カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE NON-STOP OF EUROBEAT 1999

という訳で向こうで予告したとおり例のノンストを公開。

1_20100919005436.jpg

トラックリストは以下の通りです。


1. SHAKE ME UP/ JUNGLE BILL
2. C'MON BABY TONIGHT/ JIMMY BRAVO
3. ROCK OF FIRE/ TOMMY K.
4. DANCING EVERYBODY/ MEGA NRG MAN
5. LOVE AND FEVER TONIGHT/ TOBY ASH
6. DEJA VU/ DAVE RODGERS
7. SPEEDY SPEED BOY/ MARKO POLO
8. HONEY HONEY HONEY/ GIPSY&QUEEN
9. CRAZY GIRL/ KATE&KAREN
10. DON'T GO BREAKING MY HEART/ KARINA
11. READY 4 YOUR LONELY GAME/ EUROSISTER
12. NEW MILLENNIUM/ GO GO GIRLS
13. IT'S A BEAUTIFUL LIFE/ CHRISTENE
14. TOUCH ME HERE TOUCH ME THERE/ GO GO GIRLS
15. JUNGLE NIGHT/ KIKI&KIKA
16. HAPPY WITH ME/ GROOVE TWINS
17. GUCCI GIRL/ CINDY
18. SLAVE TO THE RHYTHM/ CLAUDIA VIP
19. SATURDAY NIGHT/ NIKITA JR.
20. DANCE ON SATURDAY NIGHT/ GROOVE TWINS
21. WOA WOA WOA/ DOMINO
22. SHADOWS IN THE NIGHT/ PRINCESS F.
23. PASSION LOVE AND FANTASY/ LISA JOHNSON
24. WORLD OF FANTASY/ SILVERfeat.ROSE
25. GAMBARE/ VICKY VALE
26. DELTADANCE.COM/ NMS
27. DUM DUM BULLETS/ SUZY LAZY
28. I BELIEVE IN MUSIC/ SUZY LAZY
29. LOVE GENERATION/ SUZY LAZY
30. COME TOGETHER/ ANN SINCLAIRE
31. BROTHER&SISTER/ VIRGINELLE
32. BECAUSE I NEED YOU/ LOLITA
33. MACHO MAN/ LOLITA
34. I SHOULD BE SO LUCKY/ SUSAN BELL
35. DUM DUM PISTOL(ピストルEDIT)/ JOE BANANA
36. BANDOLERO COMANCHERO(うで卵MIX)/ FRANZ TORNADO
37. YACCHAA BOI(ENATIME MIX改)/ GARCON
38. RIDE THE LION/ ELVIS
39. MY ROCK IS FOR JAPAN/ EDO BOYS
40. YOU MAKE ME FEEL/ DUSTY
41. SUPERHERO/ MEGA NRG MAN
42. NIGHT OF THE TIGER/ MR.MUSIC
43. MADE OF FIRE/ NIKO
44. FIREBALL/ ACE WARRIOR
45. NIGHT IN TOKYO/ ATRIUM
46. SPACE RACING/ ATRIUM
47. STARMAN/ ATRIUM
48. GO!GET READY!/ DAVE McLOUD
49. EROTIC POWER/ DR.MONEY
50. LOVE IN PARADISE(ENATIME MIX)/ ROBERT PATTON



初めは1999年だけ年末BESTがない→じゃあそれっぽいモノでも作ってみっか、なんて感じで作り始めたのですが、どうも25曲編成じゃ調子が出て来ず、結局、対象をEBF・MACHまで広げた50曲のNON-STOPを作ることに。

まずその曲数変更でだいぶ時間を食ってしまったのですが、その後も向こうでも何度か触れましたが、何度か曲を入れ替え、ふと気がつけば当初のトラックリストとはだいぶ違う内容に(笑)

それ以外にも音量にバラつきのあるmora音源に手を焼いたり、blogでも触れましたがビートマッパーで上手く拍合わせが出来なかったり、そして何よりこの移り気で飽き性で集中力の欠片もない私の性格が災いして、とにかく完成までが遠かった(^^;)





