カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THUNDER BALL/ TEDDY BOY

何だか急に気温が下がりましたね…昨日の夜もいつもと同じような感覚で、ろくに掛け布団も掛けず寝てしまったのですが、翌朝、まだ日が昇る前に寒くて目が覚めたという(おかげで見事風邪を引いてしまいました(^^;))
明日以降も今日と同じような気温、週間で見ても30度に届かない日も増えるようですし、このまま一気に秋めいてくるのかも知れませんね。

今日からはちゃんと布団を掛けて寝ようと思いつつ、この一曲。


MNHR24.jpg

THUNDER BALL/ TEDDY BOY 5:28
(DALL’ORA-DI MARCANTONIO)
まずこのTEDDY BOYという名義だけでだいぶマイナー臭がするのですが(笑)、収録先もMNHRvol.24とお世辞にもメジャーとは言えないCDで、この名義の作品の中でも一層マイナーな作品に。
ちなみにこの名義の作品は以下の通り。

IN THE JUNGLE/ TEDDY BOY(SEBvol.39)
THE RHYTHM OF THE NIGHT/ TEDDY BOY(SEBvol.49)
GANGSTER OF LOVE/ TEDDY BOY(EBFvol.1)
MASTER OF SEX/ TEDDY BOY(SEBvol.58)

数は少ないものの、それぞれタイトル含め個性的な作品ぞろい。
もちろん本作もこうした作品群に負けることなく、色々な意味で個性を発揮した仕上がり。

で曲の方なんですが、低い位置でモコモコと動きまわるベースに始まり初っ端から何とも怪しい雰囲気を漂わせた作り。直後からMAGIC RING OF FIRE/ SONIC RAYなどでも使われていた指パッチンフレーズ、更には色々なキーのタイトルコールも加わってきますが、基本的な曲調は変わらず。

妙な胡散臭さを辺りに振りまきつつ、そこからスムーズに始まるリフ。制作は親父だけでなくDIMAも参加していますが、後のDANCING INTO THE NIGHTやDON’T STOP THE MUSICのような伸びのあるシンセは使われておらず、基本的には親父の独壇場。

例によって例のごとく、この時期特有のチープさを随所に散りばめた作りとなっており、感じとしてはCALIFORNIA GIRL/ DAVE HAMMONDとPOWER GUN/ DR.MONEYを足して割ったようなリフに。

シンセだけ聞くとちょっと頼りなく感じてしまうのですが、この流れるようにして迫ってくるラインに明るさとアグレッシヴさが入り交じったメロディがあるおかげか、リフ全体では思っている以上の存在感。
中毒性の高さもなかなか、一度聞いたら暫くは頭から離れません(笑)

前4作とは異なりMAGNANIがvo.を担当した本作、もちろん荒々しさという点ではGINO CARIAの時よりも多少劣りますが、歌声メインで突っ切って行くという点では共通。特にこの曲ではバックトラックもだいぶチープなので、その分をこのクセ声が上手くカバー、曲をグイグイと引っ張っていってくれています。

こねくりまわした様な歌声が印象的なAメロに始まり、続くBメロでもその延長線上。どちらも割に低い位置での推移で、果たしてこのままのテンションでサビまで持つのかしらなんて思ってしまいますが、テンポ自体は良いので、心配しつつもすんなり耳に入り込んでくる作り。

でそのサビなんですが、サビそのものは良いんです。それまでのやや暗い雰囲気を一気に吹き飛ばし、POWER GUNに迫るほどの盛り上がり。タイトルコール連呼+女性コーラスとで直前パート以上にリズミカルに、またサビ終わりのいかにもTIME作品らしい叩きフレーズもあり、メリハリもバッチリ。

唯一の難点は、サビ前タメが無いという点。この時期の作品なら十中八九、そういったタメがあるものですが、何故かこの曲には無く、Bメロからちょっと唐突にサビが始まってしまっているのが気になるところ。
何度も聞いていれば気にならなくなるとは言え、全日本サビ前タメ推進委員会名誉会長の自分としては、もうワンテンポ置いてから展開して欲しかったなぁなんて思ったりも(笑)


<1000投球回達成>
1000.jpg

巨人、内海が9勝目!節目の試合で打線も強力援護(サンケイスポーツ)

あの点差でクルーンを出さなかったのは温存だったのか、はたまた昨日の失態を受けてのものだったのか。見てる側からすれば登板しなくて一安心、他方ヤクルトファンからすれば出てきて欲しかった、なんて思われていたのかも(^^;)
とりあえず今日の勝利で、巨人は2位に返り咲き。

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。