カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショフト

昨日も巨人-横浜戦とザッピングしながら見ていたのですが、



レフトへのゴロ(0:30~)、2アウトとは言え、普通あのタイミングでホームに突っ込んだらかなりの確率でアウトのタイミングですが、2塁ランナーは迷わずホームに突入。

これを見た瞬間「これはさすがに間に合わないでしょ」なんて思ってしまったのですが、驚いたことに打球を捕ったレフトがバックホームもしない、それどころか中継へも返球しない。
暫く経ってから「あぁそう言えばレフトを守っているのは…」と気が付き納得しましたが。。。

以前の、確か横浜スタジアムでの試合でもレフトから、まるで外野手の送球とは思えないゴロで返球をしていましたが、昨日の試合などを見ても早く投げる、遠くに投げることはおろか、普通に投げることすらままならないほど彼の肩はボロボロなんでしょうね。

なまじ前の回にタイムリーヒットを打っていたから代えづらかったというのもあったんでしょうけど、あの9回の1点が後半の追い上げムードに水を差してしまったのは否めないわけで。
普段の阪神戦は見ないのであまり詳しいことは言えませんが、真弓監督もスパッとレフトの守備を代えておけば、余計な失点をすることもなく9回裏を迎えることが出来たんじゃないかな、なんて素人考えですけど思ってしまいました。

踏ん切りのつかない選手交代と言えば、我らが巨人の原監督も負けず劣らず(苦笑)
ここ最近特に顕著ですが、早い回に先発ピッチャーが打ち込まれる→落合監督とかならスパッと諦めて交代させてしまうところを、辰っちゃんは変に引き延ばし、結局その後痛打され大量失点という黄金パターン。

監督の期待に応えられない先発陣にも責任があるとは言え、もう少し早い回に打ち込まれたらスパッと投手を切り替えるぐらい、歯切れの良い采配を振って欲しいとは思うんですけど(笑)

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。