カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャサリンの感想

約5時間ほどプレイしての感想です。

キャサリン

長いので畳みました。


いやー難しい。難しいです、このゲーム。

以前ドンキーコング リターンズを取り上げた時もそのあまりの難易度に悶絶しましたが、こちらキャサリンもかなりの難易度。
もちろんかたや横スクロールアクション、かたや縦方向の壁登りアクションと内容はぜんぜん違うのですが、ただ“死ぬ”前提である点は同じ。

この死にゲーなところもアトラスらしいと言えばらしいのですが(笑)、穴に落ちたらアウト・ダメージ食らったらアウト・潰されたらアウトと常にチビマリオでプレイしているような感覚。
(ただしアイテムは一つだけ所持可能)

アクション自体はブロックを押したり引いたりして足場を作り、ひたすら上を目指して登っていくという極めてシンプルなモノ。
操作も簡単で序盤は特に苦労することもなくサクサク進めることが出来たのですが、ただこれも中盤辺りから一気に難易度アップ。私はノーマルでプレイしていたのですが、4日目のボス(巨大な赤ん坊)で遂に挫折、設定をイージーに引き下げました(^^;

よっぽどアクションに自信がある人ならノーマル以上でも問題ないでしょうけど、私のようにアクションが苦手な人や、手っ取り早くシナリオを追いたい人はイージーでプレイした方がいいかと。


この難易度にも関連することですが、今回はいくつかセーブファイルを作成しておいた方が良いです。
と言うのも難易度設定の変更はストレイシープ(バー)でしか行えず、ダンジョンの途中で変更することは不可能。なのでダンジョン内でセーブしたファイルしか存在しない場合、難易度変更が出来ず、最悪の場合、積みゲーか最初からやり直すことになる可能性も…

ちなみに難易度イージーでも、体感的には楽勝と言うよりはちょいムズレベル。
たしかに敵の数が減ったり、足場が増えたりとクリアし易くなってはいるのですが、一発でクリア出来るかと言うとそうでもなく。こちらも相変わらず複数回のプレイ前提。
ただ残機アップの枕の配置数が格段に増えるので、気兼ねなくリトライ出来るのは嬉しいところ。


どうもアクションパートにばかり目がいってしまいますが、それ以外のストーリーパート、アドベンチャーパートは思わず「うーむ…」と唸ってしまうほど素晴らしい出来。

要所で挿入されるアニメーションムービーは美しく思わず見入ってしまい、またCGムービーも同様に丁寧に作り込まれており、アニメパートからの切り替えも極めて自然。
個人的にヴィンセントの焦点の合っていない目線や流れる汗の表現がお気に入り(笑)

バーでの行動も、酔いに応じてダンジョン内での移動速度がアップするということで、毎晩へべれけになるまで呑んでいるのですが、グラスを空けるごとに得られる豆知識のおかげで退屈することもなく。
やれること自体はそこまで多くないのですが、その飲酒や時間ごとに変化する客との会話、ミニゲームやメールなど、ストーリーの進行に重要なものから全く関係ないものまで揃っており、この辺りの
プレーヤー任せなところが逆に新鮮。

ちなみにみんな帰った後も一人で飲み続けていると、たまにキャサリン(金髪)が来店することがあります。特にメーターが変化する訳ではありませんが、ここでしか聞けない会話もあるので、時間に余裕のある人は一人呑みで粘ってみるといいかも。



元々人を選ぶような雰囲気のゲームですが、とりわけこのアクションパート(ダンジョン)をどう捉えるかで評価が変わってきそう。
個人的には、難易度の高いダンジョン=主人公が見る悪夢や緊迫感を生み出しており肯定的に捉えているのですが、単純にストーリーを追いたい人や繰り返しプレイはしたくないという人からするとちょっと辛いかも知れません。

そういった意味では更に低い難易度を用意する、ゲームオーバー時に素早くリトライ出来るようにするといった救済策があっても良かったと思うんですけどねー。
まぁ良くも悪くもアトラスらしい作品となっております(笑)



特典のサントラの内容。

キャサリンサントラ

同梱されているブックレットにも書かれていますが、劇中ではアクションに気を取られ落ち着いて聞いている暇もないダンジョンBGM。
そのいずれもがクラシックからの引用&アレンジとなっており、聞き覚えの有るような無いような作品たちが、いつもとは多少違った味付けで登場。
オーケストラ演奏でどの作品も相当なスケール感があります。

ブックレットには各曲、サウンドコンポーザーの目黒将司さんの解説が掲載されており、選曲の経緯やアレンジの苦労話などを読むことが出来ます。
個人的に4曲目の冒頭部分や8曲目が目黒さんらしいアレンジだなと思ったりも。

キャサリン

キャサリン先行配信ミニアルバム@iTunes

キャサリンで使用されている作品のうち3曲のみ先行配信中。日本ストアでのみ利用可能。

ATLUS MUSICを見るとこのキャサリン以外にもペルソナ3&4、メガテンなどのベストセレクション・コンピが配信されているようです。気になる方は上記リンクからどうぞ。


cero.png

ちなみにCEROはC指定で中にはエロ&グロテスクな表現も含まれますが、どちらかと言うと二人のキャサリンによる修羅場のほうが見ていて辛いという…胃がキリキリします(笑)


キャサリン 特典 サントラCD付きキャサリン 特典 サントラCD付き
(2011/02/17)
PlayStation 3

商品詳細を見る

キャサリンキャサリン
(2011/02/17)
Xbox 360

商品詳細を見る

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

No title

自分もキャサリンプレイしました。
ノーマルは本当難しいですよね。同じく4面の赤ん坊でどうあがいても無理なのでイージーに落としました(笑)
頑張ってクリアしてきても残機が無い状態でのリトライ地獄は心折れますから・・・。
ただ達成感は最近のゲームの中でぶっちぎりに感じました。

No title

エジさん、お久しぶりです♪

>ノーマル
最初は「イージーなんてそんな軟弱設定いらんわ!」なんて思っていたのですが、
4面のボス戦で「ほらアトラスゲーだし難しいし…」とおずおずと自分に言い訳しつつ、
ついにイージーに引き下げちゃいました(笑)

難易度引き下げパッチが出るのも納得の難しさでしたね。
ただその分、仰ってらっしゃる通りクリアしたときの達成感は一入。まるで
自分がヴィンセントになったかのようで、それこそステージクリアの度に
悪夢から逃げ切れた!とガッツポーズまでする始末(笑)

売上も良いみたいなので、この調子で経営の傾いたアトラス社再建、そして
このノリでペルソナシリーズの続編をリリースしてくれると嬉しいんですけどね。

ちなみに自分は現在最終ステージで悶絶中です(^^;
早くあの超展開のシナリオの続きが見たいので、今週末には何とか頑張って終わらせます♪
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。