カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRD1456

巨人が阪神の3タテを阻止! 坂本が逆転満塁弾

うむうむ、良くやったと褒めつつも気になるのは、今シーズン先取点を相手に与えてしまいいつも追う展開の試合が多いこと、そして不安定な中継ぎ陣。現在も10勝7敗で首位にいますが、何となく磐石な試合運びと言うよりは偶然といった言葉がチラついているような気もします。

今年も投手面で色々と悩みのタネは尽きないわーなどと思いつつ、今日はこの一枚。


HI3F0400.jpg

HEY HEY BABY/ CHARLY
(DALL’ORA-MAGNANI)
A-1 EXTENDED MIX 5:20
A-2 ACAPPELLA 1:09
B-1 RADIO EDIT 2:40
B-2 INSTRUMENTAL 2:40
B-3 DUB VERSION 1:56

以前CHARLY名義の変な曲ということで KING KONG-DING DONGを紹介しましたが、今回はこの曲。収録状況やHEY HEY BABY CRY/ DEE DEEの前座サンプリング的などから知名度においてはこちらの方が上(のような気がしますが、実際はどうなんでしょう)。

でこの作品なんですが、まぁーKING~以上に変な曲(笑)この型番からも察しがつくかもしれませんが、時期的にはSEB50番台前後、同時期のSUPERMAIOやDU DU-DA DA などと同じあのノリ。
一方のA-BEATがきちんとした曲をリリースしていたのに対し、こちらTIMEはお笑い・おふざけ・ネタ要素と日本-ブラジル並みの真逆路線。

曲の頭はどことなくPARA PARA PARADISE/ FRANK TORPEDOにも似たフレーズに始まり、いきなりかなり豪華な雰囲気。直後ベースを絡めつつ息を整え、なかなかこちらをワクワクさせ、更に4拍踏まない なし崩し的な音色と続いて「さぁリフ!」と意気込みつつ耳を傾けてみると…

やっぱりと言うか案の定と言うか、リフは見事なまでにチープ路線。
全体的に高音域メインでの作りとなっており、メロディラインは軽く中華風。
何となくALL RIGHT HEY HEY/ ROBERT PATTONをもう一本作ってみたらこんなんなりました的雰囲気も漂い、新鮮さはそれほど感じないはずなのですが、何故か一度耳にこびり付いたら離れてくれないメロディ(笑)
シンセ自体は割とシンプルなのですが、そのメロのおかげで存在感はかなりのモノに。

ALL RIGHT~がヴォーカルの分だけアグレッシブ要素を多分に含んでいたのに対し、こちらMAGNANIvo.の本作もそれなりに同じアグレッシブ路線。ただし全部が全部そう聞こえる訳ではなく、歌ってる本人は真面目なのに妙に笑いを誘われる展開。
そう思う最大の理由はこのサビにあるような気がするのですが…(笑)

構成自体は基本に忠実。あくまでもAメロから着実に歌い進め、途中MORONIらしき
コーラスも参加し賑やかさも抑えつつの展開。
パートの最後にくるサビは、簡潔の極みといった具合のタイトルコールを筆頭にとにかく分かりやすさ重視。従来パート同様、バックはかなりシンプルではあるのですが、このアクの強いクセ声がそれを見事打ち消し、リフと同じように一度気いたら忘れられない仕上がりに。
置き土産といった感じで配置されたサビ締め部分のコールも◯。

3:40~の甲高いシンセから始まる間奏パートもおふざけ満載で文句なし、そこからコーラスオンリーパートへ流れていく構成もお気に入り♪
上にも書いたようにベースとなる部分はとにかくシンプル、けれどもそれをこの曲調、歌声が上手くサポートし、妙な説得力(褒め言葉)を持った作品に仕立ててくれているのでしょう。

NON-STOP収録は意外にもかなり恵まれており直後のSEBvol.63、vol.110、MAHARAJA NIGHTvol.17、70分70曲(水色ジャケ)、またサンプリングではEBFvol.20にも登場。
神業が光る70分70曲も捨てがたいですが、個人的にはMNvol.17推しで。右側から迫ってくるサイレン&サンプリングで前曲DU DU-DA DAとともカッコ良さがグンとアップ。オススメ。


<悔しいのは分かるけど>
20100415-00000505-sanspo-base-view-000.jpg

7失点の鷹・神内、ベンチの背もたれ破壊(サンスポ)

モノに当たるのはいかがなものかと思うわけで(それで利き手骨折した投手もいましたけど、ホークスに)そのホークスになんと かつてヤクルト-巨人で活躍したペタジーニが入団するそうです(元巨人ペタジーニを獲得=プロ野球・ソフトバンク)

当然気になるのはあの夫人なんですが(笑)

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

No title

ttp://odysseymusic.bandcamp.com/

彼はDelta新人のKen Blastのようです。
いがいとEurobeatっぽく仕上がってますね。
Tr1,2,4,6,8,10がEurobeatっぽい感じですが、Tr.4はインストのみですね。
ちょっと音遣いが新鮮です。個人的にお気に入りは
どこかASIAっぽいTr.4やちょっぴり哀愁なTr.6ですが、どうでしょう。

No title

↑AsiaっぽいのはTr2でした^^;(コーラスが

情報ありがとうございます

こんばんは、鼻づまり管理人です。

>KEN BLAST
先ほど試聴してきましたが、いやぁー正直メロディ野郎にはたまらない作品ばかりで驚いちゃいました(笑)
SEBvol.201収録の作品もそうでしたが、色々なレーヴェルらしさが見え隠れするも、それだけで終わってしまっていないところに好感が持てますね。

>Tr.2・ASIA
イントロの叫びがそのまんま(笑)
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。