カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELTA1038

しばらく止まっていたAkyr(DELTA)バラ売り配信ですが、本日久々に1曲追加。



KISS TO KISS/ MAKO@JUNO DOWNLOAD

今回もリフ・バックトラックのパーツ、アカペラ&コーラスアカペラ込みでの配信。
DOCTOR LOVEの時同様、ギターが使われていたことに驚き(笑)

次はどの曲が配信されるんだろうと思いつつ、同じくDELTAのこの一枚を紹介。


HI3F0396.jpg

CRAZY FOR YOUR LOVE/ MORRIS
(L.GELMETTI-C.MORONI)
A-1 EXTENDED MIX 5:29
A-2 ACAPPELLA 0:53
B-1 F.M.VERSION 2:28
B-2 PLAYBACK VERSION 2:28

CHERRYとのデュエット“GO SAY GOAL”でデビューしたMORRIS初のソロナンバーにあたる本作、LOVE IN NEW YORK CITY/ MADISONとセットで車系コンピにガシガシ収録されていたようなイメージがあります。
ちなみに今回、レビューするにあたって初めてクレジットを見たのですが、制作担当は意外にもGELMETTI-MORONIだったんですね。これまでずっとFOGLIAさん絡みだとばかり思っていたのでちょっと驚いちゃいました(笑)

曲の初めは何だか重苦しいフレーズが全体に広がり、くぐらせたようなエフェクトを掛けたヴォーカルやシンセドラム、ハイハットなど様々な要素が混在し、いくらかの疎外感を味わう仕上がり。
何だか暗めのイントロを聞き、まさかずっとこの調子?と不安に思うも直後のリフからその様相も大胆に変化。

リフは同時期の作品ではあまり見られない、それこそGELMETTI-MORONI作品ではないと思ってしまうような作りで、つんざくようなシンセで構成されているのが特徴。
最近では一部のエナアタ楽曲にも通じそうな音色でかなり派手な印象を受けますが、メロディの方は下品さのない、割合正統派な内容でエナアタなどよりは万人受けしそう。

序盤にメリハリのあるフレーズで畳み掛け、中盤に入ると小休止、と思えば後半にかけては段々とキーを上げていき次第にレッドゾーンへと近付いて行くといったパターン。メロディ志向、アグレッシブ好き、どちらにも対応出来る仕上がりに。

リフ以降に関しては新人らしくないMORRISの澄んだ歌声が曲を引っ張っていき、
また&CHERRYはないもののそれらしき人がコーラスとして入るので、構成としては前回GO SAY GOALに通じるものがあります。
とは言え今回は男声メイン、曲調はシリアス哀愁路線なので二番煎じ感などは皆無。

Bメロからサビにかけての展開は、正直予想範囲内、何かビックリするようなギミックは無いのですが、それでも耳当たりの良い曲調・歌声、またタイトルコールや合間合間の“oh baby”“イェー!”といった歌詞面でのキャッチーさも持ち合わせており、終始聞き手に飽きを感じさせない作り。
同名タイトルのKATHY COREのナンバーもそういった点に秀でていましたが、本作も負けず劣らず。

後半にはピアノをあしらった変型パートが登場。個人的にはもっとピアノを前面に押し出して欲しかったところですが、さすがにそれは贅沢かも?(笑)


<なんだコレ>
urayasu_20100405214605.jpg

浦安で4コマ?全部“はまけん”だったらどうしよう(笑)

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。