カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

225

気を取り直してSEBvol.225。

IMAG0288.jpg


1.NEVER SAY NEVER/ MANUEL
(MANUEL CARAMORI)


2.ADRENALINE/ ACE
(S.CASTAGNA-C.CODENOTTI-F.LEHR-E.SOMENZI)


3.MAYBE ONE DAY/ KAREN
(G.PASQUINI-L.RAIMONDI-K.J.WAINWRIGHT)


4.MAGIC SUNDAY/ DAVE RODGERSfeat.FUTURA
(PASQUINI-MALFERRARI-MAJORANA)


5.BABY TONIGHT/ TIPSY&TIPSY
(M.FARINA-F.SERRA)


6.I JUST WAMMA STAY WITH YOU/ DREAM FIGHTERS
(DAVIDE DI.MARCANTONIO)


7.FAIRY TALE/ CHERRY
(MATTEO RIZZI-CLARA MORONI)


8.KOOL KITTEN/ FRANZ TORNADO
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)


9.YOU GOT ME BOOM!BOOM!/ TORA
(A.LEONARDI)


10.DON'T FORGET/ PAUL HARRIS
(MAURIZIO CAPALDI-LUCA TORCHIANI)


11.MOONLIGHT HERO/ ULTRAVIOLET
(DAVIDE DI.MARCANTONIO-RAVENANT)


12.GIVE ME YOUR HEAVEN/ CIAO CIAO
(ACCATINO-RIMONTI-FESTARI)


13.FANTASY CAR/ POWERFUL T.
(PASQUINI)


14.BEAT AROUND/ LES&MEGAN
(A.LEONARDI)


15.HOT HOT RACIN' CAR/ GO2
(S.CASTAGNA-C.CODENOTTI-E.SOMENZI)


■内訳
GGM:1
SCP:2
A-BEAT:1
SF:2
3B:1
DIMA:2
DELTA:2
エナアタ:2
SS:2


いやーふざけてますね、KOOL KITTEN/ FRANZ TORNADO(笑)
マジメにやる気ゼロの冒頭からネコとダミ声の掛け合いが続き、リフこそややお堅い作りであるものの、Aメロ以降は豪快なvo.を中心に訳の分からないテンションで突っ走っていく展開。
長い長いサビが終わったかと思えば、“ククククククククック…”のオマケ付きで、どこまでもおバカな仕上がり(褒め言葉(笑))
EBF初期~中期を思わせるようなリフ叩きも◯。

これ以外では、常人離れした歌声とギターソロで怒涛の攻めを見せるMANUEL、確実に良くなっていると思いたいリフから爽やかさと程々のアグレッシヴの入り交じるDAVEのナンバー。
配信時にもオススメしたBABY TONIGHTに、多少きれいにまとまり過ぎてる感もあるものの、最近では貴重な男性哀愁楽曲のI JUST WAMMA STAY WITH YOU/ DREAM FIGHTERS。

それと、あまり期待していなかったと言ったら失礼ですが、FAIRY TALE/ CHERRYも良いですね。他が軒並みBPM150~160という中、一人落ち着いたテンポでリズムを刻む本作、間奏やサビで特に映えるMORONIの歌声がお気に入り。

一方で量産型RIDER OF THE SKYとでも言うようなtr.2、相変わらずの音使いで流れが途切れがちなtr.10、早さに頼り気味のSSの2曲、恐怖の180番台を彷彿とさせる甲高シンセで構成されたtr.13辺りはちょっとピンと来なかったです。


スーパー・ユーロビート VOL. 225スーパー・ユーロビート VOL. 225
(2013/09/18)
V.A.

商品詳細を見る

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

MANUEL

久々のMANUEL、実際に曲を聞いてみても
どこのレーベルなのかはっきりしなかったのですが、
レーベル自体はGOGO'S・・・戻ったのでしょうか?
クレジットを見る限り、蔵出しでは無さそうですね。
しかしなるほど、SCPのスタジオだからか、音がSCPっぽいw

No title

>音がSCPっぽい
最近のKAIOHの作品なんかもそうですけど、従来のようなリフのペラペラ感は鳴りを潜め、
いずれもかなりしっかりとした仕上がりですよね。
おかげで作品の厚み、勢いも増し、本作においてはヴォーカルとのバランスも上手く取れていると思います。

でも一方でSCPとの差があまり感じられなく、そこのところがちょっと面白くないかな、なんて思ったりもするんですけどねー。贅沢な悩みかもしれませんが(笑)

No title

KARENのナンバーは4分しかないから150盤辺りの作品ですかね
90盤台は無いだろうし
しかしGOGOは SCP'GOGO'S化してますね 合併するんですかね?

No title

Kool Kittenは初めて聴いた時「流石エナアタ!」と思いましたw
しつこすぎるくらいのサビの最後がお気に入りです(記事でも書いていた「ククククク・・・」ですね)、ある意味これこそエナアタというかなんというか・・・

I Just Wanna Stay With Youはいいですよねー!I Can't Stop Lovin' Youがやや遅めの哀愁だったのに対し此方は・・という感じがー。
個人的にはSun Fireが少しずつ復活しつつあるのがいい感じかなと!Magic SundayもですがFantasy Carも聴けば聴くほど、という印象ががが!

