カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ4@第19話

ペルソナ4、第19話「It’s School Festival Day! Time to Have Fun!」の羅列感想記事です。

0_20120201215102.png

ネタバレ含むので畳んでおきます。


・冒頭はいつものようにベルベットルーム…って誰もいねぇー!
・テーブルの上には菜々子と堂島の写真、それぞれに対応する正義と法王のタロット、そして置き手紙。無音のBGM含め、こちらはTV版オリジナルの演出。
・文化祭の出し物候補に迷路が追加されています。
・合コン喫茶決定後のリアクションに主人公の分も追加。手にした割り箸から、言っているのはおそらく修学旅行の時のエピソード。

・全部は確認出来ませんが、ミスコンのポスターのアップ画像の追加。
・千枝の回転回し蹴り×2の追加。モーションは戦闘時のそれと全く一緒(笑)
・主人公にミスコン出場について判断を求めるシーンでは「いいから出ろ」を選択した模様。その後30分にわたって力説するくだりはTV版オリジナル。
・一条・長瀬と会話するシーンは原作同様ですが、場所が校内からサッカーグラウンドに変更。

・また3話以来の登場となる松永綾音と出会う場所、出会うきっかけも変更されています。
・髪型のせいなのか、それとも輪郭のせいなのか、ゲーム版と比べて可愛く見えるような…
・綾音が吹こうとしている曲は「Never More」。
・主人公が買い出しに行くシーン、袋に入っているのは“Love Change! No.39”。女装大会に使うカツラでしょうか。

・お客が来ない合コン喫茶、サクラを使って盛り上げようとする場面。原作ではモブキャラだったのに対し、TV版では長瀬大輔が代わりに登場。
・選択肢次第で展開が変わるイベントですが、今回は主人公が女子席に座るルートに。
・以降、主人公の乙女ちっくな喋りもTV版オリジナル(笑
・陽介を見つめる主人公、この後二人でアッー!…となりかけたところで急ブレーキ(笑)

・出前で中村あいかがやって来る部分もオリジナル。それにしても合コンなのにラーメンて。
・ステータス画面では、根気:半端ない・寛容さ:女子力・伝達力:言霊使いにそれぞれランクアップ(?)
・“ロミオとジュリエットとハムレット”の上映シーンの追加。主人公と長瀬が会話している後ろに小沢結実(太陽コミュ・選択)が登場。BGMは新曲?
・尺の都合か、綾音が合奏メンバーから外れる件が変更。結末はほぼ変わらず。

・エビに連れられ、占いの館で女関係を見てもらう部分は原作同様。店の名前“THE長鼻”“マギーのタロット占い”、内装なども全く一緒。

p4_20120222215834.png

・ちなみにここで占いをしているのは、冒頭出張中で姿を見せなかったあの御方。
・そして待ちに待った八高ミス?コンテスト。司会はゲーム同様、ピンクのテンパ野郎。
・このシーンでのBGMは「Sings Of Love」、Never More-Reincarnation収録のアレンジバージョン。Aメロ出だしの半拍ずらしが最高。
・クマの登場するタイミングの変更。教室→いきなり会場で飛び入りというパターンに。

・集計中~インタビューの場面も新曲?短すぎてよく分かりません(^^;
・名前だけの登場だった真下かなみの顔を確認することが出来ます。
・ミスコンの前にりせのコミュを織り交ぜる展開はTV版オリジナル。
・TV版では最初から水着での審査に変更。
・PS2版では姿さえ見せなかった直斗が舞台袖に!ええい、前を映せ、前を!

・柏木先生と大谷花子のシーンはカット。
・後片付けのシーンで流れているBGMも新曲。
・適当切り抜き画像
http://blog-imgs-19.fc2.com/f/r/a/franztornard/19-1_R.jpg
http://blog-imgs-19.fc2.com/f/r/a/franztornard/19-2_R.jpg
http://blog-imgs-19.fc2.com/f/r/a/franztornard/19-3_R.jpg
http://blog-imgs-19.fc2.com/f/r/a/franztornard/19-4_R.jpg


色々あり過ぎてツッコミどころ満載だった文化祭。
中でも主人公の暴走っぷりは凄まじく、確かに内容的には原作とそう大差ないのですが、ただやはり声と個性が付け加えられたことでインパクトは倍増(笑)
後半はちょっと悪ノリし過ぎな感もありますが、修学旅行の王様ゲーム同様、これも主人公の個性の一つと思えば気にならなくなるはず(ホント?)

前半の合コン、後半のミスコンとイベントは充実しており、また周囲に多数配置されたモブキャラとあって、文化祭特有の賑やかさやザワザワ感が上手く再現されているところもお気に入り。
ほぼ視点固定だったPS2版と違い、広さを感じられるところも○。

一方で少し残念だったのがコミュの挟み方。後半のりせに関してはミスコンからの流れも自然で特に気になりませんでしたが、中盤の松永綾音に関しては取って付けた感が否めず。
特に今回は前後のエピソードが濃いために余計に印象が薄くなってしまい、前期の小西尚紀コミュ同様、話が薄っぺらく感じられてしまうところが残念。
尺の都合とは言え、もう一声何か欲しかったところ。


次回「We'll all meet at the AMAGIYA Hotel」では、今回の続きのあの話をやる模様。お風呂での攻防をはじめ、こちらもツッコミどころ満載の話が繰り広げられるんでしょうね(笑)これまた金曜日が待ち遠しい。

…そう言えば、2期に入ってからほとんどペルソナで戦っていないような(^^;

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。