FC2ブログ

もら@SEBvol.79レビュー

さらにお知らせでiTuneにアレのvol.4が追加されました(順番メチャクチャ(笑)
この辺の曲は結構知ってます(笑)
…まぁEXTENDが聞きたいかというと微妙だったりもするんですが、取り敢えずEVERY TIME YOU GOとTAKE ME TO YOUR HEARTあたりを購入。

前置きが長くなりましたが、今日はmoraで買った曲についてでも。

MONEY 4 LOVE/ LOU GRANT 5:14
(DI MARCANTONIO-PASOTTI-S.DALL’ORA)
vol.184に収録されたLOVE FOR MONEYをただひっくり返しただけという安直すぎるタイトルが印象的な本作(笑)
制作には前作LOVE IS FREE同様の3名があたっており、前作以上に疾走感溢れる、落ち着きのないリフ、弾むようなvo.とDIMAらしさが十二分に活かされた作品でお気に入り。リフ-サビまでのテンションの高さもさることながら、サビで合いの手のように入る女性コーラスや、3コーラス目サビでの踊るようなピアノの伴奏等随所に施された小技も見逃せません。
未収録パートは3:36~の崩したようなAメロ→間奏パートといった具合。

アナログは既に売り切れで当時はあまりの悔しさに自暴自棄になったりもしましたが(まさか)
今回、無事EXTENDが聞けて一安心。


WE’RE DANCIN’ TOGETHER/ A-BEAT SISTERS 5:03
(G.PASQUINI-S.OLIVA-F.CONTINI)
feat.DOMINO/ VALENTINA/ LOLITA/ NORMAとなっていますが、私の愚耳では誰がどこを歌っているのかほとんど分からず(苦笑)
曲の方はタイトルが示すとおり景気の良い明るい曲調で、この時期のA-BEATのやわらかいシンセ音も手伝って非常に耳当たりの良い仕上がり。またAメロBメロのそれぞれが歌うヴォーカルパートは同時期のGGGやK&Qには見られない作りで新鮮。そんな別々に歌うABパートとは対照的に全員で一緒になって歌うサビはリフ同様の景気の良い雰囲気でお気に入り♪
個人的には2コーラス目Aメロ後半のNORMA嬢のパートがこの曲調のせいか普段の彼女とは違う印象でツボです(笑)
未収録パートは4コーラス目でA・B半インスト→通常サビといった感じです。


SUGAR BABY LOVE/ GO GO GIRLS 5:38
(S.OLIVA-G.PASQUINI-M.GULINELLI)
もちろんWINKのカヴァー的な物とは一切関係なく。
ここまでONE NIGHT IN ARABIA(vol.75)、MY SWEET BANANA(vol.78)と続いたせいか、当然この曲もおふざけ満載な曲だと思っていざ聞いてみると…意外にも真面目な仕上がりでビックリ。
もちろんリフをはじめとする各パートにはこの名義通りの明るさが仕込んであるのですが、それ以上に愁いを含んだ要素の方が耳に残る作りで、感じとしては上のWE’RE~に哀愁要素をブレンドした感じに近いかと。
細かいところではサビ終わりのAメロへと切り返すフレーズ、どこか懐かしささえ覚えるAメロの歌い回し、サビでの3回目のタイトルコールが半拍早い、軽くDIMA節している部分等がお気に入り。
もちろんEDITにも収録されたBメロを潰してのギターソロは言うまでもなくお気に入り。

未収録パートは3:14~でEDITがタイトルコールを挟んでそのままサビという形だったのに対し、EXTENDEDではその後変型Aメロ→Bメロ半インスト→サビと展開。その後の完全Aメロインスト等も未収録だったかと。


YOU’LL GET MY LOVE/ VIRGINELLE 5:24
(G.PASQUINI-S.OLIVA-F.CONTINI)
意外にもSEB70番台はLOLITA名義よりも出番の多かったこの名義(一回多いだけだけど(^^;)
前作CALL ME CALL MEが割と哀愁よりな曲調だったのに対し、本作は正反対な明るい曲調で突き抜けるような勢いのあるリフがポイント。この挑発的なリフに比べればA・Bメロは落ち着いた雰囲気でサビに入っても、いつもの彼女と比べると多少抑え気味に歌っているような印象。
ただそうは言っても決して物足りないというわけではなく、インパクトのある変態的なリフと合わせて丁度良いぐらいの仕上がりかと。
基本的にはEXTENDも3:39までは全く一緒の作りですが、直後にはピアノを交えた間奏パートなどもあってなかなか美味しい作り(ちょっと短いけど)


