カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE ME DO/ DEE DEE

今日はサクっと行きます。この曲です!(はやい(笑))




LOVE ME DO/ DEE DEE
(D.DI MARCANTONIO)
VIBRATIONと言えば爽やかさ、なんて連想する方は結構いると思いますが、そう思う一番の理由はやはりHEY HEY BABY CRY/ DEE DEEの印象が強いからなのではないでしょうか。
そのデビュー作から、間何曲かは別路線で展開するものの、基本的には爽やか一択。最近ではDIMA MUSICの作品でも使われ、しかしそちらも変わらず同路線。
この辺りは先日のVIRGINとは対照的、制作者兼歌い手であるDIMA本人も名義がもつイメージをしっかり意識しているんでしょうね。

カタログナンバーVIB104、直前にはDONNA TOKYO/ LUNAやCHANGES/ BETTY BLUEが並び、CD収録のタイミングで考え出すと頭の中がどうにかなりそうですが(笑)、本作もその辺りと同時期、2001年頃制作のナンバー。
名義変更前ならREVOLUTION(ユロパニvol.1)、変更後ならCOCAINE(EBFvol.19)に続く作品。

本作のイントロはなかなか遊び心に溢れた作りとなっており、冒頭で流れるピアノ伴奏のメロディは自身のあの作品からの引用。思わず“Hey hey baby~”なんて合わせて歌いたくなるようなOPですが、ただピアノのみの構成なので元と比べてかなり寂しげ。
ただ直後には躍動感のある変型サビが続き、作品もこの名義らしい、明るい曲調へと一気に変化。

ヴォーカルのみの叫びの後に続くリフ。前後の作品と比べるとちょっとシンセに深みがなく、魅力に欠けるのが難点。それでもメロディはいつも以上に跳ね回り、明るさや爽やかさといった表現よりも“元気いっぱい”なんて言葉の方がピッタリ。
4拍の枠の中を弾むように、しかし要所要所には伸ばしたフレーズも登場させ、緩急をしっかり付けた屈託のないリフを展開。

そんな楽しげなリフに対し、ヴォーカルパートは少しばかりの哀愁要素を取り入れたドリーム路線で進行。
歌い手は初期から変わらずDIMAですが、先日のBLACK OUT/ NINE9NINEのような刺々しい歌声ではなく、自身のBUTTERFLY辺りと同様の柔らかい、包み込んでくれるような歌声。
その点聞きやすさにおいては言うに及ばず、またそういったスタンスでありつつも、このレーヴェル特有の疾走感はしっかり盛り込まれており、ふんわりとしたヴォーカルとキレのあるバックトラックの組み合わせが◎。

作品はこちらのことなどお構いなしに走り続け、気が付いた時にはBメロラスト、“Forever!”で駆け上がるシーン。
そんな助走をつけてから続く直後のサビ。もちろんここに来ていきなり失速なんてことはなく、ワンフレーズごとに歯切れの良い“Love!me!do!”を軸にますます元気いっぱいに展開。
そんな明るさ、キャッチーさを全面に打ち出す一方、メインvo.の背後にはキーの低いセルフコーラスを従え、邪魔にならない程度にブレーキング。
上へ下へと幅を持たせることによって作品に奥行き、末広がりな要素がプラスされている点も見逃せません。

同名義、同曲調となるとどうしたって過去作と比べてあーだこーだと言いたくなりますが、本作においてはそういった不満は特に感じず。
爽やかな曲調に加え、優しいヴォーカル、躍動感のあるバック、そして思わず“Day by day”
と続けたくなるようなキャッチーなサビ(@某ノンストの聞き過ぎ(笑))
この辺りがそう思う理由なのかも知れません。


<似たような若手>
hara_20110517223303.jpg

円谷が決勝打!巨人、九回逆転で交流戦白星発進(サンケイスポーツ)

巨人ファンとしては今日の勝利はもちろん嬉しいのですが、それとは別にひとつ思うことがあって、
それは若手が皆似た様な選手ばかりということ。
小柄・細身・左打ち・当てに行くようなバッティング、何だか出てくる選手出てくる選手、みんな
鈴木尚広に見えてくるというか(笑

巨人の新外国人が軒並みハズレばかりなのと同じように、この辺りの似通った選手達というのもコーチや監督の趣味によるものなんでしょうかねー。

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。