カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでニドキングが表紙なんだろう

部屋の中を色々と片付けていたらこんなものを発見。

HI3F0450.jpg

知る人ぞ知る「ポケットモンスターを極める本」、例によって例のごとく片付けそっちのけで読みふけってしまったのですが、いやーこれが懐かしい(笑)

この本の一番の特徴は初代の攻略本にしてはかなりマニヤックなところでしょうか。
まず表紙開いてすぐのところに袋とじがあるのですが、

img007.jpg
絶版のまま10年以上経過しているため、もう手に入らないと勝手に判断していくつか掲載

初期にしては珍しく個体値、ドーピング、経験値稼ぎには四天王じばく戦法がオススメ等々が記載されており、当時小学生だった自分には半分以上、理解できていなかったような覚えがあります(笑)

img008.jpg

同じポケモン3匹並べての比較なので、違いもよく分かります(左下)


こうした育成以外にも対戦面の記事も充実しており、本書の前半では真面目なモノからすごく…ネタポケwiki臭です…といった半分お遊びのようなパーティまで色々と収録。

img009.jpg

小学生なら誰しもが通る、ミュウツー×6匹パーティ。

img011.jpg

出来る事なら戦いたくない、じばく・だいばくはつパーティ。

img010.jpg

その見た目で戦意喪失を狙うという面白コンセプトのラブリーパーティ。


この他掲載されているパーティは以下の通り。

「豪華絢爛!伝説のポケモンパーティ」
「水属性100% 海の幸パーティ」
「あふれる野性味 ケモノパーティ」
「へんしん あるのみ!メタモンパーティ」
「不思議パワー炸裂!エスパーパーティ」
「躍動する肉体、ほとばしる汗、格闘パーティ」
「ポケモンの空軍部隊飛来!鳥パーティ」
「雑草のようにたくましく!草パーティ」
「さいみんじゅつの恐怖!ゲンガーパーティ」
「選べる3種をすべてゲット!オーキドwithイーブイパーティ」

当然といえば当然のことですが、水や草、鳥など単一タイプで固めたパーティは弱点も全て共通しているため、苦手なタイプが相手の時は苦戦必至。特に決定打に欠ける草タイプや初代で猛威を振るったエスパーに滅法弱い格闘パーティなどは、この紙面を見ているだけで勝てそうにないな、なんて思ってしまうほど。

メタモンに関しては、後の作品でメタルパウダーとスピードパウダーが登場し、上に挙げたパーティも多少は活躍できる…と思ったものの、そういった大活躍の噂はこれまで聞いたことはなく(^^;)
次回作では他ポケモンに化けるゾロアークも登場し、ますます産む機械タマゴ要員化しそうな勢い…アニメではイミテの手持ちでした。

こうしたパーティ構成以外にも対人戦のコツや各ポケモンのLV100時のステータスといったデータなども収録されているのですが、そうした中、終始一貫して主張されているのが「ほのおタイプダメ説」。

img012.jpg

伝説ポケモンでありながら徹底的にこき下ろされるウインディ。

「そらをとぶ」があるファイヤーは、力押しだけでも戦力になるが、ウインディに関してはどうしようもない。「伝説のポケモン」とは名ばかりで覚えられる技も少なく、これといった特徴もないのであまり活躍は望めないだろう。


ファイヤーさん以下の扱いを受けるウインディ。

お手軽に覚えられる「なみのり」に、有利に戦える草、虫は対人戦で使われることも多くはなく、氷タイプも水との複合タイプが多く逆に不利になることも多々。
ウインディに関しては特殊、素早さでキュウコンに劣り、また「しんそく」なども未登場と今以上にサブウェポン不足に悩まされ、上のような扱いを受けるのも当然といえば当然か。
今はソーラービームや噛み砕く、他にも優秀な特性も手に入れ、初代とは見違えるほど強くはなりましたが…
しかし、それにしても初代はヒトカゲ→ニビジムをはじめ、色々と冷遇というか使いづらいことが多かったですよね(苦笑)

その初代の発売から約15年、そりゃ自分も歳とるわけだ、なんて色々と物思いにふけっていたら、案の定 片付けはちっとも進みませんでした(いつも通りのオチ)


       tomodachi.jpg

            「ヒームロくん、あーそびましょ」


プラチナのボックスが満杯になってしまったので、ハートゴールドで再開。

HI3F0447_20100731192015.jpg

9月の新ポケ発売までには何とかh氏と一戦交えて、リベンジ果たしたいところ(笑)

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

No title

新時代がまもなくやってくるというのに、そのやり込み様ぱねぇーっすwww
ボックス満タンとか最近すっかり無いですわ~。

初期ポケの頃なんてドーピングとか全然気にしてなかったっすなぁ~。
対人戦も全くやって無かったから、フリーザーさん、フーディン、ゲンガーだけで十分って感じでしたもん。
対人戦の環境がますます整って来るとなると気合入れて行かないといけないっすね。
ブランク空けちゃうと育て方忘れてしまいますもんね。どのポケが何の努力値とか。

次は何を育てようか、妄想してるのが一番楽しかったり。

No title

こんにちは、惰性です。

>ボックス
どっちかというとひたすら孵化作業繰り返す→目当ての特性・性格でない→逃がす作業面倒→満杯といった感じです(^^;)
次世代ではこの辺りのボックス操作も改良されていると嬉しいんですけどねー。

>初期
そう言えば小学生の時、同級生に「マサラタウンの上の草むらでコラッタばかり倒すと強く育つよ」なんて言ってる子がいましたねー当時は何言ってるんだろ?なんて話半分に聞き流していたのですが、努力値のことを言っていたんでしょうね。

当時はインターネットもようやっと普及し始めぐらいの時代でしたし、小学生の知識ではそうした努力値やらドーピングやらのところには行きませんでしたね、仰ってらっしゃるようにフリーザーの吹雪つえぇぇぇ!止まりで(笑)

>妄想
それはありますよね~技構成やらパーティ編成やら色々と考え、よしじゃあ育てるか!と思ったときには努力値配分メンドクセー→放置というパターンによく陥ります(^^;)

No title

懐かしいものを見せていただきありがとうございました
本の購入時は小学校に入りたてだったのでほとんど内容を
理解できていませんでしたが(笑)いろんな所へ持ち歩き
眺める度にワクワクしていた記憶がよみがえりました

No title

お役に立てたようで何よりです♪

私は当時、yamaさんよりもう少し上の小学生3~4年ぐらいだったと思うのですが、ただそれでもあの内容はさっぱりでしたね(^^;)冒頭の袋とじは、今で言うところの種族値や努力値なんでしょうけど、小学生が理解するにはちょっとハードルが高いですよね。

でも理解は出来なくとも数字の羅列で妙に説得力のあるステータス表や、上でも取り上げた特徴的なパーティのページなど、同じようにワクワクしながら何度も読み返していました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。