カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE NON-STOP OF EUROBEAT 2010

という訳で予告通り2010年のNON-STOPです。

hara_20101231150935.jpg

相変わらず文字ばっかりで、無駄に長いので畳みました。
興味のある方のみお進み下さい。

<トラックリスト>

1.LIMOUSINE/ MANUEL
2.NIGHTRAIN/ MANUEL
3.MAD MAN/ MANUEL
4.JAPANESE GIRL<ENATIME EDIT>/ MEGA NRG MAN
5.NEW HORIZON/ KEN BLAST
6.AMERIGAL/ CINDY
7.GOOD LOVE&MYSTERY/ LOLITA
8.SANDY<SUNDAY MIX>/ MELA
9.BIGGA BOOM/ CHRISITENE
10.MOMMA LOOK/ ALICE IN PARAPARA LAND
11.I LOVE TO DANCE/ NIKITA JR.
12.HOLIDAY/ GIULIETTA SPRINT
13.LIKE A LOLIPOP/ ALICE IN WONDERLAND
14.NOBODY LOVES ME LIKE YOU DO/ ESTER
15.MY HOT GUITAR/ GO GO GIRLS
16.ONE-O-NINE/ DOMINO
17.1.2.3.4.FIRE!<ENATIME EDIT>/ DEJO
18.PAZZO PAPARAZZO/ FRANZ TORNADO
19.SUQ EL KAZOO/ MAD COW
20.I CAN GET NO SATISFACTION/ RICK CASTLE
21.TOO MARVELLOUS TO FALL IN LOVE/ MICHELLE ROSE
22.WELCOME IN JAPAN/ LOU-LOU MARINA
23.WELCOME LITTLE GIRL/ HRG UNITED
24.LOVE IN DECEMBER/ FULVIA COUPE
25.WONDERLOVER/ K.DELEO
26.CAPTAIN OF MY HEART/ MADDY LAYNE
27.MASSAGE IN THE NIGHT/ FULVIA COUPE
28.TIME AFTER TIME/ MARA NELL
29.DON'T GET AROUND/ MARA NELL
30.JUNGLE OF FIRE/ LAURA VOX
31.ARE YOU READY/ BUGABOO
32.MAXIMUM SPEED/ GARCON
33.OVERLOAD/ CY-RO
34.SCATMAN/ BABBY ONE
35.FREEDOM RIDE/ THE SNAKE
36.LOUDER&FASTER/ POWERFUL T.
37.IT'S LIKE A FIRE/ KAIOH
38.THE SNAKE AROUND<スネークEDIT>/ THE SNAKE
39.I NEED A REVOLUTION/ MARKO
40.WAITING FOR YOUR HERO/ DANIEL
41.FEEL THE POWER INSIDE/ JOE D.TOASTER
42.BANG BANG/ PAUL HARRIS
43.YOUR BARBIE GIRL/ VICKY VALE
44.YOU ARE MY WONDER/ QUEEN26
45.SEND ME ANGEL/ MOMO
46.EVERGREEN/ KAREN
47.LIVE IT UP!/ NATHALIE
48.PLAYBOY/ APPLE
49.READY FOREVER<I LOVE TIME REMIX>/ CHRIS STANTON
50.TAKE THIS WAY<I LOVE EUROGROOVE REMIX>/ CHRISTIAN

内訳





エナアタ多めな点、BPM168固定は去年と変わらず。基本的にアグレッシヴな曲が好きなので、前半後半と主にその辺りの曲調の作品で固めてあります。
以下は毎度おなじみ、各曲ごとの凝った点・苦労した点+懺悔の時間。
--------------------------------------------

1.LIMOUSINE/ MANUEL
今年は1曲目を何にするかで随分と悩んだのですが、中でも一番景気のいい、そして勢いのあるこのリムジンを採用。慣れないピッチ可変やインストを使ったバック叩き、サビ前タメなど色々出来て気に入ってます。

2.NIGHTRAIN/ MANUEL
こちらはかなり早い段階で単曲EDITとして完成させていた作品。初っ端いきなり2曲続けてサビ前引き伸ばしには思わず苦笑い…どっちか削れよって話ですけど(笑)
ギター終わりにリフ混ぜ→ピッチ上げの流れが好き。

