FC2ブログ

Love Para2presents STAR FIRE BEST! レビュー

家の中のギョーザ臭が取れん…いや美味いから良いんだけどさ(笑)

そんなわけで今日はスタファのCDレビュー。

レビューの前にこのNON-STOP自体についての感想ですが、まずNON-STOP担当はDJ SATOSHI、DJ TERU、DJ TANKI(PERFECT PITCH PROJECT)、DJ YANのみなさんで前回の“ざっくり!パラテク”の時同様、冒頭にはイントロMEGA-MIXが有りこだわりの感じられる仕上がり(笑)

曲ごとの弄りはTr.1,2,42がかなり弄られているのに対し他はそれほどといった印象(42曲目は出来れば遠慮して欲しかった(^^;)それでも繋ぎも凝ってますし、何よりこの多彩な楽曲で目まぐるしく様変わりしていく作りでなかなかに楽しめる内容でしたw

レビューは昨日挙げた4曲とカヴァー1曲(評価無し)です。

8.TOGETHER AND FOREVER/ ALOUND(Blast!) -
(U.NIEBERGALL-R.WITTE-L.COSTA)
これってあの曲のカヴァーですよね?何か浦安的なところにあって、すぐそばに某シーとかあるテーマパークでお馴染みのアノ曲(でもクレジットが違う???)
まぁそれはさておき曲の方はBlast!特有のちょっとか細いながらもその実しっかりしたメロディラインのリフでAメロを聞くまで何の曲か分からないほど。A・Bメロはダミ声男vo.がサビに入ると女性vo.へとヴォーカルチェンジし非常にメリハリのある作りで◎。
ただ個人的にはせっかくの良いリフですしオリジナル楽曲で出して欲しかったかも。

…それにしてもこの曲、Dancemaniシリーズのキャプテン・ジャックのイメージが強いのですが元ネタは上の曲であってるのかね(よく分からん)

9.AGE AGE ALL THE TIME/ COO COO(3B) A
(M.FARINA-F.SERRA)
アゲ♂アゲ♂ALL☆THE TIMEと書いた方が正しいのでしょうか(笑)
曲の方は昔々のNO NO/ MIX JEANや最近ではALAMO/ KEN MARTINといった明るい陽気路線。とにもかくにもこのなぁーーんにも考えてない的な底抜けに明るいリフが特徴的で聞いているうちに元気が出てきますね(笑)
そんな明るいリフとは対照的なちょっと暗めなA、Bメロもかえってサビの明るさを引き立てており、誰かさんの声にエフェクトをかけたvo.、そしてお馴染みアイアイと3B色満載な作り。サビはリフ同様に明るい曲調に戻り特にこのアゲアゲはクセになります(笑)JUST FOR YOU JUST FOR MEやONE FOR YOU ONE FOR MEといった韻を踏んだ歌詞もあってかなりテンポの良い一曲。

それにしてもフリもバカだなーこの曲(笑)オススメ。  

19.JAPANESE GIRL/ KEN MARTIN(3B) C
(M.FARINA-F.SERRA)
よく考えたら新曲じゃねー(爆)にしても一体いつ頃の曲なんだろ(調べろよ)
3BのJAPANESEといったら誰がなんと言おうとJAPANESE LOVER/ LARAなんですが、こちらは名義通りあのクセのあるvo.が歌う一曲。全体的な雰囲気は一発で3Bでわかるこのレーヴェルらしさが出ていて気に入っているんですが、リフにはもう一工夫欲しかったかも。それともう一つ不満なのがアイアイ~言い過ぎなところでしょうか(苦笑)Aメロ、Bメロ、サビと全てで歌っており、さながらアイアイ叩き売り状態。もうちょっと出し惜しみしてくれた方が個人的には嬉しい。

