FC2ブログ

SMOOTH OPERATOR/ DONNA LEE

バタバタしてたらこんな時間。
スクランブル更新で今日はこの一曲です!



SMOOTH OPERATOR/ DONNA LEE 5:41
(D.DI MARCANTONIO-G.CARIA-A.GORDON)
収録はEUROBEAT FLASHvol.11。すぐ後のEBFvol.13にも収録されていますが、登場CDはそれぐらいのものでややマイナー気味の作品…のはずなのですが、不思議とファンが沢山いるイメージもあって(笑)
実際の知名度等がどうなのかは分かりませんが、個人的には大好きな1曲。

DONNA LEE名義の作品は全部で2曲しか無いのですが、そのもう一方の作品はEBFvol.8に収録されたTHE LEADER OF THE GAME。デビュー作にあたるその作品ではオープニングからライブ仕様、歓声にギターが鳴り響きとにかく賑やかな作りだったのに対し、こちらはまさに真逆の内容。

女性コーラスによる、甘く訴えかけてくるような“Tonight…”から始まるイントロ。この時期のVIBRATIONはこういった曲始まりの作品が多かったような気がしますが、こちらもご多分にもれず静かでおしとやかな雰囲気での進行。
しばらくするとメインvo.も登場しますが、それまでの静けさは崩さず、幾分抑えた調子のままリフへと移行。

そんなイントロを受けてのリフも、もちろんここでいきなり大転換、明るくド派手なモノを展開するなんてことはなく、控えめで奥ゆかしいそれを展開。
感じとしては同CD収録のHOOTCHIE COOTCHIE GIRL/ BETTY BLUEと、以前のBE MY LOVER/ MARIA VALENTINOを足して割ったような作りとなっており、王道哀愁路線とはまた一味違った哀愁メロディの持ち主。

インパクトという点では他曲に劣ると言わざるを得ないのですが、ただ物足りなさや頼りなさを覚えるかと言うとそうでも無く、パッと見の印象とは裏腹に随分と芯のしっかりとした仕上がり。
この辺りの見た目とのギャップに驚かされるという点では、「クラスの地味な子に話しかけたらビックリするぐらいしっかりとした答えが返ってきた時の驚き」に通じるものがあります(意味不明)

ヴォーカルパートに入っても一向にブレず、独自の路線を貫き通しているところも好印象。また前作とは違い今回は上パート・下パートそれぞれに振り分け、どちらがメイン、コーラスとなるわけでもなく、さながら二人で歌うようなスタンスでの展開。
曲調そのものはイントロやリフなどと同じく控えめではあるのですが、しかし上へ下へと曲を走らせているおかげで躍動感、疾走感は十分抑えた内容。

複合的なBメロも、後半に入れば今度は新たにハミングコーラスが加わり、サビに向けてどんどん期待の高まる構成。直後のサビも気持ちいくらか語気を強め、作品の山場としては申し分ない出来映え。
伸びのあるシンセやキラキラとしたフレーズをともなったバックのおかげで、サビには更に幻想さもプラス。通常EXTENDEDでは気が付きにくい、インストで聞いてやっと気が付くというぐらい控えめな味付けなのですが、こうしたフレーズのおかげでサビの面白さもグンと倍増。

地味すぎず派手すぎず、絶妙なところを突いてくる本作。
明るさとやるせなさが入り混じる曲調に柔らかな歌声、そしてタイトル通り“SMOOTH”に耳に流れこんでくる各パートと聞き所、聞き応えバッチリな作品に仕上がっています。


ここまでギリギリの時間帯に更新したのは結構久々かも(笑)
たまにはこういう日もあります。
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
外国人がいないだけで人の多さは以前と同じくらいになってきた気がする@秋葉原

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索