3.MAD MAN/ MANUEL
上2曲と同じBPM150の作品なのですが、元からかなり高いトーンで歌っているせいかピッチアップするとえらいことに。この曲のためにBPM引き下げるか、この曲だけ引き下げるか、などなど悩みましたが結局168に引き上げて収録。
弄りに関してはほとんど何も出来ずイマイチ。

4.JAPANESE GIRL<ENATIME EDIT>/ MEGA NRG MAN
どうもこのままだとスタートダッシュも決められない、ヤバい!ということでちょっと気合を入れて作成。こちらもインストを使って色々と叩いていますが、個人的に最初のリフ→サビのなし崩し的な弄りが出来て大満足。
ただし次曲への繋ぎは今ひとつ。

5.NEW HORIZON/ KEN BLAST
勢いのある曲だから序盤にはピッタリだろうということでこの位置に据えたのですが、いやー見た目以上に弄りづらい(^^;)リフも当初は叩きがあるなんて思っていたのですが、いざ叩いてみると流れブチ壊しで全部ボツに。

6.AMERIGAL/ CINDY
こちらは以前に紙技と称してblogでも少し公開しましたが、リフとサビでそれぞれ違う曲を織り交ぜています。Aメロ歌い出しのサンプリングは毎年使っているような…拍合わせの手間が省けていいんですけど(笑)

7.GOOD LOVE&MYSTERY/ LOLITA
元は下のHOLIDAYの次に収録する予定だったのですが、どうにも通しで聞いてみるとこの曲だけ浮いてしまっているような気がしたので、前倒しでこの位置に。
サビ+αパート含め1.5コーラスと他と比べてちょっと尺が長くなってしまったのは反省点。

8.SANDY<SUNDAY MIX>/ MELA
分かる人にしか分からない内容ですが、あの辺を再現した内容に仕上げてみました。ただ基本的に自分はリフを叩くときSキー連打+適当に破片入れ替えと行き当たりばったりな手法をとっているので、いざそれを再現して下さいとなると思いの外苦労するハメに…
サビにはアクセント付けに手拍子サンプリングを添えてみました。

9.BIGGA BOOM/ CHRISITENE
明るい曲調&ベースのしっかりした作りと上の作品と相性抜群な本作。元々勢いのある曲なので弄りもほどほど、タイトルから連想するサンプリングをサビ後に配置した程度の内容にしてあります。

10.MOMMA LOOK/ ALICE IN PARAPARA LAND
今年SEBに収録された作品たちと異なり、配信の方にはMACH後期の流れをくむ活きの良い蔵出しナンバーが揃っており、今回はこの辺りを積極的に収録(去年も似たようなもんか(笑))
最初はAメロにCELEBRATION TIMEかPEOPLE COME ON!を仕込むつもりだったのですが、上手くいかずどちらもボツに。

11.I LOVE TO DANCE/ NIKITA JR.
こちらも紙技として以前に公開したトラック(ちょっと作りが雑だったので一応手直ししてあります)前曲からの変わり際は元々本作のイントを使用していたのですが、試しにサンプリングの方のそれに置き換えてみたところ違和感なく収まっていたのでそのまま採用。

12.HOLIDAY/ GIULIETTA SPRINT
前曲からの繋ぎのためだけにMARIA SHORTのアカペラを購入したのですが、どうにも綱渡り的な繋ぎになってしまって微妙。また次曲へのサビ切り替えの手法は気に入っているのですが、いかんせん尺取り過ぎでこちらも微妙。

13.LIKE A LOLIPOP/ ALICE IN WONDERLAND
この辺りは明るい曲を取り揃えて景気よく、というのが作る以前のイメージだったのですが、サビは明るくともリフは案外そうでもない曲が並び、いざ作ってみるとそのイメージとはだいぶかけ離れたものに。
サビ後半のサンプリングは無理して入れなくても良かったかも。

14.NOBODY LOVES ME LIKE YOU DO/ ESTER
2コーラス目とアウトロにアカペラコールがあるのでありがたく利用させて頂きました。あまり弄りとか叩きが似合う曲でもないですが、それなりに弄ってあります。
次への繋ぎ部分は上手くいった。