TOKYO MANIA/ BLACK POWER 5:03
(G.PASQUINI-S.OLIVA)
CD背面の解説を読む限り出火元はDISCO MANIAということでよろしいんでしょうか?(笑)
荒々しいアグレッシヴ要素満載なリフ、後のACE WARRIORを思わせるこれまた荒々しいvo.と勢いに関してはこの時期のA-BEAT楽曲の中でも屈指の仕上がり。
またほとんど意味の無いであろうこのタイトルも非常に覚えやすく、サビでの連呼もこの楽曲の勢いを殺さず逆に更に増加させるような作りで◎。

個人的にはギターソロもあるんじゃないかな~なんて予想していたんですが、今回はないようでちょっと残念(^^;)未収録パートは3:46~Aメロインスト→Bメロ→サビですが、このサビでは珍しく左右振りが用いられていてちょっと新鮮(笑)


SAY YOU WILL/ LARABELLE 5:52
(LEONARDI)
愛は最終兵器で有名なこの人。たしかvo.は後のTIMEでも歌ったあの方なんでしたっけ?
そんな伸びのある彼女の歌声から始まるイントロ、多少I WANNA DANCEっぽいリフも変態的な要素も幾分か入っていて一発で覚えられる仕上がり。
ヴォーカルパートは言うまでもなくお気に入りで、Aメロからサビにかけるまでノビノビと歌っているような印象を受けます。個人的にはサビ終わりのOh oh oh~♪とリフに乗せながら歌う部分がツボ。
印象的なリフとこのvo.のおかげか、平和系という言葉だけでは片づけられない仕上がりに。
未収録パートは主に3:31~の1コーラスほぼインストパートでvo.が無くても癒されます。…いやvo.があった方がもっと癒されますけど(笑)

ところでこのEXTEND、2:50あたりで音が切れちゃっているような感じなんですけど、これって配信時のミスによるものなのでしょうか?それとも元からこういう仕様だったんでしょうか?
この辺りがちょっと気になりますが…とりあえず自分で通常のリフと組み合わせて修正しておきます(笑)


I WANNA GO/ ANN SINCLAIRE 5:18
(DEGANI-S.DALL’ORA-GUBINELLI)
カタログNO.TRD1646。前後のTRD1645:KING OF THE NIGHT/ THOMAS T.とTRD1647:MONEY 4 LOVE/ LOU GRANTがアナログで発売されているのに何で間のこの曲だけ未発売なんだぁぁぁ…とかなり憤りを覚えたのも懐かしいですね(苦笑)
そう憤るぐらいにこの曲は素晴らしく、イントロの段階から哀愁度120%、リフに入ってからは更に哀愁度を増す非常にドラマチックな仕上がり。ヴォーカルパートに入ってからも哀愁度は更に増していき、転調等一切無しにサビまで突っ切る哀愁ストレートど真ん中勝負!といった具合でお気に入り。
EDITには収録されなかった3コーラス目のバック抑えめのサビ、直後の間奏パート直前の“Alright”での一瞬の間、3:55~のDUBver.の様な落ち着いたリフと未収録パートに関しても文句の付けようもない仕上がり。それ以降のアカペラ気味のAメロ、“let me go”を最後にBメロ潰しパートへと突入する作り、直後の変型サビインストとまさに至れり尽くせりな展開でお腹一杯!

久しぶりに聞きましたがやっぱり良いですね、この曲(笑)哀愁の素晴らしさを教えてくれるというか。
TIMEのEXTENDにしては短めですが、それでも非常に中身の濃い仕上がりでオススメ。

そう言えばこの曲もMONEY 4 LOVE同様SEBvol.130にランクインしてましたね(笑)


P1310097.jpg

明日明後日はこちらの二枚についてでも。
NON-STOP担当はどちらのCDもDISC-1をDJ GUN、DISC-2をDJ BOSSがそれぞれ担当。
まだきちんと聞いていませんがなかなか面白い仕上がり♪
関連記事

コメントの投稿



スパム対策のため「http」が使えません。お手数ですがhを抜くなどでご対応下さい。
非公開コメント

プロフィール

玉鬼feat.管理人

Author:玉鬼feat.管理人
久しぶりに石割り合戦に参加したと言うか、巻き込まれたと言うか…

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
ブログ内検索