FC2ブログ

S.O.S./ VIRGIN

配信関連の話題がないと途端に更新が苦しくなるのはホントどうにかしたいところなんですが…今日は書き溜めから、アナログを買うべきか未だに悩んでるこの曲(笑)

ebf2.jpeg
S.O.S./ VIRGIN
(S.DALL’ORA-C.MORONI)
SEB50番台のTIME作品のレビュー時に、TIME好きも行くところまで行くとイントロの時点で狂喜乱舞するようになる、なんてことを書いたような気がするのですが、このS.O.S.もまた全国津々浦々のTIME野郎を狂喜乱舞させるイントロの持ち主(?)

VIRGIN名義といえばONLY YOUやSUPER CATCHING DESIRE、CAN YOU DO IT FOREVERなどポップ~哀愁と曲調は違えど正統派路線の作品を主に担当。
唯一、TELL ME I’M THE ONLY ONEでアグレッシヴ路線に転向するもやっぱり基本的には正統派、個人的に優等生というイメージでこの名義を捉えていたのですが…

ところがこれがTRD1400番台になると途端に色物路線にスイッチ(もっとも本作含め2曲しかないけど)、そのあまりの変わりっぷりにビックリしたのは私だけではないはず。
路線変更の理由は言うに及ばず、おおかたクレジットに記載されたあの人物のせいかと(笑)

で肝心の内容についてなのですが、オープニングいきなり低く迫ってくるベースに始まり、聞き手を威圧。その直後にはすかさずサイレンが響き渡り、静寂などはどこへやら、怪しくけたたましいイントロを展開。
同CDにはバットマンやJAMIN’ SPANISH MENなど初期エナアタ作品が多数収録されているのですが、そうした並み居るクセ曲を押しのけ異彩を放つ本作のイントロ。

煽るようなパートを経てから始まるリフは、同時期で言えばHI-DE-HOO/ VICTORIA辺りに近いでしょうか。ただそれと比べると気持ち明るさ抑えめ、代わりにアグレッシヴさを伸ばしたような作り。
高めに設定されたBPMに合わせコロコロとよく動く本作のリフ、中盤のシンセの走らせ方や締め方も秀逸で、MNHRvol.17辺りに収録されているTIME作品が好きだった人ならハマる可能性大。

ヴォーカルは曲によってGUBINELLIだったりMORONIだったりしますが、今回はMORONIが担当。作品ごとにスタイルを彼女も本作では曲調に即した、弾むような歌い回しを披露し、Aメロから小気味よく進行。

リフまでの件を聞くにおちゃらけ色物路線で展開すると思うも、意外にもそっち方面へは進まず、それなりに真面目なノリで展開しているのがポイント。
Bメロ付近でWALKING ON THE DYNO/ WILMAがチラつきますが、そこで立ち止まること無く一気にサビへ突入。唯一、このサビが頭打ち気味なのが気になるところですが、それでもイントロからの流れは途切れることは無く、聞き手に有無を言わさず聞かせてしまうので無問題。

収録先のEBFvol.2も前13曲中11曲がエナアタと偏りまくりな選曲なのですが、そういったゴリ押し作品たちに負けること無く、しっかりと個性を発揮している本作。冒頭のイントロからリフ、ヴォーカル、バックトラックと曲のどの部分をとっても勢いがあります。

ちなみに同じTIMEからリリースされたS.O.S./ LES BLUE BELLS(こちらはABBAのカバー)とは似ても似つかない内容なので勘違いしないように(笑)

…そう言えばそのTIMEではこれ以外にもS.O.S./ TOBI ASHなんて曲もリリースされていましたね。MARY ANN/ KEN LASZLO辺りはこの曲のリフを参考にしていたのかも?


新井会長、男泣き!セパ同時開幕に「感謝」(デイリースポーツ)
セ・リーグが開幕延期、パと同日4・12に…巨人は4月までの東京ドーム開催中止(スポーツ報知)

初めからこうすれば何の問題もなかったのに、と思ったのはおそらく私だけではないはず。
ただでさえパ・リーグに実力で負けているのに、この上評判まで落としてどーすんの?というお話。

もちろんプレーする選手には何の罪もないわけですし、こうしたシーズン前のゴタゴタを吹き飛ばしてくれるような勝負を見せて欲しいと思ってはいるのですが…
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

クララ・モローニのヴォーカルが、心から堪能(笑)できる一曲ですね。

出ましたね!S.O.S./VIRGIN・・・。

この曲とか、「LOVE ME STUPID/LINDA ROSS」あたりは、ヴォーカルが典型的な「クララ節炸裂!」って感じ(笑)でしたね・・・

No title

曲自体はイロモノ寄りで、当然彼女もそれに即した歌い回しをしてくると思っていたのですが、これが予想に反して…
ネタに走りつつ、しかしそれ一辺倒ではなく適度な真面目さも含んだスタイルで、この辺りの切り替え、使い分けはホントお見事。

同じくTIMEのELENAさんもソツなく曲を歌いこなしてますけど、でも守備範囲(?)の広さで言ったらMORONIに軍配が上がりますね。
今更こんなことを言うのもアレですけど、やっぱり歌上手いです、彼女(笑)
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
外国人がいないだけで人の多さは以前と同じくらいになってきた気がする@秋葉原

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索