15.MY HOT GUITAR/ GO GO GIRLS
あまりこの曲が好きって話は聞かないのですが、個人的には大好きな1曲。以前にA-BEATからリリースされたあの曲とモチーフは同じだと思うので、前半後半のサンプリングもその辺りから引っ張ってきてあります。
ちなみにギターソロ切り返し時のハイハットはキキョウシティ(リメイクHGSS)のモノを使用していたり(笑)

16.ONE-O-NINE/ DOMINO
GGM三部作(本当は四部作だったけど)ラストを飾るのはこの曲。SEBvol.203収録でインストも無いので、バック叩きというよりはフレーズ遊びで展開。
サンプリングはタイトルが似ているアノ曲から、DAVEゴメンネ

17. 1.2.3.4.FIRE!<ENATIME EDIT>/ DEJO
一応、数字繋がりでこの曲。リフは以前にblogに掲載した時よりも自然に切り替わるよう改良、一方Aメロの作りなどはそのまま。
本当はタイトルにちなんで「1,2,3,ダァー!」にする予定だったのですが、上手くいかず別のセリフに差し替えました。

18.PAZZO PAPARAZZO/ FRANZ TORNADO
今や貴重なエナアタおバカ系作品、歓声がキレイに取れるところが嬉しい限り。
前半の山場として前後の流れを途切れさせてしまわないよう気を遣いました。
“PARA”にちなんでいくつかサンプリングする予定だったのですが、その役目は次の曲へ譲りました。

19.SUQ EL KAZOO/ MAD COW
中盤にサビ半インストがあるところを見るに、ここに入れろと言われているような気がして…サンプリング全て拍合わせ済みだったのには笑うしかなかった(笑)
次から雰囲気がガラリと変わるため、リフは2回繰り返し。

20.I CAN GET NO SATISFACTION/ RICK CASTLE
どうもここまで曲単位で弄ってきたために、この曲もまた何か弄らなきゃ…などと思い、色々手を加えてみたのですが、結局曲の雰囲気を壊すだけだったので全部取りやめ。
何も手を加えないのが一番の正解だったのかも。

21.TOO MARVELLOUS TO FALL IN LOVE/ MICHELLE ROSE
この辺りからエナアタ女性楽曲ゾーンに突入、まず1曲目は長いタイトルが印象的なこの曲。レビューでも触れましたが、リフのエキゾチックな感じがあの曲に似ているのでちょっとばかり混ぜてみました。
次曲への繋ぎは今回の中でも一番のお気に入り。ピアノ→ピアノ、これは上手くいった!

22.WELCOME IN JAPAN/ LOU-LOU MARINA
弄り・叩きが出来ない、加えて特にネタが無いと間が持たないのが悩みのタネ。結局変型パートの使用でごまかしに走るわけですが、ここら一帯その変型パートやサビプラスαパートばかりになってしまい反省。

23.WELCOME LITTLE GIRL/ HRG UNITED
本当は“WELCOME”で切り替える予定だったのですが、ビックリするぐらい上手くいかず挫折。その後紆余曲折あって“JAPAN”で切り替えることに(どうでもいいですけど、この2曲紛らわしいですよね(笑))
後半、次曲への繋ぎは“エ”の部分で切り替え。

24.LOVE IN DECEMBER/ FULVIA COUPE
リフは4拍おきにLOVE IN SEPTEMBERと切り替え、これほど自然な神業は真似出来ないだろう!ワッハ、ワハハハハハハ!
リフだけでなくA・Bメロなども9月だったり12月だったりと色々織り交ぜてみました。
後半部分は9月が収録されたCDのものをそのまま使用。

25.WONDERLOVER/ K.DELEO
エナアタ女性楽曲が連続する中、お腹いっぱいになってしまわないよう箸休め目的でこの曲を配置したのですが、これ一曲で休まることはなく…
余談ですが、リフからの泊合わせがしにくいために、イントロのベースから合わせたり。

26.CAPTAIN OF MY HEART/ MADDY LAYNE
行き当たりばったりのMIXが多い中では珍しく繋ぎから曲順を決定。ピアノ同士の繋ぎはtr.21→22でもやっているのでちょっと新鮮味に欠けますが個人的にはお気に入り。
ただし次曲への繋ぎはいまいちパッとせず。

