FC2ブログ

配信レビュー23

久し振りに聞いたHOT FOR YOUR LOVE/ LOLITAのイントロの短さに唖然としつつ今日の更新。
前回に続きEUROENERGYvol.4に収録されたこちらの作品をレビュー。

euroenergy4_20110819222342.jpg
UNTIL THE END/ BON TEMPEST B
(???)
EUROENERGYvol.4にて、IN THE SKY I WILL FLYとともに収録されたBON TEMPESTのナンバー。おそらくは曲名同様、アーティスト名も偽名なんでしょうけど、でも同一名義ということで歌っている人も同じ。
偽名から漂ってくる胡散臭さとは裏腹に、この辺妙にきっちりしているとこがツボです(笑

さて曲の方なんですが、オープニングは低めのシンセフレーズが繰り返され、しばらくは重苦しい調子での進行。ただ12秒付近を過ぎた頃から甲高いシンセへと切り替わり、聞けば一瞬、あのSEB170~180番台の作品たちが脳裏をよぎり、「いやいやまさか…」と不安になりますが、しかし実際本編ではそういったシンセは使われておらず一安心。

その後は一度楽曲を落ち着かせ、一呼吸置いてからリフをスタート。 どうもこのシリーズ収録の作品もなかなかどの時期の蔵出しになるのか掴めず、この曲もまた判断に窮するところがあるのですが、それでも敢えて挙げるとすればSEB170番台前半の作品に近い感じでしょうか。

ONLY WHEN I DANCE/ PINK STARS(SEBvol.173)やSCREAMING/ LOLITAfeat.ANNALISEなどにも似た、歯切れの良いシンセでの構成されており、耳当たりの素晴らしいリフに。ただアグレッシブ路線を目指す作品のリフとの相性はお世辞にも良いとは言えず、全体的に綺麗にまとまり過ぎ、荒々しさに欠けるのが唯一の難点。

そんなリフあってからのヴォーカルパート。
実はこちらもアグレッシブ要素は抑え目だったりするのですが、しかしこちらはパートの途中からの転調がその分しっかりカバー。
妙に明るいAメロ出だしを聞けば、「さては今回はPOP路線での展開なんだろう」と予想しますが、しかしその後はあれよあれよと言う間に曲調は変化。

Bメロも前半はニュートラルな立ち位置で進みますが、後半にかけてはイントロ同様の重苦しさ、シリアスさを取り戻し、更にそれまでには無かった哀愁要素も漂わせながらサビへと加速。果たして始まるサビはその延長線上、自身の(?)ACE OF SPADES/ POWERFUL T.(SEBvol.171)辺りにも通じるような微哀愁&アグレッシブ。
高音域に映えるメインvo.の歌いっぷりはもちろん素晴らしいの一言に尽き、また低音域担当のセルフコーラスとのコンビネーションも聞き応え抜群。

勢いでひたすら押し切るIN THE SKY I WILL FLYと比べればさすがに派手さでは劣りますが、しかしこちらは複合的に攻めるヴォーカルという点で優秀。次々に畳み掛けてくるヴォーカル群に引き込まれ、ふと気が付けば5回も10回もひたすら繰り返し聞いていた、なんてことも。
非常に中毒性の高い作品に仕上がっています。


上でイントロが短いと言ったけど、でもこの時期の作品(VIVA THE NIGHTとか)のことを考えるとカットされている可能性が高いんですよね…何となく想像の付くEXTENDEDパートよりも、この辺りが本当はどうなっているのかの方が気になります(笑
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
ビールうまい…ビールうまい!!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索