カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ4@第24話

ペルソナ4、第24話「The World is Full of Shit」の羅列感想記事です。

0_20120201215102.png

ネタバレ含むので畳んでおきます。


・本編最初はベルベットルームからですが、出てくるのはいつもの二人ではなくクマ。
・クマの告白のタイミングの変更。原作より幾らか前倒しに。
・右上の“こどもウィーク”とのギャップ(笑)せっかくのシリアスなシーンが台無し。
・先週に引き続き今週もオープニングは無し。
・推理の途中で一人病院に戻ろうとする主人公、それを止める陽介のくだりはTV版オリジナル。

・その後の河原でのやり取りは陽介コミュからの流用。
・これまで主人公に対する不満といったものが殆ど描かれてこなかっただけに、このコミュの挿入はかなり不自然に感じる。
・可愛の途中で先制パンチを食らわせる部分はTV版オリジナル。ひどい(笑
・「殴り合えば対等だ」「一瞬お花畑が~」などのセリフは原作と変わらず。

・殴り合いでアザだらけになった二人の顔はTV版で初めて再現。
・原作と異なり主人公と陽介だけで病院に向かう展開。
・エレベータから通路にかけての二人の会話も新規追加分。
・ドアの隙間から徐々に姿を現す足立が怖い(^^;
・後から直斗達が登場するなどの変更がありますが、基本的な内容は原作通り。

・クマが再登場する場所がジュネスのフードコートからマヨナカテレビのエントランスに変更。
・マヨナカテレビ突入後、足立と会話する場所や演出の変更。
・原作では最初に訪れた場所(柊みすずの部屋)で全て犯行の様子が語られていましたが、TV版ではダンジョン“禍津稲羽市”の進行具合に応じて語っていくという構成に。
・そのダンジョンに合わせて、BGM「Long Way」を使用。

・足立が“刈り取る者”を召喚するのはTV版のみの演出。と言うかこのシャドウ、2週目以降にしか出現しないんじゃ…
・犯行の再現シーン、窓の外に主人公たちが映っているという点もTV版のみ。
・動機を話す場所が堂島家の食卓というのも原作にはなかった演出(たしか)
・足立との会話が短くなり切れるタイミングが早まったことで、原作以上に小物っぷりに拍車が掛かってしまっているような印象。
・そのシーンで使われているのはBGM“Omen”。

・適当切り抜き画像
http://blog-imgs-19.fc2.com/f/r/a/franztornard/24-1_R.jpg
http://blog-imgs-19.fc2.com/f/r/a/franztornard/24-2_R.jpg
http://blog-imgs-19.fc2.com/f/r/a/franztornard/24-3_R.jpg


クライマックス目前と迫った第24話。

今回は細かな演出の差違はあれど、基本的には原作とほぼ変わらない筋立てとなっているのですが、その為か原作で感じたような不自然さも変わらず残ってしまっているのが難点。

これはTV版がどうのと言う話ではなく、そもそものP4のシナリオに言えることなのですが、限りなく黒である生田目を否定して真犯人である足立を捜し出すも、これまでこれといった伏線が無かったために、意外性よりも唐突さといったものの方が優先されてしまうと言うか。
加えて動機についても「ただ面白かったから」とひたすらに浅い理由で、真犯人の存在を納得させるには到底至らず、「苦労して突き止めた割にこんなオチ…」と不満に感じてしまうんですよね。

冒頭にぶっ込まれた陽介コミュ含め、今回はそういった不自然さの方が目立ってしまっていたのが少々残念でした。


次回「We Can Change The World」では、今回感じた不満を吹っ飛ばしてくれるようなバトルや描写をお願いしたいところ。
仲間のペルソナの進化や、公式ツイッター「TVオンエア上ではついに来週最終回ですね……。」の詳細などに期待しつつ次回を待ちたいと思います(笑)

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。