27.MASSAGE IN THE NIGHT/ FULVIA COUPE
実は今回のノンストで一番苦労したのがこの辺り。似た様な曲の連続でマンネリなんて言葉がチラつき、かと言ってそれを打破するぐらいの弄り、繋ぎを再現することも出来ず…Bメロやサビ前の無駄なタメはその辺りの苦しさの現れです(^^;

28.TIME AFTER TIME/ MARA NELL
ここまで鬱屈というかイマイチな内容が続いたために、ここはひとつ!と気合を入れて弄ったのがこの曲。元から勢いのある曲だったので、その勢いを殺さず更に景気良くなるよう仕上げたつもり。サンプリングはもちろんあの曲。

29.DON'T GET AROUND/ MARA NELL
ちょっと変わった入りで始まるこの曲。直前までの流れが一度に途切れてしまうのでこの繋ぎを採用するか迷ったのですが、滅多に出来る繋ぎでもないとも思い、特に変えずそのまま採用しました。
リフにSWEET DREAM OF LOVEを混ぜようとしたら全然似ていなかったためボツに。代わりに別の曲を仕込んでみました。

30.JUNGLE OF FIRE/ LAURA VOX
同じエナアタでもこちらは今年リリースされたナンバー。下の方のFEEL THE POWER INSIDEもそうなんですが、インスト、特にピアノパートがあると嬉々として使ってしまう癖、どうにかなりませんかね?(誰に聞いてるんだ)
7曲目同様、自分の好きなパートは全て入れました(笑)

31.ARE YOU READY/ BUGABOO
思いの外動いてくれなかったのが、この曲と次の曲。当初はノンストの前半or後半に配置し勢いづけようなどと考えていたのですが、終わってみれば中盤の何とも言えない位置に。
弄り自体は普通、ちょっと変化球な繋ぎ部分は大満足。

32.MAXIMUM SPEED/ GARCON
タイトルの割にそこまで早いわけではない本作。弄りも上の曲と似た様な内容になってしまったのは反省、サビ前のワワワァータメ部分はやかましくて好き(笑)
次曲とは高音やかまし系シンセで共通しており相性も抜群。

33.OVERLOAD/ CY-RO
こちらもかなり早い段階で単曲EDITを完成させたナンバー。あまりにも安直過ぎるような気もしますが、でもやっぱりネタがあるとこういったEDITも作り易かったりします。
車SEはJGTC・SGTシリーズを買っていれば勝手に増えていきます。

34.SCATMAN/ BABBY ONE
こちらもネタ有りきな内容、しかもベッタベタなネタですが(好きだけど)
STOP&GOに掛けてJEFF DRILLERやSUPER KAISERなどを動員させる予定でしたが、違和感と不自然さが払拭することが出来ずまとめてボツネタに。

35.FREEDOM RIDE/ THE SNAKE
最近のエナアタ楽曲は案外そうでもないのですが、一昔前のエナアタ作品はアクが強く落とし所も結構難しかったりするのですが、これはスムーズに繋がってくれました。
タイトルから連想するあの曲を仕込んでみたのですが、思っていた以上にすんなり馴染んでくれました。

36.LOUDER&FASTER/ POWERFUL T.
今回唯一のSUN FIRE楽曲。単独で聞いているとそこまで気にならないのですが、こう他の曲と連続して聞いているとやっぱり軽さ(と言うか奥行きの無さ)が気になってしまいます。前曲から間髪入れずギターソロを始める部分は好き。

37.IT'S LIKE A FIRE/ KAIOH
実はリムジンと1曲目を争ったのがこの曲。今になって思えばMAD MAN辺りを外してもっと前の方に持っていけば良かったのかも。これまた自分が好きなパートは全てつぎ込んだ内容に。

38.THE SNAKE AROUND<スネークEDIT>/ THE SNAKE
SNAKE→ソリッド・スネークと思いついたはいいけど、肝心のスネークに喋らせたくなるようなセリフがあるわけでもなく…スネークバスター!とかスネーク仏壇落とし!とか特徴的な必殺技があればよかったのに(ひでぇ)
これまでとはちょっと違うサビ前タメが出来たのは収穫。