33.FLY ON THE WINGS/ ROMI(Blast!) A
(ALBERTO BENATI-ALESSIIO MILANI)
もう私の中ではROMI=IRENEとなっているのですが真相はどうなんでしょう?(笑)
基本的には前作LOVERBOYの路線を継承しているわけなんですが、徐々にキーを上げていくリフの作りで前作とはまた違った哀愁を演出(出だしはSUPERECARに似ていますが(^^;)
Aメロに入ると明るい曲調へとシフトし前作との差別化が図られており○。Bメロ以降から徐々に哀愁色が強くなっていきBメロケツ部分で一気に哀愁へと引き戻す作りはどことなくTIME楽曲にも通じるような気も。よく漫画などの手法で影を描いて明を引き立てると言いますが、この曲もこの明るいA・Bメロのおかげでよりサビでの哀愁度が増した格好で、このパートごとの対比が個人的にかなりお気に入り。
vo.も前作同様、高音部での勝負をしていて上記の対比と併せてサビでの哀愁度を引き立てているかと。

42.GO BEAT GUN/ MIKE SNAP(Blast!) AAA (A)
(ALBERTO BENATI-FILIPPO CORDIONI)
以前、半分冗談でGO BEAT CRAZYだったらどうしようなんて言った覚えがあるのですが、まさしくほとんど同じコーラスの掛け声で吹いた(笑)
正直これだけ弄られていると評価しづらいですが、無理矢理評価しちゃうと前作SUPECARや一つ前のSHOCK THE NIGHTにも全くひけを取らないリフ~サビまでテンション上がりまくり、勢い120%の楽曲でさすがにラストに持ってくるだけあります。相変わらずリフを構成している音一つ一つはか細いのですが、実際聞いてみるとそれを微塵も感じさせない作りで、GO BEAT GUN!という分かりやすいタイトルコールもあってか聞きやすさ、盛り上がり度においても申し分なし。
REMIXに助けられている部分もあるとは思いますが、基本的なこの曲の持つ勢い、良さといったものは上でも言ったとおりSHOCK~やSUPERCARとタメを張れる仕上がりかと。

わざわざ引き合いに出して申し訳ないですが、何となくSCPのFASTWAYにないものがこちらには有るような気がします…もちろんそれが具体的に何かは私自身も掴み切れていなかったりするのですが。

それにしてもど派手に弄ってあるなぁーこの曲。特に記載もないけどこれって3Pの手によるものなんでしょうか?何となく他で聞き覚えのある手法だったりするのですが(笑)

評価は二つありますがカッコ内はREMIX抜きの評価です。弄りなしのEXTENDEDを聞くのがちょっと怖いかも(^^;)


上記以外で気に入っているのは

16.α[R TECH EDIT]/ mioco
17.WHITE ANGEL ‘07/ MIWA
(mizuho-M.O.R)
18.REVOLUTION/ Caori
(M.O.R-MYU)

あたりでしょうか。16曲目はこちらのver.も好きですけどEUROver.で聞きたいかも(あるの?)
17曲目はリフ、Aメロのあらよっと的な感じ(どんな感じだよ)が好き。

後半部の
26.AROUND ME/ MOVIN’ TECH(DIMA)
(MARIO ROSSI-DAVIDE DI MARCANTONIO)
27.TAKIN’ ME HIGHER/ X-SAMPLE(LED)
(LUIGI STANGA)
28.I CAN FEEL IT/ JENNIFER LUCAS(LED)
(LUIGI STANGA)
29.STAY/ Amicoz feat.D.Donna(DIMA)
(D.DI MARCANTONIO-N.ARVATI)

といったユーロでもお馴染みのレーヴェルによる楽曲も景気よくてイイ感じ。何よりもこの嫌がらせっぽい曲の並びが何とも(笑)


個人的な印象ですがBlast!は本当に私好みのレーヴェルというか。それも哀愁・アグレッシヴそれぞれで勝負できる曲があるって言うのはかなり魅力的。作家陣的にALBERTO BENATI、FILIPPO CORDIONI、ALESSIIO MILANIぐらいしか居なさそうなのが少々心配ですが、バックにはSCPもいるでしょうし案外平気なのかも知れません。この調子で頑張って頂きたいところですw

次の新曲は年内の発売なのか年明けなのか分かりませんが、おそらくあれのvol.5になると思うのですが…とりあえず配信をしてくれというのが今日の結論です(笑)
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
久しぶりに石割り合戦に参加したと言うか、巻き込まれたと言うか…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索