FC2ブログ

SUPER EUROBEATvol.202レビュー①

そんなこんなで恒例の配信。

AVCD-10202_20100406235513.jpg

SUPER EUROBEATvol.202@mora/ iTune Store

予告通りSEBvol.202の最初の4曲の評価有りレビュー。
以下あくまでも一リスナーの勝手な感想、本当に興味のある方のみお進み下さい。


1.COOLOVER/ IRENE C
(C.CASTAGNA-C.CODENOTTI-E.SOMENZI)
SEBvol.192収録FOOD FIGHTER以来の登場となるIRENE。
自分の中ではBLAST!のROMIと対をなすような位置づけで、過去のLET’S FLY TOGETHERやLOVE IS THE NAME OF LOVEのような鋭い微哀愁路線を期待していたのですが…いざ聞いてみると前回POWER OF MY LOVE同様のミドル路線。

イントロはそのPOWER~からピアノを抜き取りメロディ要素は薄くなりましたが、複数のSEやエフェクトのおかげで力強さに秀でた作りとなっており、これはこれで◯。

そんな迫力のあるイントロに続けとばかりに始まるリフは、確かに直前までと同様のノリで勢いもあるのですが、ただいかんせんメロディが前衛的すぎて聞いていると気後れ、気疲れしてしまうといった印象。
前回のようにキャッチーさがないために万人受けするとはお世辞にも言えず、かと言ってこの150を優に切るBPMではアグレッシヴ好き対応とも言い切れないですし。

ヴォーカルパートに関してですが、今ひとつ方向性の見えないAメロはパッとしないもののBメロからの盛り返し具合はさすがといったところで、そのBメロで過去作品をチラつかせながら徐々にアグレッシヴから爽やか、ポップへとシフトしていきサビで大団円を迎えるといった構成。
サビもLOLITAに迫るほどの高音域勝負のヴォーカルが響きわたり、格好良さもアピールしつつ、一方でリフとは対照的に随分と親しみやすさを盛り込んだ内容。

この親しみやすさがリフにあれば印象も変わったんでしょうけど。
以前のULTRA MI-HA DELUXEの時も思いましたけど、こういったタイアップ楽曲ってもっとキャッチーさを重視した曲調の方が受けが良いと思うのですが(^^;)



2.READY FOREVER/ CHRIS STANTON AAA
(L.DEGANI-S.DALL’ORA)
デビュー作LOVE IS FREEDOMではポップさを、TAKE A FRAMEではPHIL&LINDA顔負けのオシャレなミドルテンポを、そうかと思えばSATURDAY TIMEなどでは一転アグレッシヴ路線だったりとなかなか芸達者なこの名義。
今回はどんなパターンで来るかと思い聞いてみれば、アグレッシヴ路線での勝負!しかもかなり攻めた&熱い展開でニヤニヤが止まらない(きめぇ)

エフェクト語りから入るイントロはそれ以外にも吐き捨てるような男声に唸るようなギター、躍動感溢れるベースにサンプリングと様々な要素が詰め込まれ、約50秒間、こちら側の期待を着実に高めていく展開。
珍しく女性声を介してから始まるリフは昨日の記事でも少し触れましたが、TIMEらしくない作りとなっており、所狭しと動き回る刻んだフレーズに腹に響いてくるようなダークなメロディラインとアグレッシヴ好きには堪らない展開!新たな方向性を見出したTIMEに乾杯!

…なんて思わず書いちゃいましたけど、よくよく聞いてみるとアノ曲に似ているんですよね、YOUR LOVE IS LIKE MEDECINE/ MEGA NRG MANに(笑)
リフ直前の女性コーラスも心なしか上記のDOMINOコーラスを意識しているような…実際にこの曲をモチーフにしたかどうかは分かりませんが、いつも通り上手い具合に親父味付けがなされているので完全劣化アレンジなんてことは微塵も感じず。

こちらも1曲目同様、Aメロで若干つまずき気味なのが玉に瑕ですが、それ以降の展開はそれを帳消しにした上にお釣りが返ってくる程の出来映え。
Bメロからはメリハリをつけつつ、また相変わらずDOMINOっぽさを織り込みつつ再加速。フルスロットルのまま突っ込んで始まるサビはRADIO TOKYO/ MR.Mがチラつくタイトルコールを軸にトゲトゲしい歌声がダイナミックに歌いこなしていくといった内容で、その破壊力はリフ以上。
Ready、forever、action、crazyといった日本人にも馴染みのあるフレーズで固めてあるというのもこの曲に惹かれる理由の一つなのかも。

最近こういったアグレッシヴな曲調に飢えていたので、本作のような攻め攻め作品はありがたい限り。
自分の中の単曲REMIX製作魂は風前の灯火なんですが、今回は久しぶりに一つ作ってみようと思います(宮城県の人を巻き込んで(笑))



3.DREAMLOVER/ PAUL HARRIS C
(L.TORCHIANI-C.MORONI)
配信とあわせSEB170番代以降、登場回数の多い(気がする)この名義。
以前にBLAST!のROSEMARYが同名ナンバーをリリースしましたが、そちらが尖ったシンセを軸にした哀愁楽曲だったのに対し、本作はそれとは違った曲調を展開。