選曲対象は1999年にリリースされたCDに収録された作品、具体的にはSEBvol.94・95・96・97・98・99、EBFvol.21・22、EUROMACHvol.1・2からです。
以下、各曲に対する感想や凝った箇所+懺悔の時間です。
--------------------------------------------

1.SHAKE ME UP/ JUNGLE BILL
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
初っ端を飾るのはこの曲。基本的に1曲目は勢いのある曲と決めているのですが、この曲ほどそれにふさわしい曲はないわけで(笑)
アカペラ・インスト・LASTver.を駆使して頑張りました。


2. C'MON BABY TONIGHT/ JIMMY BRAVO
(A.FERRARIS-D.DI MARCANTONIO-L.STANGA)
こちらも上とはまた違った方向で勢いのある作品。同様にアカペラ、インストを使って激しく…と思いきやアカペラがDUBver.という罠(苦笑)
冒頭と終わり部分は以前ボツにしたものの再利用。何の曲かすぐ分かったあなたは相当なエナアタ通。


3. ROCK OF FIRE/ TOMMY K.
(D.DI MARCANTONIO-S.DALL’ORA)
中の人繋がりでこの曲。サンプリングは一応、DIMAで揃えたつもりなのですが、合っているかどうかは果てしなく微妙。ちなみにこの曲以外、後半の作品でもサンプリングはその辺りの絡みで固めてあります。
しかし、それにしてもSEBvol.128での車SEの邪魔さ加減と言ったら!(苦笑)


4. DANCING EVERYBODY/ MEGA NRG MAN
(G.PASQUINI-S.OLIVA)
INTO THE FIREとどちらを入れるか迷った挙句、こちらを選択。登場の機会乏しく、何となく忘れられているようなイメージもありますが、乱発期の中では抜群のクオリティ。
繋ぎ部分でエフェクトを使用、次曲への流れはお気に入り。


5. LOVE AND FEVER TONIGHT/ TOBY ASH
(S.DALL’ORA-L.DEGANI)
早くフルで聞きたい作品その①。当初は何度拍を合わせようとしてもてんでバラバラ、一度リストから外した経緯があるのですが、数カ月ぶりに再挑戦したら何故か問題なく拍合わせ完了。無理やり間にねじ込みました(笑)


6.DEJA VU/ DAVE RODGERS
(G.PASQUINI-F.RIZZOLO-L.FRASSETTO)
この辺りも後になって追加した作品。どうやってニュージェネREMIXと差別化しようか色々と試行錯誤したのですが、結局はただの劣化弄りに。
今回唯一のフェードアウト繋ぎ。


7. SPEEDY SPEED BOY/ MARKO POLO
(A.LEONARDI)
今回ノンストに使用する段階で、初めてEXTENDEDを所持していたことに気が付くという体たらく。A-BEATの4分EDITと違い、これぐらい色々な変型パートがあると変化も付けやすく弄りも楽。
前曲同様、安易にDIMA節に頼りすぎなリフ叩きは微妙。


8.HONEY HONEY HONEY/ GIPSY&QUEEN
(S.DALL’ORA-L.DEGANI)
今回もアナログver.での収録。ただ前回ミソパートを使ったので、今回はそれ以外のパートを使用。冒頭のサンプリングは、自分がACIDを購入した当初に試してみようと思い、結局挫折したネタ。約6年越しにリベンジすることが出来ました。


9. CRAZY GIRL/ KATE&KAREN
(S.DALL’ORA-L.DEGANI)
この辺りはTIME女性楽曲で構成。CD背面解説でも触れられていますが、前曲を彷彿とさせるようなテンションで、相性の方もバッチリ。ちなみにサンプリングは某氏のオマージュパクリです。


10. DON'T GO BREAKING MY HEART/ KARINA
(S.DALL’ORA-L.DEGANI)
早くフルで聞きたい作品その②。もちろんTHE BIG BROTHERではなく、EUROMACHvol.2に収録されたTIMEのナンバー。このディズニーランド的な曲調、無駄なアグレッシヴさ、まさにTIMEフリークには堪らない1曲(笑)
しかしこの無理矢理な繋ぎは微妙。


