FC2ブログ

ホームラン率

打率や長打率はあるのにホームラン率がないのはおかしい、ということで試しに計算してみました。
対象は現在、巨人の1軍に登録されている捕手・野手、単純な打席数割りと、四死球・犠打・犠飛を除いた打数割でそれぞれ算出。

HR率

ある意味で当然のことなのかも知れませんが、ホームラン数の多い選手ほどHR率は高め。上位はラミレス・阿部・小笠原とお馴染みのメンツ、ただ打席数と打数では微妙に順位が異なっており、トップはラミレスから阿部に。
この辺り阿部の四死球の多さ(59個)が大きく関係しているんでしょう(ラミレスは死球こそ12個とチームトップであるものの、四球は12個と少なめ)。
チームで一番四球の多い小笠原も打数割だと、HR率は1%ほど上昇。

阿部が9.51%、ラミレスが9.35%。10打席1本とまではいかないまでもそれに極めて近い確率、1試合4打席回ってくるとすると2~3試合で1本の確率でホームランを打つ計算に。

もちろんその選手の好不調、試合が行われるドーム・球場の広さ、他にも対戦投手の利き手や相性などもあるので、一概に上に挙げた数字通りの結果が得られるわけではないのですが、それでもこういった数字を頭に入れておけば、普段の試合、とりわけ強打者の打席への期待度も変わってくるはず。

計算方法はHR数÷打席数or打数と簡単、気になる方は贔屓にしているチームのHR率を計算してみてはどうでしょうか。


<ピッチャーの代え時>

野間口

巨人広島

巨人壮絶サヨナラ負け…リード2度守れず(サンケイスポーツ)

9回裏、クルーンが同点2ランを打たれたのもまぁ100歩譲って仕方ないとしても、11回の野間口の登用はさすがにどうかと。交代直後にいきなりホームラン、その後2アウトまでこぎつけるものの連続フォアボール→逆転サヨナラホームランでゲームセット。
2打席連続でHRを打った岩本、2アウトの場面でHRを打った天谷のバッティングが素晴らしかったと言ってしまえばそれまでですが、最初のHRor最初の四球の時点で投手を交代させておけばこういう結果にはならなかったんじゃ…なんて思ってしまうわけです、結果論ですけど(笑)

幸いにも昨日は他の上位2チームも負けたために順位は変わらずですが、ただこういった中途半端な采配を続けていれば、リーグ優勝4連覇はますます遠のいてしまうような気がします。


借金返済、いつの間にか3位中日と3.5ゲーム差にまで縮めた東京ヤクルトが今一番恐ろしい(笑
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
旧HDDの発掘作業完了(たぶん)ついでに音源整理も。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索