No title

今回は全体を通してかなり聞きごたえありますね!
なんといってもNEVER SAY NEVER、この歌声にはもはや狂気さえ感じます。
個人的MANUELの最大ヒットはDIMA時代のMAD MANなのですが、それに匹敵する完成度だと思います。
それにしても、MANUELはもうこういったダーク系のおどろおどろしい曲しか歌わないんですかね?
そろそろCOUNTDOWN TO DESTINATIONのような明るいナンバーが聞きたいです。

あと印象に残ったのはMOONLIGHT HEROですかねー。DIMA MUSICの曲で哀愁を感じない女性モノは久々に聞いた気がしたので。
もはや懐かしさすら感じるどすどす響くバスドラととがったシンセのMAYBE ONE DAYもお気に入りです。

余談ですがTORAのナンバー、サビが最初「You got me boom boom like a だよ~ん」に聞こえて吹きましたwwww

ようやく

やっと、今日SEB225を買ってきて、今から聞き始めのところです。

ブックレット見て思ったんですが、MANUELさん、いわゆる出戻りだったんだとしみじみ感じました・・・。

感想もこれから聞きながら書こうか書くまいか・・・?

No title

>わんわんさん
どうでしょう、この4分ちょうどの尺やリフの音色からすると、SEB110~120番台の作品のような
感じがします。
ヴォーカルが曲を牽引していくタイプもいいですけど、本作のようにバックと一体となって
ひたすら畳み掛けるタイプもいいですよね。

>GGMとSCP
ほとんど渾然一体というか…


>スカイブルーさん
>>エナアタ
いやーだいぶぶっ飛んでますよ、これ(笑)
去年のMECHA FIREBALL辺りからおバカ路線に回帰し始めた感はありますが、
本作においては戻るどころか、更に突き抜けてしまったというか。
ライナーだといつも通りみたいなこと書かれちゃっていますけど、vo.の見せ方や随所の叩き、
印象的なフレーズなど、個人的にはかなり変化していると感じました。

DAVEはデュエットにありがちな平和路線に進まず、サビに至るまで攻めを忘れないスタンスが良いです。
170番台後半から続く、ながーいトンネルをようやく抜けた…と思いたいです(^^;

No title

>dasilva24さん
>>MANUEL
GAS×3やMAD MANを聞いた時も、その常人離れした歌声に驚かされましたが、今回も
相当キテますよね(笑)
言ってもAメロ・Bメロは(彼の中では)割と普通のテンションなんですが、サビに入ると豹変、
一体どこから声だしてるの?と思ってしまうほどの歌い回し。サビ後の唸り声も◎。

>MOONLIGHT HERO
ダダッダと勢いをつけてから始まるリフからクセのない女性vo.、その歌声を軸にレーヴェル特有の爽やかさが広がっていくサビと、聞けば清々しい気持ちにしてくれる作品ですよね♪
個人的にムーンライト・ヒーローではなく、ヒーロー・ムーンライトとテレコになってるタイトルコールがお気に入りです(笑)

>You got me boom boom like a だよ~ん
その後の“Right on~”時のコーラスも結構だよ~んしてるような(笑)


>賢者聖者hikoheiさん
>>MANUEL
しばらく音沙汰がなかった上に、レーヴェルを移籍したとなると、やっぱりちょっと考えちゃいますよね。
LITTLE TWIN STARS/ ALEKYまでは在籍していたようですが…

かつてのGINO CARIAよろしく、レーヴェル跨いで歌うMANUELというのもちょっと見てみたいですけどね(笑)

次もGGMなのか、それとも更に出戻ってDIMAなのか、はたまた全然別のレーヴェルからなのか、その辺りにも注目です。

No title

>MANUEL

ある人物から耳にしたのですが、GGMからDIMAに移籍して何だかのトラブルでGGMに出戻った噂話を聞いてたので、「GGMが一番生かせてるのかな。」と感じましたね。

でも、DIMA MUSICのMANUEL楽曲もまた聞きたいですねぇ。


ようやく、私なりの感想をブログに書きましたが、お時間があれば・・・。

No title

>GGM
どうも最近はレーヴェルって感じがしないんですよね、昔々のA-BEAT傘下時代のSCP(DOUBLE)というか。
OLIVAさんの名前も出てこないですし、現在、どういう体制になっているのか気になります。

>レビュー
先ほど拝見致しました♪
確かにLES&MEGANは、どっちがどっちなのかよく分からないですよね(個人的にはDEJO&BONもそうだったりするんですが(^^;))

空耳では、KOOL KITTENのコーラス後半部分が“ゴー!ゴー!変な子!”に聞こえて、なんかもう色々とヤバイです(笑)

No title

遅ればせながら、225聴きました。

自分的には「Baby Tonight」がサイコー!
ポキポキ跳ねたかと思えば、ギターのカッテッィングがあったり、
スタジアムライブっぽい煽りからの4分あたりの変化。
引っ張るようなリフ、♪オゥ~オゥとかなり低いコーラス等々
いろいろ音が出入りする割には、違和感なく一気に最後まで
聴いてしまいました。
かなり楽しめて、ちょっとうれしくなりました。

あとは、MAYBE ONE DAY/ KAREN。
SEB初期っぽくって、ちょっと懐かしい雰囲気でお気に入りです。

No title

最近のASIA、特に女性楽曲は男性と比べるとどこか中途半端で、数回聞いただけで以降全く聞かないことが多かったのですが、この曲は違いますね!
レーヴェル特有の力強さに明るいメロディ、更にそれらに負けずにしっかり主張してくる女性vo.とあって、曲調は全く違いますが、DOWN TO THE BEAT/ KEN MARTINなどに匹敵するほどのインパクト。

同じ曲でありながら、ガラッと雰囲気の変わる後半部分の展開もいいですよね♪
他レーヴェルもこれぐらいやって欲しいところではあるのですが…


>KAREN
EVERGREENのことも考えると、まだ倉庫で完全熟成されちゃってる作品はありそうですね…(^^;
プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。