11. READY 4 YOUR LOVELY GAME/ EUROSISTER
(S.DALL’ORA)
早くフルで聞きたい作品その③。上の曲とセットでこの曲、長いタイトルもなんのその、これまた無駄なアグレッシヴさ全開でド派手に盛り上げてくれるところがお気に入り。
しかしこの曲だけではないですけど、このCD、至る所にSEが施されていて、色々と使いづらいのが難点。


12. NEW MILLENNIUM/ GO GO GIRLS
(F.CONTINI-S.OLIVA-G.PASQUINI)
SEBvol.99だけでなく、他にもvol.79やvol.89などキリ番の直前=ノンスト収録率が低い=影が薄いという公式が自分の中にあるのですが、もちろんだからと言ってクオリティが低いなんてことはないわけで。
リフ-リフ繋ぎにならないよう苦心してのこの繋ぎ、珍しく気に入っています(笑


13. IT'S A BEAUTIFUL LIFE/ CHRISTENE
(S.CASTAGNA-E.SOMENZI)
以前のEUROMACH100を経由して無事配信された本作。初期のような哀愁路線を上手く引き継ぎつつ、程々のアグレッシヴさを織り交ぜた曲調で個人的にも大好きな一曲。
弄りではサビで実験的にエフェクトを使用、アクセント付けやバック叩きに便利だということに気が付く。


14. TOUCH ME HERE TOUCH ME THERE/ GO GO GIRLS
(G.PASQUINI-S.OLIVA)
ながーいタイトルを前に覚える気ゼロだったりするのですが(笑)こちらはiTuneでのA-BEAT特集でフル配信、耳当たりのいい柔らかいシンセが最高の作品。
ライナーの言葉通りにTAKE ME LIKE A WILD BOYを混ぜようとしましたが2秒で挫折しました。弄りは可もなく不可もなく、次曲との一体感がまるで感じられない繋ぎは最悪。


15. JUNGLE NIGHT/ KIKI&KIKA
(S.CASTAGNA-E.SOMENZI)
早くフルで聞きたい作品その④。かなり昔の作品なので13曲目同様、EXTENDEDはギリギリ5分台、それなりに美味しいパートがあると踏んでいるのですが…弄りはMACHvol.1の劣化アレンジ、ちなみにサンプリングはドンキーコングからです(笑)


16. HAPPY WITH ME/ GROOVE TWINS
(G.PASQUINI-S.OLIVA-F.CONTINI-A.CONTINI)
ここまでA-BEATとSCPを交互に配置。14曲目以上に柔らかい、と言うよりペニャ系シンセに彩られた本作。チープと紙一重な出来ですが、勢いのあるヴォーカル陣がそれを上手くカバー。
原曲イントロ・アウトロのパックマンサンプリングを盛り込もうとしたのですが、こちらは5秒で挫折。SEBvol.96のように上手くは行きませんでした。


17.GUCCI GIRL/ CINDY
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
ここからエナアタ3連チャン。例のLATIN MIXはBPM140程度、それを168まで引き上げるかどうかで悩んだのですが、結局流れ重視で168で通しました。
なので実際はもっとゆったりとしたアレンジ、興味のある方はJUNOのプレーヤー等で確認してみて。
LATIN~から通常ver.への切り返しも良好、弄りもお気に入り。サビ後→Bメロとちょっと不思議な流れになっていますが、実はこの時点で既にバックは次の曲に切り替えてあります。


18.SLAVE TO THE RHYTHM/ CLAUDIA VIP
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
最近復活したCLAUDIA VIPのEBF収録のナンバー。前曲からはアイアイからの繋ぎ、また元々の勢いも手伝って序盤から中盤への橋渡し役に。
当初はサビ前タメ部分にDELTAの同名曲を挟む予定だったのですが、それだとあんまりにもあんまりだったので、ラストでちょっと捻ってみました。分かる人だけ笑ってください(笑)


19.SATURDAY NIGHT/ NIKITA JR.
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
以前にネタがなくてblogで公開した部分。サンプリングにMARKO POLOを使用とどこまでもEMvol.1の劣化でしか無いのですが、それ以外の弄りはそこそこお気に入り。
このノンストでも使っていますが、原曲のサビにBメロのワンフレーズを被せる、しかもそこにまったく違和感を感じさせないところにただただ脱帽。


