カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ4@第10話

ペルソナ4、第10話「Real Me Doesn't Existe」の羅列感想記事です。

0.png

一応ネタバレになるので畳んでおきます。


・ベルベットルームでは取得アルカナではなく、今後の試練についての予告。
・主人公どんだけ録画ボタン連打してるんだ(笑
・完二同様、マヨナカテレビ用の企画名が変更。コーナー名は「りせちー!見せちー!チャレンジ企画!蒼い果実もひと皮むけて!見ごろ食べごろお年頃!!!」
・主人公「ですよね…」

・確かにここ最近、クマの出番は全くなかった気がする(林間学校のキャッチのみ)
・ダンジョン“特出し劇場丸久座”はよりアダルトな雰囲気に。エントランスの花束や看板が妙にリアル。
・そのシーンで登場するポスターには、久慈川りせ以外に、香月真衣・藤ハルカ・五木や??・仁木???と記載されています。
・ゲーム版と違い、いきなりダンスホールでりせのシャドウと遭遇。

・またその際に衣装の異なる複数のシャドウも登場。こちらもTV版オリジナルの演出。
・ポールダンスのシーンでは原作同様、BGM“It’s SHOW TIME!”を使用。
・上記シャドウ登場の演出変更に伴い、オリジナルのリセが登場するタイミングも変更。バックの口ドラムロールが何ともシュール(^^;
・雑魚シャドウとして固執のファズ(法王)が登場。物理以外全部反射するところもバッチリ再現。

・完二「メガネメガネ…」。まさかの横山やすしネタ。
・クマ「探しものはこれクマか」から本当のメガネを渡すシーンは新規での追加。
・直後に更に完二の無双シーンの追加。これでネタキャラから脱却や!
・ちなみにそこで使われているBGMもTV版オリジナル。
・りせがマハアナライズを使用する際の演出が若干変更。りせが使うアナライズと構図は似ていますが、ちょっと(かなり?)大ざっぱな分析に。

・その分析画面ではそれぞれのペルソナの弱点や得意な攻撃、また着弾予想や「おっけ~・ばっちり・かんぺき」などといった分析の度合なども表示。
・あのいやらしいガニ股ダンスが無くなってしまったのはちょっと残念(^^;
・解析されて手も足も出ない→クマの突撃のくだりはゲーム版と変わらず。
・クマの分析もやっぱり適当。「ちょっとやばくない!?」って(笑

・原作では一瞬だった突撃シーンもより詳しく描写されており、クマの見せ場もグンとアップ。
・ステータスのうち、伝達力が“聞き惚れる”にランクアップ。
・そしてペラペラになるクマ。
りせのシャドウ→クマのシャドウの連戦も原作通り。
・主人公が感じる違和感は“何かの強い干渉”によるもの。

・クマがシャドウに吸い込まれるシーン、内部での会話はTV版オリジナル。
・りせのカットインはTV版で初登場。しかもメガネ無しver.というおまけ付き。
・ヒミコをイザナギが支えるという演出もTV版オリジナル。
・止めを刺すシーンでの核も新規追加分?見てくれは◯◯の小型版。
・クマのシャドウがキントキドウジに変化。アルカナは星。

・特訓によって華麗に生まれ変わるクマ…再登場の予定はいつ頃に?(笑)
・エンディング後のカットではあの人物が宙吊りに…
・適当切り抜き画像
http://blog-imgs-36.fc2.com/f/r/a/franztornard/10-1_R.jpg
http://blog-imgs-36.fc2.com/f/r/a/franztornard/10-2_R.jpg
http://blog-imgs-36.fc2.com/f/r/a/franztornard/10-3_R.jpg


そんなこんなで第10話ですが、全体としてはちょっと詰め込み過ぎといった印象。
前半15分でりせのシャドウを倒し、残りの時間でヒミコ覚醒・クマのシャドウとの戦闘・キントキドウジ覚醒まで消化…2話分ぐらいの尺でようやくトントンといった分量を1話にまとめてしまったことで、全体的に淡白、話が広く浅くなってしまったのが残念。

個人的に味方キャラの中では一番図体のでかい、クマのシャドウとの戦闘も結構楽しみしてたんですけどねー。特に見せ場らしい見せ場もなく、あっさりやられてしまって。
マーガレットの前フリがあっただけに、もっと絶望的な状況に追い込んで欲しかったところ(それとも彼女は別のことを指している?)

といきなり不満点ばかり書いてしまいましたが、構成以外の細かな点、例えば固執のファズが攻撃を反射する場面やりせのアナライズ画面など原作ファンなら思わずニヤリとしてしまうような演出。
他にも原作では一瞬だけだったクマの突撃シーンや、何となく曖昧なままだった何者かの干渉も以前よりは詳しく描写されており、これまた原作プレイ組は嬉しい追加要素。

尺の問題もあるでしょうし、なかなか難しいかも知れませんが、今後もこういった形でどんどん人物やストーリーなどの掘り下げを行なっていって欲しいところです。

そして次週は気持ち悪さが多少緩和された(?)久保美津雄が登場。
あのノスタルジックなダンジョンがどう再現されているのか気になります(笑

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

No title

ペルソナ4とは関係ない事ですけど・・・

>明日有給、でも土曜日出るという(^^;
意味ないじゃん、って事ですか(^_^;)

No title

その通りです。
今日の午前中にどうしても外せない用事があったので有給を使用したのですが、
ただ、ここで休んでしまうと年末にかけてドッとしわ寄せが来てしまうので(^^;

来週の3連休を潰すのも嫌だったので、代わりに今週の土曜に色々と片付けておこうかなと(笑)

No title

いろいろと大変ですね
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。