カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RICK ASTLEY@iTunes

RICK ASTLEY@iTunes×8です。

1_20101223110611.jpg

THE GREATEST HITS/ RICK ASTLEY@iTunes

1_20101223110611.png



2_20101223110610.jpg

PLATINUM&GOLD COLLECTION/ RICK ASTLEY@iTunes

2_20101223110610.png



3_20101223110609.jpg

FREE/ RICK ASTLEY@iTunes

3_20101223110609.png



4_20101223110701.jpg

BODY AND SOUL/ RICK ASTLEY@iTunes

4_20101223110701.png



5_20101223110700.jpg

TOGETHER FOREVER/ RICK ASTLEY@iTunes

5_20101223110700.png



6_20101223110700.jpg

NEVER GONNA GIVE YOU UP(ALLver.)/ RICK ASTLEY@iTunes

6_20101223110659.png



7_20101223110740.jpg

FUR IMMER ZUSAMMEN/ STEFAN MOHR@iTunes

7_20101223110740.png



おまけ

LIGHTS OUT(RADIO EDIT)/ RICK ASTLEY@iTunes



ラスト3つはおまけ。NEVER GONNA GIVE YOU UP(ALLver.)はそのコンピ名からも分かるように同名作品のREMIX集、それぞれスタイリッシュなんて言葉がピッタリなアレンジが施されており、よりダンサブルな作品へと生まれ変わっています。
お次のFUR IMMER ZUSAMMENは、そのスペルを見るにドイツ語カバーでしょうか。オリジナルはもちろんTOGETHER FOREVER/ RICK ASTLEY。

最後のLIGHTS OUTは彼が今年リリースしたナンバー。個人的にPWLサウンドのイメージが強かった分、それとは全く異なるサウンドスタイルにちょっと驚いちゃいました(笑)



<浜省のサングラス>
A-1066.jpg

3人に1人は興味なし? =贈り物予算は1万円超(時事通信)

子供の頃はわくわくしながらその日を心待ちにしていましたが、今は別にって感じですねー基本的に得るものより失うものの方が多いですし。お金とかお金とかお金とか…GIVE ME BACK MY MONEY!

Down by the MainstreetDown by the Mainstreet
(1999/09/29)
浜田省吾

商品詳細を見る

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

No title

RICKは1st、2nd以降、ガラッと方向転換。
ブルー・アイド・ソウル路線になりましたが、声質からはこっちの方があっているような。
オススメ映像↓
youtube.com/watch?v=uPMN3oFzyjs
03:00の15秒間、これぞPWLクオリティ!(笑)

RICKも各国でベストのリリースが多いですが、音源的にはどれも同じ。
意外とremixは少ないですよね。

No title

>オススメ映像
早速見てみましたが、いやー凄いですね!
まずもって最初のギター弾き語りスタイルにもビックリしましたが、その3分前後のメドレーパート!
あの野太い声でのI SHOULD BE SO LUCKYがすごく新鮮でした(笑)

>意外とremixは少ない
iTunesで検索しても配信アルバムの数はかなり少なかったです(ゴチャ混ぜコンピのうちの1曲というパターンならかなりの数があったのですが)

No title

>あの野太い声でのI SHOULD BE SO LUCKY
昔「Lucky Love」のピッチを遅くしたら、リックになる!と噂になりまして(笑)
リックは歌ってない、カイリーが歌ってるんだ!みたいな都市伝説。
「PWLはどれも同じ」「すべてコンピュータで作られてる」という拒否反応や、やっかみだろうけど。
それを知ってる人がみると、あの映像は「よくぞ!」といった感じ(笑)

No title

そんな噂があったんですか(笑
ぶっちゃけピッチダウンを言い出したらみんなリック・アストリーになっちゃうような…

普段実体のない(と言ったらさすがに語弊があるかも知れませんが)ユーロビートばかり聞いているせいでしょうか、こういった映像を見ると「本当にこの人が歌ってたんだ」と余計に感動してしまうというか(笑)
声が出ないなんてこともなく、きちんと最後まで歌い切っているところも素晴らしいです。
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。