20.DANCE ON SATURDAY NIGHT/ GROOVE TWINS
(G.PASQUINI-S.OLIVA-F.CONTINI)
タイトル繋がりでこの曲。実際に使うまであまり好きではなかったのですが、いざ使ってみたら案外良い奴だった、と(笑)原曲イントロ終わり部分のタイトルコールがDIMA節でフライングしているので、
今回は、他の部分でもそれに合わせた形にしてみました。


21.WOA WOA WOA/ DOMINO
(G.PASQUINI-A.CONTINI-S.OLIVA-J.BATTEN)
以前の記事でKELLY WRIGHT他3曲を没にしたなんてことを書きましたが、その代わりに入れたのが上の曲やこの曲。レーヴェルは変えたくない、しかしそれでいて勢いのある曲がいいということで
選んだのですが、まぁ確かにギターソロもあってそういう点については申し分なし。
ただこちらも4分EDITなので大したことは出来なかったわけですが…


22.SHADOWS IN THE NIGHT/ PRINCESS F.
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
Tr.21→23のままで繋ごうとすると曲調に差があるせいか、不自然な流れになってしまうため、それを解決するために間に挟んだのがこの曲。激しさと哀愁、どちらも兼ね備えた作品でつなぎ役にはうってつけ。
弄り自体は~2007のあの曲をひっくり返した+αな感じ。


23.PASSION LOVE AND FANTASY/ LISA JOHNSON
(L.DEGANI-S.DALL’ORA)
早くフルで聞きたい作品その⑤。イントロから使いたく色々と苦労したのですが、前曲からの繋ぎは割とスムーズ、上手くいきました。
それにしてもこの曲、未収録部分はどんな感じなんでしょうか。この時期なら特に美味しいミソパートが待っていそうな気もするのですが(^^;)


24.WORLD OF FANTASY/ SILVERfeat.ROSE
(S.DALL’ORA-L.DEGANI)
早くフルで聞きたい作品その⑥。EBFvol.21に収録されたもう一つのFANTASY、名義通り、以前のTAKE MY HEART(EFvol.26)と同系統のナンバー。
イントロからの切り替え繋ぎは上手くいったような、そうでもないような…


25.GAMBARE/ VICKY VALE
(A.LEONARDI)
こちらは後付入れ替え組の1曲。TOO YOUNG TO FALL IN LOVEやREVELATION/ MARGARETもそうですけど、この人もたまーに日本語使いますよね…何となく元レーヴェルメイトのあの人達の影がチラつきますけど(笑)
7曲目同様、色々な変型パートがあるので弄りやすかったです。ただし次への何の面白みのない繋ぎはダメダメ。


26.DELTADANCE.COM/ NMS
(A.LEONARDI)
SEBvol.94に収録された本作、今回はアナログ収録のI LOVE DELTA MINI MIXを使用。最初のサビとAメロはそのMIXから、それ以外のリフ叩きや二度目のサビ叩きなどは自作。
それにしてもAメロの“BABY”は…LET ME BE YOUR BABYぐらいしか分かりまへん(笑)


27.DUM DUM BULLETS/ SUZY LAZY
(A.LEONARDI)
20曲目同様、この曲も今回ノンストに使用してから評価が変わった作品。下2曲に比べ見劣りがして、これまでまともに聞いたことすら無かったのですが、よくよく聞いてみれば実は良い奴だった、と(またこの流れ(笑))
イントロMEGA-MIXもそうなんですが、“ダ”の部分は前曲の“ダブリュー”の頭部分からの引用。
割と違和感なく収まっているんじゃないでしょうか(笑)


28.I BELIEVE IN MUSIC/ SUZY LAZY
(A.LEONARDI)
SEBvol.160では「イイ曲はしっかり心に残るんですね!」と評されたこの曲。確かに個人的にも何でSEBvol.100にランクインしなかったんだろう?なんて思っていたので、このかなり遅れての登場にも大いに納得したものです。
弄りの方は以前に没にしたモノの再利用(確かCAPTAIN AMERICAとセットだったような)。


