カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEEP IT FOR TONITE/ PRISCILLA

おいおいおいおい(以下1万回続く)…なんなんだ、あの草一択の御三家のデザインは(苦笑)
トカゲにブタにラッコとモチーフ的にはそこまで問題はないはずなのですが、いかんせんデザインが(何故か昔々のGBゲーム「もんすたあ★レース」を思い出した)
進化したら化けるとは思いつつ、特に御三家は見た目から入るクチなので(^^;)

イッシュ地方ってどこなのかしらと思いつつ今日はこの一曲。


m_65d1ede95b3044639f8d463f8ecfdf86_20100512211713.jpg

KEEP IT FOR TONITE/ PRISCILLA 5:25
(C.MORONI-G.FOGLIA)
最近ではめっきり出番の少なくなったPRISCILLA名義。この人のMACH収録作品といえばHELLO GOODBYE(MACHvol.3)ですが、他に収録された2作品もなかなかどうしてクオリティは高く、今日はそのうちの1曲、KEEP IT FOR TONITEのお話。

まずはイントロですが、いきなりのダイナミックなフレーズに「えっ」となり、更に続くパートに「なんだなんだ?」となってしまうような内容。
と言うのも冒頭パンニングフレーズから一呼吸置いた後、ちょうどヴォーカルが登場する辺りから、まるでユーロのそれとは思えない、さながらハイパーテクノと見まがうようなパートが展開されるからで、MACH収録時のイメージでいるとかなりのギャップを感じることに。

軽めのサイレンを絡め、淡々としたバック、かなり低いトーンのギターを用いたパートと続き、とにかくダークな雰囲気。それこそこのままテクノ路線で展開されても全く違和感の無い作り。
もちろんずっとこの調子なんてことはなく、テクノ寄りパートの直後には低音部分が外され、また再度ヴォーカルが登場するおかげで次第とその重苦しさは排除され明るい曲調へとシフト。

そんな流れを受けてから始まるリフはイントロまでの暗さが嘘のような、とにかく明るく、爽やかな仕上がり。構成自体は単音系シンセメインで厚みがある作りとは言えないのですが、微妙にボカしエフェクトを掛けたり、またこの屈託のないメロディのおかげで物足りなさといったモノは皆無。可愛さをアピールしつつ、ゴージャス感も兼ね備えた仕上がり。

そんなリフを聞けば、続くヴォーカルパートは可愛さ重視で来るだろうなんて思うのですが、実際聞いてみると案外そうではなく、最近ではDO WITH ME/ VICKY
VALEなどと同じ曲調の割りにしっかりした歌い回し。

柔らかい入り口からTIME楽曲にも通じるような叩きを挟み、Bメロからはリフで見せた明るさは抑え目で割合シリアス調に展開、と思えば直後のサビではリフ同様の、もしくはそれ以上の明るさで迫ってきたりと、各パートしっかりメリハリのある作り。
BPMは150ギリギリ有るか無いかぐらいなのですが、遅さといったものは殆ど感じず。

サビはサビでそうした明るさで盛り上げつつ、キャッチーさバッチリの掴みの“I wanna keep”×2から次々とまくし立て、一層賑やかに。
DELTAでは同じ“KEEP”を冠したタイトルでKEEP ON LOVING YOU/ CHERRYがありましたが、それがゆったりと構え聞かせることに重点を置いていたのに対し、こちらは聞かせる点も抑えながら結構主張してくる内容。
HELLO~のように可愛さメインで押してくる作品はちょっと…という方もすんなり楽しめる作品かと。

ちなみに中盤の間奏部分もイントロ同様のダークな作りで、この辺りの曲調の移り変わりも聞き所の一つ。アウトロ含め耳の離せないEXTENDEDになっています。

歌詞を見るついでにMACHvo.2を聞き返してみたのですが、エナアタのいないこの回は何だか独特な雰囲気があります(笑)
DELTAに限ってみれば、この曲以外にもSUZY LAZY、I BELONG TO YOU、EVERY TIME YOU GO、TAKE ME TO YOUR HEART、DON’T GIVE UP YOUR LOVE、そしてラストのメカブと良曲揃い。特にノンストではI BELONG~→本作→EVERY TIME~のくだりがお気に入り。

そう言えばライナーを見ると“勿体ない、勿体ない(独り言)”とありますが、これは蔵出し的な意味合いでの発言だったんでしょうか?(笑


ポケ書さんのデジタルコミックが更新されていますが、今回は題して「21ばんすいどう」
序盤の何気ない日常が嘘のよう、物語は次第に狂気じみてきて…隔離されたマサラタウン南の草むら、モンジャラが長靴を履いているのにはそんな理由があったとは。怖くてもう夜トイレにもいけない!

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。