(イメージ的に)

でそんなルパンを見ながら今日はこの一曲。


CS1536073-02A_20100212213121.jpg

先日も少し触れましたが、今回で通算3回目の登場となるNEVER ENDING LOVE。これまでの三作品をまとめたのが下の図。

neverendinglove_20100212213330.jpg

初出はEURO PANICvol.1、このときはEDIT収録(3:36)で上の表記は配信時のもの。
それから9年ほど経ちCONGO/ MISTER MAXとともにリメイクされたのがちょうど去年。何の繋がりも無い2曲がなんでリメイク?などと配信時は思ったものですが、このver.ではリフのシンセをはじめ、ちょっとジャズ寄りなイントロ含む曲の構成、またバックアレンジなどが変更。
一方のCONGOがほとんどシンセを変えただけの内容だったのに対し、こちらはメロディこそ一緒のものの結構細かいところまで手が加えられたリメイクでした。

でそんなリメイクがリリースされてからわずか半年で登場したのが、おそらくSEBvol.201に収録されるであろうARD1375のNEVER ENDING LOVE。


NEVER ENDING LOVE(THE FACTORY TEAM  REMIX)/ TIPSY&TIPSY
(たぶんM.FARINA-O.PIZZOLI-R.GABRIELLI)
前作とはオープニングからして異なり、IT’S MY LIFE/ RADIORAMAと同じようにバックにハンドクラップをサンプリングしつつ、軽妙なピアノ伴奏を織り交ぜた洗練されたイントロ。
直後にはヴォーカルが登場するのですが、前回が哀愁楽曲らしくないボサノバ風のアレンジが施されていたのに対し、今回は声とピアノだけの勝負。余計なものを極力排し、物悲しさが際立つ作り。

イントロでしっかり準備をしてから始まるリフは以前も触れたように全くの別物。一番最初と前回がマイナー調な出だしから徐々に愁色を帯びていくメロディであったのに対し、今回は正統派といった格好。

透明感ある音色を使い、終始高い音域で展開されるメロディは従来と比べさすがに存在感という点では劣りますが、一方でマイナー調が無くなったことでより万人受けしそうな仕上がりに。変に身構えることなく耳に馴染んでくるこのリフは、変化はあれどきちんと哀愁らしさを感じさせてくれる作りなので無問題。

ヴォーカルパートに関してですが、vo.はおそらく前回と同じものを、また曲の構成は3作品全て共通。ちょっと明るい感じすらするAメロから流れるような歌いまわしが印象的なBメロで聞き手を惹き付け、直後のサビでは捻りなしの哀愁で展開。

今でこそ微哀愁楽曲の多いこのレーヴェルですが、昔はこういった結構な哀愁作品も作っていたんですよね。性別は違いますがDEEP INTO YOUR EYES/ DANNY WILDE辺りと並んでこの時期では好きな作品だったりします。

と基本的な構成は同じなのですが、ただバックアレンジその他諸々が微妙に異なります。
例えば前回はAメロ“I need emotion”の後にあった明るめのフレーズが今回は無かったり、Bメロ直前にうねるようなフレーズが加えられたりなどパッと聞いただけでは気がつかないような微妙な変更。

中でも個人的に感心してしまったのがサビバックのアレンジで、今回に限っては中盤・後半部分にシンセ+ピアノのうねるようなフレーズが追加されており、目立たないなりにもサビでの哀愁度に貢献、より立体感のある内容に仕立ててくれているかと。

EXTENDEDの構成自体は、リフのメロディや間奏部分が違ったりするものの基本的にはかなり近い作り。聞き所は2:43辺り、2コーラス目サビ直後の部分で、この部分にのみ従来のメロディ(エフェクト有り)が登場。
こういう制作陣の遊び心含めた微細な変化にも耳を傾けてみると、またこの曲の印象も変わってくるのではないでしょうか。とりあえず聞き比べてみることをオススメします(笑)

何もこの曲に限ったことではないのですが、原曲への思い入れが強ければ強いほどいざリメイクを聞くと「これじゃないロボ…」となってしまいなかなか馴染めないもの(自分はSUPERSONIC FIREがそうでした)
ただ大きな変更点であるリフのメロディも変に主張することなく、また歌部分の世界観を壊すことなくすんなり溶け込んでいるので結構難なく聞ける…ような気がします。結局は人それぞれですけど(笑)


上でつい“おそらくSEBvol.201に収録されるであろう”なんて書いちゃいましたけど、収録予定曲では(THE FACTORY TEAM EUROBEAT REMIX)=ARD1369(前回)なんですよね…もし違ったらゴメンナサイ(^^;)

いずれのver.で収録するにしても、今度のSEBでW辺さんがどんなコメントを書くのか楽しみ。あくまでも他社収録の原曲は知らない体で行くのか、はたまた思いっきり書いちゃうのか(笑)
(BLACK U.F.O.の時は何故か普通に曲名出してましたよね)

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。