29.LOVE GENERATION/ SUZY LAZY
(A.LEONARDI)
レオ様作品5連発、最後はこの曲。さすがに同じ制作陣+同じヴォーカルの作品を並べただけあって、相性の良さは抜群。ただし当たり前すぎて面白みにかけるのが難点。エフェクトを交えた叩きは13曲目の応用。
しかしわざわざ音源をアナログからmoraに替えたのは失敗。何でこんなにシャカシャカ言ってるんだろ。


30.COME TOGETHER/ ANN SINCLAIRE
(D.DI MARCANTONIO-S.DALL’ORA)
早くフルで聞きたい作品その⑦。DIMA+GUBINELLIという組み合わせの中でも屈指の出来映え、リフの音使いにしても弾けるようなサビの盛り上がりにしてもまさに完璧。
ちなみに某所でリクエストしたのも私です(笑)
あちらに対抗して…という訳でもないのですが、リフは結構強気に叩いてみました。Hey!→次曲ギターソロの流れがお気に入り。


31.BROTHER&SISTER/ VIRGINELLE
(G.PASQUINI-F.RIZZOLO-S.OLIVA)
BEST OF EUROMACH 100で遂にEXTENDEDが解禁。初めてEMvol.2に収録されてから足掛け10年、実はもうEXTENDEDなんて存在しないなんて思ったほど(ウソ)
弄り自体は可もなく不可もなく、サビ前タメでちょっと捻ることが出来たのは収穫。


32BECAUSE I NEED YOU/ LOLITA
(G.PASQUINI-A.CONTINI)
もう何番煎じだよとツッコまれそうですが、お馴染みSEVENTIES/ MEGA NRG MAN他を混ぜた弄り。ACID購入後すぐに思いつき、早速レンダリング→いきなりメールに添付して感想を求める…今にして思えばなんともハタ迷惑なことをしていたものです(^^;)


33.MACHO MAN/ LOLITA
(G.PASQUINI-L.RAIMONDI-F.CONTINI)
当初はCRAZY DANCER/ LOLITAを使う予定だったのですが、思っていた以上に原曲のBPMが低く、さすがにこれを168まで引き上げるのも気が引けたのでこの曲に変更。
弄りですが、曲の構成が31曲目と殆ど変わらないのが×(ギター/ サックスパートが前か後にあるかぐらいの差しかない)
サンプリングは誰でも思いつきそうなあの曲から。


34.I SHOULD BE SO LUCKY/ SUSAN BELL
(G.PASQUINI-F.CONTINI-S.OLIVA)
こちらもSEBvol.99からの使用ですが、でも他と比べるとそこまで影は薄くないかも。タイトルもインパクト有りますし、またGTC2000にも収録されてますし。
当初は以前やった紙技のように、どこかでBIG BANG/ NICK KEYを挟む予定だったのですが、ずっと女性楽曲が続いたため、いざ入れようとするとそこだけ浮いてしまうため敢えなく断念。前曲からの繋ぎはもっとグチャグチャな感じにしたかったかも。


35.DUM DUM PISTOL(ピストルEDIT)/ JOE BANANA
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
久しぶりのインスト・アカペラ有り作品。30曲目からEDIT=EXTENDEDが続き、大したことも出来なかったので、その分をここで挽回するべく気合を入れて弄りました(笑)
以前のMEGA-MIX EDITを超えるべく頑張ってみたのですが…評価のほどは皆様にお任せします。


36.BANDOLERO COMANCHERO(うで卵MIX)/ FRANZ TORNADO
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
えーまずは板東英二さんゴメンナサイ!m(__)m
板東英二さんといえば甲子園での最多奪三振の持ち主で、プロ入り後は中日ドラゴンズで活躍し、引退後はバラエティで活躍。マジカル頭脳パワーではその名司会ぶりをいかんなく発揮し、他方世界ふしぎ発見では皆があきれるほどの珍回答を連発。

好物は固めのゆで卵、東京から大阪への移動の際に食べ、テレビの待ち時間に楽屋で食べ、人に勧められればやっぱり食べ、食べに食べたり、何かもう見た目がゆで卵みたくなっちゃったほどのスゴイ人。