39.I NEED A REVOLUTION/ MARKO
この辺りから段々とラストを意識した作りにシフト。上の曲でちょっとふざけたのでそういったネタ要素なし、リフ叩き&バック叩きで勝負の作品が何曲か続きます。

40.WAITING FOR YOUR HERO/ DANIEL
上とセットでこの曲。最初は“I NEED A”+“HERO”で合間にMARK ASTLEYを挟み込んだら面白いかもなんて思っていたのですが、実際はそんなことをしている暇はなく。
2段構えのサビ冒頭部分がお気に入り。

41.FEEL THE POWER INSIDE/ JOE D.TOASTER
エナアタ枠ラストを飾るのはこの曲。あまりにも重厚すぎてバック叩きをしたところで全く目立たないのがネックですが、そんなモノはなくとも無問題(という名の言い訳)
無論こちらもインストピアノパートを使用。

42.BANG BANG/ PAUL HARRIS
たしかEYES OF SKY/ VIVIを外して代わりに入れたのがこの曲。冒頭のBANGのオンパレードパートでは例のアカペラまとめ君が大活躍、あんな曲やこんな曲から引っ張って来ています。

43.YOUR BARBIE GIRL/ VICKY VALE
“YOU”切り替えを思いついた時は嬉しかったなぁ…と喜んだのもつかの間、その“YOU”からこの曲にいくのか、それとも次の曲を先に流すかでちょっと悩みました。
結局よりスムーズに繋がるということで本作のBメロを先に持って来ることに。

44.YOU ARE MY WONDER/ QUEEN26
同じく“YOU”繋がりでこの曲。上の曲と違ってインストがないためバック叩きに苦労しましたが、何とか他のパートを使って対応。ラストのサンプリングは本家へのオマージュ的な何かです。

45.SEND ME ANGEL/ MOMO
派手なリフに壮大なサビとラスト近辺にはピッタリなんて思うも、いざ配置してみると意外と足を引っ張るマイナーなAメロ。迷走に迷走を重ねた末、何だかよく分からない弄りになってしまいました。

46.EVERGREEN/ KAREN
年末BESTにアカペラタイトルコールがあったので、今回はそれをありがたく使用させて頂きました。後半のメドレーはもちろん本家を意識して。最初はKAREN LOVERやKATE&KARENでも入れようかと思っていたのですが、収拾が付かなくなりそうだったので止めました(笑)

47.LIVE IT UP!/ NATHALIE
で本当はこっちでメドレーをやる予定だったんですけど(SOMETHING IN THE NIGHTやLOVE TRAINなどを混ぜるつもりでした)
独特なキックでキュッキュと音の鳴るバック叩きは気に入っていますが、サビで少し不協和音気味になっているのがネック。

48.PLAYBOY/ APPLE
ラスト3曲は極力景気よく!ということでまずはこの曲。弄りの方は、誰もが思い浮かべるアノ曲混ぜ。既にtr.24で似たようなことをやっているので、実際にやるかどうか迷いましたが、「ここでやらなきゃいつやるんだ?」と心の中のベタ神様にけしかけられ遂にやってしまいました(笑)目新しさの欠片もありませんが、でもやっぱりお気に入り。

49.READY FOREVER<I LOVE TIME REMIX>/ CHRIS STANTON
こちらは以前に公開したREMIXからの収録。くどめな繋ぎ部分は好きですが、ただ一方でちょっと性急になり過ぎている感もあり、直前にもう一呼吸おけば良かったなんて思ったりも。
2種類あるFOREVERリフも今回は前半の方を使用。

50.TAKE THIS WAY<I LOVE EUROGROOVE REMIX>/ CHRISTIAN
最後はもちろんこの曲。3.5コーラス目まで作って力尽きたREMIXの美味しいところを詰め込んだ内容、本家では華麗にスルーされた悔しさをバネに頑張って弄りました。
当初は恒例のサイレンも鳴らそうかと思っていたのですが、そのサイレンとリフ叩きは合わないということを去年のKING OF EUROBEAT/ JORDANで学んだので今回は鳴らしませんでした。
ちなみに上のREADY FOREVER同様、元のREMIXでは都合三回あるサビ前部分すべてにタメを設けてあります(笑)