左右に散らしたヴォーカル、更に叫びを交えたイントロは全体的にくぐもったエフェクトが掛けておりタイトル通り幻想的な雰囲気。
そんな静けさを打ち破るがごとく始まるリフは、ここ最近のDELTAとはまた違ったシンセでの進行で、これまでのややかすれ気味の音色と比べると派手さも厚みも増し聞きごたえもアップ。ただ肝心のメロディラインが今ひとつ攻め切れておらず、せっかくのこのシンセも上手く活かせずといった格好。

またそのヴォーカルパートもリフと同じく煮え切らなさが残る内容となってしまっており、サビまで聞き終えても何だか釈然としない内容。グイグイと引っ張ていくベースにそれに上手い具合に乗って歌いこなすvo.と材料は揃っているのですが…やはりサビまでの道中が平坦、そのサビもキャッチーさ爆発力に欠けるためそう感じてしまうのかも。
バックトラックだけでなく曲調にももう少しメリハリが欲しかったところ。



4.HANKY PANKY/ BUBBLES C
(S.CASTAGNA-C.CODENOTTI-A.MILANI-E.SOMENZI)
以前のD-1 DREAM PROJECTのレビューを再掲。
------------------------------------------------------------------
タイトル的にこの後に収録されたKOOKY SPOOKY/ SCREAM TEAMとセットな感じですが、ただ中身の方は全く異なる作りとなっており、同名義EASY CRAZY LOVEの延長線上のような仕上がり。

2009BESTではEASY~が何だかSEBっぽくないような云々と書きましたが、この曲もその曲ほどでないにしろ「何か違う…」というか。リフもあってAメロ、Bメロ、サビと一通り揃っており一般的なユーロの構成と何ら遜色ない作りではあるのですが。

どうも前置きばかり長くなってしまいましたが、ヴォーカルパートは前作同様、ダミ声と能天気な女性vo.との掛け合いメイン、そしてそれを幼いコーラスが追いかけるといったモノとなっており、おもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさは健在。

ただし前以上にラップパートが多く音程が一定であるため、そこのところが普段ユーロしか聞かない人からすると物足りなく感じたり、もしくは上に書いたように「何か違う…」と感じてしまうかも。
ただ一方で逆にこの手のパターンを新鮮、斬新、凄く良い!と感じる人もいるでしょうし、この辺りは各々でその印象も全く異なるでしょう(何だか煮え切らないレビュー(苦笑))
個人的にはサビでのラップ部分にもう少し起伏を付けて欲しかった&ヴォーカルパート全般の変わり映えしないバックトラックをもう少しどうにかして欲しかったところ。

そんなヴォーカルパートとは対照的にリフはかなりユーロビート仕様。LOVE COUNTDOWNで何か得るものがあったのでしょうか、強めのベースも相まって以前の吹けば飛んでしまうような張りぼてリフは鳴りを潜め、しっかりしたシンセを軸にミーハーかつアグレッシヴな仕上がりに。
何度も聞きたくなるという点ではEBF期の作品に通じるものがあります。

そのリフの分だけ前作よりは馴染みやすいかと。初期QUEEN26やPAMSY、BECAUSE I NEED U/ RENOIRなどのようにこれもユーロの在り方の一つと捉えればあるいは。
(そう言いつつ、もっと普通の楽曲を作って欲しいというのが本音だったり>保守的なもので(^^;))

それにしてもBメロ冒頭の空耳「ありがとう」は誰の入れ知恵なんでしょうか。どうも一時期SCPに在籍したあの人の影がチラつきますが(笑)


伝統の一戦は阪神に軍配 金本が決勝本塁打
スポーツナビ|野球|プロ野球| 阪神 vs. 巨人 [2010年4月6日]

想像以上に脆い投手陣で早くもゲンナリ。
どうも最近の試合を見ていると先発、中継ぎ問わず安易に点を取られすぎているような。
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

No title

1年前の192とくらべるとどうもあららといった具合な今回ですが
(まぁ192がかなりのあたり番だったのでその辺はあれですが)

どうもRizziさんがらみの鋭い音には好みが分かれますよね・・・
私は嫌いではないですが・・・
Ireneは路線的にはいいとおもいますけど、
これがタイアップ曲じゃなかったらもっと高評価だったのかなとも思ったり思わなかったり^^;
TIME/EGは今回はどちらもお気に入りです^^

No title

こんばんは、下書き管理人です。

>192
そうですね、その10作前と比べるとどうしても見劣りしてしまうというか。とりわけ今回が悪いと言うわけではないハズなんですが…

>IRENE
攻める姿勢は良いのですが、このBPMとの組み合わせが悪いような…上にも少し書きましたが激しいものをゆっくり聞くよりかは、早さを以て圧倒するぐらいのスタンスの方がしっくり来ます、個人的に。

>RIZZIさん
派手さが無いのでその辺り少し物足りなくもありますが、割合耳に馴染みやすい音色でもあって私も好きです♪
そろそろこの音以外にSTAR HEART辺りの音を使った作品をリリースしてくれると嬉しいのですが(笑)今後に期待。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
ビールうまい…ビールうまい!!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索