(参考画像)

71c2aea21dccbfc1a0f58814aea1c1a9.jpg

s-bandomecha.jpg


珍しくネタに走ったMIXなのですが、なかなか上手い具合に嵌っており、自分で作ったのにも関わらず、何度も繰り返し聞いては大爆笑。もう末期です(笑)


37.YACCHAA BOI(ENATIME MIX改)/ GARCON
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)
こちらは以前のSUMMERノンストに使ったものの改良版。一応、アカペラ・インストを使用したり、サンプリングを新調したりしていますが、基本的には前回とほとんど変わらず。
“やっちゅうねん”→“ヤッチャ・ボーイ”のくだりは分かりづらかったかも。


38.RIDE THE LION/ ELVIS
(G.FOGLIA-A.LEONARDI)
23曲目などと同じように何としてもイントロから使いたかった作品。どちらも直前がインスト・アカペラ有りの作品なので、割合すんなり繋ぐことが出来ました。
今回はイントロ以外のミソパートはほとんど未使用、どんなモノなのか気になる人は是非買って確かめてみて。


39.MY ROCK IS FOR JAPAN/ EDO BOYS
(A.LEONARDI)
気がつけばこれでレオ様単独作品7曲目。最近はだいぶ復調してきましたが、でもやっぱり個人的にこの時期辺りのレオ様作品が一番好き(笑)
NO ONE SLEEP IN TOKYOも良いけど、こっちもいい曲ですよ!ということで採用。もちろんギター乗せリフ部分も収録。
サビで実験的にキックとスネアを仕込んでみました。


40.YOU MAKE ME FEEL/ DUSTY
(S.CASTAGNA-E.SOMENZI-E.ZANINI)
前曲からの流れでギターなこの曲。あまりにもシンプルすぎる繋ぎ部分はとりあえずでの形だったのですが、他にいい繋ぎも思い浮かばず結局このままに(笑)
ピッチ可変からのリフスタートがお気に入り。


41.SUPERHERO/ MEGA NRG MAN
(G.PASQUINI-F.CONTINI-S.OLIVA)
ギター3連発、最後を飾るのはこの曲。アナログを購入したらCDとほとんど変わらない尺、そのあまりの仕打ちに天を呪い、地を恨み、絶望に伏したのも今となってはいい思い出(だいぶ脚色)こちらも4曲目と並んで乱発期の中ではかなりのクオリティ、アグレッシヴ好きには堪りません。
サンプリングは分かりやすくあの曲から。


42.NIGHT OF THE TIGER/ MR.MUSIC
(L.PERNICI-G.GAMBOGI)
早くフルで聞きたい作品その⑧。
とにかく拍合わせが上手くいかなかったのがこの曲。リフから合わせてみれば途中でズレ、なんとか合わせた後、イントロから繋ごうとするとやっぱりズレ、仕方なく別枠で作ってから前後の作品と合体ととにかく苦労しましたねー(苦笑)
本当は素敵なアウトロも使ってみたかったのですが、自分の技量ではどうすることも出来ず…しかしMR.MUSICって誰?


43.MADE OF FIRE/ NIKO
(A.LEONARDI)
拍ズレと言えばこちらの作品も。とは言えレオ様作品=拍ズレのイメージはあったので、上曲とは打って変わって柔軟に対応(笑)
後半のNIKOの2曲はTHE BEST OF EUROMACH(紫)からの引用、オリジナリティの欠片もありません。


44.FIREBALL/ ACE WARRIOR
(G.PASQUINI)
FIRE繋がりでこの曲。DAVE単独制作なのがちょっと意外かも。
SCOOTERの掛け声をサンプリングしたり、A・Bメロでバックにハイハットを敷いたりと色々手を加えてみたのですが、イマイチ盛り上がりに欠けるのが難点。
唯一、次曲への繋ぎは好き。