そんなこんなで今年の年末NON-STOP、良かった点、悪かった点それぞれあるのですが、まずは良かった点から。

作業時間の短縮
前回1999ノンストの反省点として時間がかかり過ぎという点を挙げましたが、その反省を活かし今回はイカに早く作品を仕上げるかという点に拘って制作にあたりました。
「ちょっと作っちゃ初めから聞き直し悦に入る」と遅延の原因ははっきりしていたので、今回はチェックも最低限にとどめ、全体の流れのチェックも会社の行き帰りなど時間に制限のあるときにし、極力悦に入る時間をカット(笑)

またREMIX以前のCDのリッピングなどもCD発売直後、レビューの合間に済まし、生き抜きついでに拍合わせも完了。去年の年末ノンストでは選曲でいろいろ悩んだ後にそういった作業をしていたのですが、それだと時間が勿体ないので“使うかも知れない”と思った曲はインスト含め片っぱしから拍合わせ。

他の人はどうか知りませんが、私はこの拍合わせという地味な作業が嫌いで嫌いで、何か思いついたものを再現してみようとするも、拍合わせが済んでいなかったりするとそのままACIDを閉じてしまうこともしばしば。
今回はこういった地味な作業を早い段階で消化、おかげで気持ちが萎えて放置プレイという無駄もなくすことも出来ました。

また今年は事前に1~1.5コーラスの短いEDITを作成、他にも下書き的な役目の紙技、未完成含めたREMIX×2、1999ノンストの息抜きに色々とお遊びで弄った曲などもあり、早い段階である程度形にすることが出来たのも収穫。
12月の初めの時点で全く手付かずだった曲は17曲程度、今月は配信が多くblogの更新に割く時間も少なく済んだため、去年とは打って変わって余裕を持って作業をこなすことが出来ました(去年はかなりギリギリの段階まで手直ししていたような(苦笑))


繋ぎ
50曲でノンストを組む場合、都合49パターンの繋ぎを考えなければならないのですが、今回はだいぶ上手くいったと思います。以前の懺悔の時間でも触れましたが、どうしてもリフ-リフと楽な繋ぎをしてしまいがちなのですが、上のノンストではリフ同士の繋ぎは数えるほど。
リフ繋ぎを避けすぎてかえって流れが悪くなってしまっている箇所もいくつかありますが、それ以上に色々な繋ぎを再現できたのは大収穫。


逆に悪かった点

インストの存在
これに関してはインストのおかげでバック叩きがしやすい、切り返し時に余計な音が入らずに済むなどメリットも多数あるのですが、一方でノンストがある→バック叩きをしなきゃいけない→果てはインストがない曲でもバック叩きをしなきゃいけないと続き、結局ほとんどの曲でバック叩きをすることになり、かかる時間も増加。
加えて大甘の音量調整で、今まで以上にレッドゾーンブッチギリなトラックになってしまっているのには大反省。


選曲
特に問題なのがtr.21からのエナアタ女性楽曲群の箇所。WONDERLOVERを挟んで9曲並んでいるのですが、似た様な曲がズラーッと並んでしまい、上にも少し書きましたがマンネリなんて言葉がチラつく内容に。
本当はこの中から4ないし5曲選んで収録する予定だったのですが、ただこれらを外してまで入れたくなるような曲が他にあるわけでもなく…これだった無理に50という数字に拘らず、思い切って総曲数を減らすぐらいしても良かったのかも知れません。



とりあえずこんな感じでしょうか。
いつものように点数を付けると今回は78点、作業時間の短縮、色々なパターンの繋ぎを再現することが出来たのがやはり大収穫。これであとは上に書いたようなインストの使い方、選曲に気を遣うことが出来ればよかったんですけど。
今後はこの辺りに気を配りつつノンスト制作出来たらな、と。

…もっとも次がある保証はありませんけど(もう当分ACIDは見たくない(笑))


これでやっと心置きなくガキ使と紅白終わってからの今夜も生でさだまさしに専念できる
(ノイズさえなければ4時ぐらいに更新完了していたはずでした(苦笑))

というわけで今年の更新はこれで終わり!皆さん、よいお年を!

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。