FC2ブログ

RA32/97

上のINDEX記事を少し整理。内容が古いまま放置状態の別ver.記事とラジオの同録の記事は修正もしくは削除予定、またこちらも放置状態のエナアタカタログに付いてはHRG817までの配信状況を追加。
それと新譜含むCDレビューの記事については以前も少し触れましたが、スライド式の表示形式に変更。これまでのダラダラ縦長表示よりかは見やすくなったはず。

色々と改修しながら今日はこの一曲。


R-192775-1181412674.jpg R-192775-1181412686.jpg

MARY ANN/ KEN LASZLO
(M.FARINA-G.CRIVELLENTE)
・THAT'S THE LOVELY MIX 5:42
・ACAPPELLA 1:06
・7" MIX 3:00
・INSTRUMENTAL 3:00

SAIFAMから直接のリリースではなく、RADIORAMA STUDIO経由のリリースなのでいつもの型番ARDシリーズではなく、RA~とSTUDIO名の頭部分を取った型番に。
もっとも制作者はご覧のようにいつものあの二人組なので、型番が違うからと言って作風が異なるなんてことはなく、SAIFAM・ASIA時同様のクオリティ。

ダイナミックなフレーズが舞い踊るイントロはいくらか中華風味な味付けを施され、タイトルからすると幾分不釣り合いな感じもする作り。
とは言え低めのBPMのおかげか、その雰囲気の割には大らかな気持ちで聞ける作りでもあるので違和感などはすぐに無くなります。

そのBPMに合わせてのリフはゆったり、聞く人によっては遅いと感じるほどのリズ
ム。またメロディはLOOKING FOR LOVE/ STAR SYSTERSのイントロにも通じるような作りで若干マイナー気味。

これだけ書くと何だかパッとしないリフなんて思われそうですが、確かに最初に聞いた時分にはそう耳に映る仕上がり。
ただ何度も聞いていると不思議とそれが良いと思えてくるリフでもあり、何となく「私たち貧乏だけど今日も元気にやってます」的、はかなさもあるけど芯はしっかりしたメロディライン。
このリズム、控えめなシンセもそう感じる一因なのでしょうか、疲れている時や感傷的な気分の時に聞くと余計に心に染み入ります(笑)

KEN LASZLOという名義通りvo.を務めるのはDJ NRGなどでもお馴染みコライーニ。このBPMでもその特徴的な歌声はしっかりと存在感を示しつつ、ただ普段と比べると伸ばした感じの歌い方なので、その点新鮮に聞こえるかも。

性急さとは無縁、あくまでも一歩一歩確実に前へ進んでいくというスタイルで、Aメロいきなりタイトルコールが登場するなどの物珍しさを絡めつつの展開。
バック女性コーラスの存在感が増すBメロに入ってからもリフからの流れは途切れず、連延、連遍と続く本作のヴォーカルパートで牧歌的な雰囲気さえ窺えますが、直後のサビはこれまでとは少し違った内容に。

シャリもとい歌い出しの“Shall we”からまくし立てるような歌いまわしで、BPMは変わっていないはずなのにこの部分だけ急に早くなったと錯覚してしまうような作り。
従来までのパートが伸ばしたような歌い回しだった分、余計にこの早口が際立ちます。

変わらずメインvo.を支えるコーラスもいい味出していますが、個人的に推したいのがベース部分で唸るギターの存在。これまで微哀愁と明るさを行ったり来たりの路線でしたが、サビではそれらの要素を残しつつも全体的にアグレッシヴ方向へとシフト。
そしてその曲調に目立たないながらも貢献しているのがこのギターで、この早さながら かなりの重厚さを感じ取れる作品に仕上がっているかと。

ラストの変型サビではバック弱めのアレンジのおかげで、いつも以上にそのギターを堪能できる内容。オススメ♪
ちなみにこのギターを弾いているのはお馴染みF.SERRAさんだそうです。


縦長といえばこのblogの右サイドもだらしなくノビ切っちゃっているので、この辺りどうにかしたいところ…色々検索してmenufolder.jsの段階まで進んだのですが、その後のHTMLテンプレート編集作業で挫折しました(苦笑)
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
Qobuzに来るみたい

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索