45.NIGHT IN TOKYO/ ATRIUM
(S.DALL’ORA)
ここからATRIUM作品3連発。以前の記事でも触れましたが、Akyrのあの曲の元ネタとも言える作品で、今回実際にかぶせてみたら想像以上に馴染んだという(笑)
この曲自体もSUPERSONIC FIREの×××ですし、何か色々と凄いですよね。


46.SPACE RACING/ ATRIUM
(S.DALL’ORA)
上と同じく親父単独作品。同じくATRIUM名義の作品でありながら、全く異なる曲調なのが特徴。前と後ろのカウントボイスは次曲からのフライング、と思いきや全く関係ない曲から(笑)
サンプリングは2段構え。


47.STARMAN/ ATRIUM
(S.DALL’ORA-L.DEGANI)
上の曲とこの曲の違いを説明しろと言われても、ギターパートが有るか無いか、ぐらいしか答えられなかったりするのですが(笑)ただそのギターパートが差別化に大いに貢献。
moraで初めて解禁されたときは、そのあまりの破壊力に失神寸前(まさか)


48.GO!GET READY!/ DAVE McLOUD
(S.CASTAGNA-E.SOMENZI)
紅一点ならぬSCP一点でこの曲。元々は違う曲がここに来るはずだったのですが、あんまりハネなかったのでこちらに変更。繋ぎ部分は変更前の名残。
GO!の掛け声はあの曲から引っ張ってきているのですが、同vo.なのかどうかまるで自信がありません。


49.EROTIC POWER/ DR.MONEY
(S.DALL’ORA-L.DEGANI)
万人をして納得せしめるストレートなタイトル、一応はPOWER GUNの続編ということになるんでしょうか(下ネタ的に考えて(笑))
ラストも近いということでかなり激しめの弄り、慣れないパンニングなどを交えつつちょっとだけ頑張ってみました。


50.LOVE IN PARADISE(ENATIME MIX)/ ROBERT PATTON
(S.DALL’ORA-L.DEGANI)
レーヴェル問わず、時期問わず、一番好きな曲を一つだけ選べと言われれば、迷わず即答で挙げるのがこのLOVE IN PARADISE。

今回も「…僕が一番ガンダムをうまく使えるんだ。一番、一番うまく使えるんだ…」「…僕が一番LOVE IN PARADISEをうまく弄れるんだ。一番、一番うまく弄れるんだ…」の気概で製作。

ラストで失速してはどうにもならんということで、こちらも気合を入れてREMIX。作っているうちにどんどん気持ちが乗ってきて、50曲ノンストのうちの1曲にも関わらず、2.5コーラスも収録(笑)
当初はメドレーを入れる予定はなかったのですが、無きゃ無いで何だか寂しかったので無理やり作成。対象は、この作品がリリースされる以前のDIMAvo.作品という何とも曖昧なルール。以前の記事はこの部分の保険。

ちなみにPARADISEサンプリングは全部で4種類。ひとつはtr.49のAメロからの使用ですが、残る3つは…一応、いずれもTIME作品です。



今回のNON-STOP、自己採点では65点。
基本的に自分がやりたいと頭に思い描いたものは実現出来た、アカペラ・インストがない曲でもそれなりに勝負することが出来た、サンプリング・エフェクトの新しい使用方法を発見した等々、収穫はそれなり。

他方、悪い点も数多くあり、まず一つめは完成までに時間がかかり過ぎということ。これは一番上でも触れましたが、そこでの途中の変更等を差し引いてもかなりの鈍足製作。

もっとも何でこんなに遅いのか理由ははっきりしていて、それは作業の途中、ちょっと作っちゃあ初めから通しで聞き返すというもの。全体のバランスを考えたりするのに大事なこの作業、別にこれに何か問題があるわけではないのですが、私の場合、ここに「悦に入る」というパートがプラスされるために大問題になるわけでして。

これが1曲ぐらいなら最初から聞き返しても1分程度、そんなに時間の無駄にはならないのですが、例えばこれが5曲ぐらい繋がった状態なら、はたまた10曲ほど繋がった状態なら…こうやって聞き返している途中でも「あぁ、今この時間無駄だなぁ」と気付いてはいるのですが、でも分かっちゃいるけど止められない(笑)
次作るとしたらこういう繰り返し聞き返す時間を削って、もっとスピーディーに作業を勧めたいところです。

