カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAMURAI BLUE/ GO2@iTunes

このところ積極的にダウンロード販売を行っているSCPですが、今回はこの2曲(バージョン)が登場。

 

SAMURAI BLUE(SCP EUROBEATver.)/ GO2@iTunes
SAMURAI BLUE(HI-TENSIONver.)/ GO2@iTunes

今回配信された曲はSEBvol.209に収録されたGO2のナンバー。
①に関してはそのバージョン名からして以前にCDに収録されたものと同じ…と思いきや尺が異なるため慌てて購入(よく見たらCD収録はSEBver.でした)

で聞き比べてみましたが、違うところはイントロと2コーラス目サビを繰り返すかどうかの2点。CDver.はいきなりGO2のタイトルコールからのスタートでしたが、こちらはそのタイトルコールの前にベース+コーラスのパートが存在。
またリフ直前のSAMURAIコール時にベースが入っていないのも特徴(ただし歓声あり)

あとは今年のBEST盤のように、リフで叫びかけているようなフレーズが入っているような気もするのですが、もしかしたら気のせいかも知れません。
2コーラス目サビ繰り返し以降のパートについてはどちらも同じ内容。

samuraiblue.png

一方のHI-TENSIONver.なんですが、基本的にEUROBEATver.のBPMを引き上げただけの内容になってしまっているのがちょっと残念(BPM150→158)
リフや曲構成もほとんど一緒なのですが、それでも異なる箇所はいくつかあり、以下に列挙すると、
  • ベースが強めで、よりせわしなくリズムを刻んでいるのが特徴
  • Aメロ中盤・終盤、バックで鳴るシンセが跳ねるような音色に変更
  • EUROBEATver.が2コーラス目バック控えめ変型Aメロからのスタートだったのに対し、こちらは通常のAメロを展開。
  • 変更されたバックの影響で3コーラス目Aメロはちょっと無機質な感じに。
こんなところでしょうか。簡単に言ってしまえばBPMが引き上げられベースが変わった、というのがこのHI-TENSIONver.。
SEBver.やEUROBEATver.が割とゆったり構えて展開していたのに対し、こちらは引き上げたBPM+ベースがグイグイ曲を引っ張っていくといった作りとなっており、私のように早い曲が好みの人ならこちらのバージョンの方がしっくりくるかも。


ちなみに現在はiTunesのみでの販売ですが、これまでのJAGERさんやJAY LEHRと同じようにAmazonのMP3ストアでも今後販売されるかと。

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。