2つ目はワンパターンな点。BPMにしても繋ぎにしても、またtr.25~29やラストにかけての似た様な作品を並べるところについても、とにかく変化に乏しいというか。
同じ作家陣、同じヴォーカル同士の作品というのは繋ぎやすく、ノンストに必要な流れも容易に作り出すことが出来るのですが、こうした似た様な組み合わせが3曲どころか、4曲も5曲も続けばそりゃ飽きるわけで。

一応、疾走感だけは確保出来ていますが、それもこの168と高めに設定したBPMのおかげ。次回はもう少し、作品、曲調をバラけさせて曲を繋ぐ必要があるかも。

最後は音量含む調整。上でも少し触れましたが、今回はやたら音量の小さいmoraやiTune音源の音量を揃えることにまず苦労。結局その段階で力を使い果たし、実際繋いだときは右下のメーターが振り切れない程度の調整と、ずいぶんと中途半端な調整をした挙句、最後は放置プレイ(苦笑)
別に自分はプロじゃないからと言って簡単に諦めてしまうのも寂しい話、出来ないなら出来ないなりにもう少し努力してみたいと思います(前回もこんなこと書いたような…(汗))

あとは、これは別に反省点ではないのですが、現在のACIDで出来ることはやりつくした感もあるので、そろそろプロ版など新しいソフトに切り替えようかな、と。
もっと具体的に言うと、より簡単にエフェクトを掛けられるソフトにしたいんですよね。
今回も申し訳程度にエフェクトを使っている箇所がありますが、一度SOUND FORGEで作成後、改めてACIDで作成とかなりの二度手間。
出来る事なら一つのソフト内で作業を完了させたいんですけどねー何か良いソフトないかしら。


と何だかいつも以上に喋りすぎてしまいましたが、最後に一つだけ。
今回SEB・EBF・MACHから50曲を選んでのNON-STOPを作成しましたが、ここに登場しなかった作品の中にも素晴らしい作品はたくさんあります。

この時期で言えばDELTAのBIG TIME/ SUZY LAZYやKEEP IT FOR TONITE/ PRISCILLA、A-BEATではBACK TO THE NIGHT/ KELLY WRIGHTやREADY TO CELEBRATE/ KAREN。
TIMEならDON’T STOP MY FIRE/ ROSE、SCPならTHE WAY YOU LOVE ME/ LUCYA。
他にも今回まったく出番のなかった3BでもEBFvol.22収録の4曲など、収録先が収録先ならリクカンや年末BESTにも収録されたかも知れないほどのクオリティ。

本来はそういった作品優先でノンストを作る予定だったんですけどね(^^;

もうかれこれ10年以上前の作品、市販ノンストへの収録率も低く忘れられてる作品も多いような気がしますが…たまに昔のCDを引っ張りだして聞き返してみれば、また新たな発見があるかも知れませんね。

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

初コメです

はじめまして。ニコ動で拝聴させていただきました!
とにかく選曲とミックスが素晴らしくてコメしてみました。
MP3に落して聴いていたのですが、
BANDOLERO COMANCHERO(うで卵MIX)には出先にも関わらず大爆笑!f^^;
Good Job!
新作ノンスト楽しみにしてますね。

No title

こちらこそ初めまして、管理人の玉鬼と申します。

とNON-STOPの感想ありがとうございます♪
上にも少し書きましたが、これも作る→放置→作る→放置の繰り返しで、モチベーション維持含め
完成までの道のりが大変長かったのですが、でもこうして楽しんでいただけたようで
こちらとしても苦労して作った甲斐がありました(笑

>BANDOLERO COMANCHERO(うで卵MIX)
こういったネタMIXってあまり得意ではないのですが、でもこれに関しては上手くいきましたね。
テレビで坂東さんを見たときに思いつき、慌ててファイル引っくり返して作成しました(笑

>新作ノンスト
なかなか時間が取れず微妙なところではありますが、一応今年もやる予定です。
ただここの管理人は気まぐれ&気分屋なので完成するかどうかは…あまり期待せずお待